私の夫は研究者です

私の夫は研究者です

研究者と結婚したら、初めての海外渡航が”台湾への引っ越し”に。
その後イギリス・イタリアへ移動し、約6年間の海外生活を経て2018年帰国。長女も生まれて3人暮らしになりました。
研究者夫の珍生態、子育て、海外生活の記録などを綴っています。


テーマ:

 

 

妊娠・産後はどうにも頭が働かなくて、

テキパキと行動できなかったり、記憶力が低下したりしている。

 

産後1か月くらいの時なんて、☆こんなことをやらかした

 

 

 

あの頃に比べて現在は、

身体はおおむね回復したし、夜もわりと眠れているけど、

いまだに頭がほわほわ~としている自覚があります。

先輩ママさんから、心身の完全回復には一年くらいかかるって聞いた。

 

 

 

 

 

こんな状態では、赤子と自分のことで精一杯。

 

夫の世話まで焼けん!!(笑)

 

 

 

 

 

今までの私は、わりと夫の世話を焼いてしまっていました。

 

本人にやらせた方が良いとはわかっている。

でも、そうすることによって夫が失敗したとき、

私まで巻き込まれるので余計に面倒。

ついつい手を出してしまった結果、夫はどんどん妻に頼る。

 

結婚してからこんな悪循環に…。

 

 

 


 

しかし。

 

 

いま私の目の前には、

お世話をしてあげないと命すら危うい赤子がいる。

 

 

夫は精神年齢が3歳であっても、やらかすことはあっても、

大人だ。

 
 
 

スッパリ夫の世話、辞めまーす。

 

 

 

 

 

「子供が生まれてから奥さんが冷たくなった…」

なんて話をよく聞くけど、こういうことなのかなぁ。

 

ホルモンの影響などもあるけど、

子供と自分のことだけで作業容量オーバーですわ。

 

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございます(^^)

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが特殊な職業の主婦へ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス