まだ被災真っ最中なところもあるとは思うが。

史上最大級?

半径650キロってどういう事?

ってか普段のは何キロ?

ま、よくわからんが、なんだか大変なことになるってんで。

予定経路が真上。

狩野川台風の再来?

まさに、狩野川台風で浸かったと思われる地域の立地なこちらとしては・・・。

出来るだけのにわか対策を施し、台風の到着待ち。

ガラスに養生テープは貼らず。(飛散防止フィルム貼ってあるからw)

ブルーシートもベニヤも貼らず(外から粘着テープで貼り付けてる家が少なくなかったとか。いやそれは飛ぶだろ。200km/hでベニヤとシートが飛び交うのはこの後すぐ!的な)

暴風、飛来物に備えてスリップストリーム配置で待機。



万が一浸水して水没車大量生産なわけにいかないので、念のため入庫車持ち上げ。

多分大丈夫だと思うけど念のためコスモも持ち上げ。



1メートルとか浸かったらどうにもこうにもなんだけど。

他のクルマは浸かったら諦め。。

徐々に雨風強くなって、

非常用に水用意しなくちゃって空で置いておいたバケツはあっという間に満タン、溢れ。



向かいの畑もあっという間に満タン



しばらくして見てみると



溢れてますがな。。

湖じゃん。湖畔のおしゃれなお店になったじゃん。

あと1メートルじゃん(水深)

600ミリとか降ってるんだし、800ミリ越えの雨が箱根で降ってるとか、ソレ数時間後にこっち来るじゃん。なので、

こりゃ2~3時間で浸かるな。

と半分諦め覚悟しつつ、

せっせと床レベルの物を高い所に移動。

高台の平地に今すぐ引っ越したいレベル。

雨風強くなりながら、

時折停電しつつ(蓄電池があるから完全電欠はしない)



いよいよ上陸です。

からの、あっという間に静けさ。

目?

水には浸からなかったようだ。

外出て確認したら



ギリギリじゃん。水深であと30~40センチ。

ホントに湖畔じゃん。

これ以上増水したらマズイ。

と思ったら、雨弱まって、止んできた。

大きなトラブルもなく、いや、暴風雨中にボクスターのセキュリティーが警報鳴りっぱなしでびしょ濡れになりながら慌てて電源外したくらい。


多少余韻は残るがあっという間に穏やかな月と星空。

ぱったりなかった車の往来も増えてきたが、ウチから南向きの道路は冠水。ウチから西向きの道路も冠水。

多少水引いたみたいで強行突破のクルマもあるみたいだけどほとんど引き返しで若干騒がしいが。

雨も風も止んだので、探検に。







西向き。この先消防署



南向き



その対岸



136号線南向き、ここを東向き(左)に曲がると消防署



消防署、南、西向き



南向き、この先消防署



北向き、この先消防署



消防署がまず水没孤立とか立地的に無しだろ。。

136号水没寸断で、ウチの前のファミマの通りが旧136なのだがそれも水没寸断。136に出れない。南に行けない。ウチが最南端か。
(救急車も引き返してた。順天堂長岡に行けない。。)

どこ行っても水没。どころか、

いい雰囲気の湖だねぇ。



ってどうなってんだコレ



手前が川。土手挟んで湖(冠水)



って写真撮ってたら、おじさんが歩いてきて、躊躇なく水の中へ。



え?

ええ?

泳いで帰る?

確かに、南に行くには水渡るしか。

え、ええ??・・・。



どこまで湖なのか対角対岸に行ってみたかったのだが、そこら中冠水でたどり着けなかった。
パジェロミニなら行けば行けると思う程度の水深のところがほとんどだったが、わざわざリスクおかすほどほどでもないのでやめた。
今回は冒険じゃなくて探検だから。
(これが世に言うパジェロミニはゴミでジムニーの方が走破性が圧倒的に良いってやつか?(違 )



台風一過、いい天気。一晩明けて、すっかり水引き

湖は消滅



クルマ一台放置されているのだが、え、コレ昨日水の中に居たの?



