私の夫は研究者です ーイタリア・フィレンツェ編ー

研究者(ポスドク)と結婚し、海外旅行にも行ったことがないのに外国生活がスタート。
新婚早々からの台湾、イギリスでの生活を経て、2016年末にイタリアへ移動。その後はどうなることやら?
海外生活の実際、研究者夫の珍生態、旅行記などを綴ります。


テーマ:

 

☆ローマ旅行編をはじめから

 

 

 

 

今回の旅行は2泊。2か所のお宿に宿泊しました。

 

ちなみに我が家の宿探し方法はネットです。

ホテルを予約できる全世界対応のいずれかのサイトで、

お安めかつレビューがそこそこ良く、無線wifiがあり、個室にトイレ・バス付きのところを狙います。

 

 

 

 

1泊目は、アパートを宿泊施設に改造したタイプのゲストハウス。

 

P5310078.JPG

 

 

ここはフロントがなく、スタッフが常駐していませんでした。

約束したチェックイン時間に待ち合わせをして、鍵をもらったり説明を受けたりする感じです。

 

ヴェネツィア旅行のときも同じタイプの宿に泊まったのですが、

イタリアはしょっちゅう電車が遅れたりするので、スタッフと連絡が取れるようにしておいた方が吉です。

当てもなく待たせて迷惑をかけてしまうし、

当日無断キャンセルとみなされたら宿無しになってしまいかねないので…。

(そしてそういうことは、ホテル予約サイトには明記されていないこともあるので注意)

 

 

 

 

軽めの朝ごはんも付いていました。

 

CYMERA_20170531_092935.jpg

 

 

 

 

冷蔵庫の中には牛乳やジュース、チーズ、ハムなども。

 

CYMERA_20170531_093046.jpg

 

チェックイン時に「なんでも好きなだけ食べてよいよ」と言われていましたが、

私は大変お腹が弱いので、生もの・開封済みのものは極力遠慮したい。

ジャムを塗ったラスクと、紅茶くらいで朝食を済ませました。

 

 

 

 

 

2泊目は”アパートの1フロアをまるっとホテルに改造しました”タイプ。フロントあり。

内装はたいしたことなかったので、写真に残しておりません。

 

テルミニ駅から徒歩5分くらいのところでしたが、窓を開けたら生活感全開でした(笑)

 

P5310207.JPG

 

ここ、Wifiも弱くて全然ダメでした。イタリア携帯の電波さえも、都心の建物密集地だからか弱くて。

あと冷蔵庫も壊れていて使えなかったし、2人で宿泊なのにタオルは1枚しかないし、

フロントスタッフの愛想もイマイチだったなぁ。1泊目のところは全てにおいて文句なしでしたけどね。

 

 

どこの国でもそうでしょうが、個人経営の小さなリーズナブルなホテルだと、

多少の不便は覚悟しないといけないのかもしれませんね。

もちろん安くても手厚いサービスのところもありますよ!

 

 

 

◎イタリアの宿泊施設覚え書◎

・公共交通は遅延しがちなので、宿泊施設と連絡を取れるようにしておく。特にフロントがない宿の場合。

(宿の人はもちろんイタリアの現状をわかっているので、トラブルがあっても連絡しておけば大丈夫)

・アメニティはタオル類とハンドソープ以外は存在しないと思っておいた方が無難。色々あったら神。

・意外と冷蔵庫があるところが少なくない。欧州の他国では、同レベルの宿でも滅多になかった。

・Wifiがちゃんと使えるかどうかは宿泊施設による。

 

 

 

 

話は変わりまして、今回の自分用のお土産です。

すべてヴァチカン市国のサンピエトロ広場付近で購入しました(国土はたぶんイタリア?)。

 

フィレンツェに戻ってから誕生日プレゼントをもらえる予定だったので、節約してささやか~です(笑)

 

 

 

定番のポストカード。ローマ教皇が素敵。

 

P6010233.JPG

 

 

 

 

こちらはローマ教皇が描かれた小さなメダル。1~2ユーロくらいだったかな。

 

P_20170601_154302.jpg

 

素敵なロザリオがたくさん並んでいて目移りしてしまったけど、

衝動買いするには悩むお値段(10~20ユーロ以上)だし、自分クリスチャンでもないしと思い、

教皇のメダルにしました。

いつかこれをロザリオ風ネックレスに加工してみたいな。

 

 

お土産は低予算で抑えましたが、思い出と写真はプライスレス!!

 

 

 

 

 

ローマはとても見どころが多く、良いところでした。いつか改めて旅してみたいなと思いました。

「また来れますように」と、トレビの泉にコインを投げる習慣があるのも納得です。

 

気になる治安も、最大限に予防策を講じて、注意していれば多分大丈夫。

首都だから特別怖い!ということは無かったです。

 

フィレンツェから近いような遠いようなローマ。

ずっと行きそびれていたけど、お義母さんたちの訪問をきっかけに行くことができて本当に良かった!!

 

 

 

ローマ旅行編 おわり

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。