Eins:Vier@札幌COLONY

テーマ:

2018.3.24(SAT)

Searching For You
Eins:Vier@札幌COLONY
--------------

札幌は24.25日の2DAYSだったのですが、

日曜のライブは仕事の関係上つらいので

24日のみの参戦でした。。

 

私は高校生の頃、ご存知の通り黒夢にドハマリしておりまして。

その清春が語り?で参加してたのが

Eins:Vierのインディーズ盤「RISK」に収録されている

Everything moves for me~全ては私により~

で、RISK買ってアインスにハマる。

そのうちアインスがAIR-GでやってるFM ROCK KIDSのパーソナリティーに!

今は違うと思うけどその頃(90年代中盤)は

ヴィジュアルバンドの登竜門みたいな番組だった。

(GLAYやらLUNASEAやらラルクやらもやってた。)

そのせいかイベントとかも多くてめっちゃ追っかけしてました。

サイン会いったり、ライブ最前でもみくちゃになってAtsuhitoにタオルもらったりw

(ねぎらってもらったと思っているw)

ちょっとUKっぽくて、当時からあんまりヴィジュアルっぽくなかった。

クランベリーズ聞くようになったのはアインスの影響です。

自分が歳とってから聞くと、めっちゃ染みるんですわ・・

大人になってわかる曲の良さ。

なんかもうDearSongとか今聞くと心に刺さるわ・・

復活したときには実家にハガキが来て驚いたwwww

(当時のファンクラブに登録してた住所に送ったらしく、

同じくファンクラブ入ってた友人の家には届かなかったみたいです)

 

そんなこんなで、私の青春なんです。

そんなバンドがこんな年月を経て札幌に来るなんて

行くしかないじゃないか!

当時一緒に追っかけてた友達と都合つけていってきました!

 

ライブ会場前でファンの方から声をかけられる。

チェキを撮ってコメントを書いてメンバーに渡す、

っていう企画をやっているんだそうです。

昔ってこういうメンバーに何かしよう、みたいな企画多かったな~

と思いながら、

せっかくだから参加させてもらいました!

その時にその方(北海道)と他のお客さん二人(神奈川&大阪)と

アインスの懐かしい話で盛り上がる。

札幌はラジオもやってたし優遇されてたよねー

って言っててやっぱりそうだったんだなーって。

アインスは友達と一緒にハマってたので

あまり会場で違う人と話したりってことが無かったんだけど、

なんだか同窓会みたいでとても楽しかったです!

意外と男性の方も多かったですね。

 

そして何十年ぶりだろう・・

街の灯聞いたときに泣いちゃったよね。

なんか友達の家でハガキ読まれるかも!って言いながら

一緒にラジオ聞いてたのとか思い出して。

歳とって色々あったけど、

大好きなバンドをもう一度見ることができて、

大げさだけど、生きててよかったなって思った。

正直札幌まで来てくれないとみることはできなかったと思うから、

来てくれて本当にありがとうございました、と伝えたいです。

フットワーク重くなって悲しいけど

大人になるってそういうことなのよね。

本当は4人そろってると嬉しかったけど、

Atsuhitoもそうなのかなって思います。

 

また見られるかわからないけど、頑張って働くぞー('ω')

 

 

lynch.@幕張メッセ

テーマ:

2018.3.11(SUN)
13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]
lynch.@幕張メッセ
--------------

ライブのチケットはFC先行で申し込んだんだけど
その時はAKの復帰は発表になっておらず、
サポート誰やるのかな~
人時だったら二度おいしいな!記念ライブだしJきちゃうかも?!
とか90年代バンギャ丸出しのワクワク感でとったw
そうそう大きいキャパでやることもないだろうしね。
なので年末にAKが幕張から復帰って聞いて
ちょっと「えええええええええええええ!!」って思ってしまったw
前の前の旭川&前の札幌はサポートが人時じゃなかったので、
人時を見ることなく終わった・・
でもその復帰が発表になった時の映像で
AKに人時がベース渡してるの見て泣きそうなったわ。
そしてAKが弾いてるインベーダー見たらやっぱlynch.はAKがいいわw

 

幕張の話に戻りますが。

当日は同じ会場でラブライブのイベント?ライブ?もあったようで

駅前はラブライブ仕様のパステルカラーの人たちと

真っ黒なバンギャでめっちゃカオスだったw

 

今回フードが出るというフェス仕様!

どて煮を食べましたけどおいしかったっす!

名古屋の甘辛い味付け好き!

京風の色薄い系より色濃いほうが好き。

 

SEが鳴りだし、今回のライブ告知映像が再度流れる。

最後にAKと手を取り合うシーンが追加されてて

会場からすごい悲鳴が。

あの演出ずるいわ。泣いちゃうw

 

そしてライブがスタート。

1曲目はプロジェクションマッピングでめっちゃ幻想的だった!

