木の実きのまま~気楽にmtg~
長崎県五島市にて、マジック:ザ・ギャザリング、アナログゲームで遊ぶ友人募集中です。
市内在住の方で、興味がある方は是非ご連絡ください。
MTGは「リミテッド」「構築」、なんでもござれ。
アナログゲームは各種取り揃えてございます(-_-。)

ちなみに、MTGリミテッド戦は参加費なしカードはレンタルで不定期に開催中です。
直近イベント→毎週土日 シールド/ドラフト、スタン構築、統率者などーです。
magikai510@gmail.com    (@゚ ー゚ )ノシ 連絡まってまーす
05月の予定表はこちらをクリック!
2018年度遊んだランキングはこちらにまとめております(。。))"
  • 15Jul
    • ボドゲ羅列:50音順

      久しぶりに編集した記事を載せてるなあ。去年の今頃につけ始めた「ボドゲ羅列」ですが、テキストの量が多すぎて制限くらってしまったので、急遽わける編集をする必要がでてしまいました(-_-。ボドゲ多すぎ!(お前のせいだ。ということで、今後のチェックもしやすいように改善はしなきゃなんだけど、とりあえず、記事を「あ~わ」行でまとめてみました。系統については、ホビージャパン様、ボドゲーマ様のタグ、Hammer Worksさんの「ゲームの系統分け」を参考にさせていただきました。うまく把握できてないため、勝手にちょこちょこ追加してますので、見づらくしちゃってたらごめんなさい(>_<。)分割したので、雑感やらを足していこうかなあと準備中。書いたり書いてなかったりまばらだと思いますがご了承をば(-_-。◆「あ行」 ICECOOL / アイスクール AGRECOLA / アグリコラ ABALONE / アバロン AYA / アヤ: 河巡る旅 イッチャエッテ Inferno / インフェルノ UNO / ウノ Ubongo / ウボンゴ ESCALATION / エスカレーション Last Will / おかしな遺言◆「か行」 KATAMINO / カタミノ CATAN / カタン CARU UTA / 狩歌 Carcassonne / カルカソンヌ Catch the moon / キャッチ・ザ・ムーン Super Rhino! / キャプテン・リノ CAMEL UP / キャメルアップ 究極の選択 -いい質問だ!- KILL DOCTOR LUCKY / キルDrラッキー 19.5周年 Kingdomino / キングドミノ Quarto / クアルト 小早川 COYOTE / コヨーテ quoridor / コリドール◆「さ行」 The Game: Extreme / ザ・ゲーム エクストリーム Der Fliegende Hollander / さまよえるオランダ人 SECRETS / シークレット: 米ソ諜報戦 The Pyramid's Deadline / 死ぬまでにピラミッド Seasons / 十二季節の魔法使い 新キングオブトーキョー Too many Cinderellas / シンデレラが多すぎる STRIKE / ストライク Steam Park / スチームパーク Zany Painguins / ぜいにぃ・ぺんぎんず CENTURY / センチュリー:ゴーレム ZOGEN / ゾーゲン ゾン噛まPARTY!◆「た行」 DICE FORGE / ダイスフォージ Time Bomb / タイムボム TAGIRON / タギロン DUNGEON OF MANDOM Ⅷ / ダンジョンオブマンダム8 DiXit / ディクシット DemonWorker / デモンワーカー Telestration / テレストレーション TOMATOMATO / トマトマト DOMINION / ドミニオン DOMEMO / ドメモ◆「な行」 Nuggets / ナゲッツ Run, Fight, or Die! / 逃げゾンビ NEW Lost Legacy / ニューロストレガシー Fluch der Mumie / 呪いのミイラ◆「は行」 BOUNCE OFF / バウンスオフ Raj/Hol's der Geier / ハゲタカのえじき Battle Line / バトルライン Eight-Minute Empire / 八分帝国 HALLI GALLI / ハリガリ Barbarossa / バルバロッサ Dancing Criminal / 犯人は踊る ファンクラブ会長になろう!(仮 Verräter / フェレータ Between Two Cities / ふたつの街の物語 Feuville / フューヴィル FLUXX / フラックス Blokus TRIGON / ブロックス・トライゴン PAPER TALES / ペーパーテイルズ Splender / 宝石の煌き POISON / ポイズン◆「ま行」 Maghic: the Gathering / マジック:ザ ギャザリング Mascarade / マスカレイド Machi Koro / 街コロ MAFIA de Cuba / マフィア・デ・クーバ(キューバのマフィア) DAS MAGISCHE LABYRINTH / 魔法のラビリンス MONOPOLY / モノポリー◆「や行」 勇者は一人で戦えない!◆「ら行」 RA / ラー Rhein: River Trade / ライン川 リバートレード LAST NIGHT ON EARTH / ラストナイトオンアース ティンバーピーク Rummikub / ラミィキューブ Trailmazer / リング迷路 Che, Red Dragon in2 / レッドドラゴン・イン2 Lotus / ロータス◆「わ行」 Word Basket / ワードバスケット Word Porters / ワードポーターズ Raise your Gobleets / ワインと毒とゴブレット 渡る世間はナベばかり ONE NIGHT WAREWOLF / ワンナイト人狼だんだんと増えていくんだろうなあ。。

      5
      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「WA」

      50音順、「わ行」です。現在 5種類!◆わ行・ワードバスケット /Word Basket人数: 2~8人用系統: ワード、カード(微)、リアルタイム、パーティゲームデザイン: 小林 俊雄(Toshio Kobayashi)オススメ人数⇒ 4人~・Word Porters /ワードポーターズ人数: 3~6人系統: クイズ、コマ配置、パーティゲームデザイン: 林 尚志(Hisashi Hayashi)オススメ人数⇒ 5人以上☆ボドゲ初心者オススメ☆・ワインと毒とゴブレット /Raise Your Goblets人数: 3~6人用 ※~12人用ルール有系統: コミュニケーション、記憶、ブラフゲームデザイン: ティム・ペイジ(Tim Page)オススメ人数⇒ 4人~・渡る世間はナベばかり /Wataru seken ha NABE bakari人数: 2~10人用系統: 記憶、カード、(リアルタイム)ゲームデザイン: 中村 誠(Makoto Nakamura)オススメ人数⇒ 4人~・ONE NIGHT WAREWOLF /ワンナイト人狼 ×3人数: 3~7人用系統: コミュニケーション、ロールプレイング、ブラフゲームデザイン: 奥井 晶久 (Okui Akihisa)オススメ人数⇒ 5人~

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「RA」

      50音順、「ら行」です。現在 7種類!◆ら行・RA / ラー人数: 2~5人用系統: 競り、タイルゲームデザイン: ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)オススメ人数⇒ 4、5人・Rhein: River Trade /ライン川 リバートレード人数: 2~5人用系統: 経済、コミュニケーションゲームデザイン: マルコ・カネッタ(Marco Canetta)、ステファーニア・ニッコリーニ(Stefania Niccolini)・LAST NIGHT ON EARTH /ラストナイトオンアース ティンバーピーク人数: 2~5人用系統: 協力プレイ、ロールプレイング、カード、ダイス、ゾンビゲーゲームデザイン: ジェイソン・ヒル(Jason Hill)オススメ人数⇒ 5人・Rummikub / ラミィキューブ人数: 2~4人用系統: ハンドマネジメント、パズルゲームデザイン: エフライム・ヘルツァノ(Ephraim Hertzano)オススメ人数⇒ 4人・Trailmazer / リング迷路人数: 2人用系統: アブストラクトゲームデザイン: ・Che, Red Dragon in2 /レッドドラゴン・イン2人数: 2~4人用系統: カード、経済ゲームデザイン: クリフ・ボーム(Cliff Bohm)、ジョフ・ボットーネ(Geoff Bottone)、コリーン・スカッドル(Colleen Skadl)オススメ人数⇒ 4人・Lotus / ロータス人数: 2~4人用系統: カード、陣取りゲームデザイン: ドミニク・テリエ(Dominique Tellier)オススメ人数⇒ 4人

