myunのブログ

~こんな私でよかったら~


テーマ:

 

昭和52年冬、高校二年生の私は保護者として弟の番組出演の為
上京した。
テレビ朝日「ちびっこものまね紅白歌合戦」で白組沢田研二さんの
「勝手にしやがれ」を小学六年生の弟に歌わせオーディションに合格。

その収録されたホールに居合わせた
作曲家平尾昌晃氏に名刺を渡された。
当時、渡辺プロ傘下の東京音楽学院九州校で歌やダンスを学んでいた私に「君はタレントを目指しているの?」と聞かれたことを
ついこの間のことのように思い出す。
収録中でもあった為、そのまま番組収録も終わり翌日福岡へ帰ってきた。


それからしばらくして、学校帰りの天神でヒットの兆しがあった
「カナダからの手紙」のキャンペーンで歌っている平尾氏を見かけたのである。
一瞬目が合い、平尾氏から話しかけてきた。
その時、初めてまともに会話をした。
家はどこかと尋ねられ、タクシーで向かい
「お母さん、この子の可能性を最大限に東京で生かしてみませんか?」
何がなんだかわからなかった。
これがスカウトというものなのか。。
母子家庭だった為、私が上京すれば弟の面倒は誰が見るのだろう。。。
そんな心配もあったが、家族で相談してついに上京を決意する。


下宿先もアルバイト先も紹介され、あとは努力を重ねながら
チャンスと運を掴むのである。
17歳の春に単身上京した。

私は平尾昌晃歌謡教室にて歌のレッスンをしながら
いつかデビュー出来る日を夢見てチャンスを狙っていた。
数多くのオーディション番組は次から次へと落選。。。


そんな時、芝居のオーディションを受けてみないかと
平尾先生からの一言で3000人の中のオーディションの
難関を突破しついに優勝した。
杉良太郎氏に芸名を付けて頂き新番組のレギュラー出演も決まった。
上京後、半年めのことである。



平尾先生。。。私が今こうやって歌の道に戻ったのは
やはり歌いたかったからです。
遅咲きだって構わない。自分のやりたい事をやりたかったから。。。。
私は4年前に先生にお願いをした。
平尾先生著書の「これがプロフェッショナルだ」
あの本は私のバイブルです。
大切な宝物を友人に貸したまま消息がわからなくなったので、
また読みたいと申し出た。
しばらくしたら郵便受けに届いていたのだった。
先生の曲には故郷があって平尾節ともとれる
独特な世界観があったと私は思っている。

そんな先生の門下生で私はとても幸せだったと思っている。
両親の結婚式に祝辞をくださったり、
ロケ弁当ミルキーハウスの開店を喜んでくださったり
そして父親(養父)の葬儀に花を贈ってくださったり、
本当に心の温かい方でしたね。
こんなに早くお別れが来るとは。。。
私が上京したから、弟も両親も上京した。
私の今がある根源は全て平尾先生との出会いからでした。

沢山の愛情をくださりありがとうございました。
どうかあちらでも感性豊かに素晴らしい曲を書いてくださいね。
いつかまたお会いしましょう。
先生ありがとうございました。
2017.7.26

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

凄く暑かった。
東京を早めに出発して
まず、向かうは成田山新勝寺に参道にある
「せいみや」という籠やさん。
知りあいのご両親が営む老舗の籠やだ。

 

 

 

和をモチーフに伝統ある編み方で籠やざるなどが売られていた。
いくつか買い物をして、冷たいお茶をご馳走になり
後でライブに3人で来てくださるという事で記念撮影をさせて頂いた。
良い方だ~

 

 

そして坂を下って行くと左手に成田山新勝寺を見つけた。
一度お参りに来たかった

 

 

早速、手と口を清め本堂へと。。。
「御火加持(おひかじ)」でお不動さまの御霊徳をいただく
「御火加持」が行われます。鞄や財布などを御護摩の火にあてることで
お不動さまのご利益りやくをいただきます。

 

 

袈裟を着たお坊さんが控室に戻られるお姿にも手を合わせた。
そして一段階段を下りたところで足をくじくアタシ。。。

 

 

 

さてと、今日の現場に戻ろう!
今日は「海鮮酒場 シアター 徳三丸」
海鮮酒場なのにステージがあり本格的な作りなっている。
何だか今日は賑やかになりそうな予感。

 

 

 

B1サイズのポスターも随分と貼られ店を上げて宣伝してくださったようだ。
嬉しい!記念に持って帰りたかった。

 

 

早速、リハーサルを開始。
凄く良い音作り。
大変歌いやすかった。
照明にもこだわりがあったようだったが、まだまだ改装し
音響、照明機材も更にグレードをアップするとのこと。

 

 

広い店内。。。
楽屋で支度を始め、あっという間に本番の時間を迎えた。
なんでも満席になり立ち見も出た為、パイプ椅子を出したんだとか。

 

 

そりゃぁ、もの凄い盛り上がりで。。。
ただでさえ居酒屋というところは賑やかなのに、昭和歌謡と来たもんだから
紙テープも飛ぶ飛ぶ。
ご祝儀も飛ぶ飛ぶ。
凄い歓声の中で、1部を無事終えた。

 

 

2部は10分で浴衣に着替え、和を醸し出す「京のにわか雨」から始まった。
前の晩も練習をしてきたので、よく声も伸びた。


 

とにかく音響担当の方が素晴らしかったから、安心して歌えた。
それでも、皆さんの歓声でオケがかき消されるほどだった。

ショーが無事に終わり物販コーナー。
売れたなぁ。。。
TシャツもクリアファイルもCDも。。。
本当に商売繁盛でした。

 

 

また、是非呼んでください。
千葉の皆さんとまた一緒に歌いたいから。。。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

明日はtheater徳三丸で皆様のお越しをお待ちしております。

こんな曲で昭和の時代にタイムスリップしましょう!
 
私の彼は左きき(麻丘めぐみさん)
 恋する夏の日(天地真理さん)

17才(南沙織さん) 

 赤い風船(浅田美代子さん)

わたしの青い鳥(桜田淳子さん)

タッチ(岩崎良美さん)
素敵なラブリーボーイ(林寛子さん)
渚のシンドバッド(ピンクレディー)
恋のインディアン人形(リンリンランラン)
青い珊瑚礁(松田聖子さん)
夏の扉(松田聖子さん)

あしたもきっと晴れる(myunとyayo~)
暑中お見舞い申し上げます(キャンディーズ)
危ない土曜日(キャンディーズ)
春一番 (キャンディーズ)

 

 

京のにわか雨(小柳ルミ子さん)
折鶴   (千葉紘子さん)

せんせい (森昌子さん)

ひと夏の経験(山口百恵さん) 

ハローグッバイ(柏原よしえさん)

ロマンス (岩崎宏美さん)
初恋物語 (myunとyayo~)

ローマの雨 (ザ・ピーナッツ)

情熱の花 (ザ・ピーナッツ)

かもめが翔んだ日(渡辺真知子さん)
雲にのりたい (黛ジュンさん) 

誰も知らない (伊藤ゆかりさん)

私は忘れない (岡崎友紀さん)

あなたに夢中 (キャンディーズ)
哀愁のシンフォニー(キャンディーズ)
硝子坂(高田みづえさん)以上31曲

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

埼玉県坂戸にあるサンロード商店会の恒例七夕祭り。。。
今年は格別に暑い。
出演依頼があったそのステージはこの祭りのメインとなった。

 

 

60分ノンストップのステージだったが、途中早着替えもやった。
老若男女の皆さんが解りやすいヒット曲を一緒に歌い手拍子をしてくれた。

 

 

日も沈みかけ気温も下がった。
時折、風も吹き上げる。
ありがとう!坂戸の皆さん。
また来月、8月26日大家地区の夏祭りでお会いしましょうね!

【次回ライブ情報】

今週土曜日

 

 

 

■2017.7.22 千葉県成田市海鮮酒場にて出演

会場:海鮮酒場 THEATER徳三丸
住所:成田市上町555-1
JR 成田・京成成田から徒歩7分
成田山新勝寺に向かう途中の参道にあります。
時間: 17:30 開場   19:00 開演  2部構成

MC 3500円(飲食別途)

お子様も参加可能

予約・問い合わせ 0476-33-7117   080-3386-0583(担当石川)

ご来店お待ちしております。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつもお台場から眺める東京湾。。。
ポツリぽつりと浮かぶ屋形船の中はどんな感じなんだろう?
一度乗船してみたいと思っていたところにお仕事の依頼が。。。

 

 

 

木場から乗船する老舗の瀬川丸。。。
活きのいい刺身の舟盛りに揚げたて天ぷらを次から次へと運んでくれた。

 

 

 

今回は新日舞とのコラボでmyunとyayo~にとっては珍しいコラボ体験となった。
あれよあれよと本番初日を迎え、着々と準備が進んでいく。

 

 

当日になってわかったことだが、かつて屋形船に照明機材やPA機材など
持ち込んで本格的なショーを開催したのは主催者フォーチューンワークスが初めて
だったとか。。。今まで屋形船でこのようなイベントはやったことがないらしい。

 

 

え?そうなの?
江戸情緒溢れる船内はいつもこんな催しが行われているのだと勘違いしていたが
自分なりに考えた屋形船はこうあるべきだと思っていたので、今回のイベントは
主催者の思いと私の思いも重なって期待通りに乗船頂いたお客様に
喜んで頂けたものと思っている。

 

 

実は個人的にとても好きなイメージであった。
江戸情緒溢れる都々逸や小唄に合わせて舞う日舞。
照明にこだわったからこそ粋な日舞にも華が咲き、
音響担当のスタッフにこだわりがあったからこそ
素晴らしいエンターテーメントの世界へと導いてくれた。

これが極上のおもてなしではないかと感じた。

 

 

途中湾内から陸の夜景を360°楽しむことができる休憩もあった。
船の展望デッキから眺める夕景と爽やかな風は素晴らしく
お客様のはしゃぎぶりといったら、この瀬川丸だけに起こった
奇跡のようなものだ。
人をもてなす心は通じるのだなと思った。

 

 

 

この屋形船次回は9/2(土)演目にもうひと方、よしもとからお笑い芸人さんが
出演されるとのこと。
myunとyayo~も選曲もこだわりまた沢山のお客様に楽しんで頂きたいと思っている。

そして7/22(土)は足立区花火大会(人気投票第1位)だがこの瀬川丸で17:00乗船。
17:30出航。22:00までのお食事付き飲み放題。
よしもとからの芸人さんのお笑いと大迫力の花火を見ながら楽しめるコース。
現在19000円(税別)で好評売り出し中である。
お申込みお問い合わせはフォーチュンワークス松本まで03-6869-2385
090-9318-0689(松本)

【おまけ】 

        

 

【次回のライブ情報】

 

 

『坂戸八坂神社 七夕祭り』 
myunとyayo~「昭和アイドル歌謡ショー」

 【日程】2017年7月15日(土)

 【場所】東武東上線坂戸駅北口徒歩1分 サンロード商店会内駐車場内
http://sakado-ks.com/

 【時間】myunとyayo~の出演時間は18:00 ~ 19:00

 【料金】無料

 【出演】myunとyayo~  myunyayo Mates(舞花・彩香)

 

 

【日程】2017年7月22日(土)

 

【会場】海鮮酒場 THEATER徳三丸

【 住所】成田市上町555-1
JR 成田・京成成田から徒歩7分
成田山新勝寺に向かう途中の参道にあります。

【出演】myunとyayo~  myunyayo Mates(舞花・彩香)

【 時間】17:30 開場
   19:00 開演
2部構成

【料金】MC 3500円(飲食別途)
お子様も参加可能

予約・問い合わせ 0476-33-7117 080-3386-0583(担当石川)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

まだ寒い2月頃。。。
どこか旅行に行きたいね。
とふたりで旅行の計画を立てていた。
海がある風景がいいよね。
うん、ハワイもいいけど、まずは沖縄行こうよ!
と始まった沖縄行き。。。

どうせ行くならライブやりたいよね。。。
ということで、ライブツアーになり、
あれよあれよと関東、近畿、九州から12名が参加することに。。。

 

 

そんな沖縄は梅雨真っただ中。。。
それでも、いつも奇跡を起こすmyunとyayo~。
自分たちが沖縄に到着した日に梅雨明けとなった。
超ラッキー!ハッピー寿!
最強晴れ女!

 

 

オリジナルのmyunとyayo~Tシャツ着て並んで記念撮影をパチリ。
向かうはレンタカー屋さん。。。
足が無いと何処にも行けないからね。


 

まずはライブハウスへ。
リハーサルやってあっという間に開演時間だ。

 

 

現地のお客様もハチマキ巻いて声援を送ってくれた。
このライブハウス首里cafe瑠都はとってもレトロちっくなお洒落な
内装。。。

 

 

ナシルというアーティストが経営する居心地が良い人気店だ。
食事も、手作りピッツアで美味しい!

 

 

ライブも沖縄ならではのリラックスしたお喋りに特別にお送りした
特別な選曲にお客様からも喜んで頂けたようだ。

 

 

特別ゲストにゆう香さん。。。
新日舞を披露してくれた。

 

 

2部構成では大人な昭和歌謡タイム。。。
こちらも二度とやらない特別パフォーマンスを披露。。。笑

 

 

翌日、海に行った。

 

 

 

浜昼顔が咲く白い砂浜で海を見つめる。

 

 

アダンの実を見つけて「パイナップル!」と叫んだが違うらしい。。。

 

 

沖縄は実に26年ぶりだった。
あの時は嘉手納基地でのキャンプでの仕事だった。

奇しくもこの日沖縄戦が終わった慰霊の日、カーラジオからは
戦没者の霊を慰めるため繰り返し放送が流れていた。

 

 

島内をドライブしながら幾つもの海を眺めた。

 

 

 

昼食はパンケーキ。

 

 

太陽が沈むその時を見たくて沈む太陽を追いかけた。

 

 

なんて美しいのだろう。。。

 

 

ついに最終日。。。
また海に出かけた。

 

 

さようなら、沖縄。。。
君には青い空と笑顔が似合うよ。
またね。。。

 

 

【次回ライブ情報】

 

 

 

 

2017.7.8(土)屋形船ディナークルーズ&昭和アイドル歌謡ショー

東京湾を遊覧しながら昭和アイドル歌謡ショー!
7月8日(土)夜は豪華なディナーと共にあなたと屋形船でクルーズ!

17:00乗船開始
17:30~20:30

出演: myunとyayo~ 2部構成
新日舞 ゆう香&あい香 2部構成

大人1名様 16000円
15歳以下9800円
(豪華料理・飲み放題付き)
お申し込みは石川ミュンまでご連絡ください。メッセンジャーから承ります。

お問い合わせ:フォーチュンワークス
03-6869-2385
090-9318-0689(松本) 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017.6.18(日)日本橋兜町のsananというインドカレーの店で
元ずうとるびの江藤博利さんとジョイントライブを行った。
ずうとるびと言えば1974年「みかん色の恋」のヒットで知られる
男性アイドルグループのメンバーである。

ライブ会場がカレー屋さんということもあり
お客様も出演陣もカレーの美味しさに舌鼓。。。

 

 

 

この日特別ゲストの将大さんを迎えライブがスタート!
素晴らしいソウルフルな歌声とご機嫌なリズム。。。

 

 

 

いつものライブと違ってお客様はリラックスしていた。
そんな中で一番緊張していたのはアタシかもしれない。

 

 

 

ピンクレディーのリクエストがあったので、「渚のシンドバッド」も
頑張った。

 

 

 

江藤博利さんのライブは無駄のない喋りにやさしい歌声。。。
この一日ご一緒して感じたことは気配りが素晴らしく、場の雰囲気を
盛り上げていく力がある方なのだなと思った。

 

 

 

笑いの向こうには男の生きざまが見えて私の目には笑いだけではなく
優しさや人としての素晴らしさが脳裏に焼きついた。
きっと、長年ファンをやっている方は江藤さんのそんなところが
一番好きなんだろうと勝手に思ってしまった。

 

 

思わず握手を求めるアタシ。。。

              

デュエットコーナーでは昭和の名曲から「東京ナイトクラブ」に
「愛の奇跡」を。。。


 

 

最後に「また逢う日まで」を歌った。
また逢う日まで、逢える時まで。。。

 

 

 

今日はご来場頂いたお客様ありがとうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。