人事評価・山本信春のブログ

人事評価・山本信春のブログ

社員と経営者が一体となって会社が発展していくための道具が人事評価です。人事評価を行い、社員の能力を知り、長所を伸ばす教育、指導を行う必要があります。

中国地方の外国人技能実習生は2018年末時点で3万人を超えているようです。

過去5年間で1.7倍に増えています。

 

広島県は15,315人の外国人技能実習生がおり、愛知、埼玉に次ぎ全国3番目に多かったようです。

 

実際、顧問先の外国人技能実習生の受け入れのため、当事務所も書類の一部を作成しましたから、外国人技能実習生の増加は実感できる出来事です。

 

国籍別ではベトナム人の17,108人が最も多く、中国5県全体の実習生の過半数(53.6%)を占めています。次に中国7,263人、フィリピン3,181人となっています。

 

当事務所の顧問先においては、外国人技能実習生を受け入れているのは造船関係に多く、フィリピン人です。縫製業、建設業の顧問先は中国人を受け入れています。