『古事記序文講義』(山田孝雄述) 昭和10年

國幣中社志波彦神社・鹽竈神社刊(発売/磯部甲陽堂)

売価6,500円

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

12月の定休日・臨時休業

12月 6日(日) 定休日

   12日(土)臨時休業

   13日(日)定休日

   14日(月)定休日

   20日(日)定休日

   27日(日)定休日

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『日本佛教の底に流れるもの」(鈴木大拙著 楠恭訳)

昭和25年、大谷出版社刊

売価8,000円

 

 

 

『大無量寿経五悪段講話』(臼杵祖山)

昭和47年、私家版

売価7,000円

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『日本の光(弁栄上人伝)』

田中木叉著 藤堂俊章、藤堂恭俊校正

昭和44年、光明修養会刊

第3版(弁栄上人五十回忌記念出版)

売価2,800円+税

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『栂尾高山寺 明恵上人』(白洲正子)

昭和42年、講談社刊

売価1,500円

 

 

 

『世界の大思想第2期第2巻 仏典』(渡辺照宏解説)

昭和44年、河出書房新社刊

売価1,200円

 

スッタニパータ(渡辺照宏訳)、華厳経十地品(宮坂宥勝訳)、

維摩経(大鹿実秋訳)

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『照心語録』(安岡正篤著、山田陽介編)

昭和62年、関西師友協会刊

売価1,000円

 

 

 

『運命と立命-陰隲録の研究-』(安岡正篤先生講録)

昭和53年、関西師友協会刊

売価1,000円

 

上記以外にも安岡正篤関係書を約20冊入荷しています。

主に特価本コーナーに並んでいます。

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『英霊の怒り』(塙三郎著)

序文/徳川義親、塙瑞比古 

主張/大石義雄、小野祖教、片山巍 

意見/岩井俊夫、葦津珍彦、谷口雅春、北澤丈夫

昭和49年、浪曼刊

売価2,000円

 

 

 

『神風連実記』(荒木精之)

昭和46年、新人物往来社刊

売価1,500円

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

当店の定休日は日曜、祝日、第2月曜日ですので、

11月22日、23日は連休です。

また、第2月曜日を除く月曜日の営業は夕方からですが、

30日の第5月曜日は12時から18時半までの

平日の営業時間通りとなります。

今年の11月25日で、三島由紀夫先生が森田必勝氏らとともに決起され

満50年を迎えることになります。

テレビ、雑誌で特集が組まれているのを見ますが、

永井古書店は特集セールはしないのか?と

誰からも聞いてもらえません(笑)

 

三島由紀夫先生の古書と言えば初版本のことだと普通は思いますが、

当店は人文系学術書や思想的な本は扱いますが、

文芸初版本には思い入れがありません。

10代~20代の頃に三島由紀夫先生の本は読破しましたが、

影響を受けたのはやはり思想的な内容の本でした。

 

三島由紀夫先生の思想的な本は、初版本に比べるとはるかに安いので、

特集を組んでセールをするほどの事ではないというのが実際の所でしょう。

 

当店がインターネツト古書検索サイト「日本の古本屋」にアップしている関係書も極わずかです。

 

 

 

 

『愛国は生と死を超えて-三島由紀夫の行動の哲学-』(谷口雅春)

昭和46年、日本教文社刊

売価8,000円

 

 

『切腹-悲愴美の世界-(増補複刊)』(中康弘通)

昭和62年、国書刊行会刊

売価1,500円

 

戦後最初の切腹研究の本

増補版には「三島由紀夫と切腹」と題する追悼文が収録されている。

 

 

『英霊の聲』(三島由紀夫)

昭和45年、河出書房新社刊

売価1,000円

 

同時収録/憂国、十日の菊、二・二六事件と私

 

「日本の古本屋」にはアップしていない店頭の特価コーナーには

10冊以上関係書が並んでいますが、例えば以下の本です。

 

 

『文化防衛論』(三島由紀夫)

 

 

『討論 三島由紀夫vs.東大全共闘-美と共同体と東大闘争-』

 

 

『三島由紀夫-憂悶の祖国防衛賦-』(山本舜勝)

 

ちなみに私が今までに読んだ関係書の中で良かったと思うのは、

『蘭陵王』(三島由紀夫)『対話・日本人論』(林房雄・三島由紀夫)

研究書では『浪曼人・三島由紀夫』『三島由紀夫入門』(田坂昴)です。

 

『明治天皇の御日常-臨時帝室編修局ニ於ケル談話速記-』

日野西資博謹述、保田與重郎解題

昭和27年、京都祖国社刊

売価6,000円+税

 

 

『聖上陛下の御日常』(藤樫準二編)

昭和12年、東京日日新聞発行所、大阪毎日新聞社刊

売価2,000円

 

『明治天皇の御日常』は元版、復刻版とも過去何度か扱っておりますが、

何と24時間以内にインターネット注文が入ってしまうので、

店頭に並んでいた事がほとんどありません。

今回はどうでしょう?(笑)

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『幸田成友著作集第5巻史伝篇

昭和47年、中央公論社刊

売価2,000円

 

豊臣時代の大坂、豊臣時代の大坂運河開鑿考、保科正之

楽翁公と中井竹山、増見屋三右衛門日記、大塩平八郎 

幕府と佐藤信淵、杉浦愛蔵外伝、澁澤篤太夫の日記と手紙

日本大王國志 

 

*別巻共全8巻揃いが特価コーナーに並んでおりますが、

最も人気の高い第5巻はバラ売りで在庫しています。

 

 

 

『桂御所』(久恒秀治)

1962年、新潮社刊

売価1,800円+税

 

 

 

『吉野朝史』(中村直勝)

昭和13年、星野書店刊

売価1,800円

 

 

 

『日本学としての日本国家学』(佐治謙譲)

昭和16年、第一書房刊

売価1,500円

 

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。

 

『フアツシズムー思想・運動・政策ー』(土方成美)

昭和7年、岩波書店刊

売価2,500円

 

上記の商品はインターネット(日本の古本屋)

http://www.kosho.or.jp/でご注文ください。

「日本の古本屋」で検索してヒットしない場合は

既に売り切れもしくは売約済みです。

 

永井古書店大阪駅前第3ビル店開店30周年記念セールは

令和2年12月16日(水)~18日(金)の予定です。