MARUI 24 CLUBは、1986年からFM横浜開局当時に夜の12時から放送されていたノンストップのラジオ音楽番組です。

※ウィキペディア: MARUI 24 CLUB

 

当時、六本木にあったレコードショップ「ウィナーズ」でディスコが閉まって始発が動き出すまで12inchをよく漁ってました。

ネットもないので曲が流れても曲名がわからず(DJは女性にはとてもやさしいけど、野郎には冷たかったですから)、どうしても知りたい曲はサビのフレーズを歌ってウィナーズの店長に聞いたりしてましたよ。

しかし毎週そんなことも出来ないので、この音楽番組は平日毎日常にディスコでかかる最新曲を流してくれる貴重な情報源でした。

 

これを録音したカセットテープが結構あったのでMP3に落としたいなと思っていました。

落とすのと同時に当時曲名がわからない曲も、現在では歌詞が聞き取れればGoogleで検索してわかってしまいます。

便利な世の中ですね。

 

カセットテープをMP3に落とすための機器がいろいろAmazonで安く売っているのですが、どれもレビューを見ると問題がありそうでした。

そこで少し値が張ったのですがTEACのCD付きカセットデッキAD-850を買いました。

カセットテープをMP3の128kbpsに変換してUSBメモリに保存できます。

 

 

録音してあるMARUI 24 CLUBは、どれも60分テープでA・B各30分で入っていました。

試しに7本ほどMP3に落としました。

AD-850に録音レベル調整は付いているのですが、MAXにしてもMP3の録音レベルで見ると88dBくらいなのでMP3に落とした後パソコンで98dB程度に音量を上げました。

(最近のCDはどれも音量があるので、それに合わせるとピーク時レベルオーバーなのですが)

 

音量調節には無劣化で音量を調節できるフリーソフトのMP3Gainを使いました。

MP3Gainのサイト

 

7本落としてみていろいろ懐かしい曲があったのですが、1曲以前から曲名がわからずフレーズだけ覚えていた曲がありました。

今回歌詞の一部 "if you really hold on tight" が聞き取れてGoogleで検索したところ曲名がわかりました。(^^)

 

 

My Mine の「Can Delight」でした。

当時よくかかったアップな曲なのですが、調べたところイタリアのグループでこの曲でアルバムを出した後すぐ解散してしまったので、ラジオやテレビの80s特集などでもこれまで流れたことがなかったわけです。

30年間ずっと気になってたのでうれし、めでたしです。