共明塾 × キッズアース播磨町校

共明塾 × キッズアース播磨町校

1970年から兵庫県加古郡・加古川地域て信頼と実績を積み重ねてきた共明塾。
2007年からは東大卒講師を迎え、2017年からはキッズアースと提携し、小学生向けの科学実験教室を始めました。
共明塾はこれからも学ぶ楽しさを発信していきます。

7月に入り、ぽつぽつとセミの抜け殻を見かけるようになりました。

 

この近くでは、まだセミの声は聞こえてきませんが、夏らしい騒がしさ、

あるいは、岩にしみいる静けさを感じさせてくれるようになるのも、もうすぐでしょう。

 

今回、見つけたセミの抜け殻、よく見ると...

下に成虫のセミが...!

 

抜け殻の主でしょうか。

それともたまたま近くにいただけでしょうか。

 

一昨年、抜け出たばかりのセミの写真を撮ったことがありますが、

その時はもっと半透明に近かったので、出てきてから時間は経っているようです。

 

さて、昆虫には「完全変態」と「不完全変態」があります。

セミはどちらでしょうか?

 

セミの幼虫は土の中から出て木に登り、「羽化」します。

なので「サナギ」の時期がありません。

 

カマキリやバッタなどのように、生まれた時から同じ形、ではありませんが、

「完全変態」と「不完全変態」は、「サナギ」の時期のあるなしなので、セミは「不完全変態」です。

 

では、トンボは? チョウは? テントウムシは?

良く知っているつもりの身近な昆虫でも、こうやって考えてみると面白いですね。

 

上手く見つけることが出来たら、それぞれの写真を撮って一覧にすると、立派な自由研究になりますよ。

 

 

雨の合間に、ふと視線をあげると、雨のしずくを受けて、

クモの巣がきれいに見えたので写真を撮りました。

 

 

クモの巣の観察に、霧吹きで水をかける、という方法がありますが、

雨上がりの観察でも十分ですね。

 

さて、クモの巣は、クモの種類によって形が違うのでしょうか?

クモの大きさで大きさが違うのでしょうか?

 

そんなことを考えながら記録をすると、立派な自由研究になりますよ。

 

 

共明塾の駐車場には、ツバメが巣を作っています。

ツバメが来る年、来ない年があるのですが、今年はツバメが来てくれました。

 

ヒナが孵ったのが、5月28日。

頭に冠を乗せて、弱々しかったのが、

どんどん、大きく成長していって、巣が手狭になっていきました。

 

そして、6月14日、いよいよ飛ぶ訓練が始まり、その夜こそ、巣に戻ったものの、

6月15日の朝には、もう巣は空になっていました。

(夜に帰ってくるかもしれませんので、確認はしますが)

 

毎日、様子を見ながら、5羽の鳴き声を聴いていたので、

突然静かになった巣の様子を少し寂しく感じます。

 

それにしても、5羽とも無事に大きくなって良かった。

 

どの子たちもみな、立派に成長して、

来年もまた、誰かがこの巣で子育てしてくれることを楽しみにしています。

 

 

家でも出来る、簡単な実験です。

 

【用意するもの】

  • 水の入ったペットボトル
  • ヨウ素 (ヨウ素の含まれている うがい薬)
  • オブラート (小麦粉か片栗粉を溶かした水)
  • ビタミン剤 (カプセルの場合はカプセルから出す/錠剤の場合は小さくする)

 

では、動画をご覧ください。

 

ヨウ素-デンプン反応、ヨウ素とビタミンの反応を利用した実験です。

キッズアース本校では、この性質を利用して、「ビタミンCの研究」を行っています。

 

 

こちらも面白い実験ですので、是非ご覧ください。

 

#おうちで学ぼう

#家で一緒に

実験しよう!

 

 

タテハチョウという蝶の仲間がいます。

 

 

なかなか美しい蝶なのですが、幼虫はこわい感じで、しかも、パンジーなどの葉を食べるので、

知らなければ、「害虫」としてあつかわれてしまいそうです。

 

キッズアース播磨町校の庭先のパンジーにも、よく幼虫がいるので、「保護」しています。

 

 

さて、そのサナギがこちら。

 

 

金色の斑点があって、これもとても綺麗です。

今日は、サナギになりたての様子を観察することが出来ました。

 

 

まだ半透明で、幼虫の姿がなんとなく残っています。

さぁ、もう少し待てば、ここから蝶が出てきます。

これを「羽化」と言います。

 

今から「羽化」が楽しみですね。

 

 

カブトムシ、捕まえたことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう