いよいよ今月29日にデビューするIZ*ONE(アイズワン)ですが、日本ではマスコミに取り上げられることもなく、今のところはほぼ『無関心にして無名、無風の状態』です。ソレソレぶちゅー

 

それもそのはずで、29日のデビューは、あくまでも韓国におけるデビューであって日本でのデビューではなく、しかも12人のメンバーのうち3人が日本人というだけのK-POP女性アイドルGがただ単にデビューする、というだけの話なので、そんなものを日本のマスコミが大々的に取り上げたなどと言う前例はなく、まぁ、当然と言えば当然のことと言えます。

 

問題は韓国でのマスコミやファンの注目度や人気の高まりなのですが、( ^ω^)・・・それに言及する前に、ここは日本なので、とりあえず今現在の日本でのIZ*ONE人気を量る指数は「何かないか?」と考えた時、一つだけあったのでそれについて調べてみました。

それがこれ。👇

先日(18日に)受付が日本でも始まった、デビューCD(8曲収録のミニアルバム)のタワーレコードにおける予約状況です。 

以下は、予約開始当日と、翌日(19日)のデイリー予約ランキングです。

何度貼り付けても速攻で削除されるタワレコ予約ランキング画面。ゲラゲラ滝汗ゲッソリ

地下のAB48板も最近サイバー攻撃されてるし、今日アップされているAKB48新曲のMVもサイバー攻撃されて一時的にPCで再生できなくなったりコメントできなくなっているみたいだし(コメントはほある時間で止まったまま、それ以降はとんど書きこめていないか、反映されていない状態が続いている)、なんか、PRODUCE48・IZONEをきっかけにバズリ始めたAKB48Gが面白くないアンチの皆さんが発狂しているっもよう。(#^^#)

 

なのでこの画像もいつ7削除されるかわからないので、削除されたときのために、結果だけ文字で記しておくと

1位→SEXY ZONE

2位→防弾少年

3位→IZONE

4位→IZONE

5位→乃木坂46

              翌日👇

こちらも画像が消されたので、結果だけ書いておくと

 

1位 →防弾少年

2位と3位がIZONE

 

     波コアラバイキンくんイエーイ!(#^^#)🏁~~

IZONEだけ日本で発売されない輸入盤というハンデを抱えながらのこの結果。

びっくりゲッソリゲラゲラクラッカークラッカークラッカー

 

韓国ではどうなっているのか? というと、

これが実は、IZONEのデビュー時期が、IU、EXO、ワナワン、TWICE、blackPinkといった、名実ともにK-POP界のトップに君臨している方々のカンバック(アルバムリリース)と見事に重なってしまっていて 「IZONEやばい!トップグループに包囲されていて、これじゃどのタイミングでデビューしても失敗するじゃん」 「っていうか、これ、IZONE潰しに来てるだろう」 というように、かなり非観的なものになっていて、「TWICEだって、最初から人気が出たわけじゃない。徐々に足元を固めながら順位を上げていけばいいだけのこと。デビュー曲が売れなくても悲観することはない!」と言うようなものになっていました。

それが、実際にふたを開けてみれば

IZ*ONE、1stアルバム「COLOR*IZ」の予約開始、問い合わせ殺到でオンラインレコードショップのランキング1位に』という状態になっておりました。(^O^)/爆笑やったね!ねー

すべてがうまくいきすぎて、逆に不安になる状態。

 

そしてこの翌日には、もう一つ、IZ*ONEの人気を占ううえで重要な意味を持つ、デビュー当日にキャパ2,500のオリンピックホールで開催される初のショーケース&コンサートの予約開始がありました。

料金は指定席、スタンディングともに44,000ウォン(約4,400円).。

 

デビュー当日のショーコン自体が異例であり、さらにその会場のキャパが2500というのも前例のないことで、それが果たして 「完売するのか?」 「どれくらいに日数で完売するのか?」 が注目されていました。(普通であれば、デビューイベントとしてはショーケースという形式のお披露目をするのが一般的であり、これにコンサートを付け加えることはありません。それがなぜかというと、デビュー時点でコンサートを行えるだけの持ち歌を持っていないからです。IZONEの場合、番組内で披露した、パフォーマンス&コンセプト審査曲があるからできることです)

 

それで、結果はどうなったか? というと、1分以内に完売してしまいました。

一説によると、30秒とも、40秒ともいわれていますが、1分以内というのは間違いないようです。

その証拠がこの👇画面です。

(貼ろうと思っていた画像が元から削除されていました<(_ _)>。ので代わりにこれ)

 

時間が8:00の表示のまま、残りチケットが指定席スタンディングともに0になっていて、公式発表によると、この時の同時接続者は15万だったとのことです。 

 

普通であれば、こうしたチケット争奪戦の後は、地下スレなどで「当選した」「落選した」という報告があるのですが、今回に限っては、日本人で「チケットを手に入れた」という報告はありませんでした。

 「ログインした時点ですでに、サイトが固まっていて、何もできなかった」と。 

 

当然、こういうチケット争奪戦の場合、手動で挑んでいては話にならないので、手に入れているのはマクロなどのプログラムを組んで、機械的な手法を用いている人たちだけで、そのうちのかなりは「転売屋」といわれる、日本で言うところのダフ屋のようです。

 デビュー前からダフ屋がチケットに群がっていること自体が、IZONEの人気をリアルに物語っていることなので、朗報でもあるのですが、今後は対策が急がれる案件です。 

 

こうしたデビュー前のすべての指標が、前例がないほどのブレイク指数を叩き出しているのを受けて、所属事務所(韓国)の出す街頭広告も凄いことになっています。

                                   それがこれ。👇

 場所はアジア最大の地下ショッピングモールとのことです。

no title

no title

no title

さらに今日、所属事務所Off The Record から このデビューショーコンを、Mnet生放送、youtube、Facebookを通じて、グローバル展開している全世界へ向けてオンライン生中継するとの発表がありました。

 

以下はこの件に関する、KSTYLEの記事からのコピペです。 

《IZONEは、番組出演当時から韓国と日本はもちろん、世界全域で高い関心と人気を得ている。 

特に最近オープンしたデビューSHOW-CONのチケットは予約開始から1分で売り切れとなり、1stアルバム「COLOR*IZ」は3つの予約販売チャートで1位を獲得するほど反応が熱い。 

これにMnetは、チャンネル登録者数2,400万人に達する公式YouTubeの3チャンネル(Mnet Official、Mnet K-POP、M2)とFacebookの6ページ(Mnet、PRODUCE48、M2、Mnet M COUNTDOWN、STONE MUSICエンターテインメント、IZONE)でデビューSHOW-CONを生中継する異例の編成を決定し、注目を集めている。

 Mnetの関係者は「アイドルグループのデビューステージを放送とオンラインで同時生中継するのは、韓国と日本だけでなく、アジアを越えて全世界のK-POPファンに注目されているIZONEであるため可能な異例の決定だ」と発表し、IZONEのデビューステージに対する自信を表した。

 IZONEの1stミニアルバム「COLOR*IZ」は29日午後6時、各種音源配信サイトを通じて発売され、デビューSHOW-CONは同日午後8時からソウル・オリンピック公園オリンピックホールで開催される》

(^O^)/

 

プロとしてのアイドルスイッチをオンにしたときの宮脇咲良。

              👇

疲れが限界に達し、スイッチが落ちた時の宮脇咲良。

            👇

彼女たちが挑んだPRODUCE48の現場は、われわれの想像も及ばないような過酷さだったらしく、(なんせ、わけも分からないまま参加したその当日から、「三日間でダンスとハングルの歌を覚えて、審査ステージに立て」といわれたらしい)宮崎美穂は、「最初の三日間は一睡もしてなくて、化粧落とす時間もなく、重ね塗りしてカメラの前に立っていた」とのこと。

武藤十夢はのちにprduce48を振り返って「死ぬほど辛かった」といい、村川びびあんは「想像していたのより、3000倍大変だった」と言い、宮脇咲良は「これまでの人生で経験したことのない、大変という言葉では表現できない大変さだった」というようなことを言っていました。

 

彼女たちが凄いのは、そんな状態の中でも、カメラの前では一切その過酷さを悟られないように内に秘めたまま、アイドルとしての佇まいを保ち続けていたことです。

しかし、カメラば回っていないところでは、日本人メンバーの誰もが、日本人メンバーと出合うと泣いてしまうような精神状態に追い込まれていたのだと。

 

過酷だったのは日本人メンバーだけでなく、韓国練習生も同じでした。

苛酷さの種類は違えど、さらされていた過酷さそのものは同じでした。

その過酷な状況下で彼女たちは、生き残りをかけて戦うライバルとして、生き残りをかけて助け合う仲間として審査に臨み、ある者はふるい落とされ、ある者は最後まで生き残ってきました。

 

そして、最後の12人として選ばれ、世界へ羽ばたく夢へと向かうためにさらなる厳しいレッスンを積んで今日にいたっているのです。

しかし、そのことは、他のアイドル達も同じです。

しかし、彼女たちは今回、過去に例のないほどのファンの熱気に包まれたデビュー前の状態にいます。

それはなぜなのか?

彼女たちだけ、これほどの人気の高まりの中でデビューを迎えようとしているのか?

 

おそらくその答えの一つは、これまでの過酷な試練を生き抜いてくる中で、国籍や言葉の壁を超えて芽生えた、今まで見たことのないような、日韓のメンバー間の、親子のような、幼馴染のような、戦友のような、じゃれあう子犬のような仲の良さです。

 

親子のような仲良しの代表カン・ヘウォンと佐藤美波の動画

 

母親のように日本人メンバーの面倒を見るチェヨン。年下のチェヨンをオンマと呼んでべったりと甘える宮脇咲良。日本人をからかって楽しそうに大笑いするチェヨンの動画。

(字幕はすべてファンのみなさまのボランティアによるもの)👇①

公式のコンセプト トレイラー動画👇

 

 

アイドルとして、自分が受けた心身の傷を決して口にせず、アイドルとしての笑顔を貫いてきたプロ中のプロといえば、この人👇もそう。

世界を市場とした連ドラ出演のため1年間メキシコへ渡った AKB48入山杏奈 (#^.^#)🏁~

 

 

 


そのメキシコの地でうけたインタビューの中で、彼女は初めて握手会襲撃事件のことを語っています。

数回の、全身麻酔による手の修復手術を受け、まだ後遺症は残っているものの、ドラマで刃物を突き付けられたり、暴力的なシーンがあっても、大丈夫なくらい、事件からくるトラウマは乗り越えているとのことです。

その動画がこれ。👇


 

メンバーにも、ファンにも、幸多からんことを祈って、今回の記事はここで終わります。

ではまた。<(_ _)>

 

おまけ

制限文字数がまだ大丈夫そうなので、K-POPアイドルの懐事情について少し追記しておきます。

以下は何に書いてあった記事かは忘れていますが、昔コピペしておいた記事のコピペです。

 

『国会企画財政委員会のパク・グァンオン議員によって公開された国税庁の資料によると、韓国芸能界の上位1%に当たる歌手46人は平均42億6400万ウォン(約4億2640万円)、俳優158人は20億800万ウォン(約2億80万円)、モデル82人は5億4400万ウォン(約5440万円)の年収を稼ぐという。 最近、日本でも本格的に活動を再開した東方神起などは、間違いなくこの上位1%に入るだろう。 何しろ彼らの活動再開によって、所属するSMエンターテインメントの今年下半期売り上げ予想が1940億ウォン(約194億円)にもなると言われているのだ。仮にその5%しか彼らの収入になないとしても、「上位1%」のトップクラスになる。 しかも、最近の芸能人たちは本業の収入だけでなく、副業や財テクに勤しむ者たちも少なくない。 財テクに勤しむK-POPアイドルたち よく耳にするのは“不動産投資”だろう。 実際に元KARAのク・ハラとハン・スンヨン、“国民の初恋”と呼ばれるMissAのスジなど、若くして人気を獲得したK-POPアイドルたちがビルを買い取り、賃貸収入を得ているのは周知の事実でもある。  上位10%まで範囲を広げれば、歌手は7億3200万ウォン(約7320万円)、俳優は3億6700万ウォン(約3670万円)。一般庶民の感覚では、ただただ凄いとしか言いようがない金額だろう』

 

ちなみに、現時点でのIZONEの韓国人メンバーは、デビュー前の練習生扱いなのでほぼ無給だと思われます。

宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の日本人メンバーは、飛行機の移動はビジネスクラスで、空港周辺でも周囲をがっつりとセキュリティスタッフに守られる、日本では考えられない待遇ですが、I給料そのものは、IZONE専属になる今後は、AKSからは一切支払われない模様です。過去にAKBからSNH48に移籍した宮澤佐江がそうだったはずなので。

IZONEの韓国人メンバーが今、金欠であることを物語る動画がこれ。👇

イエナが、お父さんに電話するも、普段長電話しないい娘が何やかやと長く話してくるので、お小遣いが欲しいのだとすぐに察して「回りくどい言い方しないでいいから、いくらほしいのか早く言いなさい」といわれている動画。(#^^#)

(字幕はファンのがつけたものです)  ②

                        

(*'▽') ではまた。

①も②も元から消されていたのでIZONEが出演した回が歴代2位の視聴率をたたき出して話題となった韓国バラエティ番組の動画を貼り付けておきます(ボランティアで翻訳してくれていた「たまねぎ」さんyoutubeから追放されていました(;''∀'')。

見どころは、矢吹奈子身長詐称疑惑検証の場面(13分過ぎ頃)。「一部のファンは私の身長を149センチと言っているけど、私の身長は150センチある」と主張する奈子。MC[ではここで実際に計測して見ましょう」「えええ・・。」・・。急にへこみだす奈子。この流れを受けて、ウォニョン(14歳)の身長も計測することになり、奈子以上にへこむウォニョン。なぜなら14歳なのにメンバー1の長身(169.2cm)だから。(*'▽')

 

ではまた。(^O^)/

これ👆また、元の動画からで消されてしまったので、動画を貼ることはやめて(何度やっても同じだと思うので)

同じ内容の動画が一つ消され残っていてそのタイトル→【IZ*ONE(アイズワン)矢吹奈子ちゃん可愛すぎて腰抜かすw】を

youtubeの検索ランで検索してください。ブロックされていなければヒットすると思います。

 

 

まずは、この画像をご覧いただきたい。

 

何のために集まっている人たちかおわかりになるでしょうか?

場所は8月26日の幕張メッセAKB48G握手会場イベントスペース。 

時間は午後6時過ぎの、30分間の握手会休憩時間。

最前列に陣取っているのは、今迄、AKB48Gとは犬猿の仲といわれ、決してAKB48Gの握手会の会場になど足を踏み入れることのなかったK-POP女ヲタの皆様。

no title

その皆様がなぜこの日、この会場内に急遽押し寄せていたかというと、この日の朝produce48メンバーがひそかに来日していて、午後6時からにここでゲリラライブが行われるらしいという情報が、「宮脇咲良や矢吹奈子の握手会で直接本人たちから聞いた」という女ヲタの方のツイートによってK-POP女ヲタ界隈に流れたから。

しかしそれは、不確かな情報であり、例えそれが本当だったとしても、握手券を持っていない彼女たちは会場に入ることはできません。

そんな彼女ができることは、とりあえず会場に駆けつけ、そこで敵対関係にあったAKB48Gのヲタに、以下のようなメッセージを見せたり、ツィートを拡散して呼び掛けたりして、協力者を求めることです。

本日行われるproduce48ゲリラライブが会場内で行われる可能性があるため券を2枚貸していただける方を探しております。

大変難しいとは思いますが、なにとぞよろしくお願いします』

厳密に言えば、握手券の貸し借り譲渡、売買はすべて違反であって、運営にばれたら結構面倒なことになる案件で、貸す側には何のメリットもない。

しかも相手は、今迄AKB48Gをぼろくそにこき下ろしケンカを売ってきたK-POPヲタの皆様。

相手が男ならまず貸さないだろうけど、おじさんは大体女性に頼まれれば 「んん~、しょうがないなぁ」 となるものなので、このような状況になったというわけ。

K-POP女ヲタの皆様の行動力や、おそるべし! ≧(´▽`)≦

 

群衆の前方に陣取っているのはK-POPヲタの皆様で、後方に行けば行くほど、何が起こっているのかわからないままに、 「何が起こっているの?」、という好奇心で集まってきたAKB48Gヲタの皆様たち。

 

客席から見るとこんな感じ。👇 



ステージに登場してきたのは、五日後に最終的な合否が番組内で発表される、produce48の最終選考に勝ち残っていた日韓20人(日本人8人、韓国練習生12人)のメンバーたち。

この時点での人気投票順位は、事前の予想を完全に裏切って、日本人がほぼ上位を独占していました。

しかし、最終的な合格メンバーは、ここまでの順位や得票を一旦すべてリセットして、最後の一週間に投じられた票数だけで決められます。

つまり、これまでの人気投票は、あくまで96人の参加者を徐々に足切りしていって20人まで絞るためのものであり、そこから先に待っている最終的なデビューメンバー12人を決定する順位には一切影響をあたえない、ということなのです。

最終審査で意味を持つのは、この時も韓国で投票され続けていた、最後の一週間分の投票だけ。

 

皆さん、最終結果はどうなったと思いますか?

世界一の反日国家といわれている韓国の人々が、K-POPの国民的アイドルグループを作るオーディションにおいて、自国の、デビューを夢見て、人生をかけてオーディションに挑んでいる練習生を落としてまで日本人に投票すると思いますか?

最終審査に残っていたのは韓国側練習生が12人で、日本人(AKB48Gメンバー)は8人で、合格するのは12人です。

韓国の人たちの投票行動いかんでは、最悪の場合、合格者のすべてが韓国練習生だけになって、日韓合同のアイドルグループを作るという当初のコンセプトそのものが崩壊し、失敗に終わる可能性もあったのです。

 

そしてこれが👇彼女たちが戦っていた舞台。(日韓混合メンバーによる審査パフォーマンス)

 

 

審査パフォーマンスを終え、次々と合格者として名前を呼ばれていく韓国人練習生、そして、名前を呼ばれない日本人メンバーたち。

皆さん、結果は、どうなったと思いますか?

 

結果は、と言うと、1位になったのは直前の人気が7位だった韓国人チャン・ウィニョン、それとは対照的に、直前の人気が2位だった日本人メンバーがまさかの15位で脱落といったように、直前の投票までは合格圏内にいた日本人のほとんどが下位に沈んで、合格したのは宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3人だけでした。

合格した韓国人は、3位になったのが前の順位が18位だったこ。4位は前の順位が16位だったこ、5位になったのは14位だったこ、10位は19位だったこで、これに対して合格圏内からはじき出された日本人メンバーはというと、前回の順位が2位から15位なったこ、6位から17位になったこ、10位から18位になったこ、8位から20位になったこたちでした。

この結果は、日本人にとっては、誰も予想していなかったほど少ないものでしたが、冷静に考えれば(なにしろ、そこは世界一の反日国家なのですから)、これはこれですごいことだと思います。

冷静に考えれば、「よく韓国の人たちは、日本人を3人も合格圏内に押し込んだな」、と。

単純に、アイドルとしての魅力だけで言えば、韓国の人たちは、AKB48Gのメンバーに魅せられていたという、それ以前の人気投票の結果は嘘偽りのないものだったと思います(国民番号や携帯電話の番号のひも付きでなければ投票できないという日本ではありえないほどめんどくさい投票なのに、わざわざ嘘の投票をする理由がないので)。

ただそれでも、自分の投じる一票がただの人気投票の一票ではなく、韓国練習生の人生を決めるような意味を持ってきてしまうと、やはり、自国の少女たちを選ばざるを得なかったというのが正直なところだと思います。(じっさい、この2か月半の間、韓国のネットでは、日本人メンバーに♡となっていく韓国の男たちと、それにぶちぎれた韓国の女性たちとの壮絶なバトルが繰り広げられていましたし( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン)

番組が終わった後、この結果に日本人(AKB48Gヲタの皆様)はどんな反応だったかというと、怒りや、失望といったネガティブな反応は驚くほど少なく、逆に「韓国人よくやった! ありがとう」「おまえらえらい!」「今まで嫌韓だったけ、今日から親韓になったぜ!」というような、絶賛の嵐。

それが何故かっというと、選ばれた3人のメンバーが、このあと世界市場に打って出るグループに参加する日本人メンバーとしては最善に近いものであり、韓国側の9人もやはり、お涙頂戴的ドラマや情に流されたりすることなく選んだ、最善に近いものだったからです。

