リトミックって、なになに? | 大阪 都島区 高倉町 ピアノ リトミック ドラム 1歳からの習い事 ミューズランド音楽教室

大阪 都島区 高倉町 ピアノ リトミック ドラム 1歳からの習い事 ミューズランド音楽教室

大阪市 都島 高倉町、ミューズランド音楽教室主催の、小寺智絵です。リトミック ピアノのクラスを開講しています。音楽を通して、たくさんのお子様との出会いを大切にしていきます。音楽でお子様の未来を豊かなものにしませんか♪


テーマ:
こんにちはドキドキ



大阪市都島区高倉町で、リトミック・ピアノレッスンをしています、ミューズランド音楽教室の、小寺智絵です音譜



今日は、以前にもUPしました、リトミックについての私の想いを少し再構築したものを、再UPします音譜



自分にとって大切な内容なので、再投稿させてくださいニコニコ




3回シリーズとなりますラブラブ





本日第一回目、リトミックってなに?



ラブラブはじまりはじまりラブラブ



リトミックとは、
スイスの作曲家
エミール・ジャック・ダルクローズ
mile Jacques-Dalcroze(1865―1950)

によって創案された音楽教育です。



リトミックの目的とは、



♪心と身体の調和を促す

♪音楽的センスを培う




この二つが大きな柱です。



でも言葉で表してもよく分かりませんよね。リトミックって体験しないと、その本質は伝わりにくいのです
あせるでも、まずは頑張って言葉でも伝えたい!!スタートロケット



例えば、ピアノを例にすると…



ピアノを弾くということは、ピアノの前に座り、正しい指を鍵盤の上に置き、楽譜に書いてあるキーをおさえて音を出す。



これはもちろん大切で、これをしないとピアノは鳴らないのですが、なんだか初めは機械的になってしまいがち。



でも、まだピアノを習う前の1、2歳児や、習い始める幼児期だからこそ、親指でドドドを弾く以外にも、もっともっと音符や鍵盤の枠にとらわれない世界観や、感性を磨くチャンスなど、無限の可能性がありますよね!



弾いて音を出すだけでも、子どもには楽しいかもしれないけど、将来的に、音楽を『奏でる』っていうレベルに、ぜひともなってもらいたいのが親心ですよね。


ピアニストまではいかなくても、音楽を心から楽しめる子になってほしいドキドキ



きっとそう願っている方が多いと思いますラブラブ



ピアノの音色を楽しみ、曲のイメージを膨らませ、時に軽やかに、時に重々しく、指を通して華麗に奏でる。



そうなれたら、更に素晴らしい音楽の世界が待っています合格



そうなるために必要になってくるのは、指や体はもちろん、心や感性や表現力、双方
です。




自分が表現したいことを、言葉や体で発信出来る能力を伸ばす。これは表現者にとってとても重要です。




まさしく、リトミックは、心と身体の調和を促すのが目的ですので、リトミックを学ぶことで、自己を表現する力、表現したいという意欲を、引き出します。それも、音楽を通して、引き出します。






すでに、難しい言葉を並べてしまいましたが、伝えたいことは、



リトミックを学ぶと、音楽に自然に親しみ、音楽が大好きになる、表現することに喜びを感じることができるようになるドキドキ





良い音楽で
良い環境で
良いリトミック教育を伝えていきたい



この思いがいつも心の中にあります。




本日はここまで。
読んでくださりありがとうございましたお月様



はい、でも、まだまだ核心はこれからですアップ
まだ、こんなものではありません!笑



明日は、



リトミックって具体的に何するの??効果はあるの?



ということを、もっともっと、分かりやすく書きたいと思いますラブラブ




{67F19123-65D3-49FE-A97F-9FB02D0FA06F:01}
大切な思いなので、またお伝えに参りました♡




ご覧いただき、
ありがとうございましたドキドキ



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

都島のピアノ・リトミック講師 小寺智絵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります