いつも倹約しんちゃんのブログを読んでいただきありがとうございます。

 

忙しさからなかなか解放されない倹約しんちゃんですが、今週も荷物の運搬や来訪者との交流であっという間の一週間でした。

 

今夜もこれから夜勤で、今回も出勤直前の駆け足投稿になります。

 

過去の投稿の誤字脱字等の修正を行う時間は取れましたが、新規投稿の準備が思うように行かず…

 

新ネタも探せないまま近況報告的な内容になってしまいますね。。。

 

 

今回は実家の断捨離を進めていく中で、大きな荷物の運搬が続きました。

 

手首を動かす方向によっては卵を持つだけでも痛みがあって、瞬間的に走る痛みで卵を床に落としてしまいそうです。

 

以前から痛めていた左手首がそろそろ限界を迎えてきたようで、病院でレントゲン撮影もしましたが骨折は無いとのことでした。

 

診断結果は「腱鞘炎(けんしょうえん)」で、手の使い過ぎが原因とのことでした。

 

骨折が無いことだけが分かれば良かったので、薬は何も貰わずに病院を後にしました。

 

 

腰痛防止のコルセットに続いて購入した手首用のサポーターです。

 

大好きなディスカウントドラッグ・コスモスでは複数種類の商品を試着でき、現時点の痛みを軽減するにはチョット小さめのMサイズをチョイスしました。

 

手袋は3Lサイズを使用しているのでかなりキツめですが、このくらいのキツさが無いとホールド感が得られませんでした。

 

私の手のひらは相撲の力士くらいの大きさがあって、力士の手形に手を合わせると私の手のほうが大きかったりします。

 

 

 

 

 

 

 

左右対称になっているので、左手でも右手でもブランド名が見えるようになっています。

 

個人的には無地が良かったのですが、無印良品ではこのような商品を扱っていないですよね。

 

 

 

 

 

実際に装着した状態ですが、手首の痛みが軽減されるので助かります。

 

 

 

 

 

水仕事もあるので使う場面は限定されてしまいますが、この商品で悪化を防ぎながら忙しさから解放される日を楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

いつも倹約しんちゃんのブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今月は特に忙しくなっていて、過去に投稿したブログを後から読み返すと入力ミスがポツポツ目につきます。

 

修正入力が必要な個所はiPadのスクリーンショットを残して忘れないようにしていますが、訂正時間を確保できないで居ます。

 

今はご飯が炊きあがるのを待つ時間を利用して入力していて、夕飯を作ったら…食べながら入力を続けていきます。

 

 

今回は過去に大変な事態になってしまったエアコンの「ドレンホース」からの昆虫類の侵入の対策をずっと考えていました。

 

チョット高価な商品はいくつかあるのですが、代用できるものは無いか?もっとやすいモノは無いのか?

 

…といった感じでしばらく探していました。

 

 

 

 

 

こちらは過去に投稿した記事ですが、エアコンのドレンホース内に昆虫が巣を作ってしまったことで排水が出来なくなって家の中が洪水になりました。


 

この季節になると起こるもうひとつの悩みは、「ムカデ」が家の中に入ってくるというものです。

 

これまでにも色々な対策をしてきましたが、季節になるとムカデは毎年家の中を歩いています。

 

寝ているときに顔の上をムカデが歩いたこともあり、この季節は油断できません。

 

 

解決したい問題は他にも沢山あるので、買い物に出かける機会があると店頭で沢山の商品を時間をかけて眺めます。

 

沢山の商品を眺めることで本来の目的以外の使い道をひらめくことがあって、こちらがそのひとつでした。


 

今回はそのままの目的で使用する商品をセリアで発見しました!

 

他にもう一種類ありましたが、そちらは選びませんでした。

 

 

 

 

 

最初に見たときはこの奇妙な形に反応しました。

 

 

 

なんとなくパッケージの裏側を見ると…「ご存知ですか?」

 

 

 

私は過去の経験から、エアコンのドレンホースは昆虫の巣作りに適している…という程度の認識でした。

 

それが昆虫類の侵入経路になりうる部分であることを気づかせてくれました。

 

思い返してみれば、エアコンの周辺をゴキブリが歩く姿を見ることが多かったことや…

 

エアコンのある部屋にムカデが出ることが多いことでした。

 

 

この対策をすることで家の中に侵入してくるムカデが防げるのかを確認したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも倹約しんちゃんのブログを読んでいただきありがとうございます。

 

昨日から夜勤がスタートしていますが、その当日に中津市内にあるワークマンに行ってきました。

 

その日のうちに揃えておきたかった作業服があってお店に行ったのですが、目的の作業服のサイズがSサイズや3Lサイズといった極端に違うサイズしか置いていませんでした。

 

結局、日田市内にあるワークマンプラスまで足を延ばし、ようやく目的の作業服を手に入れることが出来ました。

 

上着は肩幅が合わないことからLLサイズ、ズボンはLサイズと上下異なるモノを購入しました。

 

現地で実際に袖を通したことで失敗のないお買い物ができたことに満足していますが、夜勤入り当日の事だったので帰り道は有料道路を利用して1時間ほど時間短縮して帰宅していました。

 

今晩もこれから夜勤に入るのであまり時間が無いので早足投稿です。

 

 

今回は1997年に被災した時のままになっていた玄関先の門扉の床の部分の「タイル剥がれ」を修理しました。

 

写真ではちょっと分かりにくいのですが、左下から右上に向かって大きくひび割れているのが分かります。

 

このタイルを貼った部分の真下が氾濫した河川から流れ込んだ濁流によって土が全て流され、浮き島のように浮いてしまった時に…床面全体の重みに耐えきれずにひび割れてしまったものです。

 

この頃は携帯電話もデジタルカメラも無い時代なので、フィルムカメラで撮影したモノしか残っていません。

 

当時の写真も罹災(りさい)証明をもらうための添付資料として渡したまま戻ってきていないので、当時の被災写真は手元には残っていません。

 

 

 

こちらは2013年の今頃に投稿した記事ですが、実家を新築して1年が経過する前に台風による降雨被害で床上浸水してしまったお話です。


 

亀裂が深くない事やいきなり仕上げてしまいたいこともあり、こちらの仕上げ用のモルタルを準備しました。

 

このような材料関係はずっと前に準備してあったのですが、いろんなトラブルが飛び込んでくるのでそれらの対応の順番待ちをしていました。

 

 

 

 

亀裂によって剥がれてしまったタイルが複数枚あって、そのタイルの接着も出来てしまう「接着剤入り」のモルタルを選んでいます。

 

 

 

素人(しろうと)の私が人生初のタイルの目地貼りをしたのですが、実家の修理なので最終的な仕上がりは問われないので…そこだけは安心です。

 

接着剤入りのモルタルということで、タイル表面にモルタルが付着してしまった時の事が予測できないのでマスキングテープを貼っています。

 

実際は濡れタオルで簡単に拭き取れたので過剰な処理となりましたが、やってます感が出て見た目は良かったのかもしれませんね(笑)

 

 

 

モルタルは灰色の微粉末で水で溶いて練るだけですぐに使え、速乾性が無いのでゆっくり作業できましたが…今朝になっても乾いていません。

 

一昨日作業して3日経過しても半分くらい乾いていなくて…このブログに間に合いませんでした。

 

 

 

他にもひび割れ部分があるので、時間を見つけて修理していきたいと思います。

 

最近、後回しになっていた小さなことにやっと手を付けられるようになってきていて、ブログネタとしてはあまり面白くない事が続いています。

 

溜まったトラブルをなるべく早く解決して遊び心をくすぐるようなブログネタを扱いたいと思っています。