3月30日のこどもがまんなかの対話イベント(主催:ごりらのらっぱプロジェクト(当団体のてつがくカフェ部門が共同開催者))~へいわってなんだろう~の対話報告

 

合計65名
(内訳:参加者51名 グループファシリテーター6名 スタッフ7名 清水先生)
(地理的内訳:宇都宮市在住40名 市外在住1名)
(参加申込者の年齢内訳)※参加者キャンセル2組あり。
大人    22名
小学生1~3年    7名
小学生4~6年    13名
中学生    9名
高校・大学    3名
合計    54名


では、どんな内容だったのか、話を進めてみましょう!

 

最初に平和のイメージを書いてもらった後、清水先生からニュースで起きている戦争の話、かつての日本の話をしてもらったよ。

 

戦争っていうのは、ある国家の軍隊と別の国家の軍隊が武器をつかってあらそうことよ。武力による争いがある様子をニュースで見ていると思うけれど、「日本では起きない」ことではないの。かつての日本は国民に戦争のいいイメージを与えて、どんどん戦争しようってしていた時期があったの。戦争によってたくさんの人が死ぬけれど、多くは女性や子どもたち。家を失って今までのような生活ができなくなった人も多くいたの。

【先生からの問いかけ】

「子どものころ、ニュースで戦争の話があったとき、どうして戦争が続いているのか、どうしたら戦争がなくせるのか、ずっと気になっていました。だから、今日はみんなと話がしたいって思っています。みなさんの気持ちや考えを聞かせてください。」

 

各グループでディスカッション開始

 

おとながいっぱいチーム

A:難しいなぁ

B:他者を許せるかどうかの幅なんじゃないか?

A:「正しい」と「正しい」
 「信じる」と「信じる」

 「守るもの」と「守るもの」がぶつかった結果ともいえるよね

C:それに、お金が関わる、国が、関わる…

 

D:そもそも正義はそれぞれで価値観や尺度(国としてぼんやりと存在するものさし)の違いによるものではないか

E:以前子どもが言っていたんだけど、世界が一つだったら楽なのかなぁ

A:でも、人のエゴは許せない部分はある

 

「価値観」「ものさし」「エゴ」「許す」がキーワードになったおとながいっぱいチーム。

 

かたや、その大人に連れてこられた子どもチーム

A:なんかさ、平等っていうのが分からない

 だって、平等じゃないじゃん。

B:平和ってさ、優劣あると壊れやすいじゃん

C:兄弟でもけんかするし…

 学校とかでも力の強さとかあるし…仲間外れとか…

 

D:じゃあ、戦闘じゃない戦い方でどんなのだったらいいかなって思う?

B:フライパンでたたく!

D:お、痛そう!

C:んじゃ、シンバルで顔をたたく!

D:それも痛いって(笑)

A:先生に諭してもらう

(すでに数名は学校へとフィールドが移っている模様)

B:自分を守るのに隠れるのも必要じゃん

C:安全なところ…やっぱ家?

B:あとさ、連携ってマジ大事じゃん

 周りの能力もつかって できること探してさ

C:個人情報とかも怖いね。

B:相手のスマホを強奪するしかないな(ΦωΦ)ふふふ・・・・

 

さて、結構平和について意見がある子どもチーム

A:戦争は起きるもの?

B:土地広げたいからじゃん

C:資源ほしーし

D:国力つけたいとか

E:いやいや、そもそも戦争って所詮けんかじゃない?

A:お?なんで?

E:だってさ、要は「自己満足」じゃん。「自分の考えが中心」ってこと。

A:じゃあ、けんかと同じというなら、私たちはよくケンカをするよね。

 兄弟だって、夫婦だって、友達同士でも よくあるでしょ?

全員:うんうん

A:でも、私たちは仲直りできるよ。

 何が違うの?

 

C:話し合いができないと思う

 だって平等さがないじゃん、対等って感じないよ。

D:分かる。力差がちょっとでもあると、立場が弱くて負けちゃう。

 親とか先生とか立場出してくんじゃん。

 国同士も同じなんじゃないの?

B:私は本当に「対等」なら話し合いで物事はうまく進んでいくと思う

E:あ、ゲームの世界では協力できる感覚ある!

