音楽療法/音楽レクのネタ帳

音楽療法/音楽レクのネタ帳

高齢者から子供、障害児、精神科、フリースクールにホームレス。
(たぶん)日本で一番幅広い対象者を抱える、オフィスリブスタイルの音楽療法プログラム/
音楽レクリエーションネタを公開しています。

★音楽療育/リトミックの個別レッスンクラスは東京都大田区の大岡山教室にて。 クリック

★高齢者施設へのセラピスト派遣はここから。 クリック

★特別支援学級/放課後クラブなどのセラピスト派遣はここから。 クリック

★その他、病院/フリースクール/公共施設へのセラピスト派遣も対応しています。 クリック

★オフィスリブスタイルの出版物です。 クリック


こんにちはニコニコ

新緑の季節、そしてGWも目前ですがいかがお過ごしですか。



私は初任者研修がようやく終了したタイミングで、障害者の行動支援研修を受講し始め、さながら資格マニア(?)です。



以前から、自傷が激しいお子さんと関わる機会がちょいちょいあるのですが、彼らの心理や具体的な支援方法を学ぶことで私がお役に立てる場面が増えるといいなーとの思いに加え、

この講座が完全にオンライン授業だったことが受講の決定打になりました。



そして、タイトルの[オンライン授業のクオリティが高すぎて驚愕]というのは、うちの音楽教室ではなく、私が受講している行動支援研修の講座のことです💦すみません気づき


講師はPCに向かって、日本全国の受講生を相手にお話ししてくださるのですが、

誰もいない教室で1人でこれができるのがまずすごいと思う!(慣れかもしれないけれど…)


また、グループワークの時間は決められたグループに入室して、各グループのリーダーさんが課題を進行してくれるのですが、手際が良すぎ!笑


さらに、小テストもその場で渡され、提出(送信)と同時に点数まで出ます。もちろん先生は全員の回答をその場でチェックできるシステム。



(こんな感じで自宅からPC2台使って受講してます)


そして講師は熊本から講義をしていて、私たちも日本全国から受講しているのですが、

皆んながすぐ近くにいると何度も錯覚しそうになりますウシシ


これから子供たちの教育現場でもこれが当たり前になっていくんだなぁと実感しますが、

そうなると学校の存在意義は勉強ではなく、お友達と遊ぶことになるかもしれませんよ。冗談抜きで。


なんてね。

あと少し、お勉強がんばりますキラキラ






こんにちは

今年は、桜の開花に気づいた時にはもうすでに花が散り始めていた…という残念な春を迎えてしまいましたガーン


想定外に忙しい…。



というのも現在、介護の初任者研修を週3日、受講しています。



日々の仕事や雑務に加えて、週3日の研修は思いの外、大変ですアセアセ

提出課題も多いし、途中から行動援護の講習も並行して受講しはじめたため、時間に余裕のない日々を送っています。


音楽の世界から足を踏み入れた福祉の業界ですが、高齢者や障害者の体や日常生活の援護の方法をしっかり学んで、より深い理解をしていきたいと思います!



あと少し、頑張りますニコニコ





こんにちは😃
コロナ以来、音楽療法士としての仕事がほぼなくなり、
最近ではすっかり音楽の先生になってしまった私です。


ま、それはいいのですが…


ずーっと前から気になっていた
「障がい児のためのピアノ教則本が無い問題」
に、専業音楽講師になった(?)、この機会に向き合ってみました。


思えばこの15〜6年、市販のピアノ教則本やワークブックに無理やり色鉛筆で書き込んだりイラスト入れたりしてなんとかレッスンをしてきたけれど…


みんなには不便をかけ続けてしまったな。


というわけで、
「障がい児のためのピアノ楽譜/ワークブック」
作りました〜!







まずは、ピアノ楽譜から見てください!
にっくき五線(←これのせいでみんな楽譜が読めない)は一切ありません。
代わりに全てのページに指イラストを入れました。







右手だけでなく、左手でもメロディを弾くよ。
伴奏ではなくメロディだよ!!←こだわりポイントだよ!笑
(右手と同じくらい動ける左手指を作るよ!)


ピアノ楽譜は企業秘密が詰まってるから(?)ここまで!




次!
ワークブックいきましょう。
イラストを見ながらリズムが練習できるよ!






家でおさらいできるように、ワークも充実させました。




教室で習っている通り、音は色で覚えよう。
(おんぷって、白と黒しかないからドレミが難しく感じてしまうけど、この方法でクリアーだ!)






はい、来たー!
僕たちの大嫌いな五線だよ!
五線は図形として認識しよう。
線の上と間に丸があるよ。







書いて覚えるコーナー。
何枚もコピーしていっぱい練習してね。




制作を手伝ってくれたのは、
以前、
いつも格安で楽譜を作ってくれるから頭が上がらないですねアセアセ


このピアノ教則本とワークブックは、
教室の生徒さんで、必要なお子さんに無料で差し上げます。
より良い音楽体験をしてくださいね。
ちょっとの工夫で、できることは一気に増えるよ!


音楽は、一生涯の友になってくれるから、
私もみんなの音楽体験を全力でサポートするよ。












こんにちは😃朝晩はすっかり秋めいてきましたね。 
うちの近所でも鈴虫の大合唱が昼夜問わず聴こえていて、耳にも心地よい秋の到来です。 


 さて、10月はショパンコンクール月間ですね。
私の感覚では、 「あら、あれからもう5年も経った?」といった感じなのですが、
なんと今回、コロナの影響で6年ぶりの開催なのですねアセアセ
月日の経つのは早いわ…笑


現段階で2次予選が終了しましたが、
会場のワルシャワフィルハーモニーには行けなくとも
YouTubeで全ての出場者の演奏を聴けるのも嬉しいですね。
しかも、音響がかなり良くてびっくり。
よほど良い機材を使用しているのでしょうか。
映像もすごくきれいだし。

便利な時代になりましたニヤリ


そしてそして、、、

毎回アジア人が大健闘するショパンコンクールですが、今年の日本人勢は個性豊かですキラキラ

東大卒ユーチューバーのかてぃんさんや、
現役医大生の沢田蒼梧さん、
すでに大御所感満載の反田恭平さん(まだ20代だとは…)、
前回ファイナリストの小林愛実さんなど、
皆さん素晴らしい演奏で連日楽しませていただいています。


それにしても、課題曲全て合計すると10曲以上、2時間を軽く超えるプログラムを皆さん用意されていますが、
それだけで相当な練習量、集中力、実力を兼ね備えていることがわかりますよねキラキラ


さて、前回は韓国人のかた(名前忘れてしまった…)が優勝したショパンコンクール。
今年は初の日本人優勝者が誕生するのか、、、
ワクワクしながら楽しみましょうニコニコ







こんにちは😃

我、パンのみにて生くるにあらず。
というわけでディズニーシーに行ってきました。




誰もいない…
まさにソーシャルディスタンス。




本当に誰もいない…




全く誰もいない…




やっぱり誰もいない…




というわけで、ほとんど全ての乗り物が待ち時間ゼロで乗れて、
ソーシャルディスタンスしまくり、安全安心のディズニーでした。
こんなに空いてて快適なのは今だけだと思うので、
近々また行きますチョキ




さて。
こちらは、我が家に3日間だけ居候していたツバメちゃんです。
自由が丘駅のマリクレ通りで、お困りの様子だったので保護してきました。



手乗りなんかしてくれて、かわいいことこの上ない!



しかし、我が家には天敵猫がいるのです爆笑



野鳥なので、鳥獣を扱ってくれる動物病院にお預けしましたが、飼いたかった〜。
かわいすぎました♡


たった3日でしたが、別れが辛かったです。
ツバメちゃんが元気にしていますように。


おしまい。