茨木市 永井歯科医院 院長ブログ

茨木市 永井歯科医院 院長ブログ

大阪府茨木市で歯科医院を開設させて頂いております、永井健太と申します。
専門は歯周病です。保険診療をメインに、歯科一般・歯周病治療・レーザー治療等幅広く対応させて頂きます。趣味は、歯医者・海外旅行・読書・美術鑑賞・犬の散歩です。宜しくお願い致します。

大阪府茨木市で歯科医院を開設させて頂いております、
院長の永井健太と申します。
専門は歯周病です。保険診療をメインに、歯科一般・歯周病治療・レーザー治療等幅広く対応させて頂きます。なお、訪問歯科診療にも対応可能です。
どうぞ、お気軽にご相談下さい。
趣味は、歯医者・海外旅行・読書・美術鑑賞・犬の散歩です。宜しくお願い致します。

NEW !
テーマ:



6月22・23日に高齢者の歯科医療対応力向上の為に毎年参加しています日本老年歯科医学会学術大会に今年も参加して来ました。


今年は東京開催です。





22日はまずランチョンセミナーで新製品の入れ歯安定剤の詳細なレクチャーを受講しました。

カンジダ症にも事実上対応し、吸着力はやや劣りますが清掃しやすい利点が魅力です。

早速注文し納品され次第、診療に反映し、該当する患者さんにはお薦めさせて頂く予定です。

入れ歯を使われていらっしゃる患者さんの約半数以上がカンジダ症と言われていますから、今後の展開が楽しみです。




メインシンポジウムでは脳卒中患者さんへの歯科医としての総合的な対応力向上を目的として、日本老年歯科医学会・日本有病者歯科医療学会・日本障害者歯科学会の各エキスパートの先生方から最新で最先端の知識と対応力をレクチャーして頂きました。

脳卒中は死因こそ第4位ですが、要支援・要介護の原因では第1位です。そして今後も増加が見込まれます。

地域密着型歯科医院である永井歯科医院として向き合っていく覚悟です。


国際シンポジウムでは従来から連携関係のある台湾老年歯科医学会の高雄医科大学教授と兵庫医科大学口腔外科の岸本教授からMRONJ(薬剤関連顎骨壊死)をテーマにレクチャーして頂きました。

高齢社会に突入し骨粗鬆症の患者さんは増え続けています。

タイムリーな歯科治療の提供がキモになります。

多職種連携の重要性を改めて考えさせられました。


2日目は今年から傷病名として保険収載されました「口腔機能低下症」を中心に勉強させて頂きました。


摂食・嚥下リハビリテーションを臨床に取り込むのはなかなか難しいですですが、様々な器械や材料が開発され、評価基準としては数字化され、かつ再評価されて来ました。


特に、口腔内で最も重要なパフォーマンスを発揮する舌の舌圧のカットオフ値が再評価されたことは舌圧検査の普及を後押しすると考えます。


ただ保険収載された為?器械が品薄になっているらしいです。

当院も本日注文しましたが納品日は未定です。

また現段階では材料代で加算点数がほぼなくなる価格設定ですから、よりコストパフォーマンスの優れた商品の開発が期待されます。





いずれにせよ、摂食嚥下リハビリテーション・口腔機能低下症・訪問歯科診療などの老年歯科医学会が担当する分野は日本が世界のフロントランナーです。





来年は仙台開催らしいです。

また来年も参加し高齢者の歯科医療のアップデートを続けていきます。


来年は仙台開催らしいです。

また来年も参加し高齢者の歯科医療のアップデートを続けていきます。









6月9〜12日に北京国際口腔展に行って来ました。

世界中から来られた歯科関係者でかなりの賑わいでした。

個人的には2年ぶり2回目の参加です。


会場は北京オリンピック公園の近くで、宿泊先の王府井からですと地下鉄で行くと3回乗換えがありますから、30分以上かかりました。




今回もドイツ企業は中国企業以外では最大の出展社でした。

IDS 2019もしっかりとアピールされてました。




日本企業もドイツに次ぐ規模の大量出展です。

特にMANIのバーやファイルがよく売れている感じです。






 オーラルケアメーカーTePe・gsk・PHILIPSブーツ。

各社頑張っていらっしゃいます。

 TePeが意外に?中国では存在感があります。





注目のデジタル関連は口腔内スキャナー・CAD/CAM・ミリングマシーン・3Dプリンター等はそれぞれ100万円前後の価格です。

そして医療関連企業には中国政府の補助金がジャボジャボと注ぎ込まれているらしいです。


中国は抜歯・エンド・虫歯治療以外は健康保険がきかないらしいです。

補綴や矯正が全額自費で日本のチェアー1台分くらいで一式揃うなら中国のデジタル化のスピードは相当進んでいる可能性があります。


山東省のブロックメーカー。

広州国際口腔展にも出展してました。

中国はCAD/CAMブームです。


日本の子供用のデンタルグッズを販売している会社です。

中国では最近になって歯科衛生士?のような制度が出来たらしいです。


いわゆるグローバルメーカーですが、中国製品の品質向上のスピードが速く、ブーツは大きいですが、以前の賑わいは無いです。

富裕層相手の歯科医以外はあまり関係がなさそうな感じです。


北京国際口腔展3日目は日本口腔日でした。

ちなみに前日は徳国口腔日。

日本口腔日ではセミナーが開催され、日本の北京領事と日本歯科医学会の前会長が挨拶をされていました。

なかなか盛況でした。


中国の歯科関連企業はここ10〜15年程で急成長した企業が多いです。

特徴は日本やEUの製品を真似て安くグローバルに売るという形態です。

今後はどのように動いて行くのか?目が離せません。


テーマ:




6月3日はNSK Academy主催の臨床的ペリオセミナーで歯周病治療で著名な弘岡先生からSweden式の歯周病治療とインプラント周囲炎の勉強して来ました。




さすがにビッグネームの先生だけあって、多くの歯科医や歯科衛生士が参加されていました。

個人的にも歯周病治療の知識が整理出来て良かったです。




一緒にお写真を撮らせて頂き、本にサインして頂きました。


明日から当院の歯周病治療に反映させて頂きます。











5月27日はインプラントの勉強の為に、OSSTEM社主催の年に1度のイベントであるOSSTEM Meeting 2018 Nagoya に参加してました。



近々発売予定のGBR(骨造成材料)メンブレンは良いらしいです。


NEWドリルのOne GuideはデータをOSSTEMに渡せば資料をOSSTEMが作成してくれ、他社のようにソフト代やライセンス料が必要無く、圧倒的にコストが安上がりです。

とりあえずOne Guideの患者説明用模型を買っておきました。




今回学ばせて頂きました知識を診療に反映されて頂きます。







誠に勝手ながら以下の日時を
休診とさせて頂きます。
 
6月9日土曜日から6月12日火曜日

海外研修の為
(北京国際歯科学会 出席)
 
ご迷惑をお掛け致しますがご了承の程宜しくお願い致します。

*6月9日土曜日はPM13:00まで診療受付させて頂きます。

*6月12日火曜日はPM15:00から診療させて頂きます。




テーマ:



5月12日土曜日は午後の診療を休診にさせて頂き、普段から大変お世話になっております大阪医科大学附属病院歯科口腔外科の医療連携講習会にスタッフと一緒に参加させて頂きました。



一般的には対応が難しい顎変形症と睡眠時無呼吸症候群について勉強させて頂きました。


懇親会では大阪医科大学附属病院医療連携室のスタッフの方々や口腔外科学教室の先生方と顔が見える関係を構築でき良かったです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。