 一方的に動くと「クソっ」って思っちゃうけど(笑)

F:そもそもさ、相手がどう思ってるかがカギなんじゃん?

 自分が友好的(対等である)って思ってても、相手が力任せでいこうとかしてたら無理。

C:私は、対等の中にもちょっとの差があると、やっぱりうまくいかなくなると思う

 

E:どんなにいい関係でもけんかしてるから、争い自体は起こるもの ともいえる気がする

 

みんなの意見を聞いて、先生がまた話をしてくれた。

学術的に表現として、「消極的平和」(いじめない・暴力しない)と「積極的平和」(差別がないこと・強い人が弱い人を助ける・困っている人を皆で支える)があるの。(この話の時に大人に連れてこられた(低学年)の子が一斉に耳を傾けた。それは、彼らが両者の違いを分かった瞬間だった!)


国連が作られた意味(世界大戦の反省をして、話し合いで解決する仕組み)や、国境なき医師団のように戦地へ行って医療をしている人がいること、身近な例として、大学生でもボランティアで災害での補給手伝い、被災者の声を拾う活動などをしている人もいるわ。
 

改めて、平和って何か、平和であるために何をしていったらいいのかを3~5人の人と話すというミッションを課して、皆さんが振り返りを行いました。

 

「改めて平和ってなにか」に対して
・私らしく生きていけること
・今こうして日常があること。日々の暮らしの尊さ。
・話し合いで解決できること など

「「平和」をつくるためになにをしたらいいか」に対して
・積極的に、平和につながることをする
・人の力で解決できる気がしたから、改めて、武力以外で解決できる道を探る社会をつくりたいと思った
・自分にもできることがありそうって思った。(「例えば?」「ちゃんと伝えるとか。手助けするとか。」) など

 

私(主催者)からは

考えがいろいろあろよね。もやもやした人も多いと思う。そりゃそうだよ、大人がずーっと考えてるのに、まだ策が出ない問題なんだもん。でもね、是非考えて続けてほしいの。何かがつかめるかもしれない、きっかけが見つかるかもしれない、そうでなくても、(ほかの人の考えを聞きながら)自分の考えがもっとわかるかもしれない
、本当は自分が何に希望を思っているのか、何が引っ掛かっているのかとかにも気づけるかもしれない。

今日やったことは、他の人や自分自身とのおしゃべりなの。そうやって自分のことをどんどん知ってもらえたら、嬉しいな。

 

最後に、皆さんの感想を載せます!

こんな思いを持ち帰ってもらえたよ~


・参加者の話に出ていた「対等でいよう」「ちゃんと話し合おう」「決めつけることは誤解を生むからよくない」「力を見せつけて抑え込んじゃダメ」というのは、個人の争いも減らすことができるけれど、それだけでなく、実感として、その積み重ねが戦争をしないような取り組みにもつながっていけるような希望を持ちました。(多数)
・日常を慈しみ、自分や周囲を大切にすることが平和へとつながっていく気がする(数名)
・家族のおしゃべりでは平和や戦争を考えることは難しい、って思ってあまり話題にしてこなかったけれど、日常とつながっていけることだと知り、もっと身近で気楽にできることなのだとかりました。(数名の大人)

その他1名ずつ
・戦争は今の時代 起こりはするもの。つまり、人が起こしたものなのだと分かった。
・戦争が偶然起きたわけではない事実に気づけた。
・戦争や平和について深く知り、考えることができてよかった。戦争を防ぐためにもっと学び続けたいと思った。
・戦争をしないための工夫を考えたのはたのしかった。
 

(ディスカッションへの感想)
・たくさんの意見が聞けて良かった。
・もっと色んな意見を聞きたい気持ちになった。
・色々な考えをもっと知りたいと思った。
・自分の気持ちが言えた。
 

 

以上です!

 

 

本日のテーマは「ヒトはどうしていじめるのか」です。

人は群れるの?

いじめになるってどういうこと?

相手と集団と自分という関係がカギ

…と、いくつかスタートラインを伝えたところからのてつがくカフェ、今日もスタートです!

 

 

今回は開始前に枕トークで盛り上がったからか、参加者の皆さんがチーム分けせずにトーク開始でいいといくことで、早速本題を語り合うところから始まりました。

 

まず、中3の女の子が「群れるってどういうこと?」と聞いてくれたので、「群れる」という言葉をみんなで考えてみることにしました。

 

「「集まる」ということと何が違う?」

小6の女の子「流されるか、流されないか、かな」

中1の男の子「意見が言いやすいかどうか、かな」

お母さん「ボスがいるか、対等か、かな」

などなど 仕分ける項目が見えてきました。

 

 

 

集まる

群れる

人数

やや少ない

多い

意思

ある(受け入れられる)

共感得やすい

ない(個人の意思は尊重されない)→ボスがいる

一人の意見に

流されにくい

流されやすい

自分で所属先を選べるか

選べる

選びにくい

目標

会話で楽しみたいなどの同じ意志

食べるなど生活に近い共通の目的

ルール

みんなで決める

圧力は感じにくい

誰かが決める

圧力を感じる

 

「いじめに発展するときは、「ボス」の考え方に左右されそうだ…」と誰かが言うと

ウンウンとうなずく一同。

 

「でもさ、チームっていう集まりもあるじゃん。あれはどうなの?」

と意見が出ると、チームについてもまた議論が…。

 

“チームとは同じ目標に向かって、切磋琢磨するメンバー同士という感じ

まとまりが高くて、個々の意思でまとまっている感じ“

 

群れているなかで、おのずと同じ志の人に出会えてチームになっていく一方で、一匹狼でチームの一員に加わる人もいる。《今回は議論してみたけど、テーマから遠のく気がしたので、一旦その話題は留め置いた》

 

 

ある女の子 「でも、「攻撃性」が生まれるのは、「集まり」でも「群れ」でも起きる気がする」

(いじめが「攻撃性」というキーワードから生まれると判断したんだと思ったので、話を掘り下げていくことにしました…)

 

話を聞いていくと

不満の共通点があるという。

例えば、意見を出さない・声が小さい・行動が遅いなどはその子の所属している群れの中では不満の対象をなりやすく、(いじめなのかは分からないけれど)いいイメージを持つ人は少ないのだそう。

 

なぜ、そうなるのか、と聞くと

「団体行動の足を引っ張るから」とのこと。

先生にクラスやグループで怒られてしまうことがある。それは困ると…。

 

「だから、本人に3回くらい注意するけど、それでも伝わらないと文句みたいに強く言っちゃうんだよ。なんで、状況を読んで、全体を把握しないのかな。」

 

 

ここで、お兄さんとあるお母さんが

「伝わるように言う、というアプローチはどうやってるかな?」と。

「つまりね、「もっと早くして」という指示は、【迷惑をかけた】とか【あなたの行動が遅い】ということは伝わるかもしれないけれど、「何を・どのようにしたらいいのか」については指摘していないよね。」

「その子は、どう動いたらいいのか、というところまで考えられたのかな?」

 

他の人たちからも口々に

【全体把握力】があると判断しやすいけれど、すべての人は持っていないかもしれない。逆に、【全体把握力】があると、指示も指摘も的確にできるし、どのように伝えることが穏やかに届くのかもわかるのかもしれない

ということになりました。

 

またここで、イジメに関係のありそうなワードが見えたわけです。

 

全体把握力は双方に必要!

 

状況を把握しないで決めつけることの怖さを言う側が気づく大切さだわ!

 

でもね、と女の子たち

大人が勝手にいじめって決めつけることもある

「話し合っているつもりなんだけど、言葉や音量が少しでも気になると思うとすぐに「イジメはダメ」とか言って、話し合いを中断する」

 

大人組、少し子どもに共感です。

確かに、夫婦で話し合うときも、どんなに建設的な議論であっても、声を穏やかな状態でいることはないですね。多少は波が出ます。

 

おにいさん「僕は「仲良くする」という表現自体が日本語としておかしいと感じています。「仲良く」はなっていくものでしょう?」

 

「仲良し=穏やかな関係」を求められると議論もできない

  表面の付き合いを育てているかもしれない。】

 

 

あるお母さん「そもそも、強制力が群れには存在してる?」

「たとえばさ、大人は逃げたいときに逃げるくらい群れの強制力って強くないのね。ちょうど、習い事の付き合いみたいなもの。でも、クラスとかは途中で別のクラスに移動ってならないでしょ。」

「一定の人が 一定の場所に 一定の時間に居るとストレスが生まれやすいじゃない」

 

女の子「…「空気読めない」ことへのストレスが大きい」

 

一同「?」

 

「自分の話ばかりする子がいる。会話は話したり、聞いたりということがあって成立するのに」

 

と、ここでナイスフォローの中1男子!

「それって、耳の役割を果たさずに、口の役割ばかりをしているということですね」

 

一同(拍手‼)

 

【良好なコミュニケーションは「耳の役割」も分担する】

 

 

口々に「集まりは「耳の役割」がおのずと分担できている。だから、心地いい」と。

一方群れでは役割が偏る場合がある、その場合は関係が悪くなりやすいと。

 

あるお母さんが別の視点も言ってくれました。

「それは、「互いに聴く」や「話す」という考え方が近い場合はうまくいくと思うの。でも、小さな子によくあることだけれど「自分はしているつもり=ちゃんと説明を、または話を聞いているつもり」でも、相手にとっては十分なものではなく指摘されてしまうというケースはよくある。つまり、自分基準が他者と合いにくい人にとってはそこの「共有」から行うことが必要なんじゃないかな。」

 

別のお母さん「共有ができれば「共感」もしやすいですね!」

 

【「共有」ができるようになると「共感」もしやすい】

 

どうやら、「全体把握力」「共有」「共感」が作られるとその社会は集まりであっても、群れであっても心地いい場所となれそう。

 

イジメは、もしかしたら、そのあたりが培われていくといい変化になっていくのかもしれない、とそれぞれが感じたところで本日はおしまいとなりました。

 

さて、次回は「自分らしさと協調性について」(2月中旬かな)

今回の話からもっと掘り下げたいところは?というところで生まれたテーマです。

特に「自分らしさ」にフォーカスして進めていきたいと思います!お楽しみに!

 

 

【ちょっとうれしい! 我々の哲学カフェの師匠 江口先生からのコメント】

「集まる」と「群れる」の違い、よい視点ですね。

伝わらなくて不満を言ってしまうとき、「伝わるようにいう、というアプローチ」はとても大事ですね。

良好なコミュニケーションは「耳の役割」も分担するというのも、まさに哲学対話の観点。すばらしい。

 

迷惑をかけた、とか、行動が遅い、というメッセージだけだと、本人の行動の変化につながらないことが多くて、具体的に何をどのようにしたらいいのかを伝えるのが大事ですよね。

行動経済学で、行動変容というのですが、行動変容を起こすためには、本人の人格や性格を責めるのではなくて、行動のきっかけを具体的に与えてやることが大事ですね。

 

 ​​​​​​わがままをいえるところって?

 

 

本日のテーマは「わがままのいえるところって?」です。

「わがまま」…って何でしょうね。

まずそこから探るところから始めました。二手に分かれてのグループトーク。年齢、性別、職業それぞれの視点で対話、スタートです!

 

まずは小学5年生、6年生、中学3年生の男女の4名のグループの様子から。

 

まず

「わがまま」を好意的に捉えている子どもたちが大多数だったのにビックリ。

彼らが言うには「わがまま」は「在るがまま」だから【自分に正直である】

だから「いいこと‼」というもの。

 

じゃあ、相手にとっては…というと

中3の男の子:「相手にとっては場合によるよね」

「無理やり誘導するとかってわがままだと思う」

 

【誘導】‼いいワードが出ました。

 

そこで似ているワードの【駄々をこねる】【誘導】【交渉】を仕分けするように言葉の違いを考えてみました。

 

子どもたちはこのように考えましたよ。

■駄々をこねる

一方的で自分だけにしかメリットがない

腫れもの扱いされやすい

後先考えないでしているからだ!

 

■誘導

反論できるが、言う側にだけメリットがあるような気がする

上下関係が存在していて、上の意見に従うような感覚を覚える

関係性は…絆はうすいね

表面的で関係は壊れやすいよ

 

■交渉

反論できて、どちらにも利益があるような気がする

対等な関係でいい関係が続けられそうな気がする

 

そして、彼らが選んだ「わがまま」の境界線は【駄々をこねる】【誘導】と【交渉】の間でした。

 

改めて確認したら、子どもたちは

わがままのなかに「正直でいる」と「わがまま」が混在していたのです。

 

深堀していくと

正直でいる」=「自分の気持ちを表す」

「わがまま」=「一方的な要望を言う」という違いが…

 

「じゃあ、「わがままは良くない?」って思ってる?」

と聞いたら

「自分はわがまま言いたいし、したい。人のわがままは聞いてあげたくはないけど」

って、なんと2人から正直すぎる返事が返ってきました。

 

□どうやらgive側(わがまま言う人)とtake側(受け入れる人)に分かれるらしい

 

さて、もうひとグループの方はというと

そちらでも「立場」というものがキーワードとなっていたよう。

 

マイノリティとマジョリティ。どちら側の意見でも「共感できる」ことと「できない」ことがある。どちら側に自分がいるかでも捉え方が変わるね、と。

 

あるお母さん:「どんな状況を想定しても、どの立場に自分がいるかで、わがままと受け取るかどうかが変わってしまうんです」

 

聞いてみたら、本当にたくさんの状況を想定して検討していました。性的少数者の問題から学校のクラスにおけるいざこざまで、様々なケースを想定しても結局同じ結論にたどり着いたそうです。

 

立場がカギなのではないか

 

この2つをもとに「立場」を軸に「わがまま」を組み立ててみました。

すると、

 

 

「正直でいる」=「自分の気持ちを表す」これは自然体と判断→【心】【感情のみ】

「わがまま」=「一方的な要望を言う」これは自然体ではないと判断→【体】【行動】

 

という違いになり、どうやら行動に移したことで、よく思っていない人からすると「わがまま」と判断されるということになりました。

 

ここまではみんな同意見。

 

では、次にgiveとtakeの関係へ話題を移します…。

take側がしていることを整理すると

 

あるお母さん:「正直だなと受け取ったり、共感できると受け取れます」

      「逆に共感できないと無理です」

じゃあ、共感できないとどうなりますか?と問うと

別のお母さん:「…拒絶。ですね…」

 

…と、

give側からの一方的な頼みごとをtake側が拒絶したとき…と私が話したところで

ある女の子:「ちょっと待って。私はtake側からアクションがあった段階で、それはすでに「わがまま」なんだけど」

 

(にわかに面白くなってきました!)

 

ワォ!「わがまま」をどう解釈したかが話の争点になった瞬間です。

さっそく整理合戦がスタートしました。10分の話し合いの中で分かったことは

彼女が思っていたこと、それは「思いを口にした=わがまま」という解釈でした。

 

そのとき

ある男の人:「それって交渉というのでは?」

みんな:「!」(拍手)

 

□交渉するときは事前に並べて示す

 

そこで、あるお母さんからちょっと質問が…と提案がありました。

 

あるお母さん:「私は、娘が「お寿司食べたいな~」とつぶやいた時、夕飯に寿司を用意したら、こちらからの言い分、例えば「早く風呂に入って」と言ってしまう。娘は「お母さんの言い分は勝手だ」と言うのだけど、どう思いますか?」

 

中3の女の子:「それはちゃんと交渉していないと思う。「お寿司を用意してあげよう」という思いやりから、相手が呑む交渉は成立しないよ。事前に言わなきゃ。」

 

みんな:「確かに!」

「事前に伝えるって大事!」(拍手)

 

お母さんの長年の疑問が晴れたところでちょうど時間となりました。

子どもたちは、疲れてお茶飲んだり、ぼーっとしたり、頭の回復をしている様子。

 

本テーマの「わがままをいえるところって?」

と、最後にみんなで考えたことは「正直だと思ってもらえたり、共感してもらいやすい」人、空間がある場所なんだね ということ。

 

確かに、そうですね~。そういう場は”安心“しますね(*´ω`*)

 

 

さて、次回ですが…。

「早くやりたい」「2か月後でなくていい」と言っていただき、来月も開催することにしました。

テーマを参加者で考えた結果

「なぜ人はいじめるのか~人の心理について考える~」となりました。

 

さっきまで頭使いすぎてぐったりしてた子たちが、むくっと起き上がって

「あのさ」「それって」と堰を切ったように話し始めていました。とても身近で気になるテーマなんだね。

「たっぷり聴きたいから次回まで取っておいて」と伝え、本日の「こどもとおとなのてつがくカフェ」終了です。

 

参加してくれた皆様、

お疲れ様でした!                                      (文:もこ)