◼︎魚の目 | イギリス暮らしの手帖

イギリス暮らしの手帖

現地小学校で働くまいたけ母さんの日記。

左足の薬指に人生初の
魚の目が出来てしまいました。
痛くて仕方ないので、こちらを購入。

{D1BCEC35-16D9-4B9A-9596-C1AE6CB9298F}

魚の目は英語でfoot cornと言います。
ずっとconeと思ってました(・・;)
トウモロコシの粒って言われたら
何だか可愛らしい響き。
魚の目て、グロいな。

サリチル酸入りの絆創膏を
貼り続けること2日。
魚の目がサリチル酸効果で
1.5倍に膨れ上がりました。
きっもちわるー滝汗

さらに絆創膏を替えて2日置くと
皮膚がめくれて来ました。
でも芯がコロリと取れる様子もなく
結局、近所のfoot clinicへ。

専門医が足先をアルコール消毒し
丁寧に魚の目をカッターの様な
医療器具で削いでいきます。

芯を取る様子はなし。
他の固まりかけた皮膚もついでに
ちゃちゃっと削いでくれました。

その後、ペンチみたいな器具登場。
これで芯取り作戦?と思いましたが
「爪も切っとくねウインク」と言われ
嬉しいやら、恥ずかしいやら。

治療はしめて10分。これで£39ポーン
仕方ありません。
プロに魚の目を削いでもらったのですから。

ついでに足のサイズを測ってくれる
オススメの靴屋尋ねました。
老舗Clarksかなと思ってたら
同じ街のJohnsonsという靴屋でも
足のサイズを測ってくれるというので
フットクリニック帰りに
その靴屋に寄りました。

続く。