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「YA」

      50音順、「や行」です。現在 1種類!・勇者は一人で戦えない!人数: 2~4人用系統: カード、ロールプレイング、ブラフ、交渉ゲームデザイン: ルカオススメ人数⇒ 4人

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「MA」

      50音順、「ま行」です。現在、6種類!◆ま行・Magic: The Gathering / マジック:ザ ギャザリング人数: 2~8人(基本1vs1)系統: カードゲームデザイン: リチャードガーフィールド(Richard Garfield PhD)中学生時代、あの頃はUS(今はUSG)とUL(ULG)がメインの時だったなあ。後輩に誘われてどっぷりと浸かったカードゲームの空間に毎日胸をときめかせてました。大学で離れて、10年後に復帰、ミラディンの傷跡(SOM)あたりのボックスを購入して、あまりのパワーの違いにすごい鳥肌立てたのは覚えてます。アナログデジタル合わせても、このゲームは私が一番遊んだゲームですね。ボドゲに手を出してから、メインゲームからは離れてしまったけれど、新しいボックスを買いながら、まだまだみんなとリミテッド戦を楽しんでいます。・Mascarade / マスカレイド人数: 2~13人系統: ブラフ、記憶、カードゲームデザイン: ブルーノ・フェイドゥッティ(Bruno Faidutti)オペラ座の怪人の映画で、マスカレード、って曲がありまして。同名のゲームを店舗で見つけてしまい、気が付いたらレジに並んでた。第一印象ってだいじ!正体隠匿の中でも、記憶力が大事なゲームですね!記憶力に非常に自信のない私が大の苦手にするゲームです(おいっ。でも、みんなの記憶も曖昧だったら、いくらでもウソがつけるので、記憶力がよくなくったって遊べるんだーい(開き直り。・街コロ /Machi Koro ×2人数: 2~4人用系統: 経済、ダイス、カードゲームデザイン: 菅沼 正夫(Masao Suganuma)オススメ人数⇒ 4人ざっくり、交渉のなくなったカタン、て例えたらわかりやすいけれど、ダイスに左右される運要素もたっぷりなゲームです。カードに書かれた数字をダイス目で出せばお金がもらえる方式で、「自分のターンにだす」「人が出してももらえる」「人が出したら奪える」なんて大きく3種類の要素があるので、施設のそろえ方でゲームが変わりますね。パーティゲーム要素も強いので、~6人まで出来たらうれしいなあ、なんて思ってるゲームです。・MAFIA de Cuba /マフィア・デ・クーバ人数: 6~12人系統: 正体隠匿、コミュニケーションゲームデザイン: ロイ・ラミ(Loic Lamy)、フィリップ・デ・パリエール(Philippe des Pallieres)・DAS MAGICHE LABYRINTH/ 魔法のラビリンス人数: 2~4人用系統: 記憶、迷路、ダイスゲームデザイン: ディルク・バウマン(Dirk Baumann)オススメ人数⇒ 4人・MONOPOLY / モノポリー人数: 2~8人用系統: 交渉、経済、ダイスゲームデザイン: エリザベス・マージー(Elizabeth J. Magie (Phillips))オススメ人数⇒ 3人~

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「HA」

      50音順、「は行」です。現在 16種類!◆は行・BOUNCE OFF / バウンスオフ人数: 2~4人用系統: アクション、パーティオススメ人数⇒ 4人・Raj / Hol's der Geier / ハゲタカのえじき人数: 2~6人用系統: 競り、カードゲームデザイン: アレックス・ランドルフ(Alex Randolph)オススメ人数⇒ 4人~・Battle Line / バトルライン人数: 2人用系統: カード、陣取りゲームデザイン: ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)・Eight-Minute Empire / 八分帝国人数: 2~5人種類: コイン、陣取り、ドラフトゲームデザイン: ライアン・ラウカット(Ryan Laukat)・ハリガリ / HALLI GALLI人数: 2~6人用系統: パーティ、カードゲームデザイン: ハイム・シャフィール(Haim Shafir)・Barbarossa / バルバロッサ人数: 3~6人用系統: 粘土、クイズ、ダイスゲームデザイン: クラウス・トイバー(Klaus Teuber)オススメ人数⇒ 3~4人・犯人は踊る /Dancing Criminal人数: 3~8人用系統: ブラフ、カードゲームデザイン: 鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)オススメ人数⇒ 4人~☆ボドゲ初心者オススメ☆・ファンクラブ会長になろう!(仮人数: 2~4人種類: カード、ブラフゲームデザイン: 日高広大・Verräter / フェレータ人数: 3~5人(本家ドイツは~4人、日本語版は~5人)種類: カード、ドラフト、ハンドマネジメント、同盟ゲームデザイン: マルセル=アンドレ・カサソラ・メルクル(Marcel-Andre Casasola Merkle)・ふたつの街の物語人数: 1~7人種類: タイル、ドラフト、協力ゲームデザイン: ベン・ロゼット(Ben Rosset)、マシュー・オーマレー(Matthew O'Malley)・Feuville/フューヴィル人数: 2~4人種類: ダイスゲームデザイン: ウド・ペイセー(Udo Peise)・FLUXX /フラックス人数: 2~6人種類: カード、ハンドマネジメントゲームデザイン: アンドリュー・ルーニー(Andrew Looney)、クリティン・ルーニー(Kristin Looney)・Blokus TRIGON / ブロックス・トライゴン人数: 2~4人用系統: アブストラクトゲームデザイン: ベルナール・タビシアン(Bernard Tavitian)オススメ人数⇒ 4人・PAPER TALES / ペーパーテイルズ人数: 2~5人用系統: ドラフト、ハンドマネジメントゲームデザイン: 上杉 真人・Splendor / 宝石の煌き、宝石の煌き:都市人数: 2~5人用系統: 経済、カードゲームデザイン: マーク・アンドレ(Marc André)・ポイズン/PISON人数: 3~6人用系統: 逆競り、カードゲームデザイン: ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)オススメ人数⇒ 4人~

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「NA」

      50音順、「な行」です。現在 4種類!◆な行・Nuggets / ナゲッツ人数: 2~4人用系統: 陣取り、タイル配置ゲームデザイン: クリストヴァルト・コンラート(Christwart Conrad)オススメ人数⇒ 2、3人・Run, Fight, or Die! / 逃げゾンビ人数: 2~4人用系統: ダイス、ゾンビゲーゲームデザイン: リチャード・ローニアス(Richard Launius)オススメ人数⇒ 2人~・NEW Lost Legacy / ニューロストレガシー人数: 2~4人用系統: カード、ブラフ、推理ゲームデザイン: 木皿儀 隼一(Hayato Kisaragi)、            カナイセイジ(Seiji Kanai)オススメ人数⇒ 4人・Fluch der Mumie / 呪いのミイラ人数: 3~5人用系統: 戦略、ダイスゲームデザイン: マルセル=アンドレ・カサソラ・メルクル(Marcel-Andre Casasola Merkle)オススメ人数⇒ 4~5人

