人間の二大デザイン【前者後者論】を伝導しているふんわり風船星

認知・心理カウンセラーで量子場調整師のむかえです


自己紹介 

▶お遍路日誌 徳島高知愛媛香川こぼれ話

▶量子場的あれこれついて感想日誌

▶前者後者について(1.基本編 2.機能編 3.世界観・コミュニケーション編 動画書籍

 

【イベント最新】

■前者後者
クローバーきほん編講座(ZOOM)

10/15(木) 10:00~12:00 @zoom
10/25(日) 10:00~12:00 @zoom

クローバーテーマトーク会(ZOOM)

*10/7(水)13:00~14:00 テーマ:好みのタイプ

 

■【量子場調整】観察術講座(ZOOM)

クローバー10/17(土)12:00~15:00+10/31(土) 10:00~13:00

クローバー11/22(日)+11/29(日)各10:00~13:00

 

 

★前者後者のことでもなんでも質問お題受け付けます~

これって関係ある?/こういうことで困ってます/本のここがわからないのですが・・・/こんなこと考えたんですけどむかえさん的にどう思います?/東大ってどうやって入るの

 

質問されるのは好きなので些細なことでもどぞ~

ポスト 質問箱

 

*****************

 

 

最近読んだ、

興味深い記事を3つ紹介したい・・・・!

 

 

▶自閉症の子供は津軽弁を話さない?

 

▶前者後者とも関係ある? 声の秘密~整数次倍音と非整数次倍音

 

▶日本語には主語がないー自然も言語

 

 

 

 

 

自閉症の子供は津軽弁を話さない?
 

 

 最近Facebookで紹介されているのを見たこちらの記事

 

 

 

 

すげー興味深い…!

 

 

 

ある日、町の乳幼児健診から帰ってきた心理士の妻が、ビールを飲みながら自閉症の子どもって津軽弁しゃべんねっきゃ(話さないよねぇ)」と言ってきました。


 障害児心理を研究する私は、「それは自閉症(自閉スペクトラム症:ASD)の独特の話し方のせいだよ」と初めは静かに説明してやりました。

 

 

しかし妻は、話し方とかではなく方言を話さないのだと譲りません。

 やり取りするうちに喧嘩になり2、3日は口を利いてくれませんでした。こちらも長年、その道の研究職であるつもりでしたから、たとえ妻でもこんな意見は聞き捨てならず引くに引けません。

 
「じゃあ、ちゃんと調べてやる」

 これが思いがけずその後十数年にもわたる「ことばと心の謎」に迫る研究のきっかけだったのです。

 

 

 

(私の投稿の)コメントについた内容も興味深い。

 

 

 

>アスペルガーですが、方言はコテコテです(要約)

 

おー。詳しくないけど、自閉とアスペルガーはしっかり別の現象なんだなあ。

 

 

 

>回りにそういう人がいなかったにも関わらず、家族とも英語でしかしゃべれない子の話聞きました。日本語は難しいと言っていたそうです(要約)

 

 

どうやって覚えたんだろう。。。グラサン

 

 

 

※ちなみに世界比較でも

日本は非言語度合がめちゃ高い(言わないで共有=察しない方に責任)文化で、

英語は逆の、言葉の上だけで会話する度合いがめちゃ高い(言って共有=言わないほうに責任)文化だそうで

 

 

 

社会性認知の関係・・・。

 

 

謎は残っていますが、でも確かに

 

自分の感覚でもわかる気がするし、

出会った方の印象からも納得するものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

前者と後者の歌声の違いの謎はこれか?
 

 

何回か記事を書いていますが

私はプロの歌手の歌声を2パターンに聞き分けられます。

(素人はまだサンプル小。なぜ”プロの”なら聞き分けられるかというと、一流は生まれ持った個性で勝負している・せざるを得ないから)

 

 

 

たぶんそれが

前者と後者に対応している!

