村山木工のブログ
ついなう!地域でつながるコミュニティサイト ついなう!公式アメブロ
http://ameblo.jp/twinow/

村山木工Webサイトへ 村山木工Webサイト
http://www.murayamamokkou.com/

ペタしてね

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

初めての挑戦です

お客様からの依頼で
椅子と机を作って欲しいと…

机はよく作ります
度々ブログにも載せてます

椅子は〜
基本断ってます
用途や座り心地  感覚はそれぞれなので
使う人が選ぶ物だと思ってるからです

個人的な椅子は作ります
あとベンチなどもよく作ります

椅子は〜
基本断ってます
いちばん体に密着させる物じゃないですかぁ〜

なんか…            怖いやん



座り心地うーん    違うなぁ〜ってなったら…



                          怖いやん


既製品   進めました



でも

お客様の熱意   
あと
人柄   いいんですわ〜



作りましょ!



という事です
という事になってしまったという事です



肘置きはどのあたりがいいんやろ?



図面は書いたけど
組み上がる過程で少しずつ調整


品物が出来てから図面を書き直す事も

あ!いや…これはズルしてるんじゃなく
図面を書き直す事で
次に訪れるであろう問題を事前に察知出来る
訳でして〜(^◇^;)



テーブルとセットで塗装前のところまで
組み上げました




座面と背もたれのクッションを取付して

ようやく納品です




座ってもらい納得して頂いたので
ホッとしてます(⌒-⌒; )

初めてのプロとしての椅子製作

楽しめましたよ(^-^)v



ではまた








デザイナー その後(5)


久し振りに更新したと思ったら…
また    この感じか?
的なご意見もあろうと思いますが…
受けてないのは重々承知しておりますm(_ _)m
が!
デザイナーシリーズ第5弾!
やります

今回はジュエリークラフトの工房で
ジュエリー加工の作業台を
あの!デザイナーYさんに依頼されまして
恐る恐る参加

CADを嫌い手書きを愛する設計士  Yさん
彼の描く図面には温かみを感じるのですが
一度CADというツールを頼ってしまった私には
 なぜかいつも不安でしかない

なんせ細かな所まで数字化してくれるデーター
作る時   楽♫
片や    重要な部分に感情が込められて
分かりやすく感じられる手書きの図面
センスの良さでは手書きの図面は圧倒的に
温かみがあって良いのだが
製作者側から言うと寸法があいまいで
こっちのセンスも  もしかして  いるのかな?

昔の職人さんは皆センスあったんでしょうかねぇ

取り敢えず複雑な形の作業台だったので
手書きの図面をデーター化する事から
始めました



こんな形のベースパネル
データーじゃないと形に出来んわ(・_・;

と偉そうな事言ってる私も
CADを使いこなせてない ド素人
椅子に座ったまま2日間ぶっ通しで書き続け
フラフラになりました


現場ではベースパネルからここまでの工事を
一気に仕上げて

ほんまに出来んのかいな?
と言う不安も   少しホッとした気持ち

途中経過を写真に収める余裕もなく
ひたすら…作業に集中でしたねぇ

正直    出来る気がしなかった








それでも  なんとかテキトーに
いじってたら  いつのまにか形にはなりました

この作業台
考えに考え抜いた形(こんこんと説明され済み)になってるらしく
説明を聞いてても  なーんも頭に入ってこない
Yさん自身も頭の中がとっ散らかってて
家具以外の話を延々と喋る


あーーYさんの前から消えたい!

くらいの気持ちで話を聞いてたような

出来上がってみてこの形にそれぞれ
意味がある事が分かってきた感じです(⌒-⌒; )

こんな変てこりんな作業台を図面に書いていて
私が形にするまでYさんも心配してるやろなぁ





心配?

してへん  してへん( ̄▽ ̄;)

Yさんが到着するまで
トラックでうたた寝してたら
私の寝顔を写メールしてくる始末

相変わらず可愛い人やわ(−_−;)



って事で  なんとか終わりました


ではまた!












デザイナー その4


年明けからしばらくぶっ倒れてまして
体は動ごかしてたんですが
 1週間ほどはっきりせず
家族も今流行りのインフルエンザにかかり
ついに私も初のインフルかと
病院に駆け込んでドキドキ結果を
待っていたところ

(普通の風邪ですね〜)


やわな!

基本体が菌で出来てるっぽいのでかかる訳ない!
と     緊張感が抜けたフニャフニャの体で
帰ってきました


って事で
以前からシリーズ化してしまっている
デザイナーYさんの愚痴ブログ

やっと各部屋の家具も収まって
引越しの時期が近づきました


手前のベッドヘッド
この下にベッドが入れば完成です
その横がドレッサーで奥の部屋が
ウォークインクローゼット
白を基調にした北欧風なイメージ



収納スペースの扉は姿見としてミラー貼り


家具に合わせて収納付きの椅子も制作しました



こちらの部屋は雰囲気をガラッと変えて
茶系の室内に統一



ベッド横の布団収納です






各部屋には収納スペース・ウォークイン
テレビボード・冷蔵庫が完備されていて
部屋の近くにはトイレもありーの
部屋だけで生活できるレベル

ご夫婦でお住まいになるお家ですが
お互いが忙しい仕事をお持ちなので
プライベート空間も充実させている訳ですねぇ

やっと完成に近づくと
なんやら頭抱えてる人が部屋のあちこちを
ジーッと見つめてますけど…
そんな事無視して作業を進めて
なるべくその人(Yさん)をそっとして
こちらから刺激しないように…

工事も終盤になって
工事で出たゴミ・道具の片付けなど
手際よく帰り支度していると

申し訳なさげに少しずつ近づいてくるYさん

(まだ悩んでるんだけどね〜〜
ここはこんな感じにしたかったんですよね〜
少しイメージが違ってて!
あと、ここの所にコレを取り付けて
欲しいんですよね〜〜)

と、いつも持参してくる紙袋から
なんやかんやの金物が出てきた


おぃ!先言えや!


道具はスッキリ片付けた後でよ


はい!わかりました!
と口では調子よく言いましたが
周りを見渡すと  仲間はあきれ顔(^_^;)

その後約1時間半の作業


あー

私が原因かも

作業中  近づくなオーラが顔を出しちゃってたかも
よくやるんですよ
仕事の流れを決めてしまえば最後
途中下車せずに目的を達成させるために
脇見も触れず黙々と走り続ける
暴走シリーズ


作業中も心穏やかに!各駅停車
コレを今年の目標にしよσ(^_^;)




今回の工事のお宅はその後引越しも終えて
無事に生活されてるようです

めでたし!



と    のんびり構えてた私ですが
(以前言っていたリフォームの仕事を
またこのチームで成功させたいんですよ〜)
とYさん

したがって

年末からYさんに絡まれてます
今年2月から着工のリフォーム工事

今の時点で計画図面無しです

お客様にはかなり急かされてる様子

才能あふれるYさんの事ですから
きっと凝りすぎて訳わからなく
なってるのでしょうか?
期日だけは守って欲しいわ


どちらにせよ
今回はすんなりと仕事が出来ますように


なーむー













デザイナー その3


がしょー!

本年もどうぞよろしくお願いします

皆さま!今年も元気に楽しく過ごせるよう
努力して下さいね     あははは


って訳で昨年から続けてた記事の続きなんですが
書き終えて年越しを迎えるつもりが
年末何かとバタバタでして(^^;)
こんなグダグタな内容の記事を書く余裕すら
なくて


で     今年一発目に



恒例の隠し撮りで   こんにちは!


なんやねん💢

仕上げに指摘された部分を補修してる様子を
撮るわけです    Yさんったら
コソコソやってるのはバレやすいって事ですか?



私が座り込んで作業してたのは
この窓下収納
格子の部分はスライドして本などを収納する事が
出来ます


さっきの写真に写り込んでいた天井ボーダー

色の統一感がお部屋を広くスッキリ見せてます


テレビボードも同じ色で統一
壁は大理石と   かなりゴージャス!


キッチン周りは
また雰囲気が違ってステキな仕上がり

と   自分で褒める     これ必要!



キッチン収納の奥に食品庫アリ
収まりでかなり悩んだ結果
折れ戸にする事で解決しました




ちょいちょい!
写真撮るならゴミ袋くらい
どけときゃよかった(ー ー;)

一応図面にしてもらった家具をなんとか
納めてきたんですが
細かな部分や仕上げ方などは
いちいち聞かないと  言わないよん^ ^
と言ったスタイル

聞けば聞いたで
あーでもないこーでもないと
なかなかまとめてくれず

適当にやっちゃえ〜〜と思うことも
しばしばあるんです

適当と言っても     そこはねぇ
長年の付き合いで
相手を読む技は取得してるので 
抑えるところは抑えてますが

しかしながら
Yさん  自分のデザインに自信を持ってる
人ですから  私が(こうしましょうか?)
と提案しても
首を縦に降る事はありません
変なプライドはとかく邪魔になるんですよね
結果  私の意見を取り入れると言う
屈辱的な結末になるんですが
最後まで悔やんでますわ





イタリアのオーダー家具も納品されて
ステキなリビングになりました^ ^

はず…     ハズ?

次回までに追加家具の図面書きますね〜

終わってない事は知ってたけど
これから図面?
私たちが製作してる間に
図面かけたでしょ


GWまでと言う期限付きのお宅

さて

いつ終わるのか













デザイナー その2

前回の続き

しばらく他の仕事を挟んでだので
頭から離れてたが

ほっといたらな〜んも進んでない!

もう期日まで1ヶ月を切ってしまってた
大まかなイメージはあるものの
図面が無い事には作りようが…
施主様から合鍵を渡されていて
期日まで自由に使ってもいいよ〜〜
都会の夜景を一緒に見る相手でも
募集しようかねぇ



そんな事考えてみたが
実際そこまでの  のんびり感はないのよねぇ

家具の詳細図も書いてもらう傍らで
部屋の解体・造作も進めないとって事で
Yさんに連絡を取り
この日から始めますので立会いお願いします!
と伝え  予定を空けてもらっていた

前日になり Yさんからの電話で
明日ですよねぇ   朝からですか?
私はお昼からでも大丈夫かなぁ〜〜
(午前中 職人さんがボーっと突っ立ってる
   風景が見えたわ!)

事前に連絡してたにも関わらず
朝からですか〜?と  とぼけた返事に
私はいったい どこの誰ど打合せしてたんだ?
そんな気持ちにさせるYさん

とりあえずは現場作業を始めることに




現場隊に私がお願いしていた
キッチン周りの解体から進めてもらった
新築のマンションなので
いきなり解体するのも気が引けます

そうこうしてると
現場で資料を整理したり
プランニングする方がロスがないので
ここにテーブルを置いたよ〜〜的な写真が
送られてきた





(あの〜〜(-。-;日当たり良さそうな
    場所ですが…集中できますか?)

子供部屋でも南側の眺めのいい所に
机置くのは  あかんって聞いたことあるけど…



気楽なもんですわ(-。-;



そんなこんなで
少しずつ仕事も進んできました



玄関にあるシューズクローゼット周りの
壁が




こうなりました




廊下の突き当たりの壁も




カウンター付きの壁に
そして
マンション入口の扉を開けた
正面の壁は



鹿の夫婦がゲストさんを出迎えて
くれます

 
とまぁ
空間を作り上げる技は流石と
言わざる終えないのです(。-_-。)



こういう写真を撮る以外はねぇ 


こっそり撮るのはいいけど
ラインに送りつけてくる

こちらが仕事で焦っていても
彼はマイペース

見習いたいわ






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>