村山木工のブログ
ついなう!地域でつながるコミュニティサイト ついなう!公式アメブロ
http://ameblo.jp/twinow/

村山木工Webサイトへ 村山木工Webサイト
http://www.murayamamokkou.com/

ペタしてね

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

住宅リフォーム

#ネイルサロン今回の工事内容は床のPタイル貼りとストックヤード製作と収納家具&飾り棚...

玄関収納

初めての挑戦です

お客様からの依頼で
椅子と机を作って欲しいと…

机はよく作ります
度々ブログにも載せてます

椅子は〜
基本断ってます
用途や座り心地  感覚はそれぞれなので
使う人が選ぶ物だと思ってるからです

個人的な椅子は作ります
あとベンチなどもよく作ります

椅子は〜
基本断ってます
いちばん体に密着させる物じゃないですかぁ〜

なんか…            怖いやん



座り心地うーん    違うなぁ〜ってなったら…



                          怖いやん


既製品   進めました



でも

お客様の熱意   
あと
人柄   いいんですわ〜



作りましょ!



という事です
という事になってしまったという事です



肘置きはどのあたりがいいんやろ?



図面は書いたけど
組み上がる過程で少しずつ調整


品物が出来てから図面を書き直す事も

あ!いや…これはズルしてるんじゃなく
図面を書き直す事で
次に訪れるであろう問題を事前に察知出来る
訳でして〜(^◇^;)



テーブルとセットで塗装前のところまで
組み上げました




座面と背もたれのクッションを取付して

ようやく納品です




座ってもらい納得して頂いたので
ホッとしてます(⌒-⌒; )

初めてのプロとしての椅子製作

楽しめましたよ(^-^)v



ではまた








デザイナー その後(5)


久し振りに更新したと思ったら…
また    この感じか?
的なご意見もあろうと思いますが…
受けてないのは重々承知しておりますm(_ _)m
が!
デザイナーシリーズ第5弾!
やります

今回はジュエリークラフトの工房で
ジュエリー加工の作業台を
あの!デザイナーYさんに依頼されまして
恐る恐る参加

CADを嫌い手書きを愛する設計士  Yさん
彼の描く図面には温かみを感じるのですが
一度CADというツールを頼ってしまった私には
 なぜかいつも不安でしかない

なんせ細かな所まで数字化してくれるデーター
作る時   楽♫
片や    重要な部分に感情が込められて
分かりやすく感じられる手書きの図面
センスの良さでは手書きの図面は圧倒的に
温かみがあって良いのだが
製作者側から言うと寸法があいまいで
こっちのセンスも  もしかして  いるのかな?

昔の職人さんは皆センスあったんでしょうかねぇ

取り敢えず複雑な形の作業台だったので
手書きの図面をデーター化する事から
始めました



こんな形のベースパネル
データーじゃないと形に出来んわ(・_・;

と偉そうな事言ってる私も
CADを使いこなせてない ド素人
椅子に座ったまま2日間ぶっ通しで書き続け
フラフラになりました


現場ではベースパネルからここまでの工事を
一気に仕上げて

ほんまに出来んのかいな?
と言う不安も   少しホッとした気持ち

途中経過を写真に収める余裕もなく
ひたすら…作業に集中でしたねぇ

正直    出来る気がしなかった








それでも  なんとかテキトーに
いじってたら  いつのまにか形にはなりました

この作業台
考えに考え抜いた形(こんこんと説明され済み)になってるらしく
説明を聞いてても  なーんも頭に入ってこない
Yさん自身も頭の中がとっ散らかってて
家具以外の話を延々と喋る


あーーYさんの前から消えたい!

くらいの気持ちで話を聞いてたような

出来上がってみてこの形にそれぞれ
意味がある事が分かってきた感じです(⌒-⌒; )

こんな変てこりんな作業台を図面に書いていて
私が形にするまでYさんも心配してるやろなぁ





心配?

してへん  してへん( ̄▽ ̄;)

Yさんが到着するまで
トラックでうたた寝してたら
私の寝顔を写メールしてくる始末

相変わらず可愛い人やわ(−_−;)



って事で  なんとか終わりました


ではまた!












1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>