136北向き。水は引いて普通に通れるようだが沿道は冠水片付けで忙しそう



この辺は大雨でいつものことなんだが



冠水してた136から東向き入ってきて消防署。水没?イタリア車放置されてたね。



消防署はやっぱり水中だったようだ。





報道?被害状況確認?上空ぐるぐる



探検してたらドロドロ



幸い、この地域、河川の決壊もなく、大きな被害もなく(近隣住宅とかは1メートル冠水とかで家電全滅とかあるようですが)運よく過ごせましたが。



にわか対策のスリップストリーム並びのクルマ動をかして、

電源外してたボクスターも電源つないで普通に始動、動くとチャプチャプ水の音が。走ったら抜けるかな?と思いつつ、幌開けて天日干しだ!と思ったら。


キー抜いてるのに勝手に窓が開いたりトランク開いたり怪奇現象。セルも回らん。

まじか!どっか水没か?燃える。ヤバい!って再び電源カット。

で、観察。


ん?

イスの下でなんかのユニット(窓、ドアロックイモビ関係?)が水没してる。





外して分解して水洗いしてエアブローして日陰干しして、直ったw(今のところ)

建屋は床上浸水免れたのにクルマは浸水かよ。どうなってんだよ。ボロイなポルシェ。。(日本の台風は想定してないのか?いや、幌の劣化か)

という台風騒動。




太古の昔、この近辺、海だったとか、湖だったとか

http://mishimasatoyama.web.fc2.com/page235.html?fbclid=IwAR0LUGDTT7jCXGMRwQHj8iSZyhKP8JcTfNOb9gDUqp8gIghSrVdqV7NtUMo

どうりでキレイな湖になるわけだ(違

数千年ぶりに出現?

昨日現れた湖に躊躇なくサクサク歩いて入って行ってしまったおじさんはこの湖の神だったのかもしれない?!

近隣の社が軒並み標高13メートル。ゆえに海とか湖説なのだが。 どっちにしても地形に対する先人の知恵というか。確かに超絶妙に冠水を避けてるもんね
http://mishimasatoyama.web.fc2.com/page234.html?fbclid=IwAR2HCES522rE5ZvmE8_MZOsJFkQmouoKEdGUmIW5czcIF7vJhuwtxk1NW7o

家とか買う時、地名とかだけじゃなくてこういうのも参考にしたら確実だね。



標高を色分けしてみてみたら



おお!現場を見に行ったのと見事に一致するぜ。

やっぱり消防署は1番に水没だぜ(ダメだろそれ)

場所によって多少水の溜まり方が違うから水際が一律標高ではないけど。

なるほどねぇ。

ウチ(地図上白矢印)がギリギリなのは変わらんけど。
(ギリギリ持ちこたえたのも納得)

湖畔の店だなw



引きで見ると



太古は海だった説もこう見ると、

ほーなるほど。


そして湖とか、河がのたうち回るのも、何なら今や水がたまるのも当然だ。

ポンプ無かったら大雨で完全に水たまりだな。人が住めるのはやっぱ文明の力だな。

 

トリッカー用新パーツ?

片手間に成形


片手間に離型



片手間にカットして


片手間じゃちょっと無理なので多少集中してステー作って取り付け



泥除け?なんていうの?BMWのGSとかについてるののイメージなんだけど。

思ったよりかっこよくなかったな。

跳ねは減ると思うけど。


で、買ってからやっと800キロぐらいなのでそろそろ初回1000キロ点検を

と思って初回点検のお知らせを見ると

ええ!


登録から50日以内?

なんてこった。150日経ってるじゃん。

50日目なんて300キロぐらいしか走ってなかったんだから点検必要か?

まあ、仕方がない。買ったディーラーに電話して聞いたら、「そんな事よりそろそろ6か月点検だぞ。」って。

まあ、別にどっちにしても法定点検は自分で出来るんだけどw

試しに、6600円で他所の仕事の様子を買ってみた。



外したシート、床にそのまま置いちゃってるね。。



高いところに置くと落下破損の危険はあるが。

床の方がシートより硬いからシート傷ついちゃうじゃん?汚れちゃうじゃん?シートだから場合によっちゃ破けちゃうじゃん?うっかり踏んじゃうじゃん?なのだが。

お客さんもそういうの気にしない人が多いお店なのかな。

人によっちゃメカニックの工具が床に置いてあるだけでも発狂レベルらしいから人それぞれだけど。

人の振り見て我が振り何とか。ではあるのだが。

新車屋さんなんだけど。

これに限らずなんだけど、世の整備士の給料が上がらないわけだ。

お客が払いたがらんから安売り合戦ってのもあるけど。

付加価値で仕事したいもんだ。


点検の後は冒険。

高潮、強風注意のコンディションなんだけど。


 

体幹トレーニング?

キレイに砂利ひかれてて、走りやすくなってる。


登ってみる。下ってみる


砂地難しい。

一気に走り抜けてしまえば行ける気もしなくはないが、手前で埋まるか向こうで埋まるかの違いなので手前で引き返した。
駆動輪が埋まるのも厄介だが、転舵輪が全く効かないのは困る。
この程度普通に行けるクロカン四駆ってスゲーな。

消波ブロックって現地生産なんだ。知らんかった。運んでくるんじゃないんだ。


砂と砂利でテスト完了



あとは泥? 多分、ストリートアイテムだと思うからヘビーデューティーまで検証しなくてもいいと思うけどどうかな。

潮風と、塩交じりの砂浴びたので錆びる前に洗車


そろそろオイル交換しなくちゃw

タブレットの電池が死にかけで、

さっきまで100%近く表示と思ったら突然、電池残ありません。って強制OFF。

何かのソフト(アプリか)が電気食ってんのかなと思って初期化してみたりしたけど変わらず。

死にかけっていうより電池死んでんじゃん。

充電差してないと使い物にならなくて不便なので、(モバイルバッテリーとセットで邪魔)

機種変更か。と思って電話屋行ったら、それはおかしいだろ。な説明不足な対応だったので、機種変更やめて、通信会社も変更。

今使ってるのがものすごく気に入ってるわけでもないけど代わりの適当なのも無いので、電池交換。

便利な世の中で、電池だけ売ってるところがあって簡単に買える。


で、分解。


組み立て。

案外簡単に交換出来たね。

ついでにストラップホール追加。


スマホってストラップ通すところないんだってね(スマホは持って無いから知らない)。

このタブレットもないけど。(前のタブレットはあった)

なんでないんだろうね?そりゃ落とすだろ。有った方が便利だと思うんだけどそうでもないのかね?


コレでもうしばらく使えるな。

御殿場から上がって山中湖で待ち合わせて、ふじてんのヤマハのイベント見て、富士宮に下って帰ってきた。

ツーリングか?

その前に、年末の冒険に向けて着々と仕様を変更中。

車高を下げてみた。

ビフォー


アフター


車高下げた分、スタンドもショートに(ショートにしなくてもひっくり返りはしないけど)




ビフォー


アフター


風よけ用にスクリーン装着。

メーカーにトリッカー用ってのは設定が無いが、セロー用はある。
トリッカーとセローは基本中身同じなので使えるはず理論で取り寄せて取り付け。
微妙に違うんだけど見込み通り使える。



で、コレだと目的に対してスクリーン面積が少ないので、汎用品の大きめの板(スクリーン)に交換。

(不格好だけど仕方ない。さすが安物、板の平面度透明度が純正とは比べ物にならんレベルで質が低いぞ。見えるけど)

電源取り出し。



電源ソケット取り付け


USB電源確保。入出力電圧、消費アンペアも表示されるソケットだから電源管理も兼ねて。


という仕様変更の走行確認を兼ねて、

YAMAHA Motorcycle Day 2019の様子見に。

一体今のバイク市場、現状はどんななんだろうか?という市場調査ですな。


で、出かけそうそう、伊豆縦貫

左追い越し無謀運転のヴィッツに殺されかける。何でこうなるかな?
 
善良に制限速度+で走行車線をキープレフトで走っていたのだが。
前は開いてるが後ろも同じペースでそこそこの距離で淡々と走っていたいたのに。それとは関係なくいきなりかすめてくるヴィッツ。
轢かれるかと思った。
バカか。ってかバカ。
見えないんか?やっぱでっかいのに乗らないとダメ?250ccぐらいじゃ自転車だと思われるのか?
広角で撮ってこの距離だからね。
殺人未遂だろ。。
コレ、ぶつかっちゃってこっち死んでカメラも無かったら「バイクが飛び込んできてぶつかった」とかなっちゃうんだろうな。
死ぬのは仕方ないとして濡れ衣は許さんので、リヤカメラ付きのドラレコを発注した。


ギリギリ死ななかったので、続行。

対象の信号待ち待ち特殊車両の誘導車、1台やり過ごしてなぜかオレの前に。

あのヴィッツもそうだけど、この日オレ、半透明とかだったの?見えないの?


御殿場回ると変なクルマを路上で見かけて面白い。


山中湖畔のコンビニで同行の同業さんと合流し、現地へ

もう何が何だか


現地


駐車場は既にいっぱい(ここは3パレット目)




受付するとステッカーとスタンプラリーのとワッペン。車種名書いて見える所に貼れと(共通の趣味の人見つけやすいように?)


 

集合写真?


有名モトブロガーと有名人?



いろんな出店






いろんなもの売ってんだな。グッズがなかなかいい感じ










全車展示


食べ物屋もいろいろ


ピザ窯内臓!




現地ふじてんはスキー場。

雪のない季節は斜面で自転車?本気のやつ?レンタルもあるの?
へえいろいろあるんだな。






グラススキー??


ベンツなの?





そしてむかーし、駐車場(↓)でダートラやってたから思い出深いんだけど

初優勝はココ

来場車チェック




この手の大きいのと、大きさに限らず遠方ナンバーが結構いたね


ヤマハのイベントだから。ヤマハ偽装かwおもしろいね。


じゃ、行ってみようか、とユーザーを連れ出すイベントとしては正解かもね。

様子が見れたので、朝霧下りつつ

北海道感?富士山映っちゃうね


富士山周遊


むかし、単なる広場でこそ連広場だったけど。聞きつけて集まっちゃってパワーも上がって荒れちゃったから?きっちり整備されたね。


自転車置き場が洒落てる。ってかここまで自転車で上がるの?マジ?


で、裾野下って帰着。

富士山1周、市場調査ツーリング。
(付けた部品の走行確認含む)

バイクが思ってたより相当多かった。結構走ってるんだな。

168キロ走って燃料消費3.6L なかなか走るぜ。

車高下げたことによる変化はほぼ誤差、問題なし(若干曲がらなくなった気がするけど)足つきよくなって安心感はアップ。

スクリーンは風よけにはなるが乱流の元でもある。乱流でハンドル揺れる。カウルはステアリング留めじゃなくてボディ留め(車体留め)が理にかなってる。

ミシュランのクロスなんとかかんとか。

覚えられん。



欧州ではもう何年も前から市販してて、何なら他のシリーズ減らしてこれがメインになりつつあるとか無いとか。

これに限らずオールシーズンタイヤってのがメジャーらしいが。

凍った道がメインになる日本の冬には若干合わないので(雪はいいけど氷はダメ)日本だとあんまり日の目を浴びてないんだけど。

やっと日本にも導入(ちょっと前からね)だそうで、

面白そうだから?

全天候、全路面対応がウチの基本コンセプトだから、導入。

使ってみないとどんなかわからないし人にすすめられないからね。
秘蔵のパイロットスポーツ初代(もはや観賞用。02年製)をホイールから外して


組み込み




クロスクライメート+ 

近所走ってみた。

ショートインプレ(乗車時間は短いが文は長い)

走りだして数十秒、第一印象は、スーパーナチュラル!コレだよコレ!コレがミシュラン!な、非常に癖が無く、過敏さもなくリニア。

追い舵も不自然じゃないしきっちり効く、リヤの追従が遅れることもなく、腰砕けるようなヨレもない。

回転方向だけじゃなく、横断面方向も丸い!

何ならエナジーシリーズより腰があるし、パイロットシリーズのようなタウンスピードでのあいまいさもない。プライマシーシリーズほどの落ち着きはないが、車重が軽くなったかの如く軽快。

初めてユーノスロードスターに乗った時のような軽快感覚、無駄に挙動を出してみたくなる衝動。

走行ノイズが劇的に少ないわけでもないが、スーパースポーツからの変更比較なので格段に静か。
静かというより高周波になったのでこもらず気になりにくなっただけかもしれないが。
路面によってはスタッドレスもしくはラリータイヤのような(表現が難しい)響いてしまう音域の音が出るのが気になるが。(PSシリーズには無い音の状況)

ちょっとペースを上げて山道、ブロックの高さから来る砕けは皆無。
タイヤハイト、サイドウォール、ブロック剛性がすべてシンクロ、まるで一体に、あとからサイドが砕けるとか、ブロックがよれるとかちぐはぐ無し。

