ルーキー大仏とツバキング

テーマ:
海の向こうではエンゼルスの大谷翔平が、大物ルーキーとして話題になっています。

一方で大仏界にも、4月11日デビューの大物ルーキーが登場しました。

その名は「鹿野大仏(ろくやだいぶつ)」。
{8E63EC6D-67D6-45C8-8F13-89F80750BAA0}

デビュー戦を見ようと、各地から多くの人が訪れています。

サイズは、鎌倉大仏を凌ぐ18m(台座含む)でもあり、端正かつ柔和な表情が特徴で、総工費4億円以上がかけられています。
製作したのは「翠雲堂」という会社。ここが実はタレントの山口もえさんのご実家なのです。
{381F9360-FAF1-4833-B125-6BDD18A6D33B}




場所は東京都の北西の果て、日の出町にある宝光寺です。
{E6A4AB7C-49B1-483C-BB60-D31715997D48}


山門をくぐると、両脇に羅漢像が並んで僕らを迎えてくれます。
{78C5B16F-AE2F-4240-AB41-53ACA3C5210A}


都内であれば五百羅漢寺の像が有名ですが、こちらは五百羅漢寺にくらべてキャラクターチックで愛らしい作り。
ポーズも、他のお寺では見かけないものばかり。
{4E6F8101-875D-442E-A85D-2EB1B3D4C982}
▲体育座り


{71D961EE-15A2-4693-BA0C-2A3FDA5678F3}
▲困り顔&ピース


本堂にお参りしたら、裏山にのぼる坂道の先に鹿野大仏が居ます。
さすがデビュー日とあって、平日にも関わらずすごい人出。
{381F8FA1-81A5-444B-8AC6-C974B2E3DCB1}


杉林を抜ける大仏への参道で、すでに「漏れ大仏」してます。
{AD251835-8B73-4460-94C8-8FFA7CD468A8}



高齢の方には多少きつそうな坂を登りきると、そこにドーンとあらわれます。
{70411802-AA4A-450F-A15B-2767B215A64E}

大きさもさることながら、美しいお顔立ちに参拝客らも「イケメン」「いい男」と異口同音。




高台となっているので、大仏目線になると武蔵野の平野を一望できる素晴らしいロケーションです。 

ありがたいことに晴れていたので、露座の大仏としては良い日のデビューとなりました。
おかげで、「ひこうき雲と大仏」や「野点と大仏」など、よいシーンにもであえました。
{D07881BF-8205-4456-8ED4-99BCF32C3EA1}

{FA61360A-D317-4B98-9BB1-9F3EC3910128}

{BE8B37E8-22E5-403B-BF3C-09CA675C911B}




もしかするとこの鹿野大仏で大仏ファンをはじめようと思う方もいらっしゃるかもしれません。


そうした方にお伝えします。


慣れないうちは大仏に近づきたくなるものです。もちろん、そのバイブスに従って近くで存分に拝んで眺めてください。
しかし、大仏の魅力はそれだけではありません。僕はいつも言いますが改めて言います。

「大仏は遠景にかぎる」
{75A803DF-E93D-4435-BB65-293CD6E93BF7}

{2857CDC2-68AA-4587-AFDE-85A2BDF97C6B}





大仏がいる景色は最高です。
なので、近くに満足いったら、今度は遠くの高台を探して、そこから眺めてみてください。
また新しいドキドキが得られることでしょう。


鹿野大仏、デビューおめでとう!!