さて、

クーシャンクーの形

(小では無く、通常ヤツ。または、「大」の方ね!)の形を、わたくしは武術的に、解明し・・・。

 かつ、いま

国際沖縄空手無想会

の制定七形として伝授しています。

 

 そのクーシャンクーの形を解明した時に想ったことは、「ウフェーッ!」っという一言。

 すなわち、

それほど、スゴイ!

 もうナイファンチ(内帆船・南方拳)と、クーシャンクー(公総管)さえ理解・習得すれば、武術として伝承された沖縄空手はOKよ! 

 っと、本気で思いました。

 

 でも・・・。

 そのクーシャンクーをバックボーンとして、平安の形は構成されているっと言うけど・・・。ゼンゼン、その関連性が見つからない。

 

 それが・・・。

 松濤館系統

の、

「後屈立ち」

の出所・・・。

 などが理解出来てきて、さらに、

平安初段、三段、四段、五段と、

クーシャンクーの兼ね合い

が理解できてきた。

 でも、

平安二段は、一体どうなるの? 

っとの問題も出てきた。

 

 その時に、前回まで記していた「クーシャンクー小」の徹底的な検討が・・・。

 弊会の

世界総本部道場

での、R・S四段との稽古の際に、それこそ勃発してしまったのです。

 しばらくして、クーシャンク―・小を、形の構造と機能(まぁ~無いけど・・・)を、完全に了解し・・・。すると

 「俺は、まだ現代空手の形を、

過大評価している!」

 っということを、自分で納得。ここまでが、前のブログまでの経過です。

 

 しかし、クーシャンクー・小。または観空・小の形が持つ、省略方法を理解すれば・・・。

 糸洲安恒・師と、その周辺の空手家たちが、

如何にして、

武術としての空手を解体して、

体育・体操化へと変革したのか!?

 っというのが、自ずから理解できる!

 これこそが・・・。

 R・S四段の提案が、わたくしに示してくれたものです。