• 18Apr
    • 2018 5歳のサポートブック

      今年もサポートブック作りました 前年のを上書きしてるんですが、だいぶ成長したなあと思います。ほぼ書き直しています。 身辺自立度(何ができて何ができないか)よりも、 保育所生活でaiがしそうな、直したい行動と、本人の性格や今の状態から考えられる原因と対策、 みたいなのが一番伝えたかったかな。 それが一番変わったところ。 ここには成長記録ということで、先生へのお願い事項は省きましたが、最小限にしようと思いつつ多くなったなー。 どうしたらいいかわからないことも伝えました。 今のところ、先生とのコミュニケーションは順調な滑り出しで一安心 ----- ○家での様子 ・お人形を使ってのままごとが好き。ひとりごとでかなり長い文章をしゃべっている。 ・歌、踊り、本読みが好き。  ・YouTubeの動画(おもちゃで遊ぶ動画)を見るのが好き。 ・着替え、お風呂、保育所へ行く、などを誘うと嫌がる。 ・自分のやっていることに手を出しすぎると嫌がる。 ・祖父母は優しいから好き。(人によって態度を変える) ◯性格 ・好奇心旺盛な一方、初めての活動には慎重になることもある。 ・やだ、と言うことがまだ多い。苦手なことはしたくない(諦めるのは早い)、いまやりたくない、やろうと思っていたのに言われた、などの理由。 ・行動はマイペースだが、日常のやることは頭に入ってきたと感じる。 ・人懐っこい。知らない人に向かって行きすぎる。まずは挨拶する程度にするよう教えたい。 ・まねが得意。手本を見せるとやる気になる。 ○過敏なこと ・太鼓やスピーカーから流れる音など、大きな音が苦手。 ・たくさんの人が騒いでいる、動き回っている中には入りたくない。 ○昨年度保育所で問題になりがちだった様子 ☆行動の切り替えができない場面がある。 トイレに行きたくない、支度をやりたくない、散歩の時歩きたくない などの理由で、 すわりこむ、ねそべる、みみふさぎ ☆対策 すわりこむ、ねそべるはすぐ立たせる 本人の好きな、次の見通しを伝える (○○したら遊べるよ、ごはんだよ、○○まで行ったらおんぶしよう、など) 本人の好きな歌をうたってあげる   カウントダウンする   選ばせる すこしでも行動できたらほめる 放っておく(自分で気づいて動けるのを待つ) ○食事 ・好き嫌いは以前と同じようにありますが、嫌いなものでも食べられるようになっている。 ・水分、牛乳の量は少ないです ・食材は1センチくらいに細かくしています。昨年度までと同じです。 ・かじりとりをあまりしない。 ○食べ方 ・スプーン、フォークを4本指で下から支えて食べる。 ・犬食いになるので、お皿を持つように声かけをしている。 ・椅子の上にしゃがんだり足を乗せたりするときは、その都度声かけをしている。 ○排泄 大、小ともに日中はほとんどトイレでしています。夜はおむつにすることが多いです。 時間で誘うとほとんど失敗しません。自分で予告することも増えてきました。 ○着替え 靴  脱ぎ履きはできるが、靴のベルトが留めにくい。 靴下 ひとりではけるようになった。 上着 腕から入れて裾を持ってかぶるか、首から通して腕を入れる。 最初に持たせればひとりで着られることが増えてきた。 羽織りもの あと少しで着られそう。少しの手助けで着られる。 ズボン ひとりで脱ぎ履きできる。 ファスナー、ボタン ひとりではできない リュック ひとりでできる。 ・服は履きやすいように置いたり、持ってあげたりするとできやすい。 ・前後は分からない。裏返すことはできない。 ○その他の日常動作 ・歯磨きは、ブラシを上手に動かせない。(家では嫌がる) ・筆記具の持ち方を、下から3本指で持たせるようにしている。 ・ハサミは持たせてやると、一回切りがなんとかできる。 ○気になる行動 ・椅子に座る時に足を乗せたり後ろを向いたりと、姿勢が安定しない。 ・話しているときなどによだれ、つばが飛ぶ。 ・指しゃぶりがある。 ○ことばについて ・拒否、要求を言葉で伝えることが目標 ・答え方が分からない質問にはオウム返しする。応答が正しいとは限らない ・話すときに相手を見ない ・吃音がでることがある。 ・全体に向けた指示を理解して動けることもある。分かってないときは個別に指示が必要 ○友だちとの関係 最近は一緒に遊ぶ姿もあるようです。 かまわれすぎることもあるのではと思っていますが、本人が自分の意思を伝えることができるようになってほしいです。 ○健康、身体面での注意 ・鼻水が出やすい。中耳炎になる。 ・目はどのくらい見えているのかわからない ・暑さ、寒さに弱く、動きたがらなくなる。冬はしもやけになる。

      6
      1
      テーマ:
  • 10Apr
    • 4月のばたばた

      4月になりました誕生日も過ぎ、5歳になりました 療育園は新しい場所、新しい先生、新しいメンバー、です。 入園式のようなものがあり、一日は通常療育で行ってきました。 担任は、見学のときにいいな~と思っていた先生で良かった❣️ 園長が他の園とチェンジしていて、園の雰囲気が見聞きしていたのと変わるかも知れない 新しい環境に気を配るのが仕事だから、こっちは安心しています。 保育所は、にいちゃんがいるときからいる、ベテランの先生です。 ベテランの先生は…かあさんは苦手ですが 加配の先生は若手の先生です。規模が小さい園なので、みんな顔見知りでそれはいいところです。 園長先生が新しい先生で…保育所も雰囲気変わるかもなあ。 で、、、さっそく、来月の遠足の予定が、療育園に行く日になっていてモヤモヤ中です 行く曜日が二転三転してて結局ぎりぎりに伝わったし、予定を考慮してもらえるなんて恵まれてるから…と思っておきます。 にいちゃんの担任が新卒の先生で心配(新卒で配属された先生、つまり4年目までの新人に当たるのはなんと3年連続!) 中耳炎なおらないのとアデノイド腫れてて、医療センター紹介されたり サポートブックの準備忘れてたり ことしは小学校と保育所の役員を両方しているので、その分予定が多かったり…… かあさんも気持ちがフワフワしていました。春休みの疲れも重なっていたようです。 なんと…車、事故った…コンクリートブロックにひっかけ、バンパーが大破した… 2年に1回は、自損事故起こすんですが(多すぎ) 久しぶりの修理案件…いつもはボロ車なので基本そのまま ヘコんだけど、まあ自損事故で済んでよかったなと。ただでも運転が下手くそで荒いのに、最近危ない運転多かったかなと反省しました 4月は平穏にすぎますように❗️近所の児童館が新しくなり、有料の遊び場が❗️休みの日は混みそうだなー

      4
      2
      テーマ:
  • 30Mar
    • 今年度最後の日

      今日で保育所終わりました❗️明日から春休み担任の先生は異動でした…結婚されたばっかりだから仕方ないか。「成長を見たかったんですが…と言われました。わたしもaiの成長する姿を見て欲しかったなぁ。aiはよくわかってないから、「またらいしゅうねー❗️」だって。よけい切ない-----中耳炎が治りきらないまま、風邪をひいてしまい、また鼻水がひどくなり、中耳炎が悪化ここ数日ねる時の鼻づまりで寝苦しそうで何度も起きていました。しかも起きてばあちゃんのところに行って寝る。いびきがすごくて、本人もしんどそうだけど、一緒に寝てる人も眠れない今日、耳鼻科で診てもらったら、アデノイドがかなり腫れてるらしいです普段は大きめ、ぐらいに言われています。風邪ひいたり鼻水出てくると、いびきがひどくなるのもアデノイドが原因の様子で、映像見せてもらったら、ほんの少ししか空気の通り道がないついにアデノイドを取る手術を勧められました…ついでに鼓膜にチューブ入れるのも…今まで話だけだったのが、ここにきて先生の決断に至ったアデノイド取ったら、中耳炎もいびきも鼻づまりも少なくなるそうです。いいことしかないじゃないですか。それはぜひ早いうちにお願いしたい今の炎症が良くなったら紹介状書いてもらう予定になりました。とりあえずは早くなおれー❗️❗️❗️

      9
      テーマ:
  • 26Mar
    • 思いがけない別れ

      療育園のお別れ会がありました。 毎年あるお別れ会はこれで3回目。今通ってる園はほんと最後になります。 でもまあ次もおんなじ系列だし、一緒に行く子もいるし、先生たちもまた会う機会あるし、そもそも今週まだ行くし…と、そこまで感傷的にはならず会は進行していたのですが… なんと❗️ 園長先生が退職されるという突然の発表が❗️ しかも一番最後に。 先生も保護者も、みんな泣いた かあさんも泣いた ----- 初めて見学に行った時から、「この先生に任せてみよう」と思って通い出した療育園。 アドバイスが的確で、困っていることを相談すれば、今すぐできることを具体的に教えてくれる。 必ず親の立場に立って味方になってくれる。がんばりを認めて励ましてくれる。 ABAの考え方でがっつりしているので、はた目には厳しく対応することもある。 でも、私たちは先生を絶対信頼している。 先生は子どもをほんとうに愛している、のがわかるし、子どもを伸ばそう、といっしょうけんめいなのがわかるから。 そして実際、子どもは伸びた。行動が変わった。 私たち親も、育児の方法を学んで、強くなったのかもしれない。 かあさんは、ABA的考え方を先生に学んだ。 ここに来る前は、ABAって言葉しか知らなかったのだ。なんか良さそうな療育法だから、ぐらいだった。 つみきの会に入ったのも、先生に「効果あると思う」と言われたのが決め手になった。 かあさん史上、今までで最高にすごい先生。もうこんな人は現れない…と思う… ----- 先生は、地元の療育を盛り上げようと、新しい施設を作るそうです。 そっちの準備に行くから、今日で最後、もう来ないよって言われた。 去り際が…よすぎる… 最近はお忙しそうで、ゆっくり話す時間がなかったのが悔やまれます。感謝してもしきれません。 お手紙書こうと思っています。 しばらくロスが続きそうです先生4年間ありがとう。

      13
      テーマ:
  • 16Mar
    • 防災キャンプ

      今年も防災キャンプに参加しました。お父さん頼みたくても休みじゃないし、ai置いていかないといけないし、寒くてしんどいから行きたくなかった…が、にいちゃんが、「絶対に行きたい❗️」という。抽選にはずれればいいなーと心の中では思いながら申し込んだら、まさかの参加通知2日目はジジババも旅行に行くと聞いて、もう参加辞退しようと思ったけど、まさかのにいちゃんに泣かれ、早朝にかあさんが一旦自宅に帰り、aiを連れてくることにしました。もうしんどそうなのが目に見えているわ…1日目は、消防署の方が来て、消化器での消火訓練とロープ渡り。あと煙体験煙は、訓練用の煙を室内に充満させ暗くして、壁伝いに歩くの。前が全く見えなくて怖い。黒板のへりにぶつかりそうになったお食事は非常食などを全部自分たちで作ります。非常食の炊き込みご飯はお湯を注ぐだけ、でも15分かかる。それを考えると、カップラーメンってすごいねと話しました。夕飯は、ナイロン袋に米と水をいれ、30分鍋で煮るご飯。レトルトの中華丼で食べましたナイロン袋のままで食べるから、食器も汚しません。食器作りもあわせて1時間半くらいかかったかな。↓これは去年の。炊き込みご飯ともに、まあ食べられる味です1日目のメインイベントは、寝床作りです去年むっちゃ寒くて眠れなかったから、今年はキャンプマットやエマージェンシーシートを持ち込みました。去年教えてもらったことを活かし、防寒対策をしました。↓じゃーん。さんかくしかくハウス反対側。新聞紙であらゆる隙間を塞ぐ。自分の体から出る熱を逃がさないように空間を狭く、壁は空気が逃げないように段ボールとシートのダブルウォール。床からの冷たい空気を防ぐため畳、段ボール、キャンプマット、貸出寝袋の順で敷きました。上は持ってきた寝袋と貸出毛布をかける。お兄ちゃんが這い出てる狭すぎて寝返り打てないのが欠点朝は久しぶりに霜がおりてました朝方は氷点下の冷え込みだったと思うでもねー❗️快適だったー❗️あっという間に寝付けました。お兄ちゃんも多分よく寝てた。(別室なので見てない2日目。起床前に帰宅して、朝食前に帰ってきました。午前中は、お昼ごはんに飯盒炊さんです。今回参加人数が少なくて、うちのチームは4人しかいない。うち子どもが2人…。にいちゃんはスタッフの人に教えてもらいながら火おこし担当で、もう一人の子(小1)が野菜を切ったりを手伝いつつ、かあさんともうひと家族のお父さんは大わらわですよ風が強いのとにいちゃんだけだから、なかなか火がつかず、火も安定しなくて、出来上がるのに時間がかかりました。aiはスタッフの人に遊んでもらって、でも飽きてきて、遊びに行きたいー❗️とぐずってました。火や刃物があるから危ない。じっとしてるのはやっぱり無理だった…豚汁とおにぎり作ったんだけど、おにぎり食べないし❗️みんなにバナナをもらってた↓唯一の写真。忙しすぎて写真撮る暇もない。aiはスタッフの人にお世話になりました。母はこういう時、つい「迷惑かけてる」と思ってしまうのが悪い癖かなと。小さい子をみんなで面倒みるのはお互い様だし、自分だったら他人の子見るくらいそこまで迷惑なことじゃない。もっとお願いする気持ちになることも大事だと思いました。去年通り、寒い時期に体育館で寝るとか、非常食たべるとかそうそうできるもんじゃないから、とても貴重な体験をしました。限られたものを使って、どうやって暖かく寝るか。それから体育館は音がむっちゃ響くんですよ。これは実際生活するには気を使うなーと思ったり。果たして非常食を何日飽きずに食べられるかなと思ったり。それとやはり、障害のある方が、避難生活を想定した訓練をする機会があったらいいなぁと考えました。一般人でも思った以上にハードです。大きな災害が起こったらどうなるか、を想像できて、どういう備えをしたらいいのか考えられる。意義深いキャンプでした

