むさしの接骨院では産後のケアニコも積極的に施術しています。

(写真は約2年前の物になります)

 
ただし!!産後1ヶ月を過ぎてから検診などでも問題なく過ごされている方に限ります。
 
 
産後のケアについては様々な方法があると思いますが、当院では運動療法を中心に考えています。
 
 
 
 
 
当院でよくあるお悩みもやもやはこちら下矢印
 
下三角立ち上がりなどの動き始めにが痛い……
下三角授乳中に肩から背中がつらくなる……
下三角抱っこしているとがはってくる……
などなど
その他にも、恥骨付近の痛み(残尿感)、腱鞘炎、歯の食いしばりなど様々な症状が出ることがあります。
 
妊娠中や産後のホルモンバランスの変化などはよく耳にすることがあると思います。
ホルモンの変化により筋肉が緩みやすかったり身体への負荷も大きくなることでしょう。
それは、産後のお母さん方の身体で起こっている変化ではあります。
しかしあくまでホルモンバランスの側面から診たアプローチになります。
 
私達は怪我をされた方に対するリハビリのプロです。
そのリハビリの運動療法から産後のケアを考えてもいいのではないでしょうかグッ
 
 
実際に恥骨付近の痛みでいらっしゃった方も産婦人科で接骨院などで治療を勧められたそうです。
 
 
また、世界的に見ても産後のケアは様々な方法がとられています。
フランスフランスは膣(ペリネ)に対して直接的なアプローチ
アメリカアメリカは運動療法を主体とする骨盤へのアプローチ
日本日本は骨盤を中心矯正をするアプローチ
 
そしてフランスでは1980年代後半から2015年まで社会保険で行っていたペリネへのアプローチも明確なエビデンスが無いことを理由に取りやめました。その後は全身の運動療法(軽度なトレーニング)を中心に考えているようです。
 
このように産後のケアに対しては様々な方法がとられています上差し
 
 
そこで当院では姿勢・歩行・動作などの人そのものの動きから産後のケアを考えます。
もちろん産後すぐに負荷が強いトレーニングはしませんバツレッド
お母さん方の身体の状態やご自宅での過ごし方など考えた上で施術していきます。
 
まずはお気軽にご相談くださいね。
 
 
次回のブログは実際に当院で行っているおススメの体操書いていきますねニコ
是非ご覧くださいビックリマーク
 
 

 

むさしの接骨院 ホームページパソコン

【むさしの接骨院について知りたい方】

インスタグラムパソコン

【院内の様子・出来事】

Twitterパソコン

【SNS更新情報】

noteパソコン

【靴・動作分析・スポーツ・の記事】

 

Twitterフォローしていただけると

更新情報が分かりますOK

 

フォロー&いいね 嬉しいですウインク拍手

読んでいただき、ありがとうございましたルンルン