やんちゃなかま吉

テーマ:

 

かま吉たちを放しているところに、

チャコ親子たちも仲間入りしました。

 

 

 

かま吉が、チャコの子ブルンドに寄っていくと

すごい勢いで、母馬のチャコが追っ払います。

 

かま吉は仔馬が気になって

(多分、いっしょに遊びたいのだと思います。)

近づこうとするのですがチャコがまだそれを許してくれません。

 

かま吉には、もう少し辛抱しな!と

言っています。ハイ(^_^)

 

2、3日前 犬の花まめ、空まめを連れて

かま吉のところに行ってみたのですが

花はそうでもないのに

空はかま吉に追いかけられました。

 

 

ハイ、そうなんです。

 

空は逃げるから、かま吉が追いかけたくなるんです。ハイ!

 

花は身体をつけて、匂いをかがれても

逃げずに耐えていました。ハイ( ̄▽ ̄)

 

お~~、花は強いね~~と

関心していて、花とかま吉の写真を

撮り損ねました。ハイ(;^_^A

 

  ツンタ

 

この1週間ほど、道東は気温が低下しており

日中でも気温が一桁の日が多く

人と会えば

「寒いね。」

が挨拶がわりになっています。

 

6月の頭に、半袖の日もあったので

もう大丈夫だろうとオコタをしまってしまったのですが

こんなに寒い日が続くならもう少しだしておけばよかった、と

ちょっと後悔しています。

 

夜になると気温3度、の日もありますが

冬でもないので暖房はいれずに我慢、と

部屋の中でダウンを着て、冬のモコモコ靴下をはき

しのいでいます。

 

寒いのが苦手な花ち先輩は、というと。

 

テレビでワールドカップ観戦中のツンちゃんパパの

足の上にすかさず乗ったり

(ツンちゃんは基礎体温が高いので

 湯たんぽがわりにちょうどよいらしい。。笑)

 

娘の風花が使っていたひざ掛けに

くるまっていたり

 

と、まるで秋冬のような姿です。

 

そんな中でも

家の周りの森の緑は濃くなってきました。

 

白樺の若葉のエメラルドグリーンが

輝いています。

 

鮮やかな黄色が森の中に落ちてきた星みたい。

エゾカンゾウ。

 

繊細な花の形が紫のドレスを着た

踊り子たちのようなハクサンチドリ。

 

そして今がピークのスズラン。

 

 

清楚な白、愛らしい姿のこの花は

やはり見つけると格別に嬉しくなります。

 

北海道の某有名菓子メーカーの包装紙に

描かれている花たち、

ここ中標津と浜中の湿原あたりを歩けば

ほとんどの全部に出会うことができます。

 

真夏の元気な緑も好きだけれど

長い冬のあとに、春から夏へ移行していくその隙間・・・

魔法がかったような一瞬の中で輝く

北の6月の緑や花たちの姿に心惹かれます。

 

毎年のことだけれど、その年ごとの出会いがやっぱり

特別に思えます。

 

 

そんな中、寒さを吹き飛ばすような

おいしいものが沖縄から届きました。

 

夫であるツンちゃんのお友達から

島らっきようとゴーヤ(撮影を忘れて調理してしまいました。笑)です。

 

島ラッキョウは、まずは塩漬けにし、

残りはゴーヤとともに天ぷらにしてみました。

ちょっと沖縄を意識したもっちり系の衣です。

 

島ラッキョウは、天ぷらにするとマイルドな味になるのに

驚きました。

玉ねぎとにんにくの間のような?感じかな。

ゴーヤは可愛く?リング型で。

結婚当初は、ツンちゃんの実家でいただいた

ゴーヤの苦さにびっくりして

カルチャーショックでしたが、今はすっかり平気どころか

大好きになりました。

 

今このブログを書きながらも

ダウンを着込んでいる私です。

そろそろ通常の6月の気温に戻ってくれたら

嬉しいなぁ。

 

きっと花ち先輩もそう思っているに違いありません。

 

  明日美