2曲目からは普通に始まりましたが、

モニター5台あるし、

火吹くし(これ後ろにいてもあったかかったから前はとても熱かったかもw)

銀テは飛ぶわでめちゃくちゃ金かかってました。

なんか大人の悪い癖だけど、こんなにやると赤字では・・

とちょっと思ってしまったw

まだAKはちょっと気を使ってるというか、

ファンに対してどうしていいかわかんない感じが見受けられた。

葉月→AK絶対戻したいマン

れおさん、あさぬ→まぁ葉月がそこまでいうなら・・

悠介→まだ許せぬ

というのがライブでも垣間見えた。

ここからだぜ!って時に問題起こしたAKに対して

悠介がそう思うのは当然だし、

へんな溝ができないと良いなと思いました。

演奏に関してはやっぱりベースはAKがいいから

今後も今までどおり頑張ってほしいです!(偉そう)

 

今回は立ってみるのだるいんで指定席をとりました。

見るのがだるいっていうか待ってる間がだるいっていうか・・

一人だしすることないしw

前のスタンディングブロックの後ろに通路があって

その後ろにスタンディングゾーンを囲むように指定席があったんですが、

指定席の右側最前でした°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

なのでメンバーがちょこちょこ通っておいしかった・・!

暗い中、そっと移動してるところを見れたりw

最後は悠介とハイタッチしました!

でもこれDVDだとばっちり写ってそうで恥ずかしい・・・

 

2回目のアンコール終わった時ぐらいに

指定席のところにスタッフさんが銀テ持ってきてくれた。

皆で分け合って持って帰りました!

ヤサシイナー(´ω`*)

 

何だかんだで楽しかったです。

やっぱり大きい会場はお祭りっぽくて楽しい。

そしてGALLOWS最高や!

3.インハウスデザイナーな現在
といっても正直WEBやってる時間は今は2割ぐらいっすね・・
6割DTPで残り2割が事務手伝いやら雑用やら別件です。
(それはそれで嫌いじゃなかったりするけど)
DTPは嫌いなんでほんとはやりたくないです・・
って訴えてはいるけど、
別の仕事が増えるっていうのはインハウスデザイナーの宿命ですな。
遅くても20時に帰れるんでまじ天国。
仕事も納期あってもきつくないし、
暇なときは自分の判断で「あれあったらいいかも」的なもの作ったり、
事務や倉庫忙しそうだったら手伝ったり。
入る時にある程度自由にやらせてほしい、といったので、
ほんとに自由にさせてもらってますw
元々上司にびっちり仕事管理されるのが苦手というか嫌いなので
自分の裁量で仕事進められてありがたいですね。
どの仕事の時も一本仕事丸々任される感じで
上司から仕事振られるような働き方してなかったから
今更上司から仕事もらってやるようなの無理かもw
その代わり節目節目で報連相はちゃんとしてる。
 
正直定年までデザイナーやってけるのかなって思いもあるし
それができなくなった場合何か会社に貢献できるものがなければ
クビじゃないですか。
なのでそこは模索中ですw
一応定年までデザイナーやりたいとは思ってるから
日々の勉強やトレンドチェックは怠ってないつもり!
でもぬるま湯つかってる自覚はあるし、
WEBの技術的に落ちてるのもわかってるから
制作の現場には戻れないっすね。体力もないし。
次なんかやるとしたらまた事務戻ると思うわw
 
今まで「人と接するの嫌いだし、サービス業とかは無理だわー」て思ってた。
今の会社は小売もやってるからお客さんと接することもあるけど
割と好きかもしれないw
やっぱり自社製品褒められたら嬉しいし、
自分が作ったパッケージ褒められたら嬉しいし。
そういう反応がダイレクトに聞けるので楽しいです。
 
話それたけど、
未経験からデザイナーになる場合(誰でも最初は未経験なんだけど)
こんな学校行ってました、とかこの講習行きました、
とかはそんな重要じゃなくて、
ポートフォリオ作って見せるのが一番いいんじゃないかなと思う。
最初はどうしても実績作れないし。
コーポレートサイトっぽい何かとかお菓子屋っぽいサイトとか
遊び心一杯のサイトとかこんな技術も使えます的なサイトとか。
制作会社入るより、クラウドワークスとかで実績作るのもいいかも。
今後は企業も外注する場合そういうところに頼むことが多くなるんじゃないかな。
金額も安いし、技術高けりゃ自社に誘ってもいいしね。
そういう理由でアメリカは制作会社がはやんないそうですよ。
日本もそうなるんじゃなかろうかと思います。
 
そして都会だとディレクターがいたりコーダーがいたりで役割わかれるかもだけど
小さい制作会社だと多分最初から最後まで一人が担当ってとこ多いから
意外とコミュニケーション能力必要ですね。
私は打ち合わせと企画書(プレゼン含む)・デザイン書くまでが好きで
コーディング嫌いだったから誰かにやってほしかったw
一人で黙々とやりたいって人は、意外とこの職業向いてないと思う。
 
あと個人的に服とかおしゃれに興味ない人は無理かも。
自分だったら「この服とかクソダサい人に頼んでオサレなサイトできるんやろか・・」
って思いませんか。私は思うんですw
だから金かけろとは言わないけど、
打ち合わせ行くときとかは服も小綺麗にして、小物も気を使ってます。
 
まぁ若いうちは制作会社でスキル磨いて、
インハウスor起業がいいんじゃないでしょうか。
女子は特にそう思う。体がついていかないのよね・・
最近新規でデザイナー業の人に会うことないから
頑張って欲しいわ(/・ω・)/