      2
      テーマ:
  • 02Mar
    • 服の着脱

      服の着脱のイヤイヤを放置していたら、自分からやりはじめ、自分で着替えられる部分が増えてるのがわかりましたズボンとパンツは1年くらい前には着脱できていたと思うのですが、上着はなかなかむずかしい!パジャマは数か月位前にはできるようになっていたかな。まずは着る方。やり方は2つ教わりました。まず頭を入れ、袖を通す。これは、頭を入れるのは簡単ですが、そのあと袖を通すところがわからなくなり頓挫します。それと前後逆になりやすい。まず袖を通し、頭をかぶる。この方がはやくできるようになるよ、ということで練習していましたが、両袖を通すために、裾の部分を持ち空間を空ける、というプロンプトを外すのが難しかったです。一人でするには、1番目のやり方がやりやすいらしく、なんとか袖を通すことができるようになっていました。次は、前後を正しく着ることです。ヒートテックは伸びすぎて着にくいカオナシ状最難関の、最初の手が入りそう。しかしカオナシの時に前後が逆になった。もう少しじゃ!できますた。クルクルなってる身ごろをちゃんと着るのもにがて。-----一方、着るのより脱ぐ方がむずかしいです。やり方は2つ教わりました。後ろ襟を掴んで頭を抜く。抜けるほどゆるゆるの服少ない。袖口を引っ張り、腕を抜く。これも抜けない。うまく抜けるように体をかがませたりよじらせたりしないといけないと思うんですが、これができない。あと、服を掴む握力も必要らしい・・・服を引っ張ってやったり、引っかかりをとってあげたり、プロンプトの量が少しずつは減ってきています。あと、靴下はこの冬シーズンで一人ではけるようになりました。やっと春~秋は裸足なのであまり練習しなくて。目標としては、あと2年くらいで、小学校の制服を着る、制服⇔運動着(難関は水着だ)の着替え、だけできればいいと思っています。大丈夫かなあ〜-----楽天スーパーセールがはじまる❣️aiの服を買う予定。上着は、着脱を考えると、身ごろ、脇のあたりがゆったりしてる服がいいのだけれど、デザインがいろいろあり、同じサイズでも大きさが全然違う。選ぶのが難しい。男の子服の方がゆったりしてる。兄のお下がりは着やすそうです肩フリルならなんとか保育所着にいけるかと思ったけど、細身すぎて難しいかな。しかしカワイイお出かけ用になるか。激安なんだよねこのシリーズサロペットはまだトイレの心配が(笑)休みの日くらいしかスカートはけないからなあ。このフリフリ❣️

      10
      テーマ:
  • 16Feb
    • 4歳9か月、10か月語録

      久しぶりに最近の語録。(ぷっ!とおとがして。あ、おならだ。)「だれのおなら?」(aiちゃんおならした?)「してない、してない」←笑ってる事実を言えることはまだ多くない。した?してない、みたいなやりとりは珍しくて。(食事時。わざわざ呼びに行く)「おじいちゃん、おばあちゃん、ごはんできたから、きてよ」(にいちゃんを食卓から呼ぶ)「〇〇く〜ん、ごはんよー」←大きな声は出ない(〇〇だから、〇〇の言い回しするようになる)「さむいから いやだ」〜人形遊びにて〜「わたしが くるま うんてんするから、まっとき!」(なぜか遊びの最初に言う)「いっしょにあそびましょう」「しょっぴんぐせんたーへ ようこそ!まほうよ かかれぇ!」1か月ぐらい前からずっと言ってる。しょっぴんぐせんたーって多分、youtubeの動画の影響ですよ…一人遊びの人形同士の会話がもろyoutube動画そのまま、やりとりとして成り立ってて怖い。(おとうばんさん、なんて言うの?)「きょうの おとうばんは だれですか「せんせいの はなし「おなまえを おしえて ください「きょうの てんきは はれです「ぜろにん です」←多分休みの子の数「いすを まえに よせましょう「きょうの めにゅー をいいます「れんこんの ひたし…←なにそれ。その後いろいろ謎メニューを言う「それでは いただきます」youtube動画で会話のセリフを覚える位なので、当番のセリフは得意(先生と別れるとき。)「またげつようびねー」〇〇ようび、というのは知ってる様子だが、今日や明日が何曜日か、は分かってない。(まだ暗い早朝、ばあちゃんの布団に行くことが増えてきた。「あさよ」って寝に行く迷惑人うんち、とおしっこ、を逆に覚えてる。「うんち!」と言ったらおしっこ。「おしっこ でる」とか言ったらうんち。そもそもまだそんなに事前通知してくれない。〜意味不明語を突然言う〜「ろば !「らいおん !「うんどうかい!だいたい、自分の都合の悪いとき。母は無視してる。〜イヤイヤ発動してる時〜(はみがきしよう。「はみがきかー‼️」のけぞって言うの、どんなツッコミかと。話す文章が長くなってはいるけれど、長いのは覚えている会話。つまりはひとりごと。人とのやりとりは多くても2語文くらいで、なんと言って返したらいいかわからないこともまだまだ多い。わからないときはおうむ返しで、会話が平行線に。あと、まだ話しかける人の方を向いて話すことは少ないです。漠然と感じるぎこちなさがあります。話すのは好きだけど、人とのコミュニケーションのツールとしては使ってない感じかな

      7
      テーマ:
  • 08Feb
    • わたしがしんどい

      しん…どい 最近aiのイヤイヤがひどすぎて、わたしが何を言っても、(お口拭いてね、とかこっちおいで、とか普通の声かけレベルで) 「あー!◯◯かー!」って崩れて、イヤ!の意思表示をするか、ほんとにイヤの時はすぐ泣くようになってしまい… 常にその対応されて、こちらがしんどいので、すこし離れてる ジジババの方には喜んで行くから、そっちにお任せしてます。 逆にわたしはジジババとは極力関わりたくないので(いつもの嫁姑問題)、ジジババの方に行かれてしまうと、わたしはその部屋には行きたくない ----- ちょっとここからは、同居問題についてです。 垂れ流しますので、すみません。 ジジババと話したくない、話を聴くのも不愉快、そもそも同じ空間にいたくない、という、 ここ数年、私の精神的にかなり重症化してるんですよね。 ホルモンバランスか何かのせいか、話しても大丈夫な時、もう不愉快で仕方ない時、と波になってやってくる。 必要なことすら話さないこともあるので、ケンカとかはないです。以前はたまにあったけど、消耗がハンパないからやめた。 これで、台所風呂トイレ全て供用の完全同居で、プライバシーは無く、色んな自由が制約されてると感じる。病むパターンよねこれ。 aiのイヤイヤだけなら耐えられるような気もするが、こんなにイヤイヤがしんどいのも、この家庭状況が原因かと。 いつか家を建て別居、義父母はいつまでも生きてない、これは期間限定の状況だ…と、言い聞かせながら生活しています。 同居、という選択肢がある場合、 いくら義父母がいい人に見えても、自分が同居に向いてる性格か、よくよく考えてから決断した方がいいですよ! 義父母は悪い人じゃないんだけど、全く価値観が同意できない。そもそも私が、自分が自由にやりたい依存しない、そして自己主張強めタイプなので、同居向いてない(笑)↑ということも同居してからわかった。 それに完全に義父母が悪いわけじゃない、と思っているからこそ、余計私がしんどい。これが嫁いびりありとかだったら、相手が悪い、って向こうのせいにして私の逃げ道があるところなんですが。私もたいがいな偏屈者だからな… こんな精神状況で子育て…よくやるわ、私。 あぁ、あと数年耐えられるかなぁ…

      13
      2
      テーマ:
  • 04Feb
    • フルーツバスケット

      保育所で保育参加がありました。 フルーツバスケットをやりました 驚くことに…ちゃんとできてたんですよ フルーツの絵を首から下げて、そのフルーツが言われた時に立って別の椅子に座る、「フルーツバスケット❗️」でも動く。 反応よく立ち上がって、急いで空いてる椅子を探していました 最初、加配の先生がちょっとズルして助けてくれてて、「鬼になってもいいのにな」って思ってたところ、最後はそんなのもなくなり、鬼になってフルーツを担任と一緒に言うのもできてました 椅子に向かっていって、すんでのところで他の子にとられても、めげずに他の椅子を探しにいったり、見つけたら一目散で、むっちゃ機敏に動いてた。なんとも動きがカワイイ でもまあやはり、ここまでできるのには時間がかかったようです。ルールがなかなか入らなかったみたい。 それに細かいルール(座ってた椅子には座らないとか)はまだあんまりわかってない。 ルールのある遊びは、何回も繰り返しやれば、できるようになるんだな、と実感しました。 ----- そして、とてもいいなぁと思ったのが、担任の先生の進め方。 療育園的風景だったんですが。 お約束を視覚的に説明している。わかりやすい。 小さな褒めが沢山入る。 ゲームの進め方がスモールステップ。飽きさせない。 この先生は、話し方が柔らかく優しい雰囲気で子どもに人気なのですが、それだけじゃなくて、子どもが喜んでやる気になるコツを沢山知ってるな、子どもを動かすのがうまいな、と思います。あと、その時々の子どもの興味から、お勉強的なことにつなげるのがうまい。 その上保護者とのコミュニケーションも上手。「相談に乗ってくれる」という評判が多いのですが、多分「こちらの話をよくきいてくれる、受け入れてくれる」んだと思います。 あたりの先生でよかった!と思うのと、 私が個人的に興味があるのは、 先生たちは、これは学んで意識的に、技術として得るものなのか、その先生の育ちや性格的なもので経験から無意識的にできているのか、どっちなのかということです。 動作模倣(笑)

      6
      2
      テーマ:
  • 25Jan
    • 次年度療育園の見学

      今日は雪が降っていました気温が低いのでサラサラ雪です夏もなんだけど、冬は寒すぎて、外遊びを嫌がることが多いらしい。雪なんかほぼ興味なし。「つめたい」だって。自由な遊びの時間ということなので、本人の意思を尊重して室内で遊ばせてもらっていますこの寒い中、次年度行くことになる療育園に見学に行きました。ここを見るのは2回目。今回は、通う前提で、年中のクラスを中心に、aiならどんな様子になるかと想像しながら見学させてもらいました。…結果、やっていけるのかな⁉️というのがまず感想*口頭での指示が一度に2つ(年長は3つ)例えば、「椅子を片付けてから、トイレに行く」「椅子をロッカーの前に並べてから、靴下を脱ぎ、椅子に座って待つ」*ルールを守ることが求められる。手を上げてから発言する、先生が話している間は話さない、きちんと座り前を向く…設定保育もルールのある遊びをしているのを見させてもらいました。いろおに。(以前は転がしドッヂとしっぽ取りを見ました)*結果、先生のお話が、複雑になっている。どうしていいのか、どうしてダメなのか、の説明が入る。視覚的な手助けは少しはあるが、基本口頭で説明。先生からの指示を理解して、行動する、ことが求められている感じで、できてないとその都度修正され、できたことには細かく褒めが入ります。そのために先生が2人いる感じ。まず、aiちゃん先生のお話を理解できるのかな⁉️とやっと保育所でフルーツバスケットの遊びがわかってきたみたいで。療育園では他の子がまだ小さいので、鬼ごっこ的な遊びもまだそんなにしてないんじゃないかなぁーーそれから、座り込み(拒否)発動するだろうなーとか。今以上に、言葉でのコミュニケーションが求められてて大丈夫?とか。まあ、先生からは、「最初は椅子にも座れなかったから。8か月たってやっとここまでできるようになっている」とフォローしてくださったのですが…現状からしたらレベル的に求められるものが高い。それがとりもなおさず小学校就学に向けて求められるものなのですが。それから、この園のいいところは、先生がいつも誰でも同じ対応に見えるところ。話し方も皆似たようなテンポでわかりやすいし、直させることや褒めることの細かさレベルが同じ。先生各々の熱心さに「温度差あるよ」という話を聞いたこともあるけど、子どもへの対応はあまり差を感じないんだよな。自由遊びの時間を除いては、先生の話や指示→子どもが理解、行動→先生がフィードバック→できてないことはもう一度伝えやり直させるのサイクルを、どの子どものどの場面でもやろうとしてる、という風に見ました。不安とはいえ、aiの理解レベル、できるレベルでやっていくことになるので、この環境で集団生活できる力をつけてほしいなと思っています保育所はそこまで丁寧にはできないからなー。

