明日から道営競馬が開幕します!ここの「日本一早い新馬戦」が始まると2歳世代への関心が一気に高まりますよね。


今年は楽天競馬スペシャルアドバイザーの古谷剛彦さんが代表を務めるハウファアイルゴーと社台地方オーナーズの二頭がここでデビューする予定です。

さらにベアーレ、ツダグローリーと古馬勢も在籍しているので、例年以上に注目することになりそうです。セリなどのタイミングで臨場できればいいのですが…こればかりは世の中の好転を待つしかありません。


とりあえずは新種牡馬の産駒が走る明日の新馬戦に注目します!



先週後半の結果です。

9日(金)  ラッキービープラン 船橋3R  11着

10日(土)  ピスカピスカ SIN1R    3着

久々にシンガポール組が入着。さらに調子が上がってきそうなので今後が楽しみに。

一方、どうやらラッキービーボタンも南関の砂が合わないことが明白になってきました。管理する山崎裕也師に相談したところ、疲れも溜まっているようなのでひと息入れてから、もう少し馬場の軽い競馬場で活路を求めるという方向に。今週中に新天地を決めます。判明次第、またお知らせさせていただきますのでよろしくお願いします。

南関からドンドン愛馬が消えていくのは寂しいことですが、愛馬たちの将来を考え、心を鬼にして移籍を推し進めます。


ウイニング競馬』がテレビ東京本社からの放送になってちょうど一年になりました。

それまで毎週のように競馬場に通っていただけに隔世の感があります。とはいえ、パドックや検量室前で取材できない現状では感染防止に留意したこのスタイルが当面はベターなのも事実。


スポーツ中継のあり方すら変えてしまったコロナ禍、葛藤はまだまだ続きそうです。


大井にいたゲームアルアルは笠松の笹野厩舎に移籍しました。
芝が得意なタイプなのはわかっていましたが、ここまでダートで苦労するとは思わなかったというのが正直なところ。

最初から砂の軽い笠松へもってくれば成績は違ったかもしれませんが、南関から笠松への移動は簡単にできますが、その逆は諸条件をクリアする必要があります。結果的に回り道にはなりましたが、この選択を後悔していません。

何と言っても、あのスマイルカナに新馬戦でタイム差なしの2着だった素質馬。ひと息いれてから、トップトレーナーに鍛え直してもらい、新天地で羽ばたいてもらいます!

今週末の出走予定です。

9日(金)  ラッキービープラン 船橋3R  伊藤裕

10日(土)  ピスカピスカ SIN1R  O CHAVEZ 

ラッキービープランは人気薄のようですが、なんとか南関で走れるメドを立ててほしいと思っています。

ピスカピスカは久々の出走。シンガポール組も気がつけば二頭になっているのですが、そろそろ吉報が聞きたいところ。

ともにまだこれからの馬なので頑張って欲しいと思います!