忘れてた。
ココにブログ置いてたの…

偶然開いたら、ちょうど4年前の今頃で、
なんか運命感じてUPしてみた。

時間の経つの早いね。

もう、無意味な会話なんていらないし
ウソくさい繋がりもいらない

なのに、あなたの存在を
消してしまえない現実が辛いのです

忘れようとしてるのに
あなたの足跡を探してる自分が
虚しくて
悲しくて
情けなくって

また今日も、携帯の画面の
うすボンヤリとした明かりのどこかに
あなたの存在をさがしています。