韓国のファンが、涙を呑んで圏外に落としたメンバーの代表格がこの人。

ビジュアル、スキル、キャリア、人望、このオーディションに至るまでの涙なしには語れない物語性のすべてにおいて、非の打ちどころがなく、それまでの人気投票では常に上位につけていたイ・カウン。(詳しい話は文字数の関係で割愛。興味がある方はイ・カウンで検索してみてください。ヒットするはずです)。

彼女のマイナスポイントはただ一つ 「年齢的にすでにアイドルとしての旬を過ぎている」 ということだけでした。 

 

大号泣祭りの中で誕生したのがIZ*ONE(アイズワン)。

IZは12の当て字で、12人のメンバーが一つになって世界を目指すという意味らしい。

 

今後の注目はこのグループが本当に世界的に(現在女性K-POPアイドルの頂点にいるTWICEやBLAKPINK、レッドベルなみに)売れるのかどうか?なのですが、すでに韓国では「TWICEのライバルになれるのはIZ*ONEしかいない」とささやかれているし、東南アジアや中華圏での人気も想像以上に加熱しているようで、十分期待が持てる状況になっています。

 

その人気の勢いを表す指標の一つがこれ👇。

なんと、「PRODUCE48」の最終回放送の終了後、中国のWeiboで(実質人気NO1の)「宮脇咲良」が11億3千万回を超えて検索されているのです。さらに、「矢吹奈子」が1億7千万回越えで続いている。

さらに韓国では、アイドル人気ランキングにIZONEのメンバーがまだデビューもしていないのに大勢ランクインしていたりする。

 

もしこのグループが世界的な成功を収めるようなことにでもなれば、AKB48Gの置かれている状況も大きく変わることになります。

なぜなら、今現在は中国でどんなに人気があってもK-POPが中国から締め出されているので、中国でコンサートなどの活動はできませんが、このグループはもともと2年半の期間限定グループであるため、その後、他のAKB48Gメンバーで再編成して活動することができるからです。

それだけでなく、韓国は近年アイドル人材が不足してきているのとは対照的に、AKB48Gには人材が有り余っているため、これが成功すれば第二第三の日韓コラボのグローバルアイドル誕生へとつながっていく可能性があるからです。

さらにその後は、AKB48G単独でも世界戦略を打ち立てられるようになる可能性もある。(^O^)/

・・・というように、夢は果てしなく広がっていくのですが、ここは一つ冷静になって、以下はproduce48に出演して、一時的には人気を得たものの、早々と脱落してしまったAKB48Gメンバーの人気は「現在どうなっているのだろうか?「」という話。

こうなっています。

   👇

produce48関連で韓国へ呼ばれた帰りに、韓国の空港でファンにプレゼントを渡されまくっているAKB48研究生 佐藤美波(15歳)。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

何をプレゼントされているかというとハイブランドのバッグや化粧品。

空港の税関で申告するための、保証書やレシート付き。\(^_^)/


プレゼントした韓国のファンが、なぜこのような画像をネットにアップしているかというと、これは個人からのプレゼントではなく、ファンサイトで資金を集めてプレゼントされているものだから。資金を出してくれた人たちへの報告のため。

プレゼントをもらってご満悦のさとみな。なにせ、まだ中学生だから。


千葉恵里(この子もまだ中学生)に渡されたものがこれ。

(後ろに写っているのはNGT48の超絶不人気メンバー山田野絵。

そのキャラクターが韓国人トレーナーにめちゃくちゃ気に入られていた)

no title

no title

produce48バブルいまだ弾けず。(*≧m≦*)ププッ

 

落選メンバーでさえこんなことになっているのだから、宮脇咲良や矢吹奈子らの超人気メンバーはいったいどんなことになっているのだろう? というと、これがどうやら、セキュリティが厳重でファンが接触できずに、あまり何ももらえていない模様。(裏では知らん)

AKB48G所属の場合、事務所に高額のプレゼントを送るのはNGで、着払いで送り返されてくる(らしい)。

プレゼントの上限は定価1万円未満。現金、金券、商品券もダメ(だったと思う)。

直接渡すのは、今のところ韓国ではOKの模様。(日本では知らん)

 

直接プレゼントを渡すことができない、中国のファンが、宮脇咲良に応援広告に変えてプレゼントしたものがこれ。(スケールが違いすぎて笑う)

no title

今回の記事は以上です。

ではまた。<(_ _)>

 

おまけ。

空港でプレゼント攻撃にあっている佐藤美波の動画。≧(´▽`)≦

まるで護送されている犯罪者のよう。

プレゼントを渡そうとするファンと、追い払おうとするセキュリティスタッフの攻防が面白い。

もう少し字数に余裕があって貼れそうなのでこ👇れも。

最終回で1番の名シーンとなった12位の発表シーンを切り取ったもの。

12位は、1位から11位までの合格者が発表された後、最後の1枠である12位から15位に

いるメンバーを順位を伏せたままモニターに映像だけ写し出し、15位、14位と発表されていった。

これは、最後に二人が残り、いよいよ最後の合格者が発表されるという場面。

ちなみに、イ・カウンは14位で名前が呼ばれていました。

最後の二人に残っていたのは、歌唱力NO1の呼び声も高く、幼稚園児のように練習を拒否して泣いていた千葉恵里と佐藤美波を聖母のようなやさしさで面倒を見て地獄のブンバヤ2班を伝説のチームにし、ブレイクさせたCUBEエンターテインメント練習生ハン・チョウォン(16歳)と、ダンスの実力はぶっちぎりのNO1,で歌唱力もあり、以前別番組のアイドルサバイバルオーディションで活躍していて人気もあり、人格もリーダーシップもトップレベルに優れたものを持っているWMエンターテインメント練習生イ・チェヨン(18歳)で、ともに前回の人気投票では合格圏内にいたメンバーでした。

その二人がともに、最後の1枠を争う順位まで下がったのは、アイドルとしてのビジュアルに難があったからです。特に、チェヨンのほうは、前回のオーディションや今回の評価の中でそれを自分でも嫌というほど思い知らされていて、年齢的にも後がない状態で追い詰められていて、発表を待つ間に涙があふれだし止まりませんでした。チョウォンのほうも、気丈に涙こそ流していませんが手は震えていました。宮脇咲良がアップデで抜かれているのは、レッスンでいつもサポートを受け、心の支えになってくれていたのがチェヨンで、彼女の気持ちを思って、彼女の合格を祈って、過呼吸になって倒れそうになっていたからです。チェヨンの名前が呼ばれた瞬間、それは自分が落選した瞬間であったにもかかわらず、失意や落胆ではなく、反射的にチェヨンの合格を喜ぶかのような反応で拍手を送るチョウォン。本当ににこの子は人格者だった。落選を惜しむ声多し。

(※もっといい動画があったので、差し替えました。keroppi1:02-「合格コメントの中で宮脇咲良がチェヨンに向かって涙ながらに『いつも助けてくれてありがとう。一緒にデビューしたいです』と語りかけているところ。 1:39-チェヨンの順位発表の瞬間。 1:50-チェヨンの合格を知り、感極まって泣きながら倒れそうになる宮脇咲良)

 

 

では。<(_ _)>

 

先ずはこの動画を再生してご覧いただきたい。ヽ(゜▽、゜)ノ

 

時は、午前7時半。

場所は、韓国仁川広域市富平区三山洞三山ワールド体育館前。

そこに響き渡る

「なこぉーー!」

「さくら~~ぁ!!!」

「ぎゃーーぁぁぁ」

という、男女入り混じった大歓声。

これが今、韓国のコンテンツ影響力指数(CPI)において5週連続1位、テレビ話題性分析機関「グッドデータ・コーポレーション」の非ドラマ部門の話題性で7週連続1位(視聴率は裏番組のドラマが強い関係で過去に放送された2シーズンを下回っていますが、占有率は23.7パーセントで、2位の番組の4.1%をぶっちぎっての1位)を独走しているだけでなく、日本の視聴熱デイリーランキング1位、BSスカパー!放送番組ウィークリーBEST3という韓国のバラエティ番組史上類がない、日韓両国での圧倒的な話題性を見せているPRODUCE48において、主役となっているAKB48Gのメンバーの姿なのです。

 

この番組へのAKB48Gメンバー参加が発表されたときには恐らく、この状態になる可能性を、ほんのわずかでも想像できていた人は、韓国にも日本にも誰一人いなかったはずです。

 

韓国では、最新アルバムが全米アルバムチャートの「Billboard(ビルボード) 200」で、韓国歌手として初の1位に立った「BTS(防弾少年団)」《全米ビルボード総合チャートで英語以外の作品が1位になるのは、2006年に多国籍ボーカルグループのイルディーボがアルバム「アンコール」で記録して以来12年ぶり》の偉業を受けて、メンバーの兵役を免除すべきではないかというようなことが国会で議題に上がったりしているような状況(もちろんTWICEやBlack Pinkやレドベルなどの女性K-POPグループ勢も絶好調)の中にあって、関係者の想定を超えた注目を集めているのがproduce48であり、その主役となっているAKB48Gメンバーなのです。

 

しかも、人気を得ている日本人は、AKB48Gの人気メンバーだけでなく、AKB48Gについて相当な情報を持っているような人でさえ、名前を聞いたこともなければ顔を見たことのないような不人気メンバーが多くいるのです。

そうした日本人メンバーのproduce48における人気を物語るものの一つが、韓国の地下鉄駅や空港内の広告掲示版に、ファンによって掲載される、韓国国民に投票を呼び掛ける応援広告写真&動画です。

 

先ずは、日本で全く無名だったメンバーの応援広告から。👇

 

AKB48 佐藤美波(8月3日誕生日の15歳)


この子は恐らく、今回PRODUCE48に参加した日本人メンバーの中で最も無名だったメンバーです(今はSHOWROOMをすれば2時間で3万人が訪問し、1本1万円の課金が必要なタワーが10本以上たつ、選抜並みの人気になっています。ただし、コメントのほとんどがハングル)。

ネットで検索してもほとんど何の情報もヒットしないレベル。

ちなみに私は、彼女の名前を参加メンバーの中に見た時は「そんなメンバーAKB48Gにおらんわ」と、本気で誤植だと思ってしまいました。

それもそのはずで、彼女は二年前に16期生オーディションに合格していますが、まだ正規のメンバーに昇格していない研究生です。

二年間研究生のままであることからもわかるように、歌もダンスもほとんどできないポンコツで、存在そのものが幼稚園児のようなキャラ。

恐らく、韓国のショービジネスのオーディションがどういうものかを全く知らずに予備のオーデイションに応募して、なぜか受かってしまったメンバー。

AKBGではよくあることで、オーディションにあまりに歌もダンスもできない参加者が紛れ込んでいた場合、逆に、「面白そうだ」ということで合格してしまう。

そして実際に、こうした子たちが今回のプロジェクトを成功に導くキーパーソンのような存在になっていったのです。

今回のproduce48における、最大のドラマ、奇跡のようなサプライズを演出してきたのは彼女のような、今まで、韓国の人々がオーディションで見たことのなかったポンコツ少女たちです。

ある地下ネットのスレ民は、今回のPRODUCE48の面白さをこう例えていました。

「これは、韓国の鍛え抜かれた精鋭の戦士と異国から来た魔法使いのような少女たちとの異種格闘技戦の面白さである」

そこでどのようなドラマが起こったかというと、鍛え抜かれた戦士を前にして泣くことしかできなかったような少女たちが、いざステージという戦場に立たされると、なぜかそのパフォーマンスで観客もトレーナーも魅了して、最高のパフォーマンスを演じた相手に勝ってしまったりしたのです。

 

そうしたドラマの不動の主役となったのがこの子👇

AKB48 千葉恵里(14歳) ドラフト2期生

AKBのポンコツ界隈でも、かなり名の知られたポンコツ。

しかもただのポンコツではなく、ポンコツの自覚がなく、自分的にはやる気と努力の人という謎の自信を持っているポンコツ。

そして、そんなところが「かわいい!」と先輩メンバーから可愛がられ、甘やかされてきたポンコツ界のエリート

ただし、ヲタの人気はなく、総選挙は圏外。

no title

この子の凄いところは、オーディションのパフォーマンス曲を最も難易度の高い曲に振り分けられた瞬間に「こんなの無理です」と泣き出しただけではなく、ホームシックにかかった幼稚園児のように練習を拒否して遊び始め、そうした態度を、韓国のトレーナーには怒られまくり、同じチームとなった韓国の聖母のようなお姉さん練習生になだめられてやっと練習に戻るといった醜態をさらし、それを見た日本のKPOPファンの逆鱗に触れ「日本の恥」「韓国の練習性に謝れ!」とネットを炎上させたにもかかわらず、とうの韓国では、そのもようが放送された直後に「エイリ可愛い!」「頑張れ!えいり!」と人気が爆発し、一躍時の人になってしまったこと。

しかも、その三日後に審査会場で披露した実際のステージでは、センターポジションでのまさかのパフォーマンスを披露し、対戦相手のプロ級の実力を持つ最強のチームに、観客投票の結果勝ってしまったりしている。もちろんチーム全員の力で、ですが。

このあたりが、AKB48Gメンバーが魔法使いと言われるゆえんです。

twiceのサナをもファンにした千葉恵里様のすねた御尊顔がこれ。👇(^O^)/

no title

この直後に、日本の地下に立ったスレのタイトルは『PRODUCE48 千葉恵里さん、韓国でも無事甘やかされる』 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

この件に対する韓国人の反応。

『エイリに罪はない!エイリが悪いのではなく、エイリにブンバイヤをさせた世の中が悪いのだ!』

 

no title

 

これから紹介するのは、日本では総選挙万年圏外の不人気だったにもかかわらず、、魅せるダンスという魔法ですべての韓国練習生を蹴散らして、韓国男性人気の頂点に立った日本人メンバーです。

下尾みう(17歳)AKB48チーム8山口県代表


同じく、ダンスパフォーマンスで合格圏内の人気を手にしているAKB48メンバー。

本田仁美(16歳)チーム8栃木県代表

総選挙順位は 4年連続圏外で今年初めて82位にランクイン

このビジュアルも、韓国人曰く「かわいい❢❢❢」とのこと。


二人のMnet公式パフォーマンス動画。👇


千葉恵里のチームを大番狂わせの勝利に導いたキーパソン浅井七海👇(18歳)AKB48 チーム4 16期生

 

PRODUCE48の実況中継をしながら、千葉恵里のチーム勝利に衝撃を受けたAKB48谷口めぐのリアクション。👇面白過ぎて再生回数が40万回を超えている。ゲラゲラドンッとかげ

 

HKT48の不人気メンバー村川 緋杏(18歳) ドラフト2期生👇

番組ではほとんど何の見せ場もなかったものの、なぜか最初からそのビジュアルと性格が韓国人に受けて人気を得た。   ちなみに総選挙は圏外。


日本では超絶不人気のバラエティ担当メンバー中西智代梨(23歳)

バラエティスキルだけでなく、ダンス、歌、ビジュアルのすべてにおいて韓国では高く評価された。   総選挙は圏外。

 

AKB48 小嶋真子(21歳) 総選挙19位の個別パフォーマンス動画。👇

Mnet名物の悪魔の編集によって、その存在を空気にされて脱落したが、のちに公開された審査ステージのパフォーマンス動画で、そのダンススキルの高さ及び、アイドルとしてのポテンシャルの高さが注目され、早期の脱落が惜しまれている。

(地下鉄広告は文字数が限界オーバーするため割愛)

 

こうしたメンバーの中でも、宮脇咲良の人気の高さは異次元のものがあり、地下鉄駅構内にファンによって出される広告も、一枚や二枚ではなく、一駅だけで80枚あったりする。👇

👆これよりさらに凄いのがこれ👇

 

写真広告ではなく、動画広告で、中国

人のツイートによると、この広告にかかった費用は一か月掲載契約で6億ウォン(日本円で約6,000万円)とのこと。なお、費用のほとんどは、中国のファンが出したもののようです。

 ちなみに場所は、ソウル地下鉄2号線のSamsung Stnとのこと。

 

 最新の人気順位ランキングトップ12👇

最終順位で12位までがグループとしてデビュー。

 

 

今回のプロジェクトにおける日韓友好の象徴のような仲良しとなった、2位のカン・ヘウォンと39位で脱落した佐藤美波👇

佐藤美波&カンへウォン
ふたりの別れのシーに、涙する人続出。

 

ツイートより。👇
えーん :カンちゃんと美波の友情に号泣、、 カンちゃん本当に本当に本当に本当に凄いおめでとう!!!!!!   チョウォンと共にブンバヤ2組の夢を叶えてください(´;ω;`)!!

えーん :カンちゃんがみなみの方見ながら 「コマウォ」って言ったところで涙が大放出した。

えーん :さとみなとカンちゃんで永遠に涙出てくる放送だった、、今も号泣してる。

えーん :あ〜〜リアルタイムでプデュ見てしまった、、、、涙が止まらなかった

自分が生存圏内じゃなくても生存圏内に入った友達のために泣くことができるってすごいことだと思うしかもそれが日韓だともっっと泣ける、、、カンちゃん、、

えーん :今日の萌え  カンへウォン 「 (3位の感想を聞かれて) 佐藤みなみ…あなたと友達として過ごせて本当に幸せだった。私達が離れることになったとしても、あなたとまた会いたい」

えーん :彗星の如く現れた国境を超えた友情、いや愛を見てしまって動揺してる。

(ちなみに、カン・ヘウォンも、トレーナの先生方に最大限に怒られ続けたポンコツ。今回AKB48Gが参加したことによって、ポンコツを愛でる文化に韓国が感染しなければ、脚光を浴びることはなかったであろうメンバー)

 

なお、PRODUCE48にポンコツ旋風を巻き起こしたポンコツの女王千葉恵里でしたが、さすがにこの子をこのまま世界市場を視野に入れたK-POPグループのメンバーとしてデビューさせるのは無理があるという理性の働いた国民プロデューサーたちによって既に脱落させられていますが、脱落した後もいぜんとして高い人気を維持していて、番組終了後に、佐藤美波らとともに別グループとしてデビューする可能性を残しています。


 

3位のAKB48宮崎美穂(25歳) 4位のAKB48竹内美宥(22歳)


この二人は、加入当初は次世代エース候補として期待されていたのですが、アイドルに不向きな性格や、ファン対応や、ビジュアルの劣化などによって、いつの間にか誰にも相手にされない人気の底辺に落ちてしまっていたメンバーで、歌もダンスも本気をだせばかなりの実力者ですが、本気を出す場が一切与えられていなかったという共通点を持っています。

 

特に竹内美宥は、こと音楽的な才能においては、他を圧倒するポテンシャルを秘めています。(母親が元劇団四季の団員であり、現役のボイストレーナーであるため、歌も歌え、楽器も演奏でき、作曲編曲もできます。AKB48の楽曲をカヴァーすることは誰にも許されていませんが、竹内だけ例外として許されていて、その動画はyoutubeに多数アップされていて、かなり高い評価を受けています)

ただしそれは、アーティストとしてのものであって、アイドルとしてのものではないため、ヲタには一切評価されてきませんでした。

 

宮崎美穂はネイティブな発音で韓国語を話せ、竹内美宥は韓国語と英語が話せます。

そうした背景がこの二人の今後をシンデレラストーリーのヒロインとするための強力なエピソードになっています。

 

 

最後に、パフォーマンス審査において、評価の高かったステージ動画をいくつか紹介しておわります。(字数制限ギリギリなので多分二つくらい)

最も視聴者の心を打ち、泣かせたと言われている、落ちこぼれだけで結成されたチームによるBOAの『メリクリ』👇

この時、誰もが自分たちの脱落を覚悟していて、互いを見つめあいながら「これが最後のステージだね。みんなと出会えてうれしかったよ」という思いで歌う姿が観客に伝わり、感動をよびました。

 

 

ステージそのものは最高のできであり、観客も練習生たちの圧倒的なパフォーマンスに魅了されたのですが、後にこの舞台裏で起こっていったことが放送で知られると、主役の子がネットで大炎上してしまったという曰く付きのステージ。

 ただし、ステージ自体は何度見ても感動的な出来。

何があったかというと、メンバーの投票でいったんは矢吹奈子がメインボーカルに決まっていたのに「当落線上にいるので、なんとかここで自分の実力をアピールしたい」という韓国の練習生ホ・ユンジンの意をくんで、奈子が彼女にメインヴォーカルの座を譲っていた。

それだけなら良かったのですが、放送されたステージでは見せ場となるパートのほとんどすべてをユンジン歌っていて、奈子は3番手の扱いになっていた。放送後にこのいきさつを知った韓国民がネットでユンジンを叩きまくるてんかいになり、結果的に順位が最下位付近まで落ち込んでしまった。彼女が今後、再び合格圏内へ浮上できるかどうかが番組の見どころの一つとなっています。

 👇

 

今回の記事は以上です。

ではまた。<(_ _)>