東大卒講師と受験生の一問一答

1970年から兵庫県加古郡・加古川地域て信頼と実績を積み重ねてきた共明塾。
2007年からは東大卒講師を迎え、2017年からはキッズアースと提携し、小学生向けの科学実験教室を始めました。
共明塾はこれからも学ぶ楽しさを発信していきます。


テーマ:

2017年度から、共明塾はキッズアースと提携し、小学生向けの科学実験教室を始めました。

キッズアースさんは、横浜で10年にわたって、小学生向けの科学実験教室を実施してこられています。

 

私自身を思い返してみると、勉強が好きになったきっかけは、学研さんの「〇年生の科学・学習」、「ひみつシリーズ」、そしてボーイスカウトを通じての自然体験にあったなぁと思います。

 

雑誌としての「科学・学習」がなくなってしまった今、あのワクワクを小学生のうちに実際に感じてもらいたいと思い、今回の提携につながりました。

 

「学ぶ楽しさ」をこれまで以上に伝えていければと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕が、教科書や「文学史」で初めて出会って、好きになった作家が二人います。

一人は薄田泣菫
もう一人は尾崎放哉です。

==========
薄田泣菫は「白羊宮」の詩人として、受験生は記憶していると思います。

僕が大学生の時、岩波文庫の棚の前で「薄田泣菫」の名前を見て、「ああ、受験生の時に名前を聞いたことがあるなぁ」と思い「茶話」という本を手に取ってパラパラとページをめくってみると、これが滅法面白い。

詩集ではなく、エッセー集なのですが、東西に渡る豊富な知識を背景にした、歯切れの良い文章は、読んでいて本当に気持ち良いのです。

僕は、この本に出会えた時、「文学史って、役に立つんだ」と思えました(笑)









¥713
Amazon.co.jp
¥540
Amazon.co.jp
茶話
(岩波文庫)
泣菫詩抄
(岩波文庫 緑 31-1)


---------
そして、尾崎放哉

自由律俳句では、種田山頭火と人気を二分する俳人ですが、文学史的には、河東碧梧桐や師匠である荻原井泉水の方を主に勉強します。

しかし、この尾崎放哉、句集を読めば読むほど面白い。

寂しさの中に、そこはかとないユーモアがふと顔を覗かせるセンスは独特で、なんて語り始めると終わらないので控えます。










¥1,015
Amazon.co.jp
¥1,080
Amazon.co.jp
尾崎放哉句集
(放哉文庫)
山頭火句集
(ちくま文庫)


==========
さて、ちょっとマニアックな作家さんを挙げてみました、って言うと、ファンの方に失礼ですが、
それはさておき、万人受けする作品として、
夏目漱石の「坊ちゃん」、
菊池寛の「恩讐の彼方に」、
志賀直哉の「小僧の神様
あたりを挙げておきます。














¥309
Amazon.co.jp
¥594
Amazon.co.jp
¥562
Amazon.co.jp
坊っちゃん
夏目 漱石

藤十郎の恋・恩讐の彼方に
菊池 寛

小僧の神様・城の崎にて
志賀 直哉
(いずれも新潮文庫)

どれも短いし、絶対に図書室にある作品なので、
是非ちょっと立ち読み感覚で読んでみて下さい。

==========
最後に、森見登美彦【新釈】走れメロス 他四篇」をお勧めしましょう。





¥607
Amazon.co.jp
新釈 走れメロス 他四篇
(祥伝社文庫 も 10-1)
森見 登美彦

これは、
中島敦山月記』、
芥川龍之介藪の中』、
太宰治走れメロス』、
坂口安吾桜の森の満開の下』、
森鴎外百物語
という、どれも面白い短編名作を、
現代の京都を舞台にリライト(描き直)した、
抱腹絶倒の傑作短編集。

とりあえずこれを読めば、原典を読みたくなること請け合いです。











¥432
Amazon.co.jp
¥648
Amazon.co.jp
¥432
Amazon.co.jp
李陵・山月記
(新潮文庫)
中島 敦
地獄変・邪宗門
・好色・薮の中 他七篇
(岩波文庫)
芥川 龍之介
走れメロス
(新潮文庫)
太宰 治












¥1,512
Amazon.co.jp
¥529
Amazon.co.jp
桜の森の満開の下
(講談社文芸文庫)
坂口 安吾
山椒大夫・高瀬舟
(新潮文庫)
森 鴎外

==========

皆さんそれぞれが、素晴らしい作品と出会えますことを祈っています。




大学受験 ブログランキングへ

東大卒講師と京大受験生の一問一答-共明塾2
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最初に言いましたが、「文学史」を学ぶ意味は「日本の文学にはこんな面白い作品がたくさんあるよ。いつか機会があったら読んでね!」ということです。


文学史に「名作」として名を残す作品は、

現代にも通じる「何か」をそれぞれ持っています。


例えば、夏目漱石の「坊ちゃん」なんて、いつ何度読み返しても面白い作品ですし、森鴎外の「高瀬舟」の扱っている主題(テーマ)は、今読んでも考えさせられる内容です。


¥583 ¥529
楽天 楽天

こころ/坊ちゃん [ 夏目漱石 ] 山椒大夫/高瀬舟改版 [ 森鴎外 ]