全部の剛性がバランス。操作入力に対して遅れも過敏もなくゲインもレスポンスもナチュラル。

荷重が足りないタイヤ、荷重がかかりすぎたタイヤは滑る、という大原則が手に取るようにわかりちゃんと路面とタイヤと対話できる。

やみくもに粘着力を上げてドライバーの操作を受け付けない、操作にかかわらず、操作ミスすら気が付かせず何もなく曲がるハイグリップタイヤとは一線を画す。

グリップレベルは、正しく荷重をかけて瞬間的にはPS3程度か?と思わせるが、実ピークはそれほど高くも長くもない、何なら低い。

最近のハイグリップに慣れてしまうとともすれば滑ってアブナイ!とレッテルを張られてしまうかもしれないが、グリップピークを過ぎても一向に路面を離す気配なく穏やか、グリップコントロールは完全に運転手の手の内w

通常ブレーキングは何ら違和感も過不足もない。

RX-8程度のトルクだと駆動トラクションで何か起こるようなこともない。
トラクションかけても抜いても挙動が変わるようなタイヤ変形も感じられない。

ハードブレーキングはブロックが大きく縦溝メインデザインなタイヤに比べたら明らかにブロックのたわみ大きく、制動立ち上がり遅れが感じられ止まる気がしないが、その一瞬だけでその次の瞬間からきっちりブレーキ能力を路面に伝える。

ただ、ブロック細かいタイヤ特有の「ジャー」という音(スタッドレスタイヤ的な)も伴うので、うわータイヤ減る!滑る!と、ちょっと心配になる。

止まるとはいえ、ハイグリップ系と比べて同じとはいかない。

スタッドレスやM&Sタイヤに比べれば、ブロックがたわみ切った後の安定感は雲泥。

しかし、フロントでフルMAXグリップ出てるブレーキ中の荷重が抜け気味のリヤに関しては荷重がかかってないタイヤは滑る。の法則にきっちりしたがう。
そこは運ちゃん、もしくはABSちゃんとVSAちゃんに頑張ってもらおう。

とはいえ、リズミカルに走るにはその挙動も引き出しとして使えるので非常に楽しい。

スポーツ走行向けのタイヤではないので、ガッツリペース上げてアスファルトにペッタリ走るには速さ方向に効くものは全くないので人によっちゃ酷評だとは思うが、振り回すにはとってもナチュラルで楽しさしか無い。

何ならタイヤの使い方の勉強に最適。近年まれにみる最適。

タウンスピード+αはドンピシャで、そりゃもうこれしかないでしょ。エナジーシリーズの立場どうしてくれんだ?ってぐらい。
(同じ車で同じサイズで走ってないのでそこまで言い切れるかって言うと、クルマによっては、逆転もあるかとは思うが)

パイロットシリーズが想定車速が高すぎて、その速度まで行かないとおいしくない。ってのがもう少し想定速度低いところでおいしい。
(速度上げたらダメというわけではなくて。速度上げてもたわみ量もレスポンスもそれほど変化せず安定安心の同一フィール。160キロ超えとかは知らない←PS4かPSS履いてくれ)

まあ、考えてみればXIC3とかでも今回のこの程度のペースで山をすっ飛んでいけるわけだから、そう考えると色々微妙ではあるが、さすがにブレーキグリップはスタッドレスの比ではなく、タイヤたわみのバランスもコレの方が断然イイ。

スポーツ系のかっつり飛ばしたい車種に合うかって言うとおススメ度50%くらい(公道限定)。

コンフォート系の静かに走りたい車種に合うかって言うとおススメ度60%くらい。

ライトウェイト系のちょっと飛ばしたい、速さとタイムは気にしない。という向きにはおススメ度70%ぐらい。

雪シチュエーションゼロならどれもパイロットスポーツ3履いておけば外さないよ!なので、無理にコレじゃなくてもなのだが。

突然の雪やルート上に雪の可能性がある状況が考えられて、履き替えず夏タイヤ性能もしっかりで通年使えるという意味ではまさにトータルバランスで、これ一択。

思ったよりいい!。しかし、ゆえに、タイヤ買い替え時に銘柄選択がさらに難く。

そして減らない(ロングライフ)ことになってるけど、ジャージャー鳴くし、明らかに角減るし、すぐなくなっちゃいそうだけどどうなの?ホントに?


ウェットでどうかな?

雨降ったらまた走ってみようw
(っていうか、8はコース行くとき以外はコレ履きっぱなしにするけど)