マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

和文化・おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。


和文化・おもてなしマナー講師の安達和子です乙女のトキメキ

本日は【端折る】について話しますねピンクハート

 

私はせっかちなので

つい「はしょっていいよね」と言ってしまうことがあり

スタッフに

「はしょったらわからないです」と

言われたことが何度かあります(;^_^A

 

この「はしょる」という言葉は

「省いて短くすること」ですパー

 

漢字で書くと「端折る」ですが

この言葉は着物からきた言葉なのです👘

 

着物の褄や裾を折り上げて帯などに挟むことを

「端折る」といいました。

この着物の端を折って短く縮めることから

省略することを「はしょる」というようになったのですキラキラ

 

女性が着物を着るときに着丈より余った部分を

腰で折り返してできる部分を「おはしょり」と言います。

 

女性用の着物は

身丈に合わせて作られていないので

身丈より長い寸法となっています。

そのため、着付けるときには腰ひもで結び

着物の長い部分を腰回りで整えます。

 

このたくし上げた部分が「おはしょり」ですラブラブ

 

着物を着る上で

このおはしょりはとても大切です。

おはしょりがないと変ですし、長すぎると美しくありませんアセアセ

話と同じですねウインク

短いと伝わらないですし

長いと何が言いたいのかがわからなくなってしまいますタラー

 

日本語は本当に奥が深いですねハート

「端折る」は

着物の裾を上げて丈を詰めることからきた言葉です。

お読みいただき嬉しく思います乙女のトキメキ

ありがとうございました ピンクハート

 

一般社団法人大和撫子和乃会 

 

電子手紙omotenashi@yn-wanokai.jp

URLhttps://yn-wanokai.jp/