      5
      テーマ:
  • 18Jan
    • 最後の個人懇談

      昨年11月末に次の通園先を決めるという意味でカンファレンスがあり、来年以降も無事、週2回の併行通園のOKが出ました 今の園は3月で卒業、次年度は同じ法人の別の園に行くことになります。 もし毎日通園を勧められたら、毎日通うのは遠くて難しいので、この法人の園は辞めざるを得ないな、と思っていて、先生にもそう伝えていました。 (次に行く先のアドバイスは冷静に聞きますから、気にせずに伝えてください、と話しました。) 検査の結果が悪くなかったので、OKがでましたよ…(理事長は検査結果見て判断するっぽいんで。でも基準は謎。 無事に通い続けることができます。 昨年内に年中の進路決まってよかった ということで、進路も希望通りで一安心したわ、と、先日、療育園で最後の個人懇談がありました。 現在、主に療育園で課題になっているのは、 言葉で拒否を伝える ↓ 「いや」ということもありますが、園では座り込み、家ではプラスして泣き、で伝えてくるので、この行動はなくしたい。 (要求の時などに相手の顔を見ないことが多く、拒否の時もみません。訴える力があんまりない感じ。 コミュニケーションとしての言葉の使い方にまだ問題がある…) (やりたくないことでも)見通しを持って乗り越える ↓ 次の段階。いや、といっても、やることはやってもらう。 はじめての活動や、人がたくさんいる場面では尻込み(すわりこんで拒否)するときは、ちょっとでもいいから、やってみる。できたら盛大に褒める。 となると最初の課題、いや、と言っても結局させられちゃったら、本人にとってメリットがない。また、「いや」を覚えて連発しても困る。なので、いや、を言わせるのはなかなか難しい。 対処法として。 「いやなんだね」と声かけして、受け止めてあげること、 いやなことはやらなくてもいいシーンを作って、「いや」と言ったらしなくていいことにする。(例えば食事時の嫌いなメニューを、言葉で拒否したら、大幅に減らしてあげるとか) 微細運動 「やりたくないこと」の一つに、まだうまくできない着替えや、はさみなどの活動があります。 手先を使った活動を意識してするのももちろん。 とにかくスモールステップで、できる、のハードルを下げ、やらせて、褒める、をしていく。 こんな内容の話になりました。 コミュニケーション、身辺自立や微細運動などの体の問題、見通しを持つこと、いろいろ絡まっておりますが… 療育園や保育所ではがんばってもらう 自宅では私があまりにも悪者にならない程度に… やりたいと思います。 …最近「かあさん、あっち、いって!」といわれたりジジババの方へ一目散に逃げていくことが多く…しかもあっちではニコニコしてるし 悲しいというか、ひたすらめんどくさい❗️ ↑ 嫁姑問題 先生より、あと3か月、全力で療育させてもらいます!と(いつも通りの)ありがたく頼もしいことばをいただきました 1歳から通い始めてもうすぐ丸4年…感慨深い大切に通わせていただきます…

      6
      テーマ:
  • 02Jan
    • 2018年正月

      あけましておめでとうございます 今年もブログ更新していきます 先月後半の胃腸炎はすっかり良くなり、なんとかラスト1日は保育所に行きました。 めっきりやせてしまい、足や腰周りが細くなった❗️と思ったら、 年末は忙しくて外に遊びにもでず、 年が明けたらこんどは親がぐったりで、ゴロゴロするしかなく食っちゃ寝の生活を送っています。 多分元に戻ったな お正月の主食はからあげだからね… 具合が悪かったり、疲れてて長時間寝た後によくある現象 (我が家ではダウンロードした、と言ってる) 急に賢くなる(気がする) 今回もかなりきました❗️いや、きた気がする❗️ しゃべりがすごい 「aiのあしはつめたい。ーおかしゃんはどうかな?(触って)あったかい!」(うれしそう 「aiはー、ばあちゃんとー、じーちゃんとねるよ!」「きがえてー、おしっこしてー、ねるよ」(おかしゃんはおくのへやでねて!的なことも言われた) 「おかしゃん、はやくいくよ。さむいから。」(病院の駐車場にて) 年をまたぎましたが、ABAのことばに関するセラピーと、成長の様子の関連をまとめたいと思っています。 ----- 今日は、自宅近くの温泉に行きました♨️ 楽しいところはわかるらしく、 今日温泉いくよ〜!と聞くと、 「やったー」(いつも棒読み 「おんせん、いく!」 と、大喜びします。 お風呂ではウロチョロせず、洗ってる時も隣で座っててくれるようになったので、かなり楽になりました 休憩室にてマッタリ 少し前にガチャガチャデビューしてしまい、アンパンマンのガチャガチャの前で座り込むなど 食後のソフトクリーム🍦まだ全部は食べさせてもらえない。 年末の慌ただしさ、元日の人の多さ(自宅)からきた疲れをリフレッシュできました〜

      8
      テーマ:
  • 24Dec
    • 溶連菌&胃腸炎

      ダブルパンチで1週間ほどダウンしてます 溶連菌は、1日で熱下がり、療育園と保育所行ったよかった…と思ったら… 本人も、 「げんきになったー!」 って宣言してたのに(笑) 保育所で昼寝中にまさかの嘔吐 すぐによびだされ、自宅でシャワー 「げぼでた」って、ゲボって自宅では言ってないんだけど、保育所で言うのかな? 飲んだものも全て出てしまう状況で。 木曜の午後から、今日までまだお腹の調子が良くありません 寝てるかぐずってるかどっちか。痩せた ただ進歩したなーと思うのは、トイレでしたは出せるようになったこと。 一回大惨事になったけど、今日は成功してほんと助かった。 ものすごくお腹痛そうだったけど… 冬のイベントはまだいけんなー イルミネーションも、雪遊びも、まだ行かせられないなぁ…と思うのでした。 あー疲れた 年末に動けないのほんとツライ… 誰かが体調悪いときの同居しんどい…イライラつのる 早くあたたかくなって、デイキャン行きたいわ…