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「TA」

      50音順、「た行」です。現在 10種類!◆た行・DICE FORGE / ダイスフォージ人数: 2~4人用系統: 戦略、ダイス、カードゲームデザイン: レジス・ボネッセ(Regis Bonnessee)オススメ人数⇒ 4人・タイムボム/TIME Bomb人数: 2~8人系統: ブラフ、招待隠匿、カードゲームデザイン: 佐藤 雄介(Yusuke Sato)・TAGIRON / タギロン人数: 2~4人用系統: 推理、記憶ゲームデザイン: 倉橋 良平(Ryohei Kurabashi)オススメ人数⇒ 3、4人・DUNGEON OF MANDOM / ダンジョンオブマンダム人数: 2~4人用系統: ブラフ、記憶、カードゲームデザイン: 上杉 真人(Masato Uesugi)オススメ人数⇒ 4人・DUNGEON OF MANDOM Ⅷ / ダンジョンオブマンダム エイト人数: 2~4人用系統: ブラフ、記憶、カードゲームデザイン: アントワーヌ・ボウザ(Antoine Bauza)、上杉 真人(Masato Uesugi)オススメ人数⇒ 4人・DiXit / ディクシット ×2人数: 3~6人用系統: コミュニケーション、カード、ワード、パーティゲームデザイン: ジャン=ルイ・ルビラ(Jean-Louis Roubira)オススメ人数⇒ 4人~・DemonWorker / デモンワーカー人数: 3~4人用系統: コマ配置、カードゲームデザイン: 黒田 尚吾(Syogo kuroda)・Telestrations / テレストレーション人数: 4~8人用系統: コミュニケーション、お絵かき、パーティ、ドローイング(描画)オススメ人数⇒ 6人~・TOMATOMATO / トマトマト人数: 3~6人用系統: パーティ、言葉遊びゲームデザイン: ・DOMINION / ドミニオン ×10人数: 2~4人用(~6人可)系統: カード(デッキ構築型)、戦略ゲームデザイン: ドナルド・ヴァッカリーノ(Donald X. Vaccarino)オススメ人数⇒ 2人(真剣勝負~)、4人(わいわい)・ドメモ / DOMEMO人数: 2~5人用系統: アブストラクト、記憶ゲームデザイン: アレックス・ランドルフ(Alex Randolph)、ピー・ハルヴァー(P. Halvah)オススメ人数⇒ 2人(真剣勝負~)、3人~(わいわい)

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「SA」

      50音順、「さ行」です。現在 13種類!◆さ行・ザ ゲーム エクストリーム人数: 1~5人種類: カード、協力ゲームデザイン: ステファン・ベンドルフ(Steffen Benndorf)・さまよえるオランダ人 /Der Fliegende Hollander人数: 3~6人種類: カード、競り、貿易、ブラフゲームデザイン: クラウス・トイバー(Klaus Teuber)・SECRETS /シークレット:米ソ諜報戦人数: 4~8人用系統: 招待隠匿、ブラフ、カードゲームデザイン: ブルーノ・フェイドゥッティ(Bruno Faidutti)、エリック・ラング(Eric M. Lang)・The Pyramid’s Deadline / 死ぬまでにピラミッド人数: 2~6人用系統: タイル配置、ダイスゲームデザイン: 佐々木 隼(Jun Sasaki)オススメ人数⇒ 4人~・十二季節の魔法使い / Seasons紹介記事⇒【ボドゲ】十二季節の魔法使い人数: 2~4人用ゲームデザイン: レジス・ボネッセ(Regis Bonnessee)系統: 戦略、カード、ダイスオススメ人数⇒ 4人・新キングオブトーキョー  ×2人数: 2~6人用系統: ダイス、カードゲームデザイン: リチャード・ガーフィールド(Richard Garfield)オススメ人数⇒ 4人・シンデレラが多すぎる /Too Many Cinderellas人数: 2~4人用系統: カード、推理ゲームデザイン: ドウゲン ノブタケ(Nobutake Dougen)、シマムラ ナオ(Nao Shimamura)オススメ人数⇒ 4人・STRIKE / ストライク人数: 2~5人用系統: ダイスゲームデザイン: ディーター・ニュッスル(Dieter Nüßle)オススメ人数⇒ 4人・Steam Park / スチームパーク人数: 2~4人用系統: 経営、ダイス、リアルタイム、ドラフトゲームデザイン: アウレリアーノ・ブオンフィーノ(Aureliano Buonfino)、ロレンツォ・シルバ(Lorenzo Silva)、ロレンツォ・トゥッチ・ソレンティーノ(Lorenzo Tucci Sorrentino)オススメ人数⇒ 4人・Zany Painguins / ぜいにぃ・ぺんぎんず人数: 2~5人用系統: 戦略、カードゲームデザイン: ブルーノ・カタラ(Bruno Cathala)、マシュー・ランバン(Matthieu Lanvin)・CENTURY / センチュリー:ゴーレム人数: 2~5人用系統: カード、ドラフトゲームデザイン: エマーソン・マツウチ(Emerson Matsuuchi)・ZOGEN / ゾーゲン人数: 2~6人用系統: リアルタイム、アクション、パーティゲームデザイン: ・ゾン噛まPARTY!人数: 3~6人用系統: カード、パーティゲームデザイン: 株式会社ケンビルオススメ人数⇒ 4~6人

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「KA」

      50音順、「か行」です。現在 14種類!◆か行・KATAMINO / カタミノ人数: 1人用系統: パズルゲームデザイン: アンドレー・ペルリオラ(André Perriolat)・CATAN / カタン人数: 3~4人用系統: 交渉、ダイス、カード(微)ゲームデザイン: クラウス・トイバー(Klaus Teuber)オススメ人数⇒ 4人・狩歌 / CARU UTA紹介記事⇒【ボドゲ】狩歌人数: 2~8人用系統: ワード(音楽)、リアルタイム、パーティゲームデザイン: サグイネル(Xaquinel)オススメ人数⇒ 3人以上☆ボドゲ初心者オススメ☆・Carcassonne / カルカソンヌ人数: 2~4人用系統: タイル配置ゲームデザイン: クラウス=ユルガン・レード(Klaus-Jürgen Wrede)オススメ人数⇒ 2人(真剣勝負~)、3,4人(わいわい)☆ボドゲ初心者オススメ☆・catch the moon / キャッチ・ザ・ムーン人数: 2~6人用系統: アクション、パズル、パーティゲームデザイン: ファビアン・リパード(Fabien Riffaud)、フアン・ロドリゲス(Juan Rodriguez)オススメ人数⇒ 4人~・Super Rhino! / キャプテン・リノ人数: 2~5人用系統: アクション、カードゲームデザイン: スコット・フリスコ(Scott Frisco)、スティーブン・ストランプフ(Steven Strumpf)オススメ人数⇒ 4人~・CAMEL UP / キャメルアップ人数: 2~8人用系統: ギャンブル、ダイス、バッティングゲームデザイン: シュテッフェン・ボーゲン(Steffen Bogen)オススメ人数⇒ 4人~・究極の選択 -いい質問だ!-人数:3~6人系統: クイズ、パーティゲームゲームデザイン: ヴラーダ・フヴァチル(Vlaada Chvátil)・KILL DOCTOR LUCKY / キルDrラッキー 19.5周年人数: 2~8人用系統: カードゲームデザイン: ジェームズ・アーネスト(James Ernest)・Kingdomino / キングドミノ人数: 2~4人用系統: タイル配置ゲームデザイン: ブルーノ・カタラ(Bruno Cathala)オススメ人数⇒ 4人☆ボドゲ初心者オススメ☆・Quarto / クアルト人数: 2人用系統: アブストラクトゲームデザイン: ブレイズ・ミュラー(Blaise Muller)☆ボドゲ初心者オススメ☆・小早川人数: 3~6人用系統: 競りゲームデザイン: 佐々木 隼(Jun Sasaki)オススメ人数⇒ 4人~☆ボドゲ初心者オススメ☆・COYOTE / コヨーテ人数: 3~6人用系統: ブラフ、競り(逆)、パーティゲームデザイン: スパルタコ・アルバタレッリ(Spartaco Albertarelli)オススメ人数⇒ 3人~☆ボドゲ初心者オススメ☆・quoridor / コリドール人数: 2、4人用系統: アブストラクトゲームデザイン: ミルコ・マルケシ(Mirko Marchesi)オススメ人数⇒ 対戦!:2人 わいわい!:4人☆ボドゲ初心者オススメ☆

