裁判所のウェブサイトに記載されている

書類は全て揃いましたので盛岡の家裁

に送りました。

 

一週間程すると、家裁から 『照会書』

が届き、そこには次の質問が書かれて

いました。

 

1 「あなたの名前で、当裁判所に相続

  放棄の申述手続がされていることを

  知っていましたか」

 

2 「あなたは被相続人が亡くなったことを、

  いつ、どのようにして知りましたか」

 

3 「被相続人が亡くなってから、申立てを

  した日までの期間が3ケ月を超えている

  理由をお聞きします」

 

4 「あなたは、被相続人の遺産を既に

  承継(処分や取得等)していませんか」

 

5 「相続放棄の申述は、あなたの真意に

  基づくものですか」

 

6 「あなたはどういう理由で相続放棄を

  するのですか」

 

7 「あなたのほかに相続放棄の申述を

  する人がいる場合、この中の一人が

  仮に取り下げ(相続放棄をやめること)

  ても、あなたの相続放棄の意思は

  変わりませんか」

 

8 「その他参考になることがありましたら

  記入して下さい」

 

以上8つの質問にありのままの真実を記入

して返信しました。

 

すると10日後に 

『相続放棄申述受理通知書』が届きました。

 

一番上の 『事件番号』 という文字が、ことの

重要性を物語っている様に感じました。

 

再度、家裁に 『相続放棄申述受理証明書』

を請求し、3日後に送られてきました。

 

今回の相続放棄のきっかけになった 『弁護士

事務所からの手紙』 を受け取ってから40日後

には全ての手続きが完了しました。

 

今のところ新たな 『お手紙』 は届いていません

が、届いた際には続編をお届けしたいと思います。