高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

はりきいち鍼灸院の夏バテ予防・熱中症対策

 

突然死の恐れも…「夏血栓」症状と予防は?

 

今年は猛暑が続いていますが、

実は、熱中症だけでなく、「夏血栓」

という恐ろしい病気もあるんです。

誰にでも起こりうるだけでなく、

最悪、突然死の可能性もあるといいます。

今年、夏血栓の患者を診察した医師に、

この病気の危険性を聞きました。

「初期症状は熱中症と夏血栓、

初期症状はかなり共通しているので、

認識を間違えると、命に関わってしまう

かもしれません」(池袋大谷クリニック・大谷義夫院長)

夏血栓の初期症状は、めまい、

けん怠感、動悸(どうき)、息切れなど、

熱中症と似ているといいます。

通常、血液は、赤血球や、血小板などが

血管内を流れています。

しかし、夏場は、脱水により

血液中の水分が減り、流れている

赤血球などが詰まりやすくなるそうです。

これを夏血栓というんです。

この血栓が脳にできると、脳梗塞。

心臓にできると、心筋梗塞といった

病気を招く恐れがあります。

また、夏血栓は、高血圧や動脈硬化の

心配な高齢者だけでなく、若い世代でも、

長い時間、同じ姿勢でいると、

発症の危険性が高まるそうです。

熱中症のような症状だけでなく、

手足のマヒや、胸の痛みが出はじめたら、

要注意だといいます。

「突然死のリスクがありますから、

熱中症にしてはおかしい症状が

あったら、もう救急搬送」(同院長)

夏血栓で血管が詰まった男性の

レントゲン写真があります。

一命は取り留めましたが、

夏血栓によって太くなった

血管の様子が分かります。

そのため病院で、血栓を溶かす

投薬治療などが必要となります。

では、どうすれば、

夏血栓を予防できるのでしょうか?

「(脱水が原因となるのは)熱中症と

同じですので、やはり一番は水分補給」

「血液をサラサラにするような食事は

有効かと思います」(同院長)

日頃から、青魚や、納豆など、

血液をサラサラにする食事をとると

良いそうです。

また、ずっと同じ姿勢でいないために、

2~3時間に一度、手足を動かすことが

効果的といいます。

今後も続く猛暑。野外イベントや、

花火大会など、出かける方も多いと

思いますが、こまめに水分補給をして、

夏血栓にならないように気をつけましょう。

 

日本テレビ系(NNN)

8/6(月) 17:08配信

 

高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

はりきいち鍼灸院の夏バテ予防・熱中症対策

高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

はりきいち鍼灸院の夏バテ予防・熱中症対策

 

幼児期のきょうだいげんかへのかかわり方【後編】

しこりを残さない対応のポイント


7/31(火) 13:40配信 

ベネッセ 教育情報サイト


きょうだいげんかは人間関係の

築き方を学べる重要な場となりますが、

保護者の対応によっては、

子どもの中にしこりを残し、

そのために大人になってからも

きょうだい関係がぎくしゃくして

しまうこともあります。

 

発達心理学・幼児教育の専門家である

東京学芸大学の岩立京子先生に

教えていただきました。

一方のみに我慢させない、バランスのよい介入を
きょうだいの関係は、性別、

年齢差の幅、親子関係などの

いろいろな要素が絡んで

成り立っているため、

きょうだいげんかへの対応にも

正解はありません。

 

子育て全般にいえることですが、

大切なのは感受性と応答性です。

子どもの様子を見て、何をして

ほしいのかをとらえ、下記をベースに

しながら、対応の仕方を

調整していきましょう。

(1)けんかのルールを決めておく
相手にけがをさせるような

暴力は論外です。

 

「ぶったり蹴ったりしない」など

一定のルールを決めておきましょう。

 

ルールを破った時、破りそうになった時に、

保護者が介入する基準にもなります。

 

絶対に許せないことには、

毅然とした態度で臨みましょう。

そうした保護者の態度を子どもは

「いつもと違う」と感じ、「大変なことをした」

という反省にもつながります。

(2)保護者が介入する場合は、

互いを尊重する態度で
明らかにどちらかにけんかの原因があり、

一方の力や立場が強い場合には、

保護者が介入したほうが

よいでしょう。

 

たとえば、下の子が上の子の

おもちゃを握って離さない場合、

上の子の感情が高ぶって

暴力を振るいかねません。

 

まずは、「お母さんが預かるからね」と、

おもちゃを両者から引き離し、

感情の仕切り直しをさせます。

 

そのうえで、両者の話を聞きます。

この時、どちらかに肩入れをするのは

NGです。

 

子どもたちが言いたいことを聞き、

双方に伝える役に徹します。

 

小さい子の場合は言葉を補って

伝えるとよいでしょう。

 

双方の思いを伝え、相手のことが

考えられるようにし、互いが

納得できるように導いていくのです。

 

親の権威を振りかざし、力で押さえつけ、

頭ごなしに叱ってはいけません。

 

親が見ていないところで、

いじめたり暴力を振るったり

するようになってしまいます。

(3)小さい子どもでも

いけないことはいけないと叱る
きょうだいげんかの原因として

よくあるのが、下の子が上の子の

おもちゃを壊した、

遊んでいる場所に侵入した

といったことです。

 

「まだ小さくて言ってもわからないから」

と、上の子ばかりに我慢をさせるのは

よくありません。

 

下の子が故意にしたことでは

ないとしても、上の子の前で下の子を

叱ってください。

 

上の子のプライドが保たれ、

「お母さんはわかってくれた」と

自尊心が満たされます。

 

そうしたうえで、上の子に

「大切なものを壊されないように

工夫しようね」というのです。

場合によっては、「もういいよ」と

弟や妹を許してくれるかもしれません。

(4)叱ったあとは、親から歩み寄る
子どもは未熟なのですから、

悪い行為を叱っても、次のチャンスを

与えることも大切です。

 

子どもが落ち込んでいたら、

好きなおかずでも作って

「ご飯にしましょう」と声をかけて

あげてください。

 

「叱ったあとに甘やかすのはよくない」

というかたもいますが、子どもが

親に謝るチャンスをつかむのは

なかなか難しいものです。

親のほうから声をかけ、仕切り直しをしましょう。

(5)子どもの欲求をそれぞれつかんで対応を
けんかの言い分で、「お兄ちゃんばっかり」

「弟ばっかり」と言われることが

あると思います。

 

自分では平等に接しているつもりでも、

それぞれの欲求が違うために、

受け止め方が違うから、そのような

言葉が出てくるのです。

 

年齢にもよりますが、上の子ならば、

認知的にも発達しているので

言葉で認められたいと思っています。

 

たとえば、「ぼくと弟と、どっちが可愛い?」

と聞いてきたら、「あなたよ」と

言葉で言ってあげればよいのです。

平等にしなければと思い込み、

「どっちが可愛いとは言えないわ」

と答えるから、余計に子どもは

固執してしまい、下の子に

手を出したりしてしまいます。

 

また、下の子が生まれると

赤ちゃん返りをして、哺乳瓶を巡って

けんかが起きたりします。

 

その時には、上の子用にも

作ってあげましょう。

ミルクが飲みたいのではなく、

自分にも同じようにお母さんに

作ってほしいのです。

 

必ずしも平等に接することが

よいとは限りません。

「お兄ちゃんばっかり」「弟ばっかり」という

サインが出たら、その欲求に

応じてあげるときょうだいへの

不満が小さくなっていくでしょう。

(6)けんかが多い原因は家庭外にある場合も
あまりにもきょうだいげんかが多い場合、

家庭外に原因があるかもしれません。

 

たとえば、幼稚園で友達におもちゃを

横取りされてばかりいるために、

きょうだいにその不満をぶつけていた

というケースもあります。

幼稚園の先生に話を聞くなどして、

外での子どもの様子をつかみましょう。

(7)時には気分転換をして、親子ともにリセット
きょうだいげんかがあまりにも激しく、

精神的に参ってしまったら、

児童センターなどに出かけてみては

どうでしょうか。

家庭とは違う場で過ごし、違う人と出会い、

違う遊びをする。

そうすることで心に余裕が出てきて、

子どもに優しくなれますし、子どもも

思いっきり遊んで欲求が満たされます。

自分も子どもも気分転換をし、

仕切り直しすることも有効な解決策です。



プロフィール:
岩立京子
東京学芸大学総合教育科学系教授。

心理学博士。

専門は発達心理学、幼児教育。幼稚園教諭や

保育士を養成するかたわら、

保護者の保育相談なども行っている。

著書は『子どものしつけがわかる本』

(Como子育てBOOKS)など多数。

 

 

高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

はりきいち鍼灸院の夏バテ予防・熱中症対策

高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

はりきいち鍼灸院の夏バテ予防・熱中症対策

 

 

幼児期のきょうだいげんかへのかかわり方【前編】

押さえておきたい基本姿勢
:7/31(火) 13:40
ベネッセ 教育情報サイト

きょうだいげんかが毎日のように絶えず、

その対応に苦労しているという

保護者のかたも多いと思います。

けんかをするほど仲がよいともいいますが、

毎日大騒ぎとなると、親も大変です。

今回は、発達心理学・幼児教育の

専門家である東京学芸大学の

岩立京子先生に、保護者の

きょうだいげんかへのかかわり方に

ついて教えていただきました。

きょうだいげんかは人間関係を築く術を学ぶ場
きょうだいの関係は、親子という

縦の関係と、仲間という横の関係の

中間にある「ナナメの関係」といえます。

 

家族として身近にいて、年齢が近いため、

親に対してよりも自己主張を

しやすいのですが、お互いにまだ

幼児であり、精神的に未熟ですから、

相手のことを考えて自己調整ができません。

ですから、けんかになりやすいのです。

しかし、保護者のかたにとって

悩みのタネでも、きょうだいげんかには

よい面がたくさんあります。

自己主張をし、ぶつかり合うことで、

相手にも考えや立場があるのだと、

子どもが気付くことです。

 

お互いに主張していくなかで、

相手の話を聞き、どのようにして

折り合いを付け、そして仲直りをするのか。

人間関係を築くために重要なことを、

きょうだいげんかをしながら

学んでいきます。

幼稚園や保育園などでは遠慮しがちで

何も言えなくても、きょうだいには

何でも言えるという子もいます。

家庭できょうだいを相手に自己主張を

する経験を積み、いずれは外でも

自己主張ができるようになる。

 

きょうだいげんかはそういった

練習の場になるのです。

幼いころはなんでもないことで

言い争っていても、年齢が上がり、

それぞれの認知・言語・自己調整力の

発達にともなって、けんかの原因も

仕方も変わっていきます。

お互いの活動範囲が広がって、

顔を合わせる機会が減れば、

けんかは自然と収まっていきます。

また、けんかを何度もしていくうちに

お互いのことをよく知り、仲よくなって

いくこともあります。

そのうち、共同戦線を張って、

親に対抗してくるようになるかもしれません。

けんかが起きてもまずは見守って
けんかが起きても、

ただの言い争いであれば、何もせず、

見守っていてください。

そして、頃合いを見計らって、

「おやつよ」「買い物に行くわよ」などと

声をかけるのです。

 

もし、食事中のけんかであれば、

「食事がまずくなるから、あとにして」

と冷静に言いましょう。

 

お腹が減っていれば、食べ物につられて、

けんかは中断され、食べ終わったあとは

けんかをしていたことも忘れていると思います。


きょうだいげんかに親が介入しすぎると、

「親が解決してくれる」「親がいなければ

解決できない」と思ってしまい、

親にすぐ言いつけるようになります。

 

親も、口が達者なほうの主張を

つい聞いてしまい、もう1人が不公平さを

感じるようになります。

けんかが大変なことだと思わせないためにも、

おおらかに構えて、冷静な態度で

対応していただけたらと思います。

「お兄ちゃんだから我慢しなさい!」

と言ってしまった時は……
きょうだいげんかへの対応で

よくしてしまうのが、上の子に

「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」

と言って我慢をさせてしまうこと

ではないでしょうか。

 

また、上の子と比較して、下の子に

「お兄ちゃんはできるのに」

「お姉ちゃんはできるのに」と

言ってしまいがちだと思います。

 

保護者がこうした態度を続けると、

子どもの中に不満がたまっていきます。

その時には反抗されなかったとしても、

将来的に親子の信頼関係を

築けていないということが起こり得ます。

 

また、小学生高学年になって

夜尿をしたり、不登校気味になったり

という不適応行動に表れたりすることも

あるのです。

保護者のかたも、いらいらしたり、

体調が悪かったりして、よくないと

わかっていても、「お兄ちゃんなんだから、

我慢しなさい!」とつい言ってしまう

ことがあるでしょう。

 

それはしかたのないことです。

私も2人の子どもが幼いころに

けんかばかりをしていて、

「もういい加減にして!」と

怒鳴ってしまったこともあります。

 

ただ、そればかりが続くと、子どもは

抑圧されて、欲求が満たされず、

ますますけんかが増える……と

悪循環に陥ってしまいます。

 

子どもは不満がたまってくれば、

なにかしらのサインを出してきます。

そのサインを捉えて、自分の態度を

振り返り、よくないと思う点を改めて、

調整していくことが重要なのです。

言い過ぎたと思ったら、

「さっきは言い方が悪かったね、

ごめんなさい。

お母さんはこういうことを伝えたかったの」

と、子どもに謝ることも大切です。

 

保護者のそうした態度は、

自分が悪いと思ったら友達に謝るという、

お子さまの成長にもつながります。

「親が子どもに謝れば、権威が

保たれない」と考えるかたも

いるようですが、権威をふりかざして

一方的に押さえつけるだけでは、

権威の前では何も言えないような

大人になってしまうことも考えられます。

 

謝るべき時は謝る、おかしいと思ったら

主張して議論する。

そうしたモデルを示してほしいと思います。

幼児期からそうした姿勢を続けていくと、

小学生くらいになった時、

親が理不尽なことを言ったら、

「そんな言い方をしていいの?」と

正論を言ってくるようになるでしょう。



岩立京子;
東京学芸大学総合教育科学系教授。

心理学博士。専門は発達心理学、

幼児教育。

幼稚園教諭や保育士を養成する

かたわら、保護者の保育相談なども

行っている。

著書は『子どものしつけがわかる本』

(Como子育てBOOKS)など多数。

 

 

7/31(火) 13:40
ベネッセ 教育情報サイト

 

高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

はりきいち鍼灸院の夏バテ予防・熱中症対策