      テーマ:
    • ボドゲ羅列:50音順「A」

      50音順、「あ行」です。現在 10種類!◆あ行・ICECOOL / アイスクール人数: 2~4人用系統: アクション、おはじき、パーティゲームデザイン: ブライアン・ゴメス(Brian Gomez)オススメ人数⇒ 4人店舗で見つけた時に、「なんだこのペンギンゲームは?!」と衝撃が走ったのを覚えています。縦長で、とりあえず目立った。スマホでYoutube動画見つけてみた時には既に財布の中身を気にしてましたね。ざっくりおはじきアクションゲームですが、カードゲームばかりあった私のゲームの中で、アクションゲームが新鮮で、一時期は毎回一回はやってましたね。今でもたまに取り出して遊んでます。 ・AGRECOLA / アグリコラ人数: 2~4人系統: コマ配置(ワーカープレイスメント)、カードゲームデザイン: ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)重めゲームの定番、ですかね。本格ゲームでは最初に買ったもの、かな。最初まったくわけがわからないままに時間が過ぎて、点数なんて全然取れないよー!からスタートしましたが、慣れてくると人との場所取りで妨害しながら楽しく遊べました。初回は省略型で遊ぶのがいいんだろうなあ。雑感書いてる今現在はまったく離れてたから、付き合ってくれる人が集まったらゆっくりじっくり遊びたいですねー。・abalone / アバロン人数: 2人用系統: アブストラクトゲームデザイン: ミシェル・ラリット(Michel Lalet)、ローレント・レヴィ(Laurent Levi)自分が高校生くらいのときだったかなあ。弟が親に購入を求めたゲーム、だったはず。ボドゲというより、オセロ型の対戦ゲームの認識で(間違ってないけど)、遊んでみるとシンプルながらに熱く対戦出来たので、オセロとかトランプで遊んでた頃にちょっと違うゲームとして楽しんでた覚えがあります。すっごい久しぶりに取り出して、ちょこっと今の友人らとも遊んでました。・AYA / アヤ: 河巡る旅人数: 2~5人用系統: 協力、リアルタイムゲームデザイン: オリヴィエ・グレゴワール(Olivier Grégoire)、ティボルト・クィンテンズ(Thibaut Quintens)ドミノ倒しゲームです。キングドミノをやった時から、「ドミノ倒ししたい!」って心の中にあって、きっと楽しいドミノゲームがあるはずなんだ、と探してて見つけたゲーム。まさにドミノゲームだったけど、やることはちょこっと複雑だった。当たり前ですが、集中力が肝ですねー。なんだかんだでまだ20点弱しか取れてなかったはず。いつかはリベンジするのだ。・イッチャエッテ人数: 2人以上系統: 推理、リアルタイム、パーティゲームデザイン: てぃ~くらぶたまたまネットで紹介記事を見つけた時に、ポチった記憶がある。たまにわいわい騒ぎながら楽しんでいるので、後悔はしてない。自分に与えられたキーワードを制限時間内に何回言えたか競うゲームですが、人にキーワードがばれてはいけない制約がなかなか大変。というより、「別のゲームしながら遊びましょう」っていうのが当たり前ですが難しい!今のところ、ドミニオンとか、ブロックスとか、ワンナイト人狼やりながらもやったかなあ。集中力が続きません!・・まあ、そんなところを楽しむゲームだと思ってみんなで笑って遊んでますけどね^^・Inferno / インフェルノ人数:3~7人系統: カード、バースト、トリックテイキングゲームデザイン: ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)つくりは非常にウノに似てる。これが第二版になるのかな、デザインが一新されてます。・・遊びに来るのがほぼ野郎どもだったのでいいかなーで購入したけど、うーん、第一版探して購入したほうが気にせず遊べたかな。大人な身としては、子供らと一緒にやったり、子供の前では遊べないなあ、ととらえちゃう。ゲームとしてはシンプルで分かりやすくて楽しいよ!・UNO / ウノ人数: 2~10人系統: カード、ハンドマネージメントオススメ人数: 4~5人ゲームデザイン: マール・ロビンス (Merle Robbins)初めてウノをやったのっていつなんだろうなあ。でも、ネットで調べれば様々なところで書かれているけど、UNOの正しいルールを知らない人が多すぎる!・・まあ、購入前の私もそうでしたけど。2枚置きとか、ドローツー返しとかできなかったんですねー。むしろ「チャレンジ!」っていうシステム聞いたことなかったんだけどなあ。人数多いときにわいわい騒ぐのに使ってます。そういえば、UNOってイタリア語だと思ってたのですが、フランス語だったんですね。。まさかの第二弾が発売される話がでて、DUE、じゃなくてDOSだったことに、私は衝撃が走りました。・Ubongo / ウボンゴ人数: 2~4人用系統: パズル、リアルタイム、パーティゲームデザイン: グルゼゴルツ・レヒトマン(Grzegorz Rejchtman)オススメ人数⇒ 3人以上☆ボドゲ初心者オススメ☆ウボンゴ!って叫ぶよりも、うわーぎゃーわかんねー!ってとりあえず騒いでる時間が長い。ぱぱっとわかるものはわかるのに、気づけないものは本当にドツボにはまります。そこがこのゲームの楽しいところで悔しさを感じるところですね。ボドゲイベントの時に、小さな子が「これ楽しい!」って遊んでくれたのがうれしかったなあ。一緒に遊んでて、子供らに負けるんですよね、、ちくしょー!・ESCALATION / エスカレーション人数: 2~6人系統: カードゲームデザイン: ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)オススメ人数⇒ 4人~インストが簡単で、初めての人もすぐにわかって楽しめる、わいわいがやがやパーティゲームですね。ゲームで百戦錬磨を目指す!的なものとしては向いていませんが、集まった人で小時間つぶしにはすごくもってこい。・・というか、10分程度のつもりが何度も遊んで1.5時間とか遊んでたし。。・Last Will / おかしな遺言人数: 2~4人系統: ワーカープレスメントゲームデザイン: ウラディミール・スーヒィ(Vladimír Suchý)謳い文句が素敵だったので購入したボードゲーム。「お金持ちのおじさんが死んだ バンザイ!」親族亡くなって喜ぶなー!って心の中では叫びつつも、しょっぱなから興味を持っていかれた。おじさんの遺産を受け取るために、遺言通り、手持ちのお金を最初に使い切った人の勝ち、なゲーム。ゲーム勝敗には書かれていなかったけど、このゲームは、1位はそれでいいとして、もうすぐで1位になれたのに!で終了してしまった2位が最下位だと思う。無駄遣いして結局使い果たして、遺産も受け取れないなんて大惨事だよ!はした金なんて思わずにちょこっと配られた遺産で満足すればよかったんだ!うわーん!(よく二位になるやつの戯言。

      テーマ:
  • 09Jun
    • 【まじかい】存続してるよ!連絡

      こんにちはー。仕事と私ごと、どっちが大事かなーって、いやほら言わなくてもわかるでしょーっ。ふふ(壊。優柔不断な私は、どっちも捨てることは出来ない、です。という事で、ボドゲ連絡は一旦周り落ち着くまでちょっと保留っ。ごとたまの話から書けてない(>_<)ごとたまには参加して来たんだよ!だけは書いておこう。Kさん分含めて色々かんたんゲーム勢揃い。実際のお話は今度書くとして、実のある時間で楽しめたことだけは記しておきます。さあご飯食べたら仕事片付けて、私ごとに突入でけるようにきばるぞー。以上、潰れてないよ報告でした。

