罍 陽子「かえってアレしちゃって・・・」

もたい陽子のウェブサイト
http://yokomotai.strikingly.com/

ご依頼・お問い合わせなどはサイト内のメールフォームよりお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

湿気と熱気と

街全体が室外機の前のような熱気。


ちょっとどうなっちゃうんだろう、という暑さですね。。



梅雨なのに雨は降らず、降ったと思えば豪雨。


シメシメと蛙やカタツムリが似合う梅雨はいつからなくなったっけ…

あれ?


とここ数年毎年思ってます。



11月12月の舞台が発表になりました。

「有頂天家族」に出演します


新橋演舞場、京都南座、名古屋御園座

で上演です。




今年は演劇がなかなか決まらず、

えーー?1本もやらないのか?!!と思っていたので舞台に立てることになり良かったです。


素晴らしいダンサーの皆様の間に名前があります。体をたくさん使いそうです。



ぜひ見に来てくださいね。

また近くなったらたくさんお知らせさせてください📢



最近は吹き替えのお仕事をやっています。

仕事してますよーってアピールがなかなかしにくいのですが、がんばってますよ


あと今年も練馬児童劇団のオープニングダンスの振付をしています。この間から振り入れが始まりました。



本番のかれらの輝きは、本当に胸を打つものがありまして、心洗われる時間です、マジで



大人数の振り付けに悩むことがたくさんありますが、劇が始まる導入をしっかり作って、

ひと夏の大成長を遂げたかれらの本番を楽しみにしています。



大事な友達のこと

自分の思慮の浅さや、勉強不足を

素直に語れる相手ってすごーく、大事だなと思っている帰り道。



そんなところは、人は認めたくないから

強がったり、嘯いたり、上手く誤魔化そうとしたりするけど、



あー、そこは私の考えが足りてませんでしたわ

そーだな、そーかもな。


って素直に言える相手って、

そう言ってもバカにしたり否定したりしないっていう安心感があるんだよなぁ



そんな人間になりたいと心から憧れる


人間の器、大きくしたいなぁ…

ケエツブロウよライカムで待っとく

劇団青年座「ケエツブロウよ」観てきました


面白かった。



久しぶりに古巣の公演をみて、劇団の厚みを感じたし、作家と劇団と演出の相性の良さみたいなものも感じたし、単純に面白かった。



伊藤野枝の奔放な生き方、でも、いまはそれが、当たり前にできる!!すっごいこと(当然なんだけど)

それでもやっぱり女の生き難さみたいなものはまだまだあると思うんです。


朝ドラ「虎に翼」で毎朝泣いてしまうのも、結局戦前の女性にまだ共感できてしまう、からなんだよなぁ…


昼間はKAATで「ライカムで待っとく」を観たのもあって


男も女も沖縄も

強すぎるほど強い伊藤野枝みたいな人が岩を砕くような思いで、またたくさんの名も知らぬ、声を上げた・上げ続けた人々、立ち上がった女性たちの未来が今だということ、

この先の未来を作るのは我々だということを忘れずにいなければならない、と思いながら帰っています。


逆行はしてはならない。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>