視点を変えれば

テーマ:

今日ね、あの人が来たの。

 

最近、月に2回は来れるようになったみたい。

 

えへっ

 

でね、先週、朝活のトレーニングに行っていて、そこで聞いた話をしてくれたんだけど、笑えると同時に、なるほどと思わされました。

 

みなさん、昔話で、「笠子地蔵」って知ってます?

 

貧しいお爺さんとお婆さんがいて、食べる物もなく。このままでは年を越せない。

家の中を見渡すと藁と紐があり、笠を作って町まで売りに行こう。それで、食べ物を買おうと思ったお爺さんは、一生懸命笠を作って売りに行ったんだけど、まったく売れなかった。

落ち込みながら帰っているとき、雪が降ってきた。暫く歩いていると、道端にお地蔵さんが並んでいて、そのお地蔵さん達の頭に雪が積もっているのを見て可哀相に思ったお爺さんは、一体一体の雪を払いながら、笠を被せていった。

一体分だけ笠が足りなかったので、最後の一体はお爺さんが被っていた手拭いを、自分は雪にまみれるのを厭わずに、お地蔵さんに被せてあげた。

家に帰って事の次第をお婆さんに話すと、「それはいいことをしたね」と言って、お婆さんも喜んでくれた。

しかし、食べ物がない。どうしようと、途方にも暮れた。

その夜、物音がして外に出てみると、食べ物がどっさりと置いてあった。

笠を被せたお地蔵さん達が、お礼にと運んで置いていったのです。

お爺さんとお婆さん、これで年を越せると歓びましたとさ。

めでたし、めでたし。

 

というお話で、良いことをすれば帰ってくるといった趣旨が含まれているお話なんだけど、そのトレーニングの講師は、このお話をした後に、「このお爺さんとお婆さんは、今年は年が越せても、来年は越せない」とばっさりと切捨てたそうです。

 

お爺さんは、なんで売れない笠を作ろうと思ったのか。

きちんとリサーチもしないで、物を売ろうというのは甘すぎる。

そんなことだから、いつまでも食べる物がなくて困ってるんだ。

 

なるほど!

 

そういった視点もあるんだ。

 

シビアというか、身も蓋もないと言ってしまえばそれまでですが、確かに一理ある。

 

あくどいことをしては駄目だけど、ビジネスというのはシビアなもの。ビジネスでなくても、お金を稼ごうと思ったら、頭も労力も厭わないことが必要。

 

思いつきだけで、お金が稼げるのなら、誰も苦労はしない。

 

私は、目から鱗が落ちました。

 

善い行いをすれば自分に返ってきますが、必ず返ってくる保証はない。

 

食べる物にも困っているのだったら、もっと知恵を働かすべき。

 

知恵を絞る+リサーチ+行動+善い行い

 

これらが一体となってこそ、成功が得られる。

 

いや~ 今日は、とてもためになったな。

 

あの人の顔も見れて、最高の夜でした。

 

 

おやすみ

なにごとも

テーマ:

なにか、アフターを行かないようになってから、お客様が増えたような。

 

ここ何年も、6月、特に月曜意日は暇だったというのに、今月は曜日に関係なくお客様がお見えになっている。

 

その一番の要因はというと、やはりアフター。

 

クラブに来ればアフターは当然という意識がお客様にもあり、週の初めからしんどいという気持ちが働いていたようです。

 

それが、無理にアフターに行かなくてもいいと思ったら、意外に来たくなる。

 

土日で家族サービスした分、リフレッシュしたくなるようです。

 

でも、クラブへ行った以上は、アフターに誘わなければいけないのではいか。

 

ここでも、アフターの弊害が出ていたようです。

 

なんでも、思い込みというのは怖いもの。

 

徹底したリサーチこそが、企業を活性化させる。

 

夜のお店も、利益追求という意味では、普通の企業と一緒。

 

慣習や思い込みに捉われないで、徹底したリサーチをすべき。

 

やっちゃいけない合理化は駄目だけど、本当の無駄を省けたら。双方にとってメリットがあります。

 

なにごとも、やってみないとわからない。

 

 

いってきます

 

無難な人生

テーマ:

どんなことがあっても挫けない。

 

言うのは簡単ですが、行うのは難しい。

 

人は、感情の生き物。

 

嫌なことがあれば、へこむのは当たり前。

 

それをいかに引き摺らないかが重要なのです。

 

私は、落ち込んだ時には、徹底的に落ち込むようにしています。

 

暗い音楽を聴き、暗い詩を読む。

 

そうするとね、短期間で落ち込んでいる自分が馬鹿らしくなってくるのです。

 

ここで落ち込んでいちゃいけない、こんなことでへこんでいるようでは駄目。なんてことは、微塵も考えません。

 

嬉しい時には素直に喜び、楽しい時には笑い、悲しい時には涙を流し、嫌なことがあれば落ち込む。

 

人間だもの、生きている以上は、いろいろな事がある。

 

悲しいとき、嫌なことがあったとき、自分を逃がす方法を身に付けていれば、それほど時間をかけないで立ち直れます。

 

逃げるのではない、逃がす。

 

これ、重要。

 

逃げていたのでは、いつまで経っても立ち直れないし、自分が惨めに思え、いじけるだけ。

 

逃げるのは、立ち向かう勇気がなから。

 

勇気がなければ、なにもできません。

 

逃がすのは、立ち向かうための準備。

 

言い換えれば、息抜きと一緒。

 

私は、自分を誤魔化す人生だけは送りたくない。

 

そんなんじゃ、なんのために生きているのかわからない。

 

無難な人生なんてクソ喰らえ(失礼)

 

無難なんてものは、言いかえれば事なかれ主義。

 

人生は波乱万丈な方が面白い。

 

無難な人生を送るために、しなくてもいい我慢をする、惨めな気持ちを味わう、言いたいことを言えない。

 

その代償は、あまりにも大きい。

 

無難と引き換えに、得られるべき喜びや楽しみや満足感を殺している。

 

いやだ、そんなの。

 

せっかく生まれてきたのに、なんでそんな人生を送らなくちゃいけないの。

 

敵を作ってもいいじゃない。

その分、味方もできるんだから。

 

本能のままに生きてはいけないけど、本能を抑えつけ過ぎてもいけない。

 

なにごとも、バランスと調和。

 

一生のうち、いいことと悪いことのバランスは取れていると、私は思っています。

 

無難な方に流されなければね。

 

 

おやすみなさい

細かいことは気にしない

テーマ:

さあ、始まったぞ一週間が。

 

今週は、どんな週になるのか、いつも月曜日は楽しみ。

 

いい週であれば幸せだし、そうでなくても自分が成長できる。

 

いいことも悪いことも、、すべては自分の肥やし。

 

だからこそ、人生は楽しい。

 

生きている以上、楽しまなくちゃ損。

 

不幸だと思って生きていたって、改善なんて望めやしない。

 

なにがあってもへこたれないで楽しもうと思っているからこそ、真に人生を楽しめるのです。

 

あれれ、夕方のブログにしては、真面目なことを書いちゃった。

 

ま、いっか。

 

細かいことは気にしない。

 

 

いってきます

恋の駆け引き

テーマ:

恋の駆け引き。

 

素敵な響きの言葉ですね。

 

しかし、はっきりと言っておきます。

 

本当にお相手のことが好きなのだったら、駆け引きなんてしないでください。

 

ちょっといいな程度でしたら駆け引きを楽しむのもありですが、本気でものにしたいのだったら、真正面からぶつかるべき。

 

恋も結婚も、ずっと猫を被っているなんてことはできっこない。

 

真の自分をさらけ出して、思いを告白してください。

 

で、駄目なら、あっさりと引き下がる。

 

縁がなかったということです。

 

私も含め、夜の世界に勤めている私の友達は、みんな駆け引きをしてくるような男性が大嫌い。

 

恋愛とは、そういったものではない。

 

私からすれば、駆け引きをする人間なんて、男性でも女性でも、恋愛を舐めとんのかという心境です。

 

本当に相手のことが好きだったら、相手の立場になる。

 

そうすれば、駆け引きなんて浅はかなことは思い浮かびもしません。

 

駆け引きなんて、恋をしている自分に酔っているだけ。

 

まさに、「恋に恋して」というやつです。

 

恋愛はバトル。

バトルは真剣勝負であるべき。

 

こうしたら落とせるのではないかと愚にもつかぬことを考えるより、こうしたら喜んでもらえるのではないかと考える方が、よほど相手に響きます。

 

ただ好きなだけでは長続きしません。

 

相手のいいところはもちろん、いたらないところもひっくるめて許容する。

 

それが、真の愛というものです。

 

相手の本性が垣間見え、幻滅を抱くようなら、最初から好きにならなければいい。

 

駆け引きやテクニックなんてことばかり考えているから、相手の本質を見極められない。

 

恋なんて、叶わぬほうが多いのです。

 

それだけ、尊いもの。

 

だから、全身全霊をかけてぶつかる。

 

好きな相手のことを尊重していれば、本当にその人のことが好きならば、たとえ振られても恨みはしないはず。

 

もちろん、何年も引き摺ったりするかもしれないけど、決して逆恨みなんてしません。

 

振られる度に強くなり、優しくなる。

 

そういう人こそ、きっといいお相手が見つかります。

 

あとね、「好きだ」という言葉は響くけど、「俺の気持ちをわかてくれ」という言葉ややめておいた方がいいよ。

 

独りよがりとしか受け取れないからね。

 

それと、「叶わぬまでも、ずっと好きだ」という言葉も。

 

ただただ、気持ち悪いだけだから。

 

私達が好きになるのは、さりげない気配りが出来る人、言葉を飾らない人。

 

だから、メールの内容もあっさりとしてます。

 

決して、好きだとか、わかってくれなんてことは打ってこない。

 

それよりも、こちらを気遣う内容ばかり。

 

文面から、優しさが伝わってきます。

 

もう十年以上、毎日百通以上もメールやラインでやり取りしている私達にとっては、文章だけでその人の本質が見えてくる。

 

言葉を飾るなんてのは、無意味。

 

成就しなくても楽しめればいいやと思う人は止めはしませんが、本当に結ばれたいと思っているのなら、駆け引きなんてやめましょう。

 

 

おやすみ