      4
      テーマ:
  • 26May
    • 【まじかい】05/25:ボドゲで遊ぼう会

      遊べますかーってお声がかかるのは喜ばしいことです。お暇してるのです、と、2名から声がかかって、臨時ボドゲ会開催してました。ちょうど、木曜何もしてなかったから、出来るといいなあなんて思っていたところ。というのも、遊んでみたかったククのルールを確認したら、少数でも出来るじゃーんって思ったからなんだけど。という事で、3人でクク21。2回ほど遊んだのだけど、お金多いと長引くかなーって思って、とりあえず10cで。汝亡びよ!って言ってたら勝った!ゲーム進行は、すごく簡単でわかりやすい感じ。パーティゲームですもんねー。勝ち負けよりも、わいわい楽しむことが趣旨。人数は4人以下だと遊べない・面白くない、じゃなくて、3人よりも4人、5人と人数が増えた方が、盛り上がりが大きいんだなーってのは理解。引き運が大きいけれど、カウンティングや相手の顔色を確認して進める事で、多少なりとも勝ちを引き込めそうです。久し振りに、引き運が良いゲームだったなあ。サクッと終わっちゃったので、2戦目は、通常の15cスタートにしてみた。それでも運良く勝利しちゃったけれど。今度は道化が毎回ラストに来るっていう状況で、2回も集まったお金をいただいちまったぜい。今度は、人数が多い時にやってみたいですね!同じタイミングで増えたベアヴァレーを一回。前回は簡易ルールでやってたので、今回はキャラクターや物を使って遊んでみました。Kくん→ クマ怖いSくん→ 水欲しい私 → 高所恐怖症とデメリットを持った状態でスタート。メリットもあったけど、デメリットの方が目立つ感じ。吊り橋登れなくて、悪戦苦闘してた(-_-。なかなかゴールにたどり着けず、Sくんが颯爽とゴールにたどり着き終了〜。ふむふむ。ゲーム的には理解したから、こっちも、次は人数増やしてわいわい遊びたいですね!来週の土曜日は、田舎町というか離島で物珍しい、同人誌即売会開催ですよ!https://ameblo.jp/goto-tama/page-9.html※五島オタク祭「ごとたま」ブログ即売会で交流会!コスプレやらアトラクション(なぞプレ)やら、ミニ四駆、ボードゲーム交流会までやってます!去年、外せない予定があって参加出来なかったんだ(>_<)前回は、日高の代わりに日高ボドゲが参加してました。ブログ見る限り、そして参加者の声を聞く限り、えらい楽しそうなお話ばかり聞こえて来たので、島を離れていた自分はちょっとばかし発狂してたぞー。今回のごとたまは、ボドゲスタッフとしてご参加させていただきます^ ^教えてー、一緒に遊ぶ( ̄▽ ̄#)〜♪今回は、主催者さん側で、ほぼほぼ遊ぶゲームを用意してるので、私が準備するゲームは少数だけど。メインは、即売会参加の絵師さんたちの作品!読むのが好きな人も書くのが好きな人も、ぜひぜひ参加して交流してくださいませー。コスプレして撮影、ミニ四駆を滑走、ナゾプレに参加して楽しむのもいいでしょうー!で、落ち着いた頃にでもボドゲコーナーに立ち寄って、ぜひボドゲでも楽しい時間をお過ごしください^ ^宣伝もしたし(だれが見るんだろ)、これで私のスタッフ仕事は終了ですね!当日はあーそーぶーぞー(うぉぉぉい)

      2
      テーマ:
  • 20May
    • 【まじかい】ボドゲで遊ぼう会

      今日ものんびりーって思って出かけてたら、「今から行きますー」って連絡きて(13:00)、13:00に家にいない私。連絡してるのに馬鹿たれですね!という事で3人でわいわい。時間帯→ 13:20-18:20参加者→ 3名ちょうどね、このゲームどうかなーって品物見てる時だったので、慌てて購入して帰宅するっていう。ベア・ヴァレー。キャンプ場に最初にたどり着いた人の勝ち!英語で色々書いてたから、フレーバーがよくわかってない。何故か、キャンプ場に先についた人の勝利!でも熊から逃げなきゃいけなくて、タイミングによってはゲームオーバーになる。あれ、キャンプに来たんだよ、ね?右上のキャンプ場を目指してたのに、3人で迷走しまくってた。クリアした時は、迷走の跡がたらふく残ったあと。ほぼ運ゲーだよ!って書いてたけど、これはこれで簡易戦略は必要そうだった。一番近いのはキャントストップかなあ。また次回遊んでみましょう。長めのゲームやりたいーって私が騒いでいたので、カードゲームのコンパクトさでなかなか時間を使うフェレータを。今度こそまともに遊ぶぞーって遊んでみた。なるほど、遊び方はカードゲームだから、カード好きははまれる要素が色々と見つかりました。カードはそこまでーな方が1人いたので、流石に連打はしなかったけど、勝つために裏切ったり裏切るふりしたり、ブラフもかけながら遊ぶのは楽しいゲーム。気に入ってくれた人たちで、何回か連打でやって楽しむのが向いてるゲームかなあ。Sくんが持ってきたブレイドロンドでも、ちょこっと遊んでました。これはカードゲーマー仕様ですねー。それもリミテッド大好き人間仕様。Sくんが「説明するの大変!」て言ってたけど、カード慣れしてない人は説明聞くのも大変だからなあ。ゲームバランスはもうちょいやらないとわからないけど、色々とコンボチックな動きもできて楽しかった。カードゲーマーは、というか私は欲張りなので、追加パックが欲しくなっちゃうなあ。ゲームに合うかどうかがわからないけど。なんだかんだで色々と騒ぐことができて満足。来週もまた人が集まって楽しめるといいな!ということで、仕事も頑張りつつ、またみんなで騒ぎましょう〜。

      テーマ:
    • 【まじかい】ボドゲで遊ぼう会

      と言いながら、今回はドラフトしよーって急遽呼びかけて、4人集まったのでドミナリアドラフト!参加者→ 4名時間帯→ 20:00-26:00超久し振りにドラフト!パック剥くところからってのもだけど、CUBEあるけど、ウィンストンばっかりだからね!月一か隔月くらいでドラフト日作るかなあ。そういえば、写真遅れてとったけど、3パック目、1周回った自分のパック。みんな白やっとらんのかーい!べナリア史、素敵なカードなのに。。赤緑で除去のためにタッチ白か黒かなーでピックしてて、除去がなかなか集まららず、3パック目から白に手を出したけど、今見ると、詩人もいて、美味しいパック!白転向ありだったかなあ、でもクリーチャーあんまりいなかったんだけどなあ(-_-。))3周したら取る気でいたけど、流石に戻ってきませんでした。1パック目で赤緑マルチがレアとアンコ揃ったので、ウィザード探しながらピックしてたんだけど、言うほど赤にはいませんねー。白除去入りのビートしてた。総当たり戦で、結果は2-1。全勝できなんだ(>_<)今回のれあー。一回、デアリガズに襲われたのがびびったかなあ。ウルザの殲滅破は2パック目の自分のパックから。だいぶ悩みながら、伝説のクリーチャー多めの自分のデッキにはきかーん!って流した。まだタッチ考えてなかったけど、あそこでピックしてたらべナリア史に進んでたかなあ。トルガールsは自分も対象にできる、僧侶クリーチャーだったんですね!Sくんが自分に使ってライフを戻そうとしてたので、慌てて直接火力で焼き払ってやったわ!ベルゼンロック典礼もいい仕事してました。というかこれにやられた(>_<)0/1トークンは殲滅したけど、ライフが相手より少なくて飛行でボコボコにされたー。色々剥いたので、CUBE素材は色々出来たかなー。12時過ぎてから、延長戦何かしたければやるよーって言って、3人でロータスしてました。このゲームは3人対戦が一番バランスいいんかなあ。長老も強過ぎず弱過ぎず、かと言ってないと困るから早めに欲しい。でも枚数増量や、無限成長も捨てがたい。人数によって思考が変わるのは面白いなあ。人が集まったら、他のゲームも一番楽しい人数確認していきたいね!。。まあ、主観ですけど。また人が集まった時に騒ぐぞー!

