先日の日記にある目的の話です。

24日 診察のために東京へ|Cu-Sith

わたしが行ったのは形成外科です。
最初に地元の眼科へ行って眼瞼下垂の診断を受け、満を持して東京へ。

手術を地元でする気は毛頭ありませんでした。
いろいろ自分で調べた結果、手術慣れしている形成外科を希望。
人が多い都会の方が患者数も多く、症例数も多いはず。

眼科ではオデコをグッと押さえられて「はい、目を開けて!」とチェックされたけど
東京の2院ではされなかった。

ちなみに押さえられると左目蓋は一ミリも上がらず、右は少し上がる程度。
全然開けられなかった。

今まで、なんでこんなにオデコにシワが多いのかなってずっと悩んでたんですよね。
オデコに皺を寄せるほどデコを使っている自覚がなかったのに。

ただ普段から自分で気づかずに、目を開けるのにオデコの力を使っていたんです。
自覚がなかった。

子どもの頃からアレルギー性結膜炎で目がかゆくてかゆくて、糞ほど目をこすりまくってきた。
大後悔。

ハードコンタクトレンズ使用。


若い頃にアイプチ(アイテープ)を毎日使っていた。

夕方になると目が痛くて開けていられない。

いつからかずっと、目に力を入れて見開くの疲れる、目蓋が重い、頭痛い、肩が痛い。

常に目が半開き。




常時、ガチャピンの目。
 (フリー素材をお借りしたガチャピン)


ずっと悩んでいたのはこの目の病気のせいでした。
鬱も引き起こすこともあるらしく、それ気味だし。

集団で写真を撮ると
わたしは頑張って目をちゃんと開けて待っていたのに「くし子ちゃんが目をつむってるから撮り直し」と言われたり。

まーたわたしのせいかよ! 必死に開けとったわ!!namida*
いつもこれだから、写真が嫌いでした。

「撮るよー」って言うから頑張って目を見開いて待っていたのに、
「設定がー」とか
「誰々さん、もうちょっと右によってー」とか……。

撮るって言ったじゃん! 撮るって言う前にやっとけよ!(´;ω;`) ってイラつくぐらい、目が疲れるんです。
そうしていざ撮ります!ってなった時にはもう目蓋が開かないくらい疲れて目が痛い。
ほんの数十秒の間でも。
こんな些細なことにイラつくんだから、相当目に負担がかかってた。何度もあった。

これが普通だと思っていました。
みんなそうなんだと。

でも違うって、こんな歳になって今ごろ判明しても……。遅い……。

目蓋を引き上げるための筋が育たなかったと言われた。
両家祖父母の代までたどっても全員二重なのに。


かかった病院は、土地柄狭いけどとても綺麗でした。
綺麗なあまり、病院というよりは美容院みたいな印象。
来院者数も多く、予約制なわりに次から次へと人が出入りする。
……人多すぎない?? ここそんなに有名なん?


看護師さん、受付の人も笑顔で対応もよかった。
先生も診察でじっくり聞いてくれてよかった。
わたしにこんなに時間をとってくれたのかとびっくり。

診察室で同席しているのは普通のスタッフさんかと思ったら、
その後の手術に関する注意事項や合併症について、術後のケアの仕方などの説明から
採血まで担当してくださったので看護師さんでした。

病院を後にするときには「来てよかった!」と満足感でいっぱいでした。


その後もう1件診察行ったけど、そこは割愛。語りたいところと思わなかった。

2件予約していたのは、行ってから保険適用にならなかった場合の為です。
でも結果として両方保険適用でした。
最初の眼科も入れて3件の診断。

正直、自分に保険効かなかったらどこのどちら様に効くんだろうって思っていたので。
それほど酷い。(自己判断)

保険がきくと片目で2万2千円弱。
両目で4万数千円。

もし2件とも保険じゃなかった場合は、帰ってから地元県の総合病院へ行こうと考えていました。
そこは家から遠いけど、眼瞼下垂の治療実績が全国で上位に食い込んでいたから。


今回、保険適用だったので二重の幅の希望は聞かれませんでした。
ネットでいろいろ見て回ると、保険であっても「パッチリがいい?」とか多少希望を聞いてくれる病院もあったりなかったりするらしい。

わたしは片目だけ目蓋の調子が悪くて3重のようになっていたので
「もう片方にあわせるか」とおっしゃっていました。

わたしは別に幅を変えたいとかパッチリさせたい等、特に思っていなかったので希望を伝えませんでした。

とにかく、この目の疲れが治ってくれさえすれば……それだけで幸せです。

これでなんとか治療できて、目が楽になれそうです。

術後、目をこすったりすると留めた糸が外れるかもしれないらしい。
「取れたらまた診ます」と言っていただけたけど、
今後、私は二度と目をこすらないことを誓います!!!



初の切開手術だから不安もあるけど、手術日が待ち遠しい……。

ただ、手術中にトイレいけないのが気がかり。
長時間の手術で我慢できるのかどうか。