ながさか旦那の日常

ながさか旦那の日常

競馬のことを半分以上、その他日常のことをつれづれなるままに書いていきます。

ツイッターやってます。@nagasakadannna

よろしくお願いします。

 

 おそらく、今年初めてかと思いますので、力の限り叫びたいと思います。

 

 YES!!!!!    

 

 3連複の1頭軸流しにしてよかったと思いますし、本命馬のプリモシーンが3着に粘ってくれと願って力が入りました(汗)

 

 3歳馬で前走が二ケタ着順ということもあって、52キロという軽ハンデでしたが、かたや10着ながらも脚を余してのコンマ5秒差、かたやアドマイヤマーズの2着にもなった馬でしたから、ここまで走っても不思議なかったと思います。ハンデ戦とはいえ、この時期の重賞レースで3歳馬がワンツーを決めるのは珍しいことかもしれませんし、今年の3歳馬は高速馬場の影響でいろんなレースでの走破タイムに疑問を持つというか、色メガネで見ていましたが、水準以上はあることがわかりました。

 

 そんななか、勝ったグルーヴィットは、クリノガウディーの猛追を凌ぎきったのは素直にあっぱれですし、レースの後半はほとんど追いどおしだった弘平くんには結果が出てよかったねとホメてあげたいです。

 

 惜しくも2着だったクリノガウディーの裕太朗くんはコメントでも出していた通り悔しさが残ってしまいましたが、まだまだチャンスはあるから頑張れといったところでしょうか。奇しくも20代の若手ジョッキーの叩きあいとなったレース。春のGⅠは全て30代以上の騎手(ダミアンは外国からの短期なので除きます)。競馬界が盛り上がるためには、やはり若手の頑張りが必須ですね。

 

 旦那の本命だったプリモシーンは冒頭でも書いたとおり3着に粘ってくれました。ユーイチくんはハンデのこともあって、いつもより前の位置をとりましたが、その分折り合いをつけるのに時間が掛かったのと、最後の踏ん張りが利かなかったのは、やはりハンデ差でしょう。

 

 さて、今日はこのほかにも2つメインレースを買いましたが、函館2歳ステークスは、

 

 

 菱田くんはもったいない競馬。直線で前が壁にならなかったら間違いなく2着はあったでしょう。

 

 そして、福島のメインは、

 

 

 ある意味恒例の1着が本命でヒモが来ず。それでも収支は100円のプラス。今日のところは100円ですがプラス。とりあえずそれだけで良しとします。

 

 

     ◎ ⑥ パフェムリ

     ○ ③ レッドヴェイパー

     ▲ ⑤ タイセイビジョン

     △ ① ビアンフェ

     △ ⑫ アザワク

     × ⑪ スマートカーリー

     短評・・・激戦

 

 逃げ馬が何頭もいるので、最初の位置取りが激化するのではないかと思い、好位から追走できるパフェムリを本命。レッドヴェイパーもタイセイビジョンも走破圏内ではあるが、○は乗り換え、▲は多場からの参戦なので、それぞれの印にした次第。穴はユタカさんの逃げは警戒なのでスマートカーリー。

 

 買い目は馬連で⑥からの流しと、3連複で③-⑥-⑪。

     ◎ ⑦ プリモシーン

     ○ ⑭ カテドラル

     ▲ ⑮ ミエノサクシード

     △ ⑤ グルーヴィット

     △ ⑥ クリノガウディー

     × ⑫ レインボーフラッグ

     短評・・・紐荒れ注意

 

 今日は参議院選挙投票の日です。旦那もこれを書いたあと投票しに行きますが、気になるのは投票率。参議院なんで、総選挙よりは低くなるのかな?旦那は基本的にたとえ小さな石だとしても、投票しなきゃ政治に対して発言権はないと思ってますので、どんなに小さな地方選挙でも行きます。投票もしないであーだーこーだほざくのは言語道断です。投票に行きましょう。

 

 ここ最近、天気ははっきりしませんが、蒸し暑さは夏らしくなってきた感じですが、今日もはっきりしない天気です。まあそれ以上にはっきりしないのが旦那の馬券(←ほっとけ!)。中京のメインレースは中京記念ですが、本命はプリモシーンにしました。先週、きなこ師匠が「夏は勢い」って書いてましたが、旦那も基本的に①に勢い、②に調子、③に牝馬と思って予想したら、前走GⅠ2着だし、調教もいいみたいでしかも牝馬。ここは本命にせざるを得ないだろうというのが、旦那の見解です。中京は初めてですが、夏の左回りは去年関屋記念でも年長馬を退けたとおり、苦にしないはず、馬券圏内は来て当然でしょう。

 

 対抗は、3歳馬からカテドラルを指名しました。他の3歳馬より1キロ重い斤量ですが、NHKマイルで3着は、朝日杯馬のアドマイヤマーズとコンマ1秒差だったことを考えると妥当かなと思います。近年になく3歳馬が3頭も出走する中で、1番高い評価をしましたが、マイルに路線を変更してから安定した成績を上げてますし、末脚も確かなものを持ってますので、年長馬に対抗できるある意味大将格として重い印をつけました。

 

 穴は、やはり牝馬からミエノサクシードを推しました。前走のヴィクトリアマイルは6着でしたが、高速馬場にもかかわらず、道中後方から6着まで押し上げた能力は評価していいと思います。

 

 買い目は3連複の1頭軸流しで⑦から印通りに買います。