正直、「教科書」や「文学史」で、「読め!」みたいな出会い方をしてしまう作品って、もったいないなぁと思うのです。


ふと読んだら面白かった、作者を見たら志賀直哉だった」みたいな出会いが一番良い。
あるいは「ふーん、この島崎藤村って作家、なかなか面白いじゃん」みたいな。


¥561 ¥596
楽天 楽天

小僧の神様・城の崎にて[志賀直哉] 破戒 [ 島崎藤村 ]


「教科書」や「文学史」は、いわば「国語のプロ」からの推薦図書です。

高校の国語の教科書を改めて見てみると、「これをきっかけにこの作家の他の本も読んでみては?」という意図がところどころ感じられます。


面白いかも」と感じた本は、是非チャレンジしてみてください。


教科書に載っているような作品は、たいてい学校の図書室に置いていますから、買う必要もありません。


「名作」だからと肩肘張って読む必要はありません。
むしろ、面白いからこそ「名作」なのです。


皆さんそれぞれが、素晴らしい作品と出会えますことを祈っています。





大学受験 ブログランキングへ

東大卒講師と京大受験生の一問一答-共明塾2
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最後に、明治以降の「俳句・短歌、詩」についてです。

ここでのポイントは、文学と同じく、
誰がどの派に属して、どんな作品集を出したのか

です。


==========
「俳句・短歌」については、正岡子規高浜虚子

ホトトギス」「アララギ」周辺の作家さんをまず押さえましょう。


----------
そして、「浪漫派」の顔ぶれです。
小説の時に覚えていれば、ここでは楽が出来ます。


----------
さらに「新興俳句運動」、「自由律俳句」を押さえておけば、ほぼ完璧です。


==========
次は「詩」です。


森鴎外こと森林太郎がイギリスやドイツの詩を訳した「於母影」、
新時代の詩について書かれた「新体詩抄」が、最初の一石となります。


その後の訳詩集としては、フランス詩を訳した

上田敏の「海潮音

永井荷風の「珊瑚集

堀口大学の「月下の一群

を押さえましょう。


----------
そして、


有明・泣菫時代」の蒲原有明・薄田泣菫

白露時代」の北原白秋・三木露風

「白樺」の影響を受けた口語自由詩高村光太郎・萩原朔太郎

四季派」の三好達治・中原中也、歴程派」の草野心平・金子光晴


こうやって整理すると、各派二人ずつくらい覚えておけば事足りることになります。


==========
そもそも、短歌や俳句はまだしも、詩の文学史なんて、

よっぽどそういう問題が好きな大学入試でしか問われません。

(逆に中学入試とかでは問われることがあります。)


それよりも、詩や俳句は短くて読めるものなので

是非、触れてみてほしいと思います。


----------
例えば、三木露風の「赤とんぼ」なんて、誰もが知っている作品ですし、
土井晩翠の「荒城の月」は、滝廉太郎の作曲と相まって、

素晴らしい名作だと思います。


----------
みんな知らないようで知っているのが、この「詩」の世界です。


もう少しだけ背伸びして、詩に意識的に触れてみて欲しいと思い、
今回は、詩人の名前をあえて書き連ねてみました。


素晴らしい作品と出会えますことを祈っています。





大学受験 ブログランキングへ

東大卒講師と京大受験生の一問一答-共明塾2

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


明治以降の文学史は、「△△主義」「○○派」という分類が出てきて、

一気にややこしくなります。


「文学(小説)」と「俳句・短歌、詩」は、

この「△△主義」を通じてつながっているのですが、

「俳句・短歌、詩」については、次回説明しますね。


==========


さて、「△△主義」「○○派」という分類が出てきてややこしいということは、

逆に言えば、「○○派に属するのは誰」ということを押さえれば良い

ということになります。


----------


そして、このポイントとなるのが、

写実主義

浪漫主義

自然主義

白樺派

です。


このそれぞれの代表的な作家を2人ずつ挙げられたら、

基本を押さえられた、ということになります。


これ以外の「△△主義」「○○派」や、誰が何を書いた、

というのは、その後で順番に覚えていきましょう。



==========


最初の回で言いましたが、「何のために文学史をやるのか?」の答えは、
「こんなに面白い・すごい小説が日本にはある」ということを知るためです。


ですから、機会があるなら、是非、題名を覚えた小説に実際に触れてみてください。
簡単な内容紹介を見るだけでも良いですし、その中で興味を覚えた作品をしっかり読むのも良いでしょう。



特に明治以降の作品は、「現代語訳」されてなくても十分に読むことが出来ますから、
興味を持ったら、是非、読む機会を作ってみてください。


----------


また、例えば「舞姫」の擬古文調とか読みにくい、という人には、

ちくま文庫さんから、井上靖先生訳の現代語訳版(原文・語注・解説付)

も出ていますので、こういうのを入口にすると良いかと思います。


舞姫 現代語訳 森鴎外/著 井上靖/訳
¥626


----------


自分にとって「面白い!」と思える作品に出会えることを祈っています。





大学受験 ブログランキングへ

東大卒講師と京大受験生の一問一答-共明塾2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。