タロットの煌めき マルセイユタロット活用術

タロットの煌めき マルセイユタロット活用術

伝統的なマルセイユタロットを使っての、自分と人のために活かせる知識と方法をお伝えしています。


テーマ:

人間関係について、悩む人は多いです。

 

おそらく相談事でも、かなりメジャーな内容のひとつでしょう。

 

人間関係と言っても広く、言ってみれば、人同士の関係が生じるものは、すべてそれだと考えられますから、ケースや場面としても多いので、問題となるのも致し方ないところかもしれません。例えば、恋愛にしても、つまるところ、人間同士の関係の問題といえるわけです。

 

人間関係についての悩みの解消には、いろいろな方が様々な方法を解説されていますから、ここで具体的に述べることはいたしませんが、タロットから気づいた、ちょっとした観点を述べておきたいと思います。

 

以前、ある方が、「私はもう、自分が好きな人か、自分にとって有益となる人以外とは関わらないことにしました。だって、時間は有限ですから」と述べていました。

 

これほど、極端ではなくても、確かに、嫌な人、問題ばかり起こす人と、あえて関係を続けているのは、時間の無駄かもしれませんし、何より、体力・精神力ともに疲弊も大きいです。

 

しかし、プライベートではともかく、仕事ではそういうわけにもいかないのも事実です。嫌だと思っても、相手をしないといけないことは普通にあります。

 

また、最初は嫌と思っていても、つきあつていけば意外にいい人だったとか、自分にあえて厳しく教育してくれていたとか、最初にはわからない真の関係性もあります。

 

ましてや、自分にとって有益か無益か、よい人なのか悪い人なのかなど、実は本当のところではわからないものです。当初の印象や感情だけで決めてしまっていては、むしろ、人生の損をしている場合もあるかもしれないのです。

 

ということで、ここで提案したいのは、時間をキーワードにして、人間の関係性を見てみる、考えてみようということです。

 

マルセイユタロットで「時間」といえば、「運命の輪」のカードによって、よく象徴されますが、その「運命の輪」からのヒントとも言えます。

 

私たちは通常、時間はひとつと思っていますが、見方によっては、いくつもの種類があると考えられます。

 

例えば、誰にも共通している時計時間と、一人一人が心で感じる、いわば精神時間は、時間の流れとしては違うものになっています。

 

それから、瞬間とか永遠とか、時間のないような世界、止まっている時間というのもあれば、私たちが通常感じる、昨日・今日・明日と一方向に流れる(動いている)時間というものがあります。

 

それはともかく、人間関係において時間を考えた場合、自分の一生の時間で見るかある限定的な時間で見るかによって、その関係性のとらえ方が変わってくるのです。

 

この場合、時間というより、期間と言ったほうがいいかもしれません。

 

その人は、一生の時間(あるいはかなりの長期)で見られる人なのか、あるいは、この人は、ある期間限定で関係する人だと見るかの違いです。

 

前者だと思う人へは、それこそ心や本音、ありのままの自分で対応してもよく、後者だと思う人へは、ペルソナや建前、社会上の役割として関係していけばいいわけです。

 

これを無目的と特定目的と分けてもいいのですが、それを時間換算するようなものです。

 

と言っても、初めから明確に区別がつかないこともあるでしょうから、しばらく様子見して、特にやっぱり後者だと判定した人へは、きっぱりと時間限定的な意識を取るとよいです。

 

もっと言えば、人間関係で悩む多くの人は、時間操作(区別意識)をしておらず、ずっとそれが続くものとして意識のうちに、その人との関係のイメージを残しています。言い換えれば、精神時間で、その人との関係をとらえているほうが強いのです。

 

これを時計時間にしてしまい、仕事での時間だけ、時計の進む限定時間だけと割り切って意識すること(切り替えること)です。文字通り、機械的に進む時計のようなものです。

 

精神時間は伸び縮みしますので、つらいと思えば長くなり、楽と思えば短くにもなります。

 

精神時間的人間関係を続けると、生き生きとして生命のように波を持ちつつも、つらい関係の場合は、普通の時間の何倍もの時間を過ごすかのように感じます。

 

ですから、つらいと思う関係は機械的に割り切ることが非常に大切で、精神として過度に取り込むと、時間が精神化して、先述したように、時計時間よりも長く苦しい時間をその人と過ごすことになります。

 

また本当につらい関係の人とは、できるならば、自らを時計時間の関係にしてしまうかのように、限定時間に自分でするという方法があります。

 

平たく言えば、その人と付き合わない、その人と関係する場所や会社から離れる、辞めるみたいなことです。

 

タロットの「運命の輪」には、輪の中でグルグル回っている犬と猿、そして輪の上にいるスフィンクスが描かれています。

 

このうち、輪の中にはいないスフィンクスは、を持っており、断ち切ったり、時間を切り取ったりする(限定させる)能力を示しています。

 

それから、時間限定で割り切るだけではなく、変わった方法としては、期間限定としながら精神時間化することで、すごく濃密な時間を過ごすこともできます。

 

限定されているから、集中する、燃え上がる、モチベーションが上がるわけです。

 

実は一生の時間で見ても、一生そのものが今生としての時間限定だとすると、どの人間関係も貴重で、無駄とは言えないのかもしれません。

 

そして、ちょっとロマンチックになりますが、一生の時間以上の長さで見る関係というのも面白いです。

 

もし、スピリチュアル的に、過去世とか未来世などを仮定すれば、それも含む時間での関係の相手となると、うまくこの人生(今世)では結ばれなかった(関係できなかったり、別れてしまったりした)人でも、可能性が残されている、希望はあると見ることができます。

 

ただし、逆に、「またしてもこの人ととか・・・」「もう、うんざり、これは腐れ縁か?」(笑)みたいなものにもなりますので、超長期時間目線では、いいことばかりとは限りません。

 

今日は時間で人間関係をとらえるという話をしましたが、「恋人」カード的に言えば、自分が選べる人間関係と、自分が選べない人間関係という分け方もあります。

 

自分が選べる関係の領域を、なるべく心地よいもの、我慢しないものにしておく(断ち切ることも含めます)と、楽にはなりやすいです。

 

それでも、天の配剤のような、選べない関係というのもあり、それはやはり地上的な見地からだけでは推し量れない、まさに特別な縁、何かの意味があるものなのでしょう。

 

自分や地上観点だけではわからない関係があるからこそ、人間関係は面白いとも言えるのです。

 

この世には、自分とまったく同じ人はいませんので、他人との違い、軋轢があるのも当然といえ、そんな中でも、通じ合う、協同するというのは、奇跡を見ているようなもので、そこにエネルギーの反発や交流による、ダイナミックな動きを見て取ることができます。

 

それはおそらく、宇宙的に非常に大切なエネルギーなのだと推測されます。

 

霊的に見れば、誰がとか誰にという個別的なことは問題となってこないのかもしれません。違うものの中に同じものを見、また同じものの中に違うものを見る、一人一人の存在を俯瞰する意識が重要のように思われます。

 


テーマ:

人は想念の世界にも生きていますので、その(想念の)力が現実に作用することがあります。

 

精神やサイキックの世界では、そうしたことが普通に行われているものです。まあ、もちろん、悪用する人もいれば、よいことにも使えるわけで、力自体は中立であり、要は、その人の使い方次第、つまりは思い方次第ということですね。

 

皆さんも、心や思い方で、自分が変わって、それに伴い、人生や現実も変わるという話は、よく聞いたことがあると思います。

 

それだけ、人の持つ想念や心の力は強いものがあるわけです。

 

しかし、どういうわけか、人間は、ポジティブに思うことが難しく、逆にネガティブに思うことは易しいという特徴があります。

 

おそらく、これはもともとのことではなく、人間の歴史が作り出してきた、想念の癖のようなもの(になってしまっているもの)ではないかと推測されます。

 

本来は中立といいますか、むしろ愛や喜びで満たせる(満ちている)存在が人間だと思います。ただ、何かの影響で、不安や恐怖、心配などのネガティブなほうに誘導しやすい心の作用が働くようになっているのでしょう。

 

それに対抗するには、根本では、ネガティブ思考に舵を切らせている「何か」に気づき、それを浄化・解除する必要があると思うのですが、これはたぶん、一人だけの問題ではなく、人類全体に関わる大きな意識層のブロックがあると考えています。

 

それでも、一は全、全は一といわれるように、自分の解除が、全体の解除に結び付くこともあるのではないかと思います。

 

しかし、今日は、そういう全体的な話というより、個人それぞれができる簡単なことを述べてみたいと思います。

 

まず、考えとして大事なのは、常識を疑うということです。

 

タロットカードの「吊るし」ではありませんが、逆や反対のことはどうなのか? それは間違い、いけないことと必ずなるのか?と思うとよいでしょう。これはひねくれてやる(自分の正しさを主張するためにやる)のではなく、純粋に、素直に逆さまも考えてみるということです。

 

みんながそう言っているからとか、それが普通でみんなやっているからとか、そういう「みんな」は現実にはいないもので、いわば集団幻想規範のようなものです。

 

あなたはあなたという個性を持ち、みんなは違うのがこの世界でもあります。ということは、あなたの世界はあなたにあるわけです。

 

そうした見方が、ネガティブに誘導されるエネルギーからの解除のきっかけになることもあるでしょう。

 

あと、具体的には、幸運グッズを持つこともよいです。

 

あ、これは、よく雑誌の巻末とかに広告で掲載されている、お金を引き寄せる財布とか、恋人ができるアクセサリーとか、そういうものを言っているのではありません。しかし、ちょっと似ているところはあります。(苦笑)

 

ここで言っているのは、自分がそれを持っていると、安心したり、落ち着いたり、ポジティブになれたりするグッズです。

 

じゃ、やっぱり幸運グッズじゃないですか、と言われるかもしれませんが、さきほども述べたように、ああいうものと似ていると言えば似ているわけで、しかし、そんな大金払わなくても、たぶん、皆さんは持っていますよ、ということなのです。まあ、劇的な効果を謳うわけではありませんが。

 

自分が心配になったり、ネガティブになったりする時に、それを握ると安心するとか、それを見ると落ち着くとか、前にピンチの時には効果があったとか、そういうものが、ここでいう幸運グッズです。

 

むしろ、幸運グッズというより、精神安定グッズ、中立化グッズみたいなものですし、タリズマン(護符)のようなものと言ってもいいでしょう。

 

お金や恋人を引き寄せるのではなく、ネガティブな思考を中和させたり、それ以上、ネガティブな想念の力を増大させたりしないためのモノです。

 

これは心、想念の世界に関係しますから、いかに、自分がそれに対して思いがあるかによって、効果が違ってきます。そういう意味では、自分が信じているモノというのが、いいわけです。

 

例えば、神社・お寺のお守りなどは、霊的な力もあることはありますが、持つ人の想念のリアリティ感(効果がある、あの神社のお守りだからスゴイとかの実際の思い)が、現実に効果を及ぼすとも言えます。

 

小さいこどもは、それがぬいぐるみであったり、タオルやハンカチであったりします。これは、母親などの代わりになっているもので、その子にとっては、それがないと安心できないですし、あれば、本当に安らぐわけです。

 

ですから、大人であるあなたにとっても、それがペンでも、石でも、あなたが安心できる、これはすごいと思えば、それはネガティブ思考の防御になるのです。

 

ちなみに、私は、タロットがそれにもなっています。その効果は大きく、タロットをさわっているだけで、ずいぶんと心が安定するのを感じます。(マルセイユタロットには単なる心理効果以上のことが隠されてはいるのですが、それは今日は省きます)

 

タロット好きな人は、たいていそういうところがあるでしょうし、何もタロットでなくても、カード好きの人ならば、自分が使って信頼しているカードならば、自分を守ってくれる天使のような役割をするでしょう。

 

私も、不安が高い時は、リーディングではなくて、守護としてカードを引き、そのエネルギーを感じて、ネガティブなものを浄化していくことがあります。不思議と、そういう時は、それにふさわしい意味のカードが出るものです。

 

何度も言いますが、これは、想念の世界とリンクしますので、そのグッズを単なる機械的・物質的なものとして見ていては、ほとんど効果はありません。それへのリアルな思い(感情に近いもの)があるかどうかが重要です。

 

まあ、しかし、こういうものもあくまで補助ですので、それに依存し、願い事を叶えてくれるみたいな、それこそ、雑誌なんかで宣伝され、けたたましく売られているグッズのように思うと、かえって囚われてしまうので、注意が必要です。

 

いい機会ですから、ちょっとだけ幸運グッズの弊害を言っておきましょう。

 

大仰に宣伝されている幸運グッズを持つと、最初は効果があるように思うこともあるかもしれませんが、次第にそのグッズへの過剰な依存になり、実は、自分のエネルギーがそのグッズに奪わていくことになります。

 

そうすると、グッズのほうはエネルギーを持ってきますが、そういう力が入ると、必ずしも、いい方向にそれが使われるとは限らず、つまり力が強い分、悪いほうへ働く(共鳴する)力も強くなるわけです。

 

たとえば、お金がほしいと思って買った金運強化財布が、金運というエネルギーではなく、あなたの「お金がほしい」という強烈な想念のエネルギーを吸い、そうしたネガティブ(お金がほしいという、つまりはお金の不足)の状況に共鳴してくるようになるわけです。

 

まあ、心の底から、楽しくお金を使い、「金運財布さん、ありがとう」みたいな感じでやれる人は、効果もポジティブにあるかもしれません。

 