 

 

 

のではないかと思っているのですが

 

 

https://ameblo.jp/mukae-443/entry-12408338311.html?frm=theme

 

 

 

 

 

 

 

 最近Facebookでれーなさんが紹介していた

この記事が興味深い。

 

 

 

基音(もっとも低い周波数の、基準の音)

に対して

 

 

 

その基音の倍数の周波数を持っているのが

倍音。

 

 

実際の音はいろんな周波数の倍音が絡んでるのですが

 

 

で、その倍音には

その音の「振動数」が基音に対して

 

 

整数倍のもの/整数次倍音

非整数倍な不規則なもの/非整数次倍音

 

の2つがあるそうです。

 

 

 

 

 

基音にこれらがどう混ざるかで

 

 

 

・どちらも少ない

 

 

 

・整数次倍音が多い

→ 艶、ギラギラした感じ、カリスマ性、荘厳さが出る

 

例:

黒柳徹子、郷ひろみ、浜崎あゆみ、タモリ

(非整数もそれなりに含むが)アンジェラ・アキ

(さらに非整数含むが)Mr. Childrenの桜井和寿

 

 

 

 

 

 

非整数次倍音が多い

→ カサカサした風のような音、親密さ、重要性

 

例;

森進一、八代亜紀、青江三奈、宇多田ヒカル、スガシカオ、桑田佳祐

(整数次倍音もそれなりに含むが)平原綾香、CHAGE and ASKAのASKA

(さらに整数次倍音も多いが)MISIAや中島美嘉

 

 

 

 

 

・どちらも多い

美空ひばり(どちらも群を抜いて多い)

 

 

 

 

 

おおー真顔真顔真顔

 

 

 

 

これは・・・!

前者後者がけっこうくっきり分かれているような!!!!

 

 

 

 

 

私は声の拡散(後者)収束(前者)を聞き分けているのですが

これと関係するのかな?

 

 

 

関係はありそうだな?

(非整数次倍音が親密性というのは「距離」を近づける=収束方向なわけだし)

 

 

 

 

 

ただ・・・・私の聞き分けでは

 

ミスチルの櫻井さんは前者だし(あとわかりずらいけどアンジェラアキも)、

中島美嘉は後者なんだけどな・・・。

 

 

 

 

うーむ。

本人に正解を聞きたい( ̄▽ ̄)

(でも櫻井さんは前者っぽいよねー)

 

 

でもこれだけ傾向があるというのは、関係はありそうだよなあ。

 

 

 

あ、ちなみに私の聞き分け的には

美空ひばりは後者。

 

 

でも整数も非整数もどっちも多いというのはわかる気はする。

めちゃバランスしている感じなんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然音に対する反応

 

 

上の記事の中でさらに興味があった部分が

 

 

1つは、「日本人の脳」(角田忠信著、大修館書店 、1978年刊)という本により発表されたものだ。

人間の脳は、「一般的に左脳が言語を司り、右脳が空間・音楽の認識などを行う」と言われてきた。

 

ところがこの著者の研究によって、日本人と西欧人では、音の種類により、反応する脳の部位が異なることがわかったのである。

 


 たとえば、感情音(泣、笑、嘆、甘)、自然音、鳴き声(動物、虫、鳥)、邦楽器に対し、西欧人は右脳で反応し、日本人は左脳で反応している

 

これらの音はみな、自然界にある音であり、「非整数次倍音」を適度に含んでいる。

言い換えれば

これら自然音を日本人は、言語としてとらえ

西欧人は単なるとしてとらえているとも言える。

 


 つまり、日本人が「鈴虫」の声にひかれ、哀愁を感じるのは、この音を左脳で言語としてとらえているのが原因だと言えるだろう。これは、私たちが虫の羽音を「声」と表現することからも容易にうかがえる。

 

 

 

 

ほほーーーー!びっくりびっくり

 

 

 

 

 

 

 

これに関してはちょうど、

 

 

 

知人に紹介されたこちらの動画の

この方(山本哲士さん)という方が言っていたことにもつながるなあと。

 

 

 

日本語には本来主語はな

 

 

 

この話自体は、翻訳者の方が言っているのは何度か読んだことあって

「そうだよなあ」とか思っていたけど

 

学者でも言っている人いたのね。

 

 

 

 

 

ごっつすぎて心が折れそうなんですが

この人の著書(※素人が手を出してどうにかなる本ではない)

 

 

 

の冒頭でも引用されていた話も印象的で

 

 

 

 

古い日本語は「自然物はすべて人であって、なにか語ると、その言葉はそのまま自然物にちゃんと通じる」(むしろそうならざるを得ない)

 

それは比喩ではないのに、今では比喩とされる

これは吉本ばななのお父さんの吉本隆明の引用として紹介されていましたが。

 

 

なんて話がありましてね。

 

 

 

 

 

これってさっきの

 

 

これら自然音を日本人は、言語としてとらえ

 

 

 

にそのままつながらないかなと!

 

 

 

 

例えばこんな詩や

古池や 蛙飛び込む 水の音

(芭蕉)

 

菜の花や 月は東に 日は西に

(与謝蕪村)


 

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり・・・・

(平家物語)

 

 

 

 

・・・・・なんてのも、

それだけで何事か描写してますものね!

 

 

 

 

これの裏付け的にも興味深い話だ。

 

 

 

 

ピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハート

 

 

 

だからなんだ、て話でもないですが

紹介までです!

 

 

 

 

 

■直近のイベント関連


▶こんな方は・・
星前者後者を人にも説明したい(ついでに簡単な資料がほしい)

星1回ちゃんと体系的に聞いてみたい!
星自分てどっち?どうやって見分けるの?

10/15(木)10:00~12:00, 10/25(日)10:00~12:00



*希望者に書籍プレゼントor 購入者割引あり
*ユニバ受講生/再聴講/サロン会員割引あり




▶こんな方は・・・・
流れ星前者後者は大まかには知っている
流れ星前者後者の話を気楽にしてみたい

流れ星時間が空いている


次回 10/7(水) 13:00~14:00 @zoom
次回テーマ:好みのタイプ

サロン会員無料



■【量子場調整】観察術講座(オンライン)

キラキラ量子場調整って何?
キラキラ意識の力を体験したい(誰でもできるってほんと?)

キラキラ日常で使える便利な技術を知りたい


クローバー10/17(土)12:00~15:00+10/31(土) 10:00~13:00

クローバー11/22(日)+11/29(日) 10:00~13:00

*12月の新規も募集中
*再聴講無料
オンライン開催がアカデミーで解禁になりました

 

*********


☆前者後者サロンメンバー・ユニバ卒業生主催イベント
【前者後者オンラインお茶会】
日時:10/18(日) 14:00~16:00
主催:みちる(前者/ユニバ仕事編講師)

https://www.facebook.com/events/1645527565627324/

 

 

 

 
 
 
■常設メニューはこちらから


 

<個人セッション系>
自分調律セッション

羅針盤プログラム

<前者後者単独>
1on1レクチャー 120分
前者後者判定メール

 

講座系
観察術講座 
量子場師認定講座 (3days)


 

◆予約可能日時/場所
営業時間: 9:00~20:00終了

遠隔:ZOOM/電話
対面:三田線 白山駅  徒歩5分 / 又は南北線  本駒込駅 徒歩7分
 (レンタルサロンのサロン・ド・ソフィアさん ⇒ 地図

 

 

?メニューやイベントに関する質問など → メール


  ※現金、お振込み、pay-pal(クレジット決済)可能です。
  ※男性も歓迎ですよ^^


 

▷前者後者の立ち寄り処!

 

 

★前者後者の書籍発売中です!

 

イラストby ねむりさん

 

 

★リアル書店(主要販売店)リスト

東京関東関西その他全国

★直販もうれしいです♡→ こちら

★Amazon → こちら