米花輪の報告は↓

米花輪に参加してくださった方の一覧リストは
アーティストカンパニーに送ります

ちょっと重たい話ですが

2年半程前に義父に癌が発覚
ほぼ同時に義母の若年性認知症が発覚
義父の希望で 義実家で介護&看取りました

義母は他人に無関心になり常識や我慢が失われる
前頭葉と側頭葉の収縮もあり
家で世話する域を越えているので
途中大腿骨頸部骨折もあり
病院への転院や転科等をしながら
今年長期入院できる科と病院に落ち着いた感じです

ということで 
(バツイチ義弟と激務の夫の協力はありましたが)
予想外で早すぎる激動の2年半がありまして
若干継続中で毎週面会と洗濯物交換は続いています

義父の命日が近いこともあって
既に2年できていませんが
誕生日&クリスマス&新年を祝うプレゼント&カードは
以降も遠慮させてください
申し訳ありません

米花輪については
今回のように事前に預かっておくと
急に決まる製作報告会に対応できるので
1万円から注文できるので
以降も参加したいという方がいらっしゃれば
細々と応援は続けようと思います

もしも次回作米花輪参加の方がいらっしゃれば
ツイッターのDMか
LINEを知っている方はそれでも

或いは
musamomo☆hotmail.com
(☆→@)
まで連絡ください
「映画『サバハ』の成功をお祈りします」
「日本イ・ジョンジェファン一同」


韓国のファンはもっと砕けて 
「映画ファイティン!」の様に短めなんだそう
長く丁寧な言い回しが日本人からだと一発で判るのが
韓国芸能人には好評だそうで
今回もそうさせていただきました

基本台+写真+リボン
+追加50キロ=305000₩
paypal日本円(韓国₩未対応なので)→32445円











動画


横のドア「関係者以外出入り禁止」の張り紙
=関係者入口ですね
きっとジョンジェの目にも入ったと思います
最初にお金を預かってから随分時間が経ちましたが
無事に贈れて幸いです。

ご協力ありがとうございました

むさ

イ・ジョンジェ誕生日&クリスマス&新年贈物とカード
次回以降の米花輪について
記者会見が行われなかったり
事務所から(多分特別出演ではないので)
遠慮してくれと言われたりして

ずーーーーーーーーっと贈ることができずにいた
イ・ジョンジェ日本ファン一同からの米花輪を
贈りました。

報告は後日



原作者のチュ・ホミン作家
『ワ!1000万』


ロッテカルチャーワークスは
映画の主人公の職業消防士と
親無しの祖父母+子ども家族にちなんで
そういう家族100組に10万円ずつ
合計1000万円程を社会福祉法人を通じて寄付したそう





2分フル動画

韓国国立現代美術館 
『イ・ジョンジェにとって美術とは』
Q「芸術作品をどう見ますか?」
A「作品の言いたいことを考える。
 もっと感じようとするはずです。
 何故なら作家と観客の意思疎通は重要だからです」

Q「どんな作品が好きですか?」
A「沢山あります。
 ルネサンス時代も好きだし 
 現代芸術の中にも好きな作品があります
 いつどの作品だと言うのは難しいです」

A「イ・ジョンジェにとって芸術とは」
Q「そんな大層な事 芸術や美術をよくわからない
 俳優をしている者が広報大使を務めていると思っています。
 芸術というのは日常で感じる些細なことから
 この時代が持つ大きな宿題までの
 凄く幅広い話だと思います。
 すごく小さい表現で感じる方も
 小さくまたは大きく感じられる何かを
 総体的な立場で話をする。
 それが芸術だと思います」