でも、たいてい、金運財布を買う人は、お金や態度に余裕がなく、切羽詰まって買う人が多いでしょうから、なかなか効果的なものにするのは難しいわけです。恋人引き寄せみたいなものも同じだと考えていいでしょう。

 

何より、外のものに依存すると、自分自身の内にある力から遠ざかり、いろいなものに影響を受けやすくなり、ますます自分に自信を失い、自分自身を生きられなくなります。

 

ということで、安全には、ほっとしたり、中立化したりするくらいのグッズを持つ程度がよいかと思います。

 

 


テーマ:

タロットというものをどうとらえるかによって、実は、この世の中に対して、厭世的な見方になるか、楽天的なものになるかも決まってくるかもしれません。

 

そして、タロットを使うことが、安全か危険かという観点にしても、タロットへの考え方によると思われます。

 

ここからは、ちょっといつもより、スピリチュアルな話になりますので、あまり、この手の話に共鳴できない人は、今日は読まないほうがいいでしょう。

 

さて、皆さんは、この地上世界、言ってみれば地球の生活・(現実)世界は、どのように感じられているでしょうか?

 

とても楽しかったり、美しかったり、生きていることがすばらしいと思える人もあれば、つらく、苦しいことばかりの世の中だと感じている人もいるでしょう。

 

本人はまあまあだなと思っていても、世界全体を見回せば、戦争や争い、犯罪や残酷なことも少なくない世の中です。また、いろいろな意味で不公平や矛盾にも満ちているように見えます。

 

あるいは、世間の人は普通によい暮らしをしている(幸せな)人が多いのに、自分は不幸だ、厳しい人生にいると思っている人もいるかもしれません。

 

ここで、結局、自分の感じ方次第といえばそれまでで、もし、すべて自分が見ているものは、自分の(作り出した)幻想だとすると、外側の世界は自己の投影像みたいなもので、世界が悲しいところと感じるのは、自分がそう決めているからだと考えることもできます。

 

では、自分が幸せで満足、平和な状態になれば、実際の外の世界もそうなるのかというと、これは究極的な問いであり、難しい問題です。

 

なぜなら、誰も、他人の本当の気持ちや、その人の見ている世界がわからないからで、誰か(の内)が平和になったから、世界が平和になったという検証は、ほかの人からは、できないわけです。

 

その誰か、他人でさえ、自分の生み出したものであるかもしれないのならば、つまるところ、すべては自分に帰結することになります。

 

で、この「自分が世界(自分が創造しているのが世界)」ということは、ひとまず置いておき、私たちが、誰もが共通して見ている実在する現実世界があると仮定します。

 

すると、やはり、自分だけではない多くの他人にいる社会や世界があり、それがすばらしいと見えるか、あまりそうとは思えないと見えるかの違いは、人によって出で来ると思います。

 

最初に述べた、厭世的か楽天的かということでいえば、この現実の世界から逃れたいと思うか、この世界を楽しみたいと思うかの違いのようなものです。

 

そこで、(マルセイユ)タロットです。

 

実は、タロットは、この世界から逃れるための書物と取る立場と、この世界を充実して生きるため(あるいは遊ぶため)の指針とする立場と、大きくわけて、ふたつの考え方(とらえ方)があるように思います。

 

スピリチュアルな考えの人には、「私はなになに星(系)から来た」みたいな、魂の宇宙人説を唱える人がいます。

 

そして、たとえそれであっても、ふたつの立場があり、この地球を楽しむ(遊ぶ)ために来たという人と、地球を修行の場と見てあえて鍛えるために来た、または何らかの要因で、地球に落とされた(いわば刑務所のようなところに囚われた)という人がいます。(地球の人を救いに来たという人もいますが)

 

要するに、ここでも楽天的に地球旅行をしに来たというような見方と、苦しい修行や何か浄化・服務のために来たという厭世的・悲観的な立場があるわけです。

 

何にしても、楽天的にとらえたほうが、何事も楽しいのは間違いありませんが、どうしても楽天的になれない人もいるような気がします。

 

メンタルを鍛えたり、浄化したり、あるいは強く洗脳されたりすれば、楽天性が出るのかもしれませんが、現実を直視すればするほど、そう楽天的になれない部分もあるのではないでしょうか。

 

「どうせなら楽しんしゃえ!」と能天気になれる場合は別としても、現実的に、ここ(地球・現実)にいるのは仕方ないのだから、それこそ、この環境で、やれること、できることに注力して、少しでも自分の生活と、できれば周囲の世界をよくしていくのがいいというのが常識的だと思います。

 

そのためにタロットを使うという立場があってもいいでしょうし、もしタロットを使わなければならないとすれば、実際(現実・地上生活)をよくしていくためのものとして使うのが、普通になるのも当然といえます。

 

それは端的にいえば、占い的な使い方と言ってもいいかもしれません。

 

これは、現実の自分、地球にいる自分を地上に適応させて行こうという方向性でもあるので、当然地上(地球)と結びつき、いわば安定を求めるものなので、地球生活的には安全な使い方と言えます。(ただメンタル・精神の世界で見た場合、もし占いを依存的に使用する場合は、安全とはいえませんが)

 

一方、「この世界は本来、自分のいるべき世界ではない」という違和感があり、「この地球の現実は厳しすぎる、悲惨なことが多く、レベルが低すぎる」という見方をする人は、タロットを現実・地球からの脱出という神秘啓蒙書のような目で見ます。

 

しかし、そのような人でも、実際には肉体をもって、地球・地上生活をしなくてはならないので、そことのギャップ、葛藤に常に苛まされます。

 

人によっては、肉体的な問題(病など)が出たり、精神的にバランスを崩したりする人もいるかもしれません。

 

なかなか現実・地上との折り合いがつかず、そのために、現実逃避になったり、上記のような肉体・精神のバランスを取るのが難しくなったりするわけです。

 

この意味で、タロットを地上(地球)脱出の書として扱うことは、常識的に見て、危険でもあるわけです。

 

しかし、タロットはさすがに、ただの啓蒙書ではないところがあり、いきなりの脱出を示唆せず、順を追っての脱獄(笑)を示しているように思います。

 

そのひとつは、大アルカナと小アルカナに分かれていること、大アルカナでも、地上生活を示唆する絵柄が半分はあることなどからわかります。

 

すべては、一元から二元の分離と還元ととらえれば、星や天に帰りたいと思っている人でも、悪いことばかりではなく、地上・地球に来た、よい意味が何かあるはずです。

 

そして、一足飛びに帰るのではなく、たとえ、ほかの楽天的な、地球観光を楽しんでいるような人にはなれなくても、段階を追って、地上生活に何とか順応(妥協)しながら、脱出していく方法があるのだと考えられます。

 

あまりに物質・地上的ものを忌避していると、お金や肉体の問題に悩まされ、そこ(地上・肉体)からすぐに抜けられないのですから、苦しい状態を現実に生み出します。ボディ・フィジカル部分も、ないがしろにはできないということです。

 

それでも、本当の故郷や目指すべきところへ帰還するためには、やがて物質や肉体を超えていく必要があると考えられます。地上的・地球波動になじみすぎると、目的を忘れ、麻薬摂取したような、酩酊と欺瞞な状態に浸かることになるでしょう。

 

郷(地球)に入りては郷(地球)に従えの気持ちや実践をしながら、奥底では、帰還の志をいつも持ち、忘れないというのが、脱出のためには重要ではないかと考えます。

 

現実的には、自分が他の星の生まれ(魂を持つ)とか、この世界が本当の世界ではないと思う、というような考えは、言わば、中二病みたいな(苦笑)もので、一般的にはバカらしいものですが、しかし、この考えでもって、救われる心があるのも事実だと思います。

 

あなたの感じている、地球・地上生活での違和感は、本物かもしれないということです。

 

中にはもう、この星(地球)の生活にはうんざりだと思っている人もいるかもしれません。(ちなみに輪廻転生説を入れると、地球に輪廻転生することは、一時的退避ではあっても、真の脱出はしていないことにもなります)

 

常識や多くの人が感じたり、思ったりすることが、正解とは限らないのです。

 

けれども、やはりこの世界に存在しているわけなので、まったくの現実逃避をしていては始まりません。囚われているのなら、解放や脱出の手段を講じていく必要があります。

 

マルセイユタロットは、もしかすると、そうした者たちへの脱出指南書かもしれないのです。(ということは、脱出した存在から、もたらされたものの可能性があります)

 

さらに言うと、マルセイユタロットに出会う縁も、脱出の機縁と関係があり、この世界の牢獄性に心が気づいている(魂が覚醒しはじめた)からかもしれません。

 

とはいえ、それは、あくまで、タロットをこの世界からの脱出や、あるべきところに帰還するためという話に共鳴できるタイプの人です。

 

普通は、占いやリーディングに興味をもって学ぶとか、自己変革でも、そういうスピリチュアルな脱出の話ではなく、心理的・現実的に自分を見つめて、変化・変容させたいというものになるでしょう。それはそれでいいのです。

 

まあ、どれであっても、マルセイユタロットはそれ相応の力と効力を発揮してくれるところが、また面白く、すごいところです。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス