新型コロナウィルスワクチンの接種が、現実味を帯びてきました。





ワクチンや特効薬を待ち望んでいたのに、実際は躊躇する人が多数いらっしゃるようです。
私もそうでした。
突貫工事のように焦って開発されたものであり、副反応が怖いからです。





しかし、味覚・嗅覚障害や脱毛といった深刻な後遺症についての報道が増えてくるにつれ、やはり打ちたいと思うようになりました。
「コロナ後遺症専門外来」なるものの開設も始まっています。





コロナで危惧するのは、
①感染して亡くなる事
②感染して周りに迷惑をかける事
③重症化して後遺症が残る事
④ワクチンを打って重大な副反応が出る事

私はこれらが怖いのですが、
ワクチンを打つことで、当面①②③が避けられる可能性が高いのであれば、得られる効果は大きいとも言えます。
(あくまで一般人の私見であり、愚見かもしれません。)





ワクチンを打つ人も打たない人も、引き続き感染対策をしっかり行っていきましょう。
未来のことは誰にもわかりません。
後悔がないように、日々を大切に過ごしていきましょうクローバー