国土交通省では関係法令を改正し、『平成30年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化します。』

 

という記事を読みました。

 

乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長(小型船舶操縦者)には、違反点数2点が付され、再教育講習を受講しなければならなくなるそうです。

 

 

さらにライフジャケットがサクラマーク(型式承認試験及び検定への合格の印)が入っていないとそのライフジャケットは着用していても船長の違反となってしまうとのこと。

 

 

どうやら小型船舶の種類によってライフジャケットのタイプが決められているみたいです。

 

 

来年平成30年2月1日施行なのでまだ猶予はありますが、小型船舶に乗船する方は今後ライフジャケットを見直さないといけなくなりそうです。

 

とはいっても、きちんと基準内のものを使っていれば何も問題はないので、サクラマークのライフジャケットをきちんと着用し、楽しく釣りをしましょう!

 

詳しくは国土交通省HPより

AD