ナリ心理学を知って、母親と向き合うことが大切だと分かった。

でも、どうしても、そんな気になれない。

母親なんて、最低の人間だと思ってた。

あんな風になっては、いけないとずっと思ってきた。

 

 

 

 

 

 

そう感じて、なかなか母親と向き合えないときは、まずは、はじめの一歩を踏み出してみよう。

はじめの一歩は、とても簡単です。

なぜ自分が生まれたのかを考えることです。

 

 

 

 

 

 

なぜ、自分はいま、ここにいるのだろう。

なぜ、自分はこれまで、生きてきたのだろう。

なぜ、自分はこれから、生きていくのだろう。

なぜ、自分はいま、ここにいるのだろう。

 

 

 

 

 

 

そう考えることです。

そして、その答えは、とてもシンプルなものなのです。

 

 

 

 

 

 

むかし、あるところで、一人の女と一人の男が愛し合った。

 

 

 

 

 

 

ただ、それだけなのです。

たとえ、今は離れ離れになっているとしても、その事実は動かしようのない真実なのです。

それさえ認めることができれば、母親と向き合う準備はできたことになるのです。