令和3年12月4日(土)

片山体操教室が催されました

まず講師の先生から

病気も怪我もしていないのに寝たきりになって

手足や背骨まで曲がって固まってしまった

患者さんについてのお話があり

「廃用」「フレイル」を予防することの大切さについて

教えていただきました

 

特に、足首や膝が重要とのことから

まず、「つま先上げとかかと上げ」を

しっかりおこないました

 

つま先を上げる時に使う筋肉は

かかとを上げる時に使うふくらはぎに比べて弱く

この筋肉が弱ると歩くときにつま先が十分に上がらず

すり足になることから

わずかな段差でもつまずいてしまうとのことで

鍛えるための運動を教わりました

 

次に足首の柔軟性も重要との事で

足首をぐるぐる回す運動

 

足の後ろ側のストレッチもしっかり行いました

 

足を使った運動の後は

手遊びで脳を刺激しました

「右手でキツネ、左手でピストル」「右手でピストル、左手でキツネ」

これを交互に繰り返しますがなかなかできません

この時、脳が刺激されているそうです

 

最後に転倒予防のための運動

よろけた時に

素早く足が前に出るようにする運動で締めくくりました

 

家でも時々今日教えてもらった運動を行って

フレイル予防に努めましょう!