ロッド修理完成

テーマ:
穂先の折れたエギングロッドの修理の続きです。
前回のエポキシコートまでから
次は塗装するための面ならしの為紙ヤスリで水研ぎです。
塗装するので1,200番で!

周りのクリアを傷が入らないようにしっかりとマスキングして慎重に研磨。
そして脱脂をしっかりとします。
脱脂をしっかりとしとかないと塗料の剥離に繋がり曲げたときに剥がれます!
そして下地のプライマの吹き付け。
ウレタン系の塗装を使用してます。
そして乾燥させたら。
ヽ( ̄▽ ̄)ノカラーの塗装!

ロッドの塗装に近い色を吹き付けです。
そしてまた乾燥。
( ´∀` )bそして伝説へ!
なんてフレイズをふと思い出したりしながら次の行程に。

最後はウレタンクリアを塗装して!

ヽ( ̄▽ ̄)ノ完成ですよ!
少し厚みがあるのはまぁ我慢してもらうしかないです。
ギリギリまで薄く削り込むのも可能ですがエギングロッドなのでしゃくりの衝撃を考えると強度優先です。
これでまたアオリイカを釣りまくってもらえると思います。
思いでのあるロッドとか替えがきかない代物なので今回は自分の技量でよければとこころよく預けて頂いたのでできる限りはさせてもらいました。
(*´Д`)また持ち主に大事にされると思うのでいい勉強させてもらいました。
雑記帖終了です。