iPhone/iPod touch(iOS)向け 育児アプリ「育児記録」「ママ友リスト」をリリースしました。

育児アプリ 

【育児記録】について

赤ちゃんは時間を気にしながらミルクをあげたり、ミルクの量によって次のミルクの時間を調整したり、なにかと覚えておくことがあります。

わが家でも下のような表をエクセルで作って、ねんねのじかん、母乳やミルクの時間と量、うんことおしっこの回数を紙で記録していました。
育児記録シート 
 

紙で管理するといつも紙とペンを持ち歩かなければならず不便でした。
そこでスマートフォン(iPhone、iPod touch)で育児記録を付けられるアプリを作ってみました。
また、ついでに今までノートに書いていた育児日記の機能も付けました。写真も登録可能です。
育児記録1 
育児記録2
育児記録3 
育児記録4
育児記録5 

このアプリでは子供の成長や、育児の喜び・楽しみ、そして育児の大変さ・悩みをファイル共有機能で家族と共有することで、 家族(特にパパ)が積極的に育児に参加するよう導きたいという狙いもあります。

育児を頑張っているママ達のお役にたてるとうれしいです。

>>詳しくはこちら

【ママ友リスト】について

子供がいるとご近所や幼稚園、遊ぼう会などでいろいろなママとお友達になると思います。

このアプリではママ友とその子供を登録することで、ママ友の一覧と子供の一覧、ママ友の家族を関連付けて管理することができます。
ママ友リスト1
ママ友リスト2
ママ友リスト6
ママ友リスト4
ママ友リスト3
ママ友リスト5 
これでいっぱいママ友ができても、誰がどの子供のママだったかすぐに分かります。

できればパパに見せて、ママ友と子供の名前と顔を覚えるように勉強させてください。
たまたま子供の友達やママ友に会った時に顔と名前が一致するとちゃんと挨拶できます。

>>詳しくはこちら

今日は先輩にお客様のところへ連れて行ってもらった。

2カ所へ行って別々の先輩に連れて行ってもらったが、どちらの先輩もお客様と上手に会話している。
私は横で聞いているだけだった。

私も今まで自分が経験した業務ではお客様と上手に会話してきた。でも営業は自分が携わっていない業務の事や世間一般の事など様々なことでお客様と話ができなければならない。

そのためにはいろいろな経験を積むこと、お客様一人一人の事を把握する事が必要だろう。すぐに会話が上手にできるようになるとは思わないが、まずは自分の売ろうとする商品や当社の業務について勉強していこう。そしてなるべく多くの方と話をして経験を積んでいきたい。

とにかく今日は先輩達の達者なしゃべりに感服した一日だった。
今日は専門学校で3回目の講義だった。

2回目は自分の準備不足で我ながら情けない講義になってしまった。
データベースの正規形の話だが、説明もいまいちで残念ながら寝ている生徒もいた。

2回目の講義を反省しつつ、3回目は時間をかけて準備した。

はじめあまりやる気がなさそうな感じだったので、まずデータベース実習を行った。
事前準備としてPC1台にApache,PHP,PostgreSQLをインストールし、PHPでPostgreSQLにSQLを発行し結果をブラウザで表示するHTMLファイルを用意した。データベースにはユーザー一覧、学科一覧、グループ一覧を用意した。

生徒には各自のPCからそのHTMLにアクセスしてもらい、ユーザー一覧を表示させた。
たったこれだけでも生徒達は非常に興味を持ち、みんな積極的に作業している。
やはり実習が好きなのだ。実習中に寝る生徒はいない。

それからINSERT文を実行できるHTMLも用意して、自分をユーザー一覧テーブルに追加させるようにした。ひな形があるので、SQL文のパラメータを書き換えるだけだが、IDを変えていくつもユーザーを登録してみたり、ユーザー名をちょっと変えてみたりする生徒もいた。ふざけているのだが、いろいろ試してみるのはとても良い傾向だ。

次回はこの環境を使って、UPDATE文やDELETE文、様々なSELECT文を実行させる。

実習で目が覚めたところで、期末テストが近いためテスト対策の復習を行った。

ここでも1工夫。
データベースのテスト範囲まとめをパワーポイントで16ページにわたり作成。
はじめ問題だけ表示し、アニメーションで答えが表示されるようにして一人ずつ順番に回答してもらうようにした。
はじめはテキストを見ないで回答してもらうが、わからなければテキストを見てもらいヒントも与える。

自分にまわってくるとわかっていて寝る人はいない。

期末テストの前に中間テストでみんなの理解度を把握する。
赤点をとらせない事が今のところ一番重要だ。

以上