9月になり朝夕めっきり涼しくなり秋もみじめいてまいりました。

 

秋といえば...

食欲の秋!

行楽の秋!

読書の秋!

色々浮かびますが。。。

私が思い浮かぶのは何といってもスポーツの秋です。

 

当医院では毎年恒例で9月にスポーツマウスガードを普段の金額より値引きしてご提供しております♫

毎年この時期を狙って、マウスガード作りに来てくださる選手も多いんですよ。

 

今年はツートンカラーが人気です。

マウスガードのカラーは単色10種類 ミックス色マーブル色等40種類から選択できます。

またご希望者には以前ブログでご紹介した4スタンス理論のタイプチェックとそれぞれのタイプの身体の使い方も指導しております。

 

自分のお口にフィットしたマウスガードと自身の4スタンスのタイプを知ってスポーツの秋をケガ無くEnjoyしましょう♫

 

以前ブログで紹介しました札幌市にある新琴似中学校野球部野球の部員の皆さんにマウスガードマウスガード2をセットしてきました。
今回は野球部17人全員に2種類のマウスガードを作製し運動機能検証を協力して頂きました
ニコ


 運動機能検証は、中学校体育でおこなわれている新体力テストの項目から

① 握力(筋力)

上体起こし(筋力・筋持久力)

長座体前屈(柔軟性)

反復横跳び(敏捷性)

立ち幅跳び(筋パワー)
及び10メートル走など。

また目隠しアイマスクをして、その場足踏みペタでの移動距離の変化(バランス)も試してみました。

 

 全体的に正しく立った咬み合わせのマウスガードの使用時のバランスの向上がみられました。

 

また体力テストの他の項目も面白い傾向がありました。

それはまたの機会にお知らせします♫

 

今後もこの結果を踏まえて私自身の精度も向上し検証を続けて行きたいと思います。

 

尚、チームや学校の部活、グループ、団体等でマウスガード作製をご希望の方は直接医院へご相談下さい電話

 

歯並び改善のために歯科矯正を行っている方も多いと思いますグッ

ひらめき電球最近スポーツ中継でアスリートの方も矯正治療中の方も見かける機会もありますよねビックリマーク 

 

当院では歯科矯正中でも安心してスポーツするために運動中のマウスガード使用をお勧めしておりますニコ

 

矯正期間中には歯は移動しているため、とても不安定で衝撃に弱く、歯の脱臼や脱落のリスクが高まります!

また、競技中に矯正装置の金属部分やワイヤーが唇やほっぺたに食い込んで傷つけたり痛っ!プレー中に他者と接触し怪我をさせてしまう事故も起きていると報告もありますアセアセ

 

是非、矯正治療中もマウスガードをご使用下さいキラキラ

 

 

 

 

正しく立つ

今回は私が昨年取得した”レッシュマスター級トレーナー(4スタンス理論)”同資格者の札幌市立新琴似中学校勤務の相澤先生がご指導されております野球部員1・2年生 17名にスポーツマウスガードを作製することになりましたニコ

http://www.4stance.com/

 

4スタンスのタイプチェックの確認後、基本姿勢『正しく立つ』とタイプごとの上半身、下半身のシュラッグ(軸を整える体幹運動)を指導しました。

シュラッグ運動後の体幹が整った状態で各自、安定する位置で咬み合わせを採りマウスガードを作成します歯

次回完成したマウスガードを届けるのが楽しみですキラキラ

 

 

2017年2月 スポーツデンティストを取得しましたビックリマーク

 

スポーツデンティストとは、日本体育協会と日本歯科医師会が認定している資格で、平成23年に施行されたスポーツ基本法やスポーツ基本計画の中の歯学の項目には「マウスガードの着用の効果に普及啓発を図ること」とあります。

また歯科医師の立場からスポーツに関わる人の健康管理やスポーツ障害の予防、研究などを行い、さらに身体能力が最高の状態で出せるようにスポーツマンをサポートする役割があります。

http://www.moriyama-dent.com/info_cure/11_sport/index.html

 

 

先日、スポーツデンティストとして北海道札幌市立新琴似中学校の野球部野球に縁あって出張飛行機でマウスガード歯作製にお伺いしてきましたニコ

 

 

先ずは練習見学♫
部員たちは皆さん元気に挨拶してくれて、清々しい気持ちになりましたチョキ