はなはな川口市の小林ピアノ教室ですはなはな

暑かった夏が終わり
急に秋がやってきましたねハロウィーン


さて3枚目の月謝袋をお渡しする生徒さんが増えてきましたキラキラあっという間に3年目です。

3年目に入り、練習が習慣になった生徒たちは
譜読みの力(楽譜を読む力)がかなりついてきました。

始めた頃はレッスンで一緒に丁寧に譜読みをしますが
徐々にポイントだけ、難しいところだけを一緒にやるようになり、
さらに上達すれば譜読みは自分の力でできるようになります。

レッスンで譜読みをする時間が減れば
表現のこと、足りないテクニックを補う練習、
又、聴音や初見などに時間を使えます。



楽譜を読む力をつけるためには
それほど難しくない曲を
どんどんやることです。

1曲を仕上げるのに1ヶ月かかる曲ではなく
2~3日で大体弾ける曲。
それらをたくさんやるのです。

なので教本をやりつつ
教本よりも簡単な曲のプリントを渡すことも多いです。

教本をどんどん先に進めたいところですが
少し立ち止まって力をつけることも
時には大切です目

音符は音楽の文字です。
新しい楽譜を読み、指先から音楽が生まれる楽しさを感じてほしいなと思います。





藤田嗣治展に行ってきました。
時代によって別人のように作風が変わるのが印象的でした。
すごい日本人ですkirakira

しかし平日なのにたくさんの人…
もっとゆっくり見たかったなぁガーン