こんにちは。横山光昭です。

 

毎月、貯金できてますか?

それはどうやって作った「貯金用のお金」ですか?

 

 

貯金をするとき、「先取り貯金」をする人も多いかと思います。計画的に貯めたいですからね。でも、この先取り貯金はいきなり始めると失敗します。

 

例えば、毎月30万円の手取り収入があって、生活費も30万円かかりますという人が、いきなり3万円先取り貯金しようとなると、生活費は27万円に減ってしまうということですから、支出の仕方を変えていかないと、3万円分支出しないやりくりはできません。

 

そのやりくりをどうしていくかの検討をつけていかないと、結局は27万円で生活するはずだったのに、やっぱり30万円の暮しになってしまい、貯金ができなかった、という風になってしまいます。

 

先取り貯金したお金を引き出すのではなく、実際の貯金を減らすケースもあります。

 

3万円は先取り貯金として専用の口座や貯金箱に貯めていきますが、生活費が不足した時には自然に貯金を切り崩し、補填。それを意識していない、例えば貯金と生活費のお金が一緒の口座に入っていて、簡単に引き出せる状況だったりして、赤字になっても気が付きにくい状況だと、「先取り貯金はできているのに、貯金がなんだか増えなくて。むしろ減っている?」などなることもあります。

 

簡単に気が付きそうなことなのですが、意外と「先取り貯金」に注力していて、それ以外のお金について気が付かない、という人もいるのです。

 

先取り貯金でお金を貯めようというなら、まず、自分の家計状況を知っておくことが大切です。毎月いくらの黒字額があるのか。その金額が「無理なく先取り貯金できる金額」です。貯金できる金額を増やしたいのなら、支出の仕方をコントロールして支出額を減らすなどしていきます。

 

生活できない金額設定にすると、無理がきて先取り貯金が意味のないものになってしまいます。ようするに、自分の収支について、把握しておくことが大切です、ということです。

 

上手に先取り貯金、してください。

 

 

フォローしてね