山野井昇の未来紀行

山野井昇の未来紀行

日々の出来事や、先進の医療、健康、美容分野のトピックスについて感じたままを文字と画像にしてアップしていきます。

猛威をふるうデルタ株コロナウイルス感染症の暗いニュースが続いています。


最近では5波に至り、東京の1日新規感染者数は4,000~5000人前後を往き来し、ピークアウトは?非常事態宣言はいつまで続くのか?
そんな不確実な長い自粛生活が相変わらず続いていますね。

皆さんは如何お過ごしですか?
私は元気です。久しぶりのアメブロ投稿で、すみません。ワクチン接種も6月半ばに2回目を終了しました。

一年持ち越しの東京オリンピック2020も無事終了し、昨夜はパラリンピック開会式が開催されました。

国際的、歴史的に重要なオリンピック開催では、コロナ禍で賛否両論がありましたが、いずれにせよ、このままパラが多くの感動を残し、無事に終了することを祈るばかりです。

ところで最近の世界ビックニュースには驚きましたね。アフガニスタンにおけるタリバンの首都制圧と政権移譲問題。

こちらも8月末までのアメリカ軍撤退に世界中が固唾をのんで見守る状況です。

また重ねて報じられている日本の総選挙。政治不安と医療体制不安。どちらも日本の将来を占う重要課題です。

ところでプライベートで申し訳ないですが、明るい話題を一つ。わが屋の裏スペースには今年も白ゆりの花が咲きました。

この年齢になると、何故か花や樹木の枝ぶりなどに興味がでて、玄関前の樹木枝の剪定は私の仕事です。

昨年は、ゆりが咲き乱れているという表現をしましたが、今年はどうも質素な状態です。

騒然と咲く美しい白ゆりが楽しみでしたが、今年は世相を反映?したのか花も自粛モード。

背丈もそれほど生育せず、昨年のように庭に群れを作ることもありません。

やっと待ちに待って咲いてくれた数本の白ゆりの花に、「今年もありがとう」と感謝を込めて写真をパチリ📷。




やがて花びらは使命を終え、落下して地面に帰っていくでしょう。

多くの社会の難題や不安が収まることを願いつつ、わが家の白ゆりの花は、また来年、この時期に健気に、たくさんの美しい花を咲かせてくれることを願っています。