      6
      テーマ:
  • 23Dec
    • コウノドリ最終話だけ見た感想

      ついった界隈やアメブロ界隈、ダウン症業界内での感想だけ見聞きして、見た気になっていた先週のコウノドリ、興味ないわけではないけど、録画もできんし、その時間大体寝てるし。masamiさんブログや、主婦さんブログ読んで、もう私の中では議論が終わった感があったので、いいかなっと。最終話、たまたま起きてて、さらにとうさんもおり一緒に、見ました。今までの話一切見てなかったけど、泣けた(笑)以下感想です。しかも思い出話長いです。要約すると…1️⃣産む決断をした夫婦の描写が、私にとっては気持ち的に近く、リアルさを感じた。産んで幸せそうな描写は決して綺麗事ではない。2️⃣サクラ先生たちみたいないい先生、現実ではいないよね、とは思わなかった。むしろ、出会った先生たちのプロフェッショナルさや気遣いを改めて思い出し感じ入り、感謝しなおした。-----1️⃣産む決断をしたご夫婦が、療育センター?みたいなところに見学に行きます。ダウン症の子どもたちがたくさんいるんだけど、この妊婦さんの戸惑った、不安そうな表情がむっちゃリアル。私も、aiが小さかった頃は、すこし成長したダウン症の子を見ても、不安というか、「残念な感じ」しかしなかったから。本当に本当に失礼だけど、あ~大きくなったらこんなんかーーーう~~ん、ちょっとしんどい…って思ってましたよ…スミマセンでもね、時がたって今見てみれば、あのシーン、「きゃー❗️❗️みんな可愛すぎる❗️」「あの仕草、あの表情、たまらん」ってなるもんで。成人のダウン症の方をお見かけしても、尊敬の気持ちや愛しさや可愛らしいなあ、とか無条件に思ってしまいますよ。↑やや気持ち悪い人ですね、はい。別世界、まったく価値観の違う世界の住人になる。赤ちゃんが産まれた後のお母さんが、「可愛くて可愛くて」って言ってたのが、ですよねーーーって思いました。(ダウン症の乳児出てて可愛かった。)あのお母さん(フィクションだけど)は、もう、こっちの世界の住人ですよ2️⃣「ペルソナの先生みたいな人いない」っていう、意見もいくつか聞いていました。でも、わたしは、そうは思わなかったなあ。実際の産科や小児科の先生や看護師さんって、情熱を持ってないわけじゃないと思っています。わたしは。丁寧なカウンセリング、やさしい口調などというように、物語的な脚色がされて、わかりやすくデフォルメされているからこそ、わたしは、実際の医療者の方々の思いに心を馳せることができたように思いました。わたしは最初、個人医院に通っていて、赤ちゃんが小さいので出産直前にNICUのある病院を紹介されました。個人医院の先生は、「心臓は異常がない。内臓、手足に異常はない」というようなことを言ってくださっていて。産まれたらけっこう首の後ろとか厚ぼったかったし、今思えば胎内でもだらーんとして動きが悪かったように思う……うすうす先生は気づいてたかもな。でも、先生は何も指摘しなかった。その時点で疑いをわたしに言っても、いま思えば、どうなるものでもない。本当に気づいてなかったのかも、だけど、ありがたかった。aiが医療センターで産まれたとき、とうさんはは入院中、しかも無菌室にいました。わたしは、aiに染色体検査をしたいという、もうそれって事実上の告知じゃん!という話を、一人で聴きました。その時、この場にいないお父さんにどうやってこの話したらいいかわかんないんですがどうしましょう?お父さんには黙っとくべき?って、主治医の先生に相談しました。先生は、「まずはこの話は忘れましょう」って言ってくださったんですよ。いや忘れろってちょっと待てよ、って思うかもだけど、結果としてその時のわたしにはよかった。そのあとで、NICUの先生方全員で話し合ってくれた様子でした。逐次報告は聴かなかったけど。結局、主治医の先生が、とうさんが初めて面会来た時にちらっと話して解決してくれました。で、また、その後、主治医GJ❗️だったのが、ダウン症疑いだから、ということで生後数日で眼底検査してくれたこと。そしたら眼科の専門でも何でもないNICUの部長の先生が、網膜の血管異常を見つけれくれて。(医療センターには眼科がない)生後数日の時点で、網膜剥離を起こしかけていることがわかり、レーザー治療しました。ほかの病院からいらっしゃっている小児眼科の先生が、「今回はほんとうによく見つけてくれた」って言ってましたから………マジ失明するところだったそれから、看護師さんや助産師さんの気遣いをとても感じました。別になにしてくれたわけでもないんですよ。でも、わたしが何かを求めたら、できるだけのことはしてあげよう、っていう、心遣いというか…そんなのを常々感じていました。わたしは特に、話を聴いて欲しいとか、そんなのがなかったんで。自分のなかでaiのことやとうさんの病気とか色々消化していってた。わたしがそういう性格だっただけです。以上、長々と思い出話をしました。ぜんぜん、ドラマとは違います。そのときの現場は……ドライです。でもねえ、よくしてもらったなあ、って心から思いますコウノドリみて、リアルの病院もいいとこあるよ、って思いました。わたしは恵まれていたのかもしれませんね。最終回をみて、自分にあった出来事を思い出し、ほっこりした、という超個人的!な感想でした。

      9
      テーマ:
  • 11Dec
    • 発表会がありました

      発表会がありました。 オープニングで年少以上全員の歌 劇 そらまめくんのベッド 歌、合奏 タンバリン担当 しっかり出番があります。 まだ年少さんだから、最初はぼちぼち劇あそびを楽しんでた位だったのですが、それではやはり劇の流れが覚えられず。 先生と相談して、2週間前から療育園を休み、毎日保育所へ行きました。 最後はかなり練習していたみたい。 先月、療育園のお祭りで、たくさんの人の前で、いつも踊っているダンスを踊るというのがあり、たくさんの人が怖いのかびっくりしたのか、踊りは完璧なんだけど、ずーっと真下を向いていました。 それがあって発表会本番はどうなるかと心配していました。 そして発表会。 かなり頑張りました‼️ どうやら本番に強いタイプらしい。 歌 なんとなく口動いてる。 タンバリン 自分のパートのたたくタイミングでできてる❗️ たん、たん、たん、うん(休み)のリズムもできてる❗️ 劇 ひとりで言うセリフ、タイミングばっちりで言えた❗️←「かわいいでしょ〜」とフリ付きで言うのです。 出てくるタイミングは、おんなじ役の子が手をつないで一緒にでてきてくれました。 タンバリンも劇も、最初は難しかったみたいで、毎日先生が報告してくれて、母は一喜一憂していました。 できるようになったと聞いたのは2.3日前くらい。 発表会なのはわかってる。 歌詞もなんとなく覚えてる。 そらまめくんのストーリーもわかってる。 タンバリンのたたくタイミングも覚えた。 やることを理解して、「がんばろう」と思ってやっていたところがすごい。 母は嬉しかったです まっすぐ前を向いて立っていられないので、何もしていないとき常にフラフラ動いたり、横向いたり、上向いたり、 それはかなり気になったけど… むしろ気になるのはそこだけ❗️ やることは完璧。 すごいなと思いました

