音楽療法/音楽レクのネタ帳

音楽療法/音楽レクのネタ帳

高齢者から子供、障害児、精神科、フリースクールにホームレス。
(たぶん)日本で一番幅広い対象者を抱える、オフィスリブスタイルの音楽療法プログラム/
音楽レクリエーションネタを公開しています。

★音楽療育/リトミックの個別レッスンクラスは東京都大田区の大岡山教室にて。 クリック

★高齢者施設へのセラピスト派遣はここから。 クリック

★特別支援学級/放課後クラブなどのセラピスト派遣はここから。 クリック

★その他、病院/フリースクール/公共施設へのセラピスト派遣も対応しています。 クリック

★オフィスリブスタイルの出版物です。 クリック

こんにちは。
あっという間に、今年も今日一日でおしまい!
令和2年は予想だにしない年でしたね。


私個人の出来事としては
自由が丘に教室を移転し、心機一転再出発するぞー!…のタイミングでコロナ禍…
からの緊急事態宣言で、音楽教室が開店休業状態に。ガーン


4月は、新しい教室でみんなを迎えることすらできないまま時間だけが過ぎていくことに恐怖と不安を感じていました。


音楽ができないことがこんなにツラいとは知らなかった。
「不急」は仕方ないにしても「不要」と言われるのは耐えられなかった。



音楽教室はすぐ再開できましたが、
今でも合唱団と高齢者の音楽療法は再開の目処がたっていません。
しかたのないことですが、残り時間の限られている高齢者の方々に、音楽を届けられない現状は悲しいです。
音楽は記憶を呼び覚まし、それに付随する感情をも呼び起こします。
どうかお会いできない間、皆さんが各々の方法で心の静寂を得られますように。





音楽療法のクラスと資格講座の仕事がなくなった間、

起きて食べて寝るだけの毎日で、頭を使わない状態の日々が本当の本当に無理で、つら過ぎて、


ショパンとリストの難解な曲に挑戦したり、小難しい哲学書を読んだり、やたら日本史や世界史に詳しくなった1年でもありました。笑



コロナ禍は来年も続くでしょう。

来年は、今練習しているショパンに加えて、

バッハのゴルトベルク変奏曲あたりに挑戦しようかな〜、と思っていますグッ


そして、以前からずっと興味があった短歌を学んでみようかと。



コロナで音楽の仕事が縮小した状況はまだまだ続きますが、令和3年も「芸術を愛し、文学に親しむ1年」

を引き続き継続予定です。




思う存分、音楽ができる日々がはやくやってきますように!

そして名指しで「不要不急」と呼ばれる職業の人がいない世界が再びやってきますように!



Ciao コロナの年☆











こんにちはニコニコ


新しい年に向けてピアノの調律をしました。



パカーーッ!


 


坊や、蓋が開いた状態で弾かせてもらいました音符




このピアノ、けっこう乱暴な使い方をしているため

音だけでなく譜面台やペダルまで直してもらいましたアセアセ

みんな、大切に使って〜!笑






そして教室のピアノの音色が変わったのに気づいたかな?



それでは良いクリスマスを♡

 

 

 

 

 
 
こんにちは爆笑
ぼんやりしているうちにブログの更新が半年ぶりになってしまいましたアセアセ
 
 
音楽教室は4月に自由が丘のスタジオに移転し、
生徒さんたちもコロナ以前と同様、元気にレッスンしていますよ。
ただ、本来は5月に開催予定だった発表会は、
まだ未定のままですね…。
 
発表会に関しては年度内にできるかどうか、といったところですショボーン
 
 
 
そして、認定資格講座関連の授業はついにオンライン始めました!
プロが使うような本格的な機材をふんだんに使って、
自由が丘のスタジオから配信していますよキラキラえっへん。
 
 
 
 
さらに、最近は新たに市民講座なんぞやっています。
 
 
流行歌から読み解く「人」と「心情」の昭和史
楽しそうなタイトルでしょう?
 
 
 

 
歌は世につれ 世は歌につれ
とはよく言ったもので、流行歌を読み解けば時代背景が見えてきます。
 
この日は、私がピックアップした20曲を分析しながら
当時の時代背景を探りました。
 
 
例えば…
憧れのハワイ航路は、終戦からたった三年しかたっていない昭和23年のリリース。
戦争の爪痕が濃く残っていた当時、アメリカへの憧れを高らかに歌ったこの楽曲がなぜ生まれたのか、
またこの曲を人々はどのような思いで聴いていたのか。
 
とかとか。
 
 
 
 
朝ドラ「エール」の主人公、古関裕而の世界にも触れましたよ。
 
 
 
 
しゃべる仕事もなかなか楽しいですニコニコ
文化センターとか、市区町村のご担当者さん、
呼んでください〜!笑
 
 
 
 
 
 
 
 


現在のレッスン状況と6月以降の予定です。

【勉強会と各種資格講座】
音楽レク講座は7/5(日)より再開予定です。
(可能であれば6月中にみなさんと会える機会を設けたいです)

童謡セラピスト養成講座、未定
音楽ケア体操は、全ての教室で6月から再開予定です。



【高齢者合唱団ねいろ】
新宿区の施設利用許可が出次第、
再開したいのですがまだ未定です。

なんらかの形で近々みなさんとお会いできないか考え中です。


【施設への出張音楽療法】
先方次第!
一刻も早い解禁求む!笑


【リブスタイルおんがく教室】
細々と新教室でレッスンやっています。

おやすみされている子の保護者の方より、
「オンラインレッスンができないか?」とありがたいお申し出を複数いただき、
一時は前向きに検討してみましたが、
リブの教室は普通の音楽教室のように、
「生徒の演奏を聴いて講師が指導する」というスタイルをとっていません。
指導形式が特殊であることに加え、
重度障害の子や発達障害の子にはそもそもオンライン授業はハードルが高すぎます。


やはり、この状況では私たちは無力であり、
「不要不急」であり、「自粛」するしかありません。

コロナは近々必ず収束するので、
焦らず再会の時を楽しみに待ちましょう。


以上です。



個人的な感想としては…

コロナにかかると味覚が無くなるらしいですが、
私はヒマすぎて曜日感覚が無くなったよ。笑

そして、そろそろコロナにも飽きたなぁ。笑











この4月より大岡山おんがく教室は
自由が丘おんがく教室に生まれ変わりました。
それに伴い、電話番号も下記に変更になりましたので
よろしくお願いします。
03-6876-6006(自由が丘おんがく教室)




さて、コロナの終息が見えない中、

皆さんを招いてのパーティーの開催は難しいと判断し、

4月3日(金)の新教室への引越しパーティーは中止することにいたしました。

 

レッスン以外の場でお話しできる貴重な機会でもあり、

皆さま同士の交流のきっかけにもなるな~と楽しみにしていたので、

とても残念ではありますが

早くこの事態が治まることを願うばかりです。



 

また、4月のレッスンは通常通り行いますが

こんな状況ですので、ご自身の判断で休会をご希望されるかたは

1か月ごとに前月末日までにお知らせください。



 

先の事態が見えない中での新教室でのレッスンがスタートしますが、

できるだけ余裕を失わず普段通りの生活を送りたいものですね。

 

それではよろしくおねがいいたします。