私の夫は研究者です

私の夫は研究者です

研究者と結婚したら、即台湾へ移住。からのイギリス、イタリア行き。
あわせて約6年の海外生活を経て2018年帰国。長女も生まれて3人暮らしになりました。
研究者夫の珍生態、子育て、海外生活の記録などを綴っています。

 
 
先日のこと。
 
日々溜まっていた旦那への怒りが大爆発し、
ぬいぐるみを投げつけた。
 
(投げたらダメです)
 
 
 
 
 
「いってぇえええ!!」
 
 
ぬいぐるみが当たり悶絶する旦那。
 
 
 
小さなぬいぐるみなのに、騒ぎ過ぎでない?
と思っていたら
 
 
 
「ニキビに…化膿したニキビに当たった(泣)」
 
 
ですってよ。そんな偶然ある?(笑)
 
 


↑投げられたインコちゃん。
 


 
 
そりゃ申し訳なかったなと、
投げたことについては素直に謝罪した。
 
(投げるに至った原因は許さない)
(だって娘を何度も泣かすから)
 
 
 
 
 
 
 
少し話が逸れてしまったので、時を戻そう。
 
 
そのニキビがどんなもんか見せてもらうと、
胸の真ん中あたりに大きめのニキビがあった。
カンカンに腫れていた。
こりゃちょっとでも触ったら痛そう。
 
 
さらに、なんとなーくの印象だけだが
最近できたニキビには見えなかった。
深く根を張っているというか、
どっしり居座っている感じがする。
 
 
 
 
 
 
 
これ、いつ出来たの?夫に問う。
 
 
 
 
 
「10年位前から」
 
 
 
 
!!!
 
 
 
 
 
想像以上の大御所だった…。
 
放っておけばいずれ落ち着くが、
同じ場所で再発を繰り返していると。
 
 
 
 
 
 
私はその症状を知っている。
ブログにまとめたこともある。
 
 
 
粉瘤じゃない?
 
 
 
 
 
 
 
本当に粉瘤かはわからないけど、
痛いらしいので皮膚科受診を勧めた。
 
が、病院嫌いな彼は「行きたくない」って。
 
 
妻から手術や処置の話を聞いているから
余計に怖いのかもしれない。
 
薬だけでも処方してもらえば
ひとまず落ち着くだろうに。。。
 
 
 
 
 
現時点で彼は受診していない。
今後どうするのでしょうか…?
 
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
ちなみに私は
繰り返し痛い・痒い思いをするのが嫌で
手術しました。
 
↑全8回。
連続で投稿したので、
上記リンクから次々読めます。
 
私の粉瘤ストーリーも
まだ書いていない続きがあるのです。
そのうち。
 
 
 
 
読んでくださってありがとうございます(^^)