介護していて疲れたらここで話そうよ

介護していて疲れたらここで話そうよ

要介護5の母を在宅介護をしています。介護は心も体も疲れますよね。心が疲れたり愚痴りたくなったらここで話しませんか

母の入院生活で、私の精神的不安定だった時、

支えてくださったのが家族支援の看護師さんでした。

 

これから先、長い入院生活で、

一人毎日面会に行き、悩みを相談する人もいなく、

母の入院していて、不安定状態をどうしたらよいのか…

 

私も心が不安定でどうしたらよいのか

誰に相談をしたらよいのか…

本当に悩みました。

 

そんな時、病院においてある、

ある雑誌を手にしたとき、

母の入院している病院に、

家族支援専門の看護師さんがいるというのをみて

そんな看護師さんがいるんだ…

助けてほしいと思いました。

 

そして、連絡を取ってみると、すぐに予定を入れて頂き

合う時間を作ってくれました。

1時間くらい話を聞いてくれて、

母にとって良い方法を考えていきましょう…と言って頂き

心が軽くなったことを覚えています。

 

それから、月2回くらいで1時間、

家族支援の看護師さんに相談しながら、

母の退院に向けて話していきました。

 

家族支援の菅押さん、退院支援の看護師さん、

担当の看護師さんに主治医の先生、

皆さんのおかげで、

母は無事に退院することが出来ました。

 

今入院されていて、悩みがるときは

家族支援の看護師さんに相談されるといいですよ。

 

患者さん、家族にとって良い方法を考えてくださいます。

ご家族や、患者さんの、心のケアもしてくださいます。

 

私は一人介護だったので、母の入院しているときは

本当に相談する人がいなくて悩んでいました。

家族が入院していて、悩み、

誰に相談してよいかわからないときの

家族支援の看護師さんは、心が楽になりました。

 

家族支援の看護さんに話すことで、心が軽くなり、

良い方向に話を持って行ってくれるので安心して、

母の退院を迎えることができました。

 

 

 

 

 

して困った時

4月から医療の考え方が変わるようで

今まで主治医の診療所が

レンタルしてくれていたものが

個人と契約になるようで、

つまり私がレンタル料を払うことになるようでした。

突然知らされてビックリでした。

 

往診に来られた時に伝えられ、

そう言い残しておかえりになり、

心の中でどうしよう…と思い、

 

とにかくレンタルしてくれている事業所に聞かないと…

思いながら、連絡してみると、

営業担当の方は、不在のようでした。

折り返しお電話を頂けるように

お願いしたのですが。

 

その後、リハビリの先生や、訪問看護の看護師さんなど、

訪問された人と、この出来事を話していると、

皆で考えましょう…

言って頂き、少し心が軽くなりました。

 

私が、どうしよう…と思っている気持ちが

母にも伝わり、

母も心配になってしまったようで

不安定状態になってしまいました。

 

こんなことになる前に、往診の先生から

前もって話していただくことはできなかったのか…

詳しい詳細を話してくれず、

個人でレンタル料を払うことになります。

と言われた時の気持ちは

ただ不安になることを分からないのだろうか…

 

そんな説明もなくいきなり伝えられたことに

納得いかず

訪問関係の人達と話して

皆さんの温かい言葉に心が楽なりました。

 

いくら医療が4月から見直すとしても、

前置きなくいきなり伝えられることに

心が不安定になってしまいました。

 

在宅介護、介護サービス、

これからどうなっていくのか…

医療がどのようになっていくのか…

 

皆さんんも不安になりませんか。。。

 

 

 

一年前の今日は、主治医の先生から

退院のことを聞いた日なんです。

 

今、振り返ってみると

本当に入院生活は大変だったなぁ…と思います。

半年以上の入院生活で、

母は個室で、精神的不安定になり

いつも面会に行くと泣いていました。

 

早く帰りたい。

言うことを聞くから家に連れて帰って…

そういいながら、いつも泣いていました。

 

入院生活が長くなると、ストレスもたまるよね。

と思いながら、早く家に帰ろうね。

と話していたのを思い出します。

 

でも、今振り返って思うことは、

退院に向けて話を聞いてくれる

退院支援の人でなかったこと。

 

他人事のような感じで、

何とかなるから…と言われ

退院させられたこと。

 

信用しないで…の中でも

お話しさせて頂きましたが、

本当に退院するときは、色々と先のことまで考えて

退院されること、

 

退院に向けて、ケアマネさんや、退院支援の人と、

退院される人、家族の人

皆のことを考えてくれる、

退院支援の人と話し合ってくださいね。

 

私のような、退院して大変な思いをしないように

くれぐれも自分の気持ちを大切にしてくださいね。