      1
      テーマ:
  • 18May
    • 05/17:ボドゲで遊ぼう会

      『平日誰か来ないかなー。 誰も来なかったらふて寝してやるー!』ってメンバー連絡したら1人来てくれた^ ^ココロヤサシイメンバーダコト。参加者→ 2名時間帯→ 21:30-24:00参加したのはSくん。最初にちらほらオリジナルのゲームの話をしつつ、2人プレイナゲッツをやりたいんだよねーって言って、対戦してみました。このゲームは少数の方が楽しいですね!2人プレイで楽しいゲーム探してて、ナゲッツいいよー的な記事を見かけて購入したけれど、なるほど、コレはなかなか頭を使う、アブストラクト気味のゲームです。4人だとパーティゲーム感があったので、求めてたのとちょっと違うなーって思ってたんだけど、2人でやると、白熱する!アブストラクトと言い切れないのは、相手のタイルが裏なので、思考読みが必要なところ。枝で切り分ける時に、最低4マス区切りなので、複数個置いたら勝ちだろうと思ってるプレイヤーに対し、「じゃあ3を1個置けば勝ちかな?」って紛れ込ませると、実は2、2で負けた!とか、数字が高いナゲット付近に5を置いて、間違いなく取ったな!って余裕かましてたら、枝によって分けられて、微々たる差で取られた!とか。大きな8点はでかい数字で奪いに行くだろうことを、逆手にとって小さな数字を確保してもいいし、戦略はなかなか多い。私の場合、1をたくさん並べてドヤ顔してたら、8マス以上繋がってたので分断されて、無駄なタイルが放置される結果にもなったり。あれは悔しい!2回ほど遊んだけど、ゲームとしてはどっちも勝利しました。強い人は強いだろうなあ。コレはごとたまに持っていっても良いかなーって考え中。先週盛り上がった「ロータス」。「(ざざっと説明して)長老がむちゃ強い。 長老なしで勝てる方法探し中なんだー。」なんて言ってたら、Sくんが最後まで長老取らずに勝利しよった(>_<)このゲームも2人と4人はゲームが違う!ナゲッツと比べて、4人の時も戦略ゲーム感が高かったけど、2人の時は有利になる戦略が変わりますね。長老よりも枚数や使用制限解除だった。。ムッチャ戦略負けでした(-_-。Sくんは少数で終わる花を次々と完成させて、枚数の多い花びらは交換。くくく、交換すればするほど、先に使い切る事が出来ないんだぞー、ハマったな!私が罠にハマりました(。。)))Sくんは無限成長によりガンガン小さな花を完成させて、私はなかなか完成しない、揃わないので虫を配置して、結局完成時の守護虫が1足らずに特殊解放出来ず。。みたいなやり取りが多々あり、結果、Sくんが先に山札を使い切ってぶっちぎられた(>_<)2人ゲームは思いっきりカードゲームだった!考えた人凄いな!ドローって、カードゲームでは無茶苦茶大事なリソースだけど、山札下に入れる事をデメリットと感じてしまい、私は躊躇してしまったんだけど、Sくんは開始直後から後半戦を読み取って、いい感じに蓮の花びらを後ろに入れて、後半もがっぽり獲得していくっていう。考えの浅さが身に染みたぁ。。。1時間程度時間もまだあったので、mtg 、ドミナリアCUBEウィンストン。レアをちょこちょこ仕入れたので、知らないカード出るぞーってワクワク遊んでました。必死こいて勝ちを目指してたら写真撮り忘れた(>_<)新しくカードを追加したのはいいけど、伝説のソーサリー使いたかったのに、まだアンコモンが種類少ないから、伝説のクリーチャーが出ない出ない。赤メインで先に攻めるデッキ作ったら、Sくんは時間稼いででかいので殴るデッキだったので、戦略有利に2-0でけた。でもベルゼンロックとかトラクソスとか、でかいわっ!mtgはドミナリア地方に戻ってきて、ちょと熱が戻ってきてます。カード整理をぼちぼちしながら、イクサランとかカラデシュとかのCUBEを準備したり、以前から準備してたブロックも、完全スリーブ化しようと整理しているところ。半永久的に遊べるセットがあれば、きっと毎日が楽しいよね!色んなゲームで騒げるように、準備、整理は進めるぞー。またわいわい騒ぎましょう〜。

      1
      テーマ:
  • 13May
    • 【まじかい】05/12:ボドゲで遊ぼう会

      土曜日は会社の飲み会があったので、スタート遅れるーって思ってたのですが、終了が20:00になってて、まあ飲みでよくある話で30分ばかし延長したけど、いつも通りの21:00に間に合いました(>_<)偏食の私としては、色々と食べれるものが並んでて美味しかった。今回は男性陣多かったのもあって、話しやすかったですねー。飲みの話は置いといて。参加者→ 4人時間帯→ 21:00-24:302人で楽しめるものってウチにあんまりないなあって、探してた時に「ナゲッツいいですよ!」って記事見つけて、名前は知ってたけど簡単ゲームどうなのかなって、避けてた感じだったんだけど、手を伸ばしてみました。実際には2-4人で遊べるゲーム。4人の場合はチーム戦で、って書いてたけど、最初は説明と感覚養いのため、個人戦にしてみた。多少ルール間違ったまま遊んでたっぽいので、ルール把握しとかなきゃなあ。自分の札を置くか、仕切りの枝を二本置く、を繰り返すゲームなんだけど、区画は4マス未満にはならないようにしなきゃいけないみたいで、ただ、誰も置いてないところは大丈夫かなって、高得点のナゲッツを囲むように枝で区切ってた。恐らくコレは駄目だったんだろうなあ。チーム戦の時は、2vs2だけど、得点の書かれた面は仲間にも見せちゃいけないので、得点高めに起きすぎたとか、相手に期待して失敗したとか、仲間うちでもわいわい言葉が飛び交って楽しかったです。チーム戦は戦略で勝ったーと思ったのに、相手の方が得点持ってって負けた(-_-。単純ゲームって思ってたけど、頭かなり使う感じのゲームだった。もひとつ、気になってたロータスを。「ロータスって何?」「ブラックロータス。。」「あー、花びら、だったっけ。」←日高「ハスって書いてる。」はい、知ったかでした(>_<)mtgのカード名言われて、水蓮の花びら出てきて、なぜ花びら側を選んだのか。。ブラックロータス花びらじゃなくて花じゃんー!まあ、そこは置いといて。花びらを並べて行く様は、見た目がとっても綺麗で素敵な感じ!完成すると、即枯れて人の手元に行くのも、儚い花の命といえば、哀愁漂っててフレーバーができてていい感じに聞こえる!(私だけかなあ。ルール眺めてる時に、現実にファンタジー入ってる感じで、入り込みにくそうって初見だったんだけど、やってみると直ぐに遊べて楽しかった!ゲームはそれぞれ4種の守護虫から1匹を選んで、花びらを完成させながら得点を競うゲーム。自分のカードに書かれた守護虫と、守護虫トークンを使いながら、完成した時に一番守護虫の数が多い人が得点を貰える。手札を最大4枚→5枚にする、とかの強化もあったりで、見栄えのいい花びらを眺めてるのもあって、遊びごたえプラスで楽しいゲームでした!守護虫が、チョウ、テントウムシ、トンボ、イモムシなんだけど、イモムシだけ幼虫なのが気になりますねー。それぞれ黄色、青、赤、緑で表してたけど、緑に該当する虫、他にないっけか。バッタとか。作った人の国にもよるのか。今回は2つのゲームだけで終了〜。やりたいことできたので、満足。また人が集まったらわいわいと騒ぎましょう〜。

      1
      テーマ:
  • 11May
    • 【五島ボドゲ部】いざ参戦〜

      Kくん主催のゴトウボドゲブ2回目〜。今回は連休明けの開催でした、オリジナルゲーム持って参加してきましたよー!05/10(木) 18:00-21:30参加者→ 10名私がついたのが18:30ちょい前くらい。お二人、1F廊下で待ってる人がいて、参加者だったので、挨拶〜。あれ、2F行かないの?「場所が変わったみたいで、どうしたらいいかなーと。」今回は活動スペースが変わっているみたい。あ、書いてるじゃん。写真撮ってラインに載せちゃえばいいよー。って事で、ラインに載せて報告し、いざ談話室なる部屋へ!自分の手持ちゲーム広げてみたら、やった事ないのばかりだーって言われたので、じゃあ、興味があるのしましょう〜って言って、選ばれたのがダンジョンオブマンダムⅧ。Ⅷになって色々増えてるけれど、まずは基本通りの遊び方からかなーと、騎士セットだけ取り出して遊んでました。説明前に1人増えたので4人で対戦!いざ、チキンレース!結構みんなで暴挙に突っ走りながら、クリアにたどり着かず全員瀕死になって行く始末。今回は1人でもクリアor死亡でやりましょう〜って言ってたけど、最終的にお一人帰らぬ人になってしまいました(-_-。んー、クリアしたかった(>_<)他にも、忍者とかプリンセスとかあるんだよー、敵も特殊なのいるんだよーって話してたら、興味持った方が「探して買ってみよう」って話してくれたので、をを、ここのボドゲ部に貢献したぞ!(ダイマ。ダンジョン潜ってる間に参加者増えてて、5、6人でポイズンで遊んでた様子。みんなで毒飲みチキンレースも楽しいよね!私はあのゲームまだ一位になった事ない気がするけど。。で、人数が10人わいわい集まったところで、Kさんが出張がてら掘り出してきたゲームで遊ぼうよ!って話に。遊ぼうーって話は聞いてたから、予習しとこうかなで探したんだけど、Muse、日本語で解説してるところなくて理解してない。。「ムッチャ簡単、でもクリアが難しい。」とKさんが説明しながら教えてくれる。ふむふむ。まずひと組2人以上の2、3チームに分かれるらしい。チームで頑張って得点を集める遊びで5点集めたら勝利。ゲームの遊び方はディクシットに似てる。まずは各チームに6枚のイラストカードと、2枚のヒントカードが配られる。それぞれ、答えカードとヒントカードを選んで、ミューズと呼ばれるそのチームの語り部に渡す。渡されたプレイヤーは、ヒントカードに書かれた通りのヒントの出し方で、チーム内のプレイヤーに答えのカードを伝える。そのあと、シャッフルしたあとで6枚のカードを並べて、残ったチームメイトで相談して回答を導く。カードは色々あるみたいだけど、ヒントがすごい多種多様だった。言葉だったら簡単だったけど、その絵を鼻歌で表現しましょう、がわからなかったね!すごい頑張ってフランダースの犬の鼻歌だったから、これだぁ!って選んだら、全く違った(-_-。3チームに分かれて遊んだんだけど、他2チームが問題、回答してたやつの1つがこちら。Sくんがミューズで、ヒントは「ちょうど3文字でヒントを出す」これってひらがな?漢字?濁点は??って会話が飛び交い、発音3文字でいいんじゃねって事で、「まじょ」って発言して見事正解をチームが当ててた。うちのチームは、問題はこの組み合わせでいいかなーって選んで渡してみた。両手で表現、ふふふ、難しいだろう。相手チームのミューズが、いとも簡単に、手で大きめのマルを描いて、少し移動して数回繰り返し、なんか丸いのが沢山あるのねってのが伝わって、開始5秒で当てられた。うわーん(>_<)私がミューズの時に出たお題がこちら。顔芸?!恥ずいをかなぐり捨て打て頑張りました!頑張った結果、チームメイト2名は悩みながら違うカードを最初選んだものの、最終的にたどり着いてくれた!むっちゃ恥ずいよ!でもゲームだもの頑張ったよ!下の岩がニヤケ顔だったので、にやけたあと、蒸気といえばポッポーっという独断で、目と口元で、ポッポーを表現してました。頑張ったんだよう(>_<)チームメイトが悩みながら違うので決めようとしてて、「ええ、もう一回見れないのー?」とか言ってて、外野から「やって貰えばいいじゃん」って。いやいやいやいや(>_<)恨むぜこのヒント作ったさくしゃー!まあ、盛り上がりやすく和気藹々と楽しめるゲームでした。楽しいゲーム見つけてくるなあ。ある程度、まともに画像を見せるのは初めてかな。そのあと、自分のオリジナルゲームに付き合ってもらいました。ファンクラブの会長を決めるゲーム。フレーバーとかはまあそのうち紹介するとして、握手券補助券を5枚集めて、握手券に変わるゲームで、アイドルA〜Dのチケット4種のうち、人より早く3枚の握手券を集めるゲーム。握手券補助券は一部公開が必要だけど、一部は裏向きに設置ができるので、ウソついてもいいのです。ただし、ダウト宣言をされると公開する必要があって、A集めの中で違うものを設置してたら、設置者が1回休み、正しい補助券だったらダウト宣言者が1回休み、で進むゲーム。補助的なイベントカードもあって、わいわいと楽しんでいただきました。説明不足だったり、まだ改善必要な部分はありますが、概ね遊べるように作れたぞー!って事で満足。ただ、ゲームの複雑さから、ごとたまデビューは難しいねーってことになりました。むう。ごとたまで出せることを目指してたのでちと残念。ちゃんと出来たらうちでも遊べるように置いとこう!とまあ、色々わいわい楽しんで、21:15頃から片付けして、終了。うちで遊ぶ時とは雰囲気違って楽しめますね!人が違うとこんあなんだなーって、楽しませていただきました。五島ボドゲ部は、毎月第1木曜に予定されていて、ふらっと参加が可能です^ ^興味持った方、ぜひ行ってみるといいですよ!平日の中頃ですが、ちょっとした気分転換になって翌日最終日を頑張れます^ ^来月もまたみんなでわーわー騒ぎましょう!

      1
      テーマ:
  • 09May
    • 【好き間sにて】アナログゲーム遊戯会〜

      遅くなったけれど。Mさん主催のアナログゲーム遊戯会に参加してきました。好き間sに遊びに行くの久しぶりだ〜。→13:00-18:00人数がまだ揃ってない間は、少人数のゲームを代わる代わるやってました。「それは俺の魚だ!」をやってたのですが、わかりやすく簡単でサクッと終わるところが素敵ですね!思わず、「ちょ、もう一回!」って言いたくなるゲーム。凄いなあ。ボードゲーム初めての方も混ざってたので、パーティゲームからスタートしました。ボブジテン。フレーバーも遊び方も素敵なゲームで、うちで購入するか悩みどころな一品です。そういえばボブジテン3出たとかあったなあ、うーん(悩正解の名前とカタカナを使わずに、他の人たちに正解を当ててもらうゲーム。語彙力が大事なんだけど、ボブ役の時に途中でカタカナ使っちゃうんだよね(>_<)「カナ駄目だよねー、カタカナダメかあ、うーん。。」はい、アウトでした〜(-_-。真剣勝負というよりパーティゲーム、わいわい騒ぐにはもってこいなゲームですね!そのあと、コードネームも2回ほど。人数が4人以上必要なゲームで、説明がちょっと大変だけど、分かると楽しい!以前遊んだ時に私的にビビッと来てて、亜種版でいいから欲しいなあって候補にあげてるゲームです。2チームに分かれて、更にキーワードを言う人、正解を探す組に分かれるけど、この正解探しが大変で、楽しい。見えてる単語を1つずつ選ぶけど、相手のを当てたら相手の点数になっちゃう。NGワードがひとつだけあるから、キーワードを出す人は、当たらないように言葉を選ぶけど、その頑張り虚しく回答組が「アレだー!」って当てずっぽうで行くことも多々。相手のキーワードとか聞こえるので、自分たちのと相手のとを聴きながら、推理していく楽しさがあります。私はチームメイトと扇動を今回楽しんでて、相手のキーワードを聴きながら、「あ、〇〇とか沿ってるんじゃない?」とか無理矢理な組み合わせで助言をして混乱させたり、無謀な当てずっぽうで回答を求めたりしてました。。。基本はちゃんと推理頑張ったんだよ?堅実に行くのも冒険に行くのも楽しい。言葉遊びで騒げるって、いやー人間の発明で言葉が一番の発明かもしれないと思う今日この頃。15:00以降は先に上がった人も出てきて、Kさんのオリジナルゲームとかしてました。某漫画のゲームで、知ってる人が勝ちよりもフレーバー優先で自爆したくなる作り。みんなで盛り上がれるパーティゲームでした。知らない人も入りやすいように作るか、知ってるファンをガッチリ掴むかのコンセプトによって、今後の調整が変わって行くのかなあ。赤ずきんは眠らないで、狼を撃退したり、ゾン噛までワクチン作ったりでわーわー騒いで、最後に、Mさん作成オリジナルゲームで遊んで終了。Mさんのゲーム、完成してましたね!素敵に競えるゲームになってて、フレーバーに味があって脱帽です。全年齢対象か、が議論を呼ぶところですが、そこがうん、Mさんゲーム!※全年齢対象ゲームも作ってるよ!楽しく遊ばせていただきました。私のオリジナルゲームも、もうちょっとでゲーム自体は完成して、製品化(売り出ししない予定だけど)をどうしようかなーまで進めたいとこですね。文字で表現してるところに、イラストつけるかなんだけど、絵は自分じゃ描けないからなあ(>_<)次回、もう明日だけど、ゴトウボドゲブがあるから、そこで私のゲームはテストしてもらおうー。今月バタバタしてるけど、でも休み頑張ってボドゲするぞー!皆さんのボドゲライフも楽しい毎日でありますよう!

      1
      テーマ:
  • 04May
    • 【まじかい】05/03:マジック遊戯会

      連打でマジックしてた。昼の部参加者→ 2名時間帯→ 14:00-18:302人かーとか言いながら、取り敢えず、ちょい前に間違って龍騎伝してたから、じゃあ今度こそ覇王譚を取り出してみた。いつも通りのウィンストン。お互いに全色使いつつも相手の方が上手やったー(>_<)Sくんのマルチクリーチャー勢に押されて1-2。最終的に飛脚にやられたのが悔しい(>_<)お互いに地上は固めてたけど、空から殴られるとどうしようもなかった。。夜に備えて新しいの開けちゃおうぜーって言う、よくわからない思考のもと、アモンケットのあまりを開けてウィンストンしてみた。ゾンビの大群作れるねーってのは覚えてたけど、この環境あたりからだいぶマジックから離れてたので、結構カード覚えてなくて新鮮だったなあ。レアは見たことあるーだったけど使ったことなくて。残念ながらボーラス様は出なかったけど。久しぶりに剥いたけど、神話レアが2枚でたなあ。上がSくん側、下が私。元々白黒で作ってたのに、緑赤出てきて、最終的に4色で作ってたらそりゃ負けるよなあ。なんて言い訳よりも、Sくんの噛み合いっぷりが凄かった。本人も認めたけど、このラインナップで一番使いたかったのは、間違いなく、大群の諜報だろうからね!。。うちのトークンが送還で消えていく。。夜の部は20:00スタートだったけど、すぐ人集まらず。時間帯→ 20:00-25:00参加者→ 2名→3名→4名2人の時間が長かったので、ちょっち宝石の煌きで遊んでました。ルール教えたらKさんが直ぐに飲み込んで、速攻でボコボコにされたことは黙っとこう、うん。3人揃ったし、Sくん遅れるって連絡きたし、いざドミナリア開封だー!4人になったけど、デッキできてるの2人だったので、先にKさんと対戦〜。相手は青赤、私はアブザン:白黒緑。伝説が多いこの環境、使って見たくて投じたカエルを飛行にして、えいやあで殴ってたら勝利!カエル強い!Sくんとの勝負は、天使対戦だったんだけど、コスト一緒なのにスペック高すぎって言われて、いやまあ確かに、シャライsの強さで圧勝してしまったけれど(-_-。手に入れてないもっと強い天使いるから!途中、1人デッキ改修してる間にUNOを一戦。久しぶりに勝利したなあ。なんとなく、4人対戦が始まって、いい感じに場を整えてたのだけど、Sくんの周りが良すぎて、詰んだなあって状態になって、「あ、直ぐ帰らなきゃいけなくなりました!」何故か詰みが解除されて勝利。デッキは白緑メインのカードを投入して、除去に英雄譚使いたいなあって黒を入れた3色。天使強かったけど、多勢の兜が仕事し過ぎだった。ラノワ量産したり、9/3量産したり。シャライsの2体目出た時は、相手がドン引きしてたもんなあ。そこまでに手を打てなかったという事で!環境は楽しいことはわかったので、ここは揃えたいなあって頭がすごい動いてるんだけど、はてさて、お財布は持つのか?!ドラフト戦も楽しみたいけど、CUBEできてからかなあ。。イクサランとドミナリアはどうにかしたい、うーん(悩み。何にしても久しぶりの複数人マジック楽しかったです。ボドゲも含めて、またわいわい騒ぎましょう〜!

      1
      テーマ:
topbanner

プロフィール

日高 広大

お住まいの地域:
長崎県
自己紹介:
日高で名乗ってますが、バトスピやってるときは「たかちー」です_・)b" プロフ画像未設定から、懐か...

続きを見る >

読者になる

※当方、mtg/地元、及び趣味に関することを気ままに書いています。関係のない、またはブログ等の宣伝と判断されるコメントは削除させていただきますので、ご了承ください。

◇◆◇現在のMTG友◇◆◇

鍵っこ… シャドーMTGみたいな(ノ_・、)
椎雫(J)… カードマスター。らしい。
Suくん… 復帰後初のMTG友!
長男さん… 学生時常連SHOPの長男さん
次男さん… 学生時常連SHOPの次男さん
いっしー… MTG仲間/後輩。玩具屋店員。
Eくん… 弟の恩師。私の後輩。
Aくん… Eくんの友人で私の後輩。
こなこなさん… ドワンで出会った友人。
TKさん… ドワンで出会った気さくな学生さん。
学長さん… mtgクラブの総帥さん。
ゴウs… SHOP経営のアメブロ友。
三男さん… 学生時常連SHOPの三男さん。
Mくん… 椎雫友。半ば強引にmtgの世界へ。
Kbさん… 大忙しの中、稀に参加してくださる友。
Tさん… Kさん繋がりの、朗らかな二児パパ。
Tjr… 最年少!Tさんの影響が息子にも!?
屯豚さん… 中野屋さんでのプレリ友。
ゴーネットさん… 中野屋友、黎明期プレイヤー!
ぞうさん… 中野屋さんでのプレリ友。
Ⅰくん… 「よかこみ」で出会ったmtg仲間~。
Ssくん… 椎雫友で「よかこみ」で出会った友人。
Kwくん… 飲みの席から増えたカード仲間!
Kgさん… 飲みの席から増えたmtg仲間!

☆外部リンク集☆
mtg公式サイト
MTGwiki
BS公式
BS wiki
オタな店員の日常、ときどき五島っ子
ぞうさんのMTGblog(仮)
よかコミ!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス