歯科医の時間外診療室〜歯の健康に関することや歯科医の何気ない日常〜

歯科医の時間外診療室〜歯の健康に関することや歯科医の何気ない日常〜

福岡市東区の九州大学そばにある「もろおか歯科」の院長をしております。歯の健康に関することや、スタッフとのあれこれ、何気ない日常を書いています。


テーマ:

 

この度、もろおか歯科では歯科医師を募集します。

 

もろおか歯科は歯周病治療を基本として、インプラントや補綴、エンド、埋伏智歯の抜歯などを行っております。

担当医制で継続的に患者さんの治療にあたることができるので、自分の行った治療の経過を確認することがスキルアップに繋がります。

 

当院は衛生士をはじめとして、歯科助手、受付のスタッフ全員が一つのチームとして患者さんの治療にあたる意識を持った歯科医院です。

 

医療は高い技術と知識を持って治療にあたるのは当然ですが、困っている患者さんの気持ちに寄り添う心を持つことも大切です。また、我々の専門知識をよりわかりやすく伝え、患者さんが自分の歯に関心を持ち、自分の歯の健康を維持できるようにサポートするのが我々の役目です。

 

そのためにもろおか歯科で大切にしているのは、こちらが伝えたいことを一方的に話すのではなく、患者さんの話をまずよく聞き、それぞれの患者さんのタイプに合わせた伝え方をするということです。もろおか歯科ではCHP(クリニカルヘルスプロモーション)というコミュニケーションセミナーを受講してもらい、院内の統一した認識を持って患者さんとの対応に活用しています。スタッフ同士の互いの理解にも役に立っており、患者さんからも院内の雰囲気が良いと評判をいただいています。

 

 

医療は常に学び続けることが重要です。定期的に院内の症例検討会を行い、積極的に学会や研修会の参加するための補助を行っています。スキルアップのために治療の練習やチェックも行います。

 

私たちの能力を活かして患者さんを幸せにする事で、自分たちも成長することをやりがいと思える方にぜひもろおか歯科のチームの一員になって頂きたいと思います。

 

 

将来どんな歯科医師になりたいか。あなたの幸せな歯科医師人生をサポートできるように我々も精一杯努力します。笑顔の素敵なあなたと一緒に働けることを楽しみにしています。

 

面接は随時行います。

見学だけでも結構です。

まずはご連絡ください。

TEL:092-641-0204

Mail:info@morooka-shika.com

 


テーマ:

GWは4月29日から5月6日まで休診いたします。


5月7日からの診療となりますが、今の所ほぼ予約でいっぱいですので、必ず電話してからお越しください。

 

連休中の日・祝日は、
中央区大名の歯科医師会館内の
歯科急患診療所が利用出来ます。
(5月1・2日は平日のため開いておりません)


緊急の際はこちらにご連絡ください。

歯科急患診療所(福岡県歯科医師会館内)
中央区大名1丁目12-43

092-752-0648

午前9時から午後4時30分まで

 

必ず電話してから行くようにしてください。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


テーマ:

土日は大阪で行われた、SAFEというスタディグループの学術大会に参加しました。

会場のスカイビルはかなり個性的な建物で、遠くからもすぐわかります。

 

 

このグループのユニークなのは「失敗症例から学ぶ」というスタンス。

通常学会では全国的に有名な先生方が「神の手」で素晴らしい症例を発表し、参加者が「おお、すごーい」という事が多い。確かにとても勉強になるのですが、一番知りたいのは、思っていたのとは異なる状態になった時にどうリカバリーするか、もしくはさらに良い結果を引き出すにはどうすれば良いかです。

 

 

 

今回はほとんど知り合いのいない学会で、夜はひとりごはん。

箱崎のビストロ「ジェ・ファン」のシェフに紹介しただいたレストランで一人優雅に?食べていたら、Facebookで大阪に来ていることに気付いた同級生が「大阪に来てるんやったら、飲みに行かへん?」と誘ってくれたので、日本一高いビル「あべのハルカス」で会いました。

 

流石に良い眺めでした。

なかなか会う機会がない大阪の同級生だったので、近況報告など遅くまで楽しく語ることができました。

 

明けて日曜日も非常に濃い内容の発表ばかりで、大変刺激になる二日間でした。


テーマ:

日曜日は臨床歯周病学会にスタッフと参加しました。

 

 

午前中は、重度の歯周病を改善した症例が発表されて、大変参考になりました。

 

特別公演は、大阪の歯科医院の先生と衛生士さんが治療した患者さんについてお互いの立場からコメントする、という面白い企画でした。

 

長期の症例では、歯科医の治療は期間にすると数年ですが、衛生士によるメインテナンスはずっと続きます。その間の患者さんの人生にも色々なことが起こります。その気持ちの浮き沈みなども受け入れながら、長く付き合って行くことの大切さを学びました。

 

また、一度治療の終わった歯も、長い経過の中で動いていきます。小さな変化を見逃さずに対処できるように、全員が常に学び、よく観察し、たくさんお話しできる環境が大切だと思います。

 

一緒に聞いたスタッフとともに、明日からの診療に活かしていきます。

 

 


テーマ:

先日、お店で食べた九大教養部の学食の名物「ジロー風スパゲッティ」。

クックパッドにレシピがあったので、自宅で作ってみました。

レシピはこちら

 

見た目はちょっと茶色いけど、味はそこそこ再現できたかな。

 

 

 

でも、今回の目玉はこちら。

「絶品レンジでパスタ」

 

以前、テレビで100円ショップの同じような商品でパスタを作ってイタリア人に食べさせたら、「美味しい!」と言っていたので「本当かいな?」と思いながら気になっていました。

 

規定の量のお湯を入れ、パスタを入れたら、規定のゆで時間をレンジにかけます。

 

お湯が蓋の真ん中から吹き出し、周りの穴から容器に戻るので、鍋で茹でるのと同じようになる仕組み。

 

いざレンジが止まり蓋を開けてみると、お湯は無くなりしっかり茹で上がっていました。

具と絡ませて食べてみると、普通に茹でたのとほとんど変わらない歯ごたえ。

 

お湯も少なくてすみ、何よりもコンロが一つ空くのはとても便利。

なかなかの優れものでした。


テーマ:

今年もお世話になりました。

 

火曜日は診療後に忘年会を行い、スタッフの一年の頑張りを労い楽しく食事をしました。

 

 

振り返ると、勤務医の先生が結婚したり、産休だった衛生士が復帰したり、大阪の歯周病の学会にみんなで参加したり、先日記事にアップしたマイクロスコープを導入したり、色々ありましたが、安定した一年でした。

 

2018年に向けては、もろおか歯科の診療をより充実させるために、いくつかの課題について目下プロジェクトを進めています。

ご期待ください!

 

来年も「もろおか歯科」をよろしくお願いいたします。


テーマ:

もろおか歯科に12月始めに大きな変化がありました。

 

患者さんは何が変わったかほとんどお気づきにならなかったと思いますが、私にとっては長年の夢というと大げさですが、以前からどうしても手に入れたかった機材が導入されました。

 

 

それは「マイクロスコープ」という、視野を何十倍にも拡大してみられる顕微鏡です。

どうしてこれが必要かというと、私が老眼になったからというわけではなく、肉眼では見える視野に限界があるからです。

 

 

以前マイクロスコープの存在を知った時には、これは一部のマニアックな人が使うもので自分には必要ないと思っていました。

ところがある治療のコースを受けた時に、このマイクロスコープを使う実習があり、じっくり使って見るとこれなしではできない治療があることに気づきました。

 

「見える世界が違う!」

 

それからは、何としてもこれをもろおか歯科に導入すると心に決めました。

 

 

その間、どの機種にするか選ぶために、何社ものマイクロスコープを借りて試してみました。

中には高級車くらいの金額のものもありました。

借用期間が終わり、機材を返却した翌日は、物足りなくて「マイクロ ロス」状態でした。

 

金額も機能も様々でしたが、とにかくマイクロスコープを使って診療することが第一です。何社ものマイクロスコープを見せてもらい、ようやく条件に見合うものに出会いました。

 

12月2日に固定のためのポールを基礎に打ってもらい(これも予想外のことが起こりなかなか大変だったのですが)、12月7日にようやく待望のマイクロスコープが設置されました。

機材が来て嬉しかったというよりも、一刻も早く患者さんに使って治療したい、という気持ちでした。

 

たまたま実習に来ていた衛生士の学生さんにも、お互いの歯を見てもらいました。

「こんなに見えるんだ!」と素直に驚いていましたが、これからはどんどん普及して歯科医だけではなく衛生士も普通に使う時代になると思います。

もろおか歯科のスタッフもしっかり研修してもらい、全員がより精密な治療を行えるようにしたいと思います。

 

設置から数日経った時に、スタッフから「院長、ずっと前から欲しい欲しいって言ってましたもんね。良かったですね。」と言われました。

自分では無意識だったのですが、周りに漏らしていたんですね。

これからも研鑽を積んで、設備とともに知識の充実をして、より良い治療を行っていきたいと思います。


テーマ:

いよいよ2017年もあと1週間ほどとなりました。

 

2017年の診療は12月28日午前まで。

新年2018年は1月5日からの診療となります。

 

休診中の12月31日から1月3日は、
中央区大名の歯科医師会館内の
歯科急患診療所が利用出来ます。


緊急の際はこちらにご連絡ください。

歯科急患診療所(福岡県歯科医師会館内)
中央区大名1丁目12-43

752-0648

午前9時から午後4時30分まで

 

 

年末に何事もないように気になることがある方は、
早めの受診をオススメします。


テーマ:

木曜日の診療後に、徳洲会病院の嘉手納先生にお越しいただいて、救急蘇生の院内勉強会を行いました。

 

去年も実施していただいたのですが、やはりこういう実習は普段起こることがないので、こういう機会を作って常に訓練する必要あると思います。

もちろん、何も起こらないことが一番良いのですが。

 

他にも診療室で起こる可能性のある緊急事態にどうしたら良いかを楽しく真面目に教えていただきました。

 

 

女性の場合、5cm押すためには力一杯垂直に押してやっとだそうです。

 

どうしよう、どうしよう、と迷っているうちに助かる確率はどんどん低くなります。迷ったらとにかく胸骨圧迫!

 

 

 


テーマ:

金曜日は馬出の百年記念講堂で、九州大学歯学部 創立50周年記念シンポジウムが行われました。

 

 

タイトルは「継承・躍進・牽引」。

様々な世代で活躍している代表が講演してくれました。

 

ワールドワイドに活躍する卒業生の講演などに圧倒されましたが、同時にそういった優秀な卒業生を輩出できる大学を誇りにも思いました。

 

 

ある先生が言った「野望のない若者は魅力がない。野心に満ちた年配者はみっともない。」という言葉は心に残りました。

40代半ばの私はちょうどどちらとも言えない世代。

みっともない状態になる前に、まずは目の前の患者さんやもろおか歯科のスタッフはじめ、私に関わってくれる全ての人たちが幸せになるように、精一杯努力しようと改めて思いました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス