こんにちはウインク

事務局のしろたです!

 

今日は女子活!!起業ランチセミナーを開催しております音譜

 

今回登壇をいただいたのは、PANTALA 代表の村上美香子さんです。

自家製ボディクリームを試しに作ってSNSに投稿したところ評判となり、起業を志すことになった村上さん、今日はそんな村上さんが

起業のきっかけ偶然の産物ビジネスの分析課題への取り組み方などをお話頂いておりますキラキラ

 

もともとお菓子作りが好きで独学で学び、その魅力に惹かれ食品衛生責任者の資格を取得され、モノづくりと商売の楽しさに目覚める事が出来たとの事。

 そんなある日、代替医療のブログでお菓子作りとよく似た手法の自家製ボディクリームを試しに作ってSNSに投稿したところ周りの友人から譲って欲しいと言ったコメントやオーダーが入り売上が上がるようになり起業を志す事になったようです。

 

様々な機関へ話を聞く中でOEN目指して進めて行く事を目標として

・人脈の強化・・知識を得るために専門家に会いに行く

          人脈を求めて異業種交流会に参加する

・資金力の強化・・創業融資の行政サポートを受ける

・営業力の強化・・テストマーケティングの実施

を学ばれたとの事

色々と学ばれて行く中で「家族の協力」が何よりも重要だったとの

事。

村上さんはご主人のサポートもあり様々な問題を解決されたとの事・例えば、、、

・異業種交流会での名刺交換の方法

・競合調査での意見

・商品の感想

・今日使用するパワーポイントの資料(笑)

家族の協力や人脈作りにおいてインナードライブという手法を活用して様々に良好な関係を築かれて言ったようです星

 

村上さんは、制度融資を満額受け取る事ができたようです。

「村上さんは物事を真剣に取り組んで行動に移している」

融資担当者からお話を頂いたようです。

 

そんな中、ある壁にぶつかったようですもやもやアセアセ

それはOEMを行う際のロットや単価などで15社以上のOEM会社へへ訪問をするもことごとく失敗をしたとの事もやもやガーン

ですが、自分自身の想いや様々な視点から説明をする事で無事生産をスタートさせる事が出来たようです笑い泣き

 

セミナー後半は村上さんを交えて交流会を行いましたサラダ

皆さん積極的に名刺交換をされていたのが印象的でした爆  笑

最後に記念写真を一枚カメラ

 

ご参加頂いた方々ありがとうございましたウインク

こんにちは!

 

センター事務局のしろたです口笛

午後お昼に出たら肌寒く今日は暖かいラーメンを食べましたチョキ

※細心の注意を払いましたがワイシャツに汁が飛び散りましたえーんアセアセ(笑)

 

6日目午後は先週行った、「資金計画、売上・利益計画ブラッシュアップ 」を行っております。

 

起業スクール以外の創業支援セミナーでも一番頭を抱えるお金の問題、先週のセミナーから1週間立って疑問に思う事ご自身の計画などを講師陣3名と共にグループワーク形式で学んでいただいております。

 

まずは全体質問で普段聞けない事や他の人の質問を聞いて自分自身と当てはまる事などを共有していただきましたびっくり

費用の仕分けなど細かい所の質問もあり皆さん悩まれてるんだなぁーと実感しました照れ

 

来週は個別面談、その翌週はプレゼンテーションセミナー

そして事業計画の発表と9月に始まった全10回も残すところわずかとなりました。

残りの期間もセンター講師陣は全力で受講者さんをサポートいたします!

 

 

こんにちは爆  笑

武蔵小山創業支援センター事務局のしろたですキラキラ

 

女性のための起業スクール「MU★SAKO」も折り返しを迎えました星

スクール開催前の時間では受講者皆さんから、

先週の資金計画のセミナーを受けて考える事さらに増えました・・・・

色々聞きたい事あります!」などマネージャー陣に話かけられる

姿が多く見えましたウインク

 

午前中は「ストーリーブランディング」について

株式会社物語ライティング 代表取締役

大隈明子さんにご登壇いただきます音譜

代表者の熱い想いをストーリーで伝える!

~「問い合わせにつながるストーリー」の書き方~

についてお話をいただきますびっくり

 

まず最初に

ブランディング=個々の存在価値を高めていくこと

※個々=企業・店舗・人・商品・サービス

 

大隈さんから

・コンビニといえば○○

の質問に皆さん「セブンイレブン」と思い浮かんだようです(笑)

※大隈さんはご実家がローソンを経営されておりコンビニといえば

 ローソンとの事(笑)

・専門家として知名度、認知度がアップ

・競合の中から自分を選んでもらえる

・価格競争に巻き込まれない

その為にブランディングが必要なのだと大隈さんから説明がありましたキラキラ

 

まずはご自身の起業ストーリーについて棚卸しをして頂くための

ワークを開催しましたてへぺろ

皆さん棚卸しマップの作成に真剣に取り組まれていますねウインク

そんな皆さん一人一人にブラッシュアップを大隈さんはしていただいております笑い泣き

大隈さんから

■チラシの裏にメッセージ文とプロフィールで売り上げ1.5倍

■激戦区で患者を集め続ける代表メッセージ

などストーリーブランディングをされて成功された起業家さんの事例もお話いただきましたグラサン

 

後半は

・共感されるストーリーの書き方、構成時のポイント

 「ですます調」で書く事

 過去・現在・未来の順番で作成

 エピソード記憶(自分の体験談)は言葉で伝えやすい

・文章作成5つのポイント

 Point1 正直な想いを伝える

 Point2 エピソードを入れる

 Point3 想いやセリフを入れる

 Point4 見出しを入れる

 Point5 行動を促す文章で締める

 

読み手(お客様になって欲しい人)に向けて、心を込めて書くルンルン

熱い想いに心動かされた人はアクションをおこす!

非常に心に響きましたルンルン

 

最後に「代表挨拶文」を書くワークをおこないました虫めがね

棚卸しマップを参考に、共感・応援・紹介される紹介文を作られています口笛

 

午後は前回の資金計画に関するブラッシュアップの時間となります!

皆さん午後も頑張って行きましょうキラキラ