こんばんは

昨日の第2回国士舘大長距離記録会の男女10000mWに参加してきました。

10000mW 47:07.01
(4:38→4:36→4:33→4:37→4:36→4:31→4:43→4:47→4:56→5:03)

要点をまとめる前に歩いた感想からいうと、とても辛いレースでした。ある程度同じタイムで歩けていましたが、途中から手の痺れが酷く体に力が入らず後半とてもたれてしまいました。後半まで持つ持久力や、耐えられる足を作ってかなければいけないなと思いました。


さてここから要点を3つほどまとめたいと思います。
1つ目距離の違い
ほとんどの高校生のレースは5000mWで、同じ距離だとしてもロードでの10kmWがほとんどです。
やっている体感としてロードよりも2倍ほど長く感じました。
トラックを25周すると、残り10周ぐらいになるとやっとカウントダウン始まるなっていう感覚でした笑
2つ目後半の持久力、耐えられる足
感想にも描きましたが、残り3000mの所で自分のエネルギーが無くなりどんどん遅くなっていきました。後半辛くなることを予想していたので、絶対に辛いと思わない!と強い意志で歩いてました。ですが途中で手が痺れるということを初めて経験して体も動かなくなりました。自分は最後は根気で歩くタイプなのですが全然力を出すことが出来なかった自分に反省しています。
来年からは、20kmWにも挑戦しようと考えているのでもっと動きを磨いたり、距離を増やして長い距離に慣れたりできるようになりたいと思います。
3つ目動きの違い
これは自分自身の感覚の話なのですが、自分の組の後に行われた10000mWでは大学生や一般の選手の方々が凄まじいスピードで歩いていました。
山形競歩の方々の動画を撮っている中で10000mW歩くため最後まで歩けるような歩き方や、動きをしているように感じていました。
以前私の師匠である山田さんと話になったのですが、長い距離を歩く為には低燃費で、歩く。ということを教えて頂きました。自分はまだまだ浪費している動きが多いので今回沢山撮った動画を見て歩きを研究して、自分の動きを作って行こうと思います。


ということで10000mWを歩いてみての感想&要点でした!

一緒に国士舘大記録会に出場した山形競歩の方々全員が山形県記録の更新された方、自己ベスト、シーズンベストのいい記録を残せたのでとても良かったです!
さらに、多くの方々とお話してとても楽しい記録会でした!

自分は今シーズンラストレースでした。
最後に自分の中で良い記録を出せたので良かったです!
来年も多くのレースに出場していきます。
もっといい記録を出せるように練習をしていきたいと思います!


長々なってしまいましたが、読んで頂きありがとうございました!