      8
      2
      テーマ:
  • 04Dec
    • ABAセラピー、その2。成果といえるもの

      前回の続きです。まず、かなりの個人情報ですが、今までやった検査の結果(発達指数、DQ)をまとめます。遠城寺式は、◯歳◯か月という検査結果を、数字に換算してます。検査多っ!というツッコミもその通りとしか言えません。ええ、検査慣れしてますとも。○1歳6か月(2014年10月)遠城寺式(療育手帳判定)59移動運動58 手の運動50 基本的習慣47対人関係63 発語  58 言語理解 72○2歳2か月(2015年6月)K式(療育園カンファ①)全領域60運動65 認知61 言語51-------------------------------2015年11月セラピー始める-------------------------------○3歳1か月( 年年少、2016年5月) K式(療育園カンファ②)全領域56 運動39 認知55 言語65○3歳6か月(2016年10月)遠城寺式(療育手帳再判定)65移動運動54 手の運動68 基本的習慣61対人関係61 発語  68 言語理解 82○3歳10か月(2017年2月) K式(療育園カンファ③)全領域72運動60 認知62 言語83○4歳6か月(年少、2017年10月)K式(療育園カンファ④)全領域73運動51 認知65 言語84総合のDQは、セラピー開始半年あまりの時は下がっていますが、その後上がっています。検査法が違うので同じ比較ができませんが、内容を見ていくと、運動は項目をクリアするタイミングがあるようで、数字上は上下動してしまうようです。認知(K式)は55~65の幅で上昇のみではありません。言語が今年は80台になり、特に伸びてきています。セラピーを始めてから、一貫して伸びている分野と思います。これは実生活でも感じていることで、aiのしゃべりにはびっくりさせられます。言葉面については、別に詳しく書きます。------実際のところ。最近受けたK式の結果、発達年齢に直すと、3歳4か月なんです。実物のaiさんは、えっ?!3歳4か月って………それはないわ〜ですよ。だいぶちょっと変わってます。気になるところ多すぎ。検査だからその問題に正解すればいいわけで。検査項目に関係ない、ちょっと幼くて変な部分は考慮されません。検査の意義とか結果ってそういう捉え方をするもんじゃないってのは承知してますが。何が言いたいかっていうと、ABAセラピーやったからって、普通に寄ったわけではなかったということです。(うちの場合は)いや、セラピー時間が週20時間とかならもっと変わったのか?うちは多い時でも週5時間くらいです。あまり般化に力入れてなかったから、実際の生活場面に活かせてないのか?ほんとのところはわかりません。これ以上セラピー時間を多くして、般化にもっと力入れてというのは、わたしにはできないしそこまではやらない、と決めているので。時間にして1日30分、という程度では、知的な障がいが、「治る」まではならないと思った次第です。(あーでもやっぱり気になる。時間多かったらどうなったのか???知的な障がいのある子どもに対して実験してほしいわ…)☆ABA、DTTについては下記リンクを参考につみきの会http://www.tsumiki.org/ABAセラピストというお仕事(YouTube)https://m.youtube.com/watch?v=J3iRRGHVQjk ↑セラピーがどんな感じかわかります。

      8
      テーマ:
  • 24Nov
    • ABAセラピーを2年やって

      冷たい風が吹く中、「おおきなこうえん」↑ai曰く に行ってきました。 網を登るヤツにすいすい〜と登っていく❗️ これより高いのもすいすい行ってました。 吊り橋のような遊具を初めて渡りきったり、はしごを登ったりしました。 はしごは、手が次につかむところがわからなくなるのでおしえながら登ります。足だけ先に登ろうとする。 多分腹筋背筋が弱いせいだと思いますが、上半身が不安定なのを嫌うので、最後は地べたに這いつくばってゴールします。 午前中休憩なしで遊びまわりました ----- さて本題。 実は今回はABAの先生に体の動きを見てもらう目的で、一緒に行きました。 先生は、ABAとは別に、身体面で具体的にどこが弱いのか、よく見てくださり勉強になります。 当初(1年ちょい前)の課題はだいぶ改善されているようで良かったです。特にABA的な関わりはしておらず、自然な成長の結果だと思う。 自宅でABAのセラピーをはじめて2年になろうとしています。 ABAのこと、つまり我が家にとってはつみきの会のことは、ブログであまり触れていません。 先生は触れるのNGだし…そこまでセラピーがっつりしてないし…果たしてつみきの会は公開していい情報なのか?!…etc どこまで言っていいのかわかんないし、何より自慢話風に思われるのもイヤ(自意識過剰)で避けてました。 (まぁでもこのブログ、私が自意識過剰なだけで、アクセス数見てるとそうそう人目には触れないだろうとも言える) ただ、aiの成長を書いてたブログなのに、ABAのことを抜きにすると、その辺りが書けないという。ブログの方向性がわからなくなって放置まっしぐらになりそうです。 それで、改めてググってみたら、「ダウン症児にセラピーしたらこうなった」っていうぶっちゃけた実例があまりなかったんです。 もちろん、つみきの会の会員でダウン症の方のご家族は多くいるはずですが、私も体験談を聞いたことはありません。(つみきの会の他の会員をほとんど知らないのもあり) 療育の情報探してて、私みたいにABA→つみきの会にたどり着き、 ダウン症児に、つみきの会、ABAセラピー(DTT)は効果あるの?時間とお金はどうなの?そもそもできるの? と考える、そんな奇特な方がもしいらっしゃったら。 ググって出てくるかもしれない、我が家の話も有益な情報かと思いました。 今年になって、療育園のカンファレンスのために、2回検査を受けました。 えげつない数値としてあらわれる、DQ上の変化もあったので、 あくまで我が家の場合として、つみきの会これくらいやったらこうなったよ、ということがお伝えできそうです。 もったいぶらずに早く結果教えろやって感じですが、まだ内容がまったく整理できていません。 次回❗️

      10
      テーマ:
  • 06Nov
    • 2017年、11月

      去年と同じスケジュールで、怒涛の週末が終わりました 昨日は午後からいのこです。 4時間以上かけて町内の全世帯を回りました。 60軒くらい?つかれたわ aiの同級生の子が、きょうだいに混じって2人参加してたんですが、 その子たち、お昼からにもかかわらず、4時間完歩してましたからね。 年少さんの体力にびっくりです aiちゃんも小学校になったら全部参加してほしい。来年から少し歩かせようか。 日曜日は早朝から弁当作り。 午前中は、小学校の音楽発表会です。半分以上の時間はお外で遊んだり、歌を歌って過ごしました。 わたしは、兄の出番が見られたので満足です。 昼からは、自宅となりの神社のお祭り。 最初、「いきたくない」と。 〇〇したい、したくない、の言い回しは最近言うようになりました。 鬼が出る、と思っていたようです。(この前のお祭りは、確かに神楽で鬼が出た。よく覚えている。) おかしがもらえるよ、と話したら納得した様子でした。 母は、aiが拒否しても、なんとかやらせようと思っています。 おやつ、ジュース、アンパンマン見る、新しい〇〇がある、 のどれかで誘うと、時間かかってもおおよそは大丈夫。本人、しょうがないなぁーと思ってくれていたらありがたいのですが。 (最近は「わすれてたー」といってやることもある) お祭りでは、宮司さんが拝んでいる間、じっと静かに待っている…というのはまだ難しい。 じいちゃん→ばあちゃん→とうさん、と、くっつきに行ってました。母さんのところにはあんまり来なくて、別にいいんだけど、人によって態度変えるヤツになってる。 終わったら、「おわった!」と何度も大きな声で言います。まだ声の大きさのコントロールも難しいんで。 それから、トイトレ。 保育所では、トイレでほぼできるようになり、失敗が少なくなったのですが、 時間誘導で行けるようになっただけで、自分からトイレ!と言うことは少ない。なので、土日は失敗が多いです。(というか主にオムツ生活) 自分で行かれるようにならないと意味ない…まだ道半ばですわ。 金曜日もおやすみだった…金曜から怒涛の週末。 大きな公園に行きました。嬉しそうにパンを食べているところ。 公園で遊んでいるとき、メガネに史上最高に酷いキズがつきました。 ショック 来年6月にならないと処方箋もらえないというのに…

      9
      テーマ:
  • 28Oct
    • 上履きデビュー!

      Benesseの、まいにちの園の靴 買いました。↓http://shop.benesse.ne.jp/shimajiro/201208_shoes/ 保育所では、年少から、靴下を履く場合に上履きを着用します。 さすがにそろそろ寒くなってきて。 靴下をまだ自力で履けないので、こちらがめんどくさく、できるだけひっぱってました。 上履きは、かなり長い時間履くものの割には、バレーシューズ(というのかしら?)タイプで、心もとない感じです。 あんなに外履きに気をつけてるのだから(今はすくすくのミドルカットを履いてる) いろんな方のブログで紹介されていたこちらにしました。 まいにち園の靴‼️写真影だらけ バックルを剥がして、履いて、締める、という、ふつうの上履きよりは履くの面倒かなと思いつつ… かかとは硬くてしっかりホールドされそう。 インソールもしっかりしてる。 バックルがかなり大きめ。つかみやすい。何より金具が付いていることで、剥がしても元に戻らない! ↑ これ、今履いてるすくすくにも採用してほしい! スペック高い、高級上履きです。 満足 これ一足で、兄の上履きなら6足は買えますが、(笑)400円の上履きがすぐボロボロになるのを考えたら、全然高くないです。 上履きは保育所の間は、一年のうち半分くらいしか履かないのですが、 下手したら、人生で一番長い時間履く靴かもしれない。徐々に慣れて欲しいです。

      6
      テーマ:
  • 08Oct
    • 年少の運動会・続き

      がんばった運動会、実は、前日の夕方に発熱してまして…💦💦 耳鼻科の薬飲んで寝たら、夜中は熱もなく、朝も熱は下がっており。そのまま行かせました。 出番の時は元気にしていたそうなのですが、 全ての出番が終わってしばらくたって、熱があるとのことで、運動会途中で早退しました そのまま向かった小児科では熱が急に上がり、39度になっていました 大人が欲出してしまって、無理させてごめんよ 少し残念、とか言っちゃったけど、 ほんとうによくがんばった ---- 運動会全体の感想としては、まー昨年通り、ゆる〜い感じでした。 各クラスに、集団行動がとれず、悪目立ちしてしまう子が一人ふたりはいます。 でもそれだけじゃなく、全体が、ざわついてるというか落ち着かない感じ。 兄の頃は、年中年長はもっと真剣に取り組んでた感じがするんだけどなぁ…記憶違いかな 年長さんになると、秋には他のお祭りなどへの出演もあり練習が忙しい。 9月 学区敬老会(太鼓) 10月 運動会 11月 学区文化祭(別の太鼓) 12月 発表会 というスケジュール。 以前は全ての行事毎に出し物が違い、運動会・発表会と並行して太鼓の練習をしており、大変そうでした それが、「年長さんってすごい」ってことになってたんだけどね。 今年は、太鼓の2種類を運動会の出し物にしていて、だいぶ負担を減らしたな、という印象。 出し物のレベル自体も以前よりは下げていて、 来年のキックボードとか鉄棒の前回り、年長の竹馬や跳び箱、やることが少しになった! ダンス(太鼓)もあの程度ならついて行かれそう。 今年のクラス担任は、「aiちゃんだけでなく、他の子もしんどくなるから、運動会に向けての練習はそこまで無理しない。」 「運動会は、4月から取り組んでいることの発表の場」ということをおっしゃっていた。 年少さんはまあ、ハードな練習はやりようがないから当然として。 年中年長も、(メンバーに合わせて)無理はさせない、という流れになっているように思いました。 年長さんになったら、全部はこなせないよなぁ〜どんどん差が開いて、親も子もしんどくなるかなぁ〜と、漠然と不安に思っていたけど、 さらに成長することも考えると、意外とそれなりに、がんばれる姿が想像できるようになりました。 今年はある意味、不安要素が少し消えた運動会になったのでした おわり

      8
      テーマ:

プロフィール

みやびん

性別:
女性
血液型:
A型
自己紹介:
生まれたところ→まち 住んでいるところ→いなか 家族→とうさん、